LINEアプリのアップデートは、iPhoneではApp Storeから、AndroidではGoogle Playストアから行います。最新の状態にバージョンアップすることで、新しい機能が使えるようになるほか、不具合が解消されたり、セキュリティも強化されます。

逆にアップデートを怠って、古いバージョンのままにしておくと、便利な新機能を利用できないだけでなく、不具合が発生したり、セキュリティ面で危険に晒される恐れが生じます。LINEの最新版がリリースされたら、いつまでも保留せず、なるべく早めに更新しましょう。

LINEアプリをアップデート(バージョンアップ)する方法

LINEアプリをアップデートする方法について、iPhone版、Android版、PC版、Chrome版の順に説明します。スマホでは以前、LINEアプリからも更新できましたが、現在はApp StoreやGoogle Playストア経由の方法のみとなっています。

iPhone版のLINEアプリをアップデートする手順

iPhoneでLINEアプリを最新バージョンにアップデートする際は、App Storeアプリを開いて以下の手順で操作します。

  • iPhoneでLINEアプリをアップデートする方法-1

    【1】App Storeアプリを開き、画面右上の人型アイコンをタップします

  • iPhoneでLINEアプリをアップデートする方法-2

    【2】画面を下にスクロールして、LINEアプリを見つけたら「アップデート」をタップします。「すべてをアップデート」を選択して、他のアプリと同時に更新してもよいでしょう

通信環境に問題がなければ、自動的にダウンロードとインストールが開始され、アップデートが完了します。

Android版のLINEアプリをアップデートする手順

AndroidスマホでLINEアプリを最新バージョンにアップデートする際は、Google Playストアアプリを開いて以下の手順で進めます。

  • AndroidでLINEアプリをアップデートする方法-1

    【1】Google Playストアアプリを開いて、画面右上のGoogleアカウントアイコンをタップします

  • AndroidでLINEアプリをアップデートする方法-2

    【2】「アプリとデバイスの管理」をタップします

  • AndroidでLINEアプリをアップデートする方法-3

    【3】「利用可能なアップデートがあります」をタップします

  • AndroidでLINEアプリをアップデートする方法-4

    【4】LINEアプリを見つけたら、「更新」をタップします

通信環境に問題がなければ、自動的にダウンロードとインストールが開始され、アップデートが完了します。

PC版のLINEアプリをアップデートする手順

PC版のLINEアプリを最新バージョンにアップデートする手順です。今回はWindows版のLINEアプリを使用して説明します。

  • PC版のLINEアプリをアップデートする手順-1

    【1】PC版のLINEアプリにログインして、ウィンドウ左下の①三点ボタンからメニューを開き、②「LINE情報」をクリックします

  • PC版のLINEアプリをアップデートする手順-2

    【2】①右上に「今すぐアップデート」と表示されていたら最新バージョンがあるのでクリックします。その後、ダウンロードが開始されます。②確認ダイアログで「OK」をクリックして、インストールが完了すると、LINEアプリが再起動されます

Chrome版のLINE拡張機能をアップデートする手順

LINEにはGoogle Chromeの拡張機能を利用したブラウザ版もあります。今回は、Chromeの「設定」から「拡張機能」の管理画面に移動する流れでアップデート方法を説明します。

  • Chrome版のLINE拡張機能をアップデートする手順-1

    【1】Chromeのウィンドウ右上にある①三点ボタンからメニューを開き、②「設定」画面に移動。左カラムの③「拡張機能」をクリックします

  • Chrome版のLINE拡張機能をアップデートする手順-2

    【2】拡張機能の管理画面が開いたら、「デベロッパー モード」になっていること、一覧にLINEがあることを確認して、「更新」をクリックします

なお、Chromeの拡張機能をアップデートする際は、すべての拡張機能が更新されます。LINEのChrome拡張機能のみをアップデートすることはできません。

アプリの自動更新を有効に設定する方法

iPhoneやAndroidスマホでは、アプリの自動更新機能を有効にしておけば、手動でLINEアプリをアップデートしなくても、最新バージョンを利用できます。この機能は、標準設定でオンになっているスマホが大半ですが、現在の設定がどうなっているか、以下の手順で確認しておくとよいでしょう。

iPhoneのアプリ自動更新機能の設定手順

iPhone(iOS)では、「設定」アプリの「App Store」項目で設定します。iOS 13以降では標準設定で自動アップデートが有効になっています。

  • iPhoneのアプリ自動更新機能の設定方法-1

    【1】「設定」画面を開いて、下方にスクロールし、「App Store」をタップします

  • iPhoneのアプリ自動更新機能の設定方法-2

    【2】「Appのアップデート」がオンになっていると、アプリが自動更新されます

このとき、モバイルデータ通信の「自動ダウンロード」がオフになっていれば、Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する設定となります。詳しくは下記の関連記事をご参照ください。

【関連記事】
iPhone アプリのアップデート、その方法とおすすめ設定

Androidのアプリ自動更新機能の設定手順

Androidスマホの場合は、Android OSの「設定」ではなく、Google Playストアの「設定」で自動アップデートの有効/無効を確認します。

  • Androidのアプリ自動更新機能の設定方法-1

    【1】Google Playストアアプリを起動して、①画面右上のGoogleアカウントアイコンからメニューを開き、②「設定」をタップします

  • Androidのアプリ自動更新機能の設定方法-2

    【2】①「ネットワーク設定」をタップし、②「アプリの自動更新」を選びます

  • Android自動更新3

    【3】「ネットワークの指定なし」か「Wi-Fi経由のみ」をオンにします

なお、デフォルト設定では「アプリの自動更新」が「Wi-Fi経由のみ」になっていることが多いです。「ネットワークの指定なし」を選ぶと、データ通信容量を消費することがあるため注意しましょう。

LINEアプリのアップデート時の注意点

LINEアプリをアップデートする際には、気をつけたいことや事前に行っておきたいことがあります。

事前にトークをバックアップしておくと安心

LINEに限らず、アプリをアップデートすることでトラブルに遭遇する確率はゼロではありません。より安心してアップデートしたいなら、事前にトーク履歴のバックアップを取ることをおすすめします。ちなみに過去、iPhone版のLINEでアップデート後にトークや友だちが消えるトラブルが発生したこともあります。

トーク履歴のバックアップは、iPhoneではLINEアプリを開いて、「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」で可能です(詳しい説明はこちらの関連記事を参照)。

AndroidではLINEアプリを開いて、「設定」→「トーク」→「トーク履歴のバックアップ・復元」→「自動バックアップ」から行います(詳しい説明はこちらの関連記事を参照)。

アップデートできない場合は通信環境と設定を確認

アプリの手動更新がうまくいかないときは、現在の通信環境や設定がどのようになっているか、落ち着いて確認しましょう。正常に動作するWi-Fiに接続している状態がアプリのアップデートにはベストです。Wi-Fiに接続できない環境の場合は、通信キャリアに障害が発生して「圏外」になっている可能性もあります。

また、スマホのアプリ自動更新機能は、設定によってはWi-Fi接続時のみ、AC電源接続時しか働かない場合があります。

  • iPhone、モバイルデータ通信でアプリアップデートする場合

    Wi-Fiに接続できない環境で、LINEのアップデートを試みたときのiPhoneの画面です。モバイルデータ通信でアップデートするかどうかは、契約している通信プランに合わせて判断しましょう

まとめ

LINEアプリのアップデートについて解説してきました。最後にこの記事の要点をまとめます。

  • iPhone版はApp Storeにアクセスしてアップデート
  • Android版はGoogle Playストアにアクセスしてアップデート
  • PC版はアプリのメニューからアップデート
  • Chrome版は拡張機能の管理画面からアップデート
  • 事前にトークをバックアップしておくと安心
  • アップデートできないときは通信環境を要確認