東京・中野サンプラザで2月8日、AV機器の専門店フジヤエービック(東京・中野)主催の「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2020冬」が開催されました。このイベントでは、さまざまなオーディオブランドが新製品や開発中の試作機などを出展。今回は、比較的手ごろな価格帯で製品化されそう、もしくは販売が実現しそうな製品に注目してレポートします。

  • ポタ研 2020冬

    東京・中野サンプラザで2月8日、「ポタ研 2020冬」が開催された

  • ポタ研 2020冬

    左上から時計回りにfinalブースのプロトタイプイヤホン、1万円台からの米Ausounds製ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン、“頭外定位”を実現するイヤーピース「JIJU」、QuestyleのUSB Type-C直結ポータブルアンプ「Q-Link」の試作機

  • ポタ研 2020冬

    会場は中野サンプラザ15階の1フロアで開催。フジヤエービックの特設販売ブースも用意されていた

finalから手ごろな新イヤホン試作機が! さっそく聴いた

S'NEXTは、finalブランドで開発中のプロトタイプイヤホンを参考出展。「Proto-A」と「Proto-B」の2機種があり、見た目は既存のB seriesのイヤホンに似ていますが、製品化にあたってA seriesやB seriesのいずれに属する製品になるかは未定。価格も決まっていませんが、「1万円程度を想定している」とのこと。

  • ポタ研 2020冬

    finalブランドで開発中のプロトタイプイヤホン。こちらは「Proto-A」

どちらも新しいダイナミック型ドライバー×1基を搭載。樹脂製の本体は、手にとると見た目以上に軽くて驚きました。試作機ではケーブルがボンドで固定されていましたが、製品化されたときは2pin端子による着脱が可能とのことです。

  • ポタ研 2020冬

    プロトタイプイヤホンの「Proto-B」。見た目や搭載ドライバーは同じだが、チューニングなどが異なる

来場者には実際に音を聴いてもらい、今後の製品化にあたって意見を聞いていました。ブース前には多くの来場者が集まって列を作り、1人あたり各機種5分程度という時間の中で、final試作機の新しい音を真剣にチェックしていたのが印象的でした。

筆者も手持ちのウォークマン「A100」につないで聴いてみました。ドライバー自体は同じながら、音のチューニングなどを替えているため、サウンドの傾向が分かりやすく違います。

「Proto-A」は比較的音場が広く、バランスの取れた音で低域もしっかり聞こえ、ジャズやクラシック、サウンドトラックをじっくり聴くのに向いている感じです。一方、「Proto-B」はProto-Aよりも音の広さが少し狭まり、ライブハウスでガンガン聴きたいロックサウンドなどにマッチする印象でした。手ごろな価格帯の高音質イヤホンに新たな選択肢が増えそうで、今から楽しみです。

  • ポタ研 2020冬

    ウォークマン「A100」につないで聴いてみた

USB-C直結で高音質、Questyleの超小型DACアンプ試作機

S'NEXTブースでは、上述の試作機をはじめとするfinalイヤホンのほかにも、取り扱っているさまざまなブランドのヘッドホン/イヤホンを出展。ポータブルプレーヤー製品で知られるQuestyle(クエスタイル)ブランドからは、スマホのUSB Type-C端子に直結する小型DACアンプ「Q-Link」の試作機が参考出展されていました。

  • ポタ研 2020冬

    Questyleブランドからは、USB Type-C端子に直結できる小型DACアンプ「Q-Link」の試作機を参考出展

Questyleの高級プレーヤーのアンプ技術をICチップに収めて小さな本体に搭載。取り回しを良くするための比較的柔らかめのUSB-Cケーブルが直付けされており、本体にはステレオミニのイヤホンジャックを備えています。

手持ちのXperiaに試作機をつないでチェックしてみたところ、最高384kHzまでのPCM再生ができるようです。有線イヤホンで音を聴いてみると、比較的ニュートラルなサウンドで味付けは控えめ。Spotifyなどの音楽ストリーミングアプリの曲を流すこともできました。

試作機の本体カラーはシルバーとブラックの2色があり、価格は未定ですが1万円を切る見込みです。イヤホンジャックのないスマートフォンに有線イヤホンをつなぎたい人にとって、注目の一品となりそうです。

  • ポタ研 2020冬

    手持ちのXperiaに試作機をつないでみた。街中でよく見かける、USB-Cをイヤホン端子に変換するアダプターを二回りくらい大きくした程度で、とてもコンパクトな仕上がりだと感じた

  • ポタ研 2020冬

    最高384kHzまでのPCM再生に対応するようだ

1万円台からのノイキャン付き完全ワイヤレス!米Ausounds日本上陸

コペックジャパンのブースでは、同社が新たに取り扱う、米Ausoundsのワイヤレスイヤホンを紹介していました。独自のチタンドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン3機種と、ネックバンド型のワイヤレスイヤホン1機種があり、このうち完全ワイヤレスにはアクティブノイズキャンセリング(NC)機能を搭載モデルが2つありました。

  • ポタ研 2020冬

    コペックジャパンのブースで展示されていた、米Ausoundsの完全ワイヤレスイヤホン。左がハイブリッドNC対応「AU-Stream Hybrid」、右はNC対応「AU-Stream ANC」

2種類のマイクで耳の内外の騒音を低減する、ハイブリッドNC対応の「AU-Stream Hybrid」は税込22,000円程度、外の騒音のみ抑えるNC対応「AU-Stream ANC」は税込17,000円程度。NC機能を備えていない「AU-Stream」は税込11,000円程度で、いずれも3月発売を予定しているそうです。

  • ポタ研 2020冬

    NC非搭載の「AU-Stream」

NC対応のネックバンド型ワイヤレスイヤホン「AU-Flex ANC」もあり、税込23,000円程度で3月発売予定。ドライバーに低域用のダイナミック型と平面磁気タイプを採用したハイブリッド仕様となっているのが特徴で、コーデックはLDACもサポート。高音質なワイヤレス再生を追求したモデルとなっています。

  • ポタ研 2020冬

    ネックバンド型ワイヤレスイヤホンの「AU-Flex ANC」

ユニークなイヤーピースに注目、試聴待ちで長蛇の列も

ポタ研 2020冬では、2つのイヤーピース製品が来場者の注目を集めていました。そのひとつが、LIZER LABブースで出展されていた「JIJU」です。

  • ポタ研 2020冬

    LIZER LABブースで出展されていた頭外定位イヤーピース「JIJU」

イヤホンで音楽を聴いているとき、楽器やボーカルなどの音が頭の中で鳴っている(頭内定位)ような違和感を覚えることは少なくありません。人の耳の部位である「耳珠(じじゅ)」から名付けられたJIJUは、耳奥に向かうにつれて先がすぼまる通常のイヤーピースと異なり、逆でラッパのように開いた傘の中に金属製のフェーズプラグを組み込んだ特殊な構造を採用。これによって音の聴こえ方を頭の外(前方)から鳴っているように変化させるとのこと。

  • ポタ研 2020冬

    従来のイヤーピースとJIJUの違い

  • ポタ研 2020冬

    JIJUのイヤホン装着側を上から見たところ

2019年11月からAmazon.co.jpで発売されている製品(税込4,280円〜)ですが、ポタ研では既存モデルに加えて改良品も出展。会場では部屋奥のブースから部屋の入口付近まで長い行列ができており、注目度の高さがうかがえました。

イヤホンはメーカーや製品によってステム(イヤーピースを装着する管状のパーツ)の太さや長さが異なるため、JIJUはすべてのイヤホンに装着できるわけではありません。ブースに訪れた来場者は手持ちのイヤホンに装着できるか、音の聞こえ方はどうなるかを真剣にチェックしていました。

もうひとつは、JVCケンウッドが出展していた開発中のイヤーピース。既存のJVCイヤホン向けイヤーピース「スパイラルドット」の新製品として開発しているそうで、従来製品と比べて柔らかい素材を使い、小さな形状にして装着感を向上させたことが特徴です。

  • ポタ研 2020冬

    JVCイヤホン向けイヤーピース「スパイラルドット」の新製品として開発されている試作品。耳穴に合わせて5つのサイズを用意

イヤーピース内壁にスパイラル状にドットを配列した、独自の「スパイラルドット」構造を採用。これによってイヤーピース内の反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化することで音のにごりを抑え、クリアなサウンドを実現することをねらっています。

試作品はコンパクトな仕上がりで、ものによっては完全ワイヤレスイヤホンの付属イヤーピースと付け替えても充電ケースに収まりました。有線イヤホンだけでなく、完全ワイヤレスイヤホンでもイヤーピースを付け替えて音を楽しむ流れが今後できるかもしれません。

  • ポタ研 2020冬

    イヤーピース内壁に配列された、スパイラル状のドットが透明な素材から透けて見える

「機動戦士ガンダムNT」コラボプレーヤーを発見!

最後は手ごろな製品……ではなく、プレミアムな一品「A&futura SE100 PHENEX」です。アユートブースに出展されていたAstell&Kernのハイレゾプレーヤーで、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』とコラボしたデザインが特徴。2月7日発売で直販価格は税込199,980円、限定生産300台が販売中です。会場ではガンダムNTなどのハイレゾサントラを実際に聴けるようになっていました。

  • ポタ研 2020冬

    Astell&Kern「A&futura SE100 PHENEX」がアユートブースに展示されていた

本体には劇中に登場する「ユニコーンガンダム3号機フェネクス」をモチーフとしたゴールドカラーを採用。Astell&Kern製品で史上初となる、蓄光塗料を採用したリアパネルデザインも大きな特徴です。フェネクスのデストロイモード時のイラストをマーキングし、サイコフレーム部分には蓄光塗料を使用。背面に光に当てておくと、暗いところでサイコフレーム部分が光って浮かび上がります。ファンにとってはたまらない仕掛けではないでしょうか。

  • ポタ研 2020冬

    リアパネルにフェネクスのデストロイモード時のイラストをマーキング。蓄光塗料を採用し、暗闇でサイコフレーム部分が光って浮かび上がるギミックが用意されている

  • ポタ研 2020冬