【Android編】LINEのトーク履歴をバックアップする

Android端末では、Googleドライブを使ってLINEのトーク履歴をバックアップします。Googleドライブは、無料で15GBのストレージを利用できるGoogleのクラウドサービス。はじめてLINEのトーク履歴をバックアップする場合、GoogleドライブとLINEアプリの連携が必要です。

LINEアプリで「友だち」画面から歯車マークの「設定」アイコンをタップし、「トーク」内にある「トーク履歴のバックアップ・復元」を選びましょう。そこで「Google アカウント」を押すと、連携するアカウント候補が表示されるので、自分のGoogleアカウントを選択し、「OK」を選ぶとバックアップが実施されます。

  • LINE

    LINEの「設定」から「トーク」を開き、「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ

  • LINE

    「トーク履歴のバックアップ・復元」内にある「Googleアカウント」を押してください

  • LINE

    自分のAndroid端末に設定しているGoogleアカウントが表示されるので、バックアップに利用するアカウントにチェックを付け、「OK」をタップします

  • LINE

    連携を許可するか尋ねるダイアログが表示されるので、「許可」を選択

  • LINE

    バックアップが完了しました。2回目以降は、「トーク履歴のバックアップ・復元」内にある「Googleドライブにバックアップする」をタップするだけでバックアップできます

【Android編】LINEアカウントを引き継ぎ、トーク履歴を復元する

トーク履歴のバックアップをしたら、LINEアカウントの引き継ぎに入りましょう。機種変更前のスマホでLINEを開き、「友だち」画面の「設定」から「アカウント」をタップし、電話番号とパスワードを登録してあるか確かめてください。

  • LINE

    電話番号とパスワードを登録します。メールアドレスも設定しておくと安心です

つぎにLINEの「設定」から、「アカウント引き継ぎ設定」メニューを選び、「アカウントを引き継ぐ」をオンにし、36時間以内にLINEアカウントを引き継ぎます。

  • LINE

    LINE「設定」にある「アカウントを引き継ぐ」をオンにし、確認画面で「OK」します。36時間以内にLINEアカウントを引き継ぎましょう

機種変更前のスマホですることは、以上になります。続いて、新しい端末へLINEアカウントを移行させましょう。新しい端末にLINEアプリをインストールしてください。ここでは、電話番号に変更がない場合を基本に説明しますが、電話番号が変わる場合も引き継ぎ手順はほぼ変わりません。なお、端末や通信会社によって、アカウント引き継ぎ時の画面表示などが異なるケースがあります。

Android版LINEは、アカウントの引き継ぎが終わったあとにトーク履歴を復元することも可能です。ここでは、アカウント引き継ぎの中でトーク履歴の復元も行います。先にアカウント引き継ぎだけした場合は、引き継ぎ完了後、LINEの「設定」から「トーク」を選び、「トーク履歴のバックアップ・復元」で「復元する」を押すと復元できます。

  • LINE

    新しい端末でLINEを起動し、「はじめる」をタップします

LINEを起動したら、「次へ」をタップし、LINEに通話の発信と管理を許可します。すると電話番号が自動入力され、矢印ボタンをタップすると、SMSで認証番号が届きます。

  • LINE

    「次へ」をタップし、次の画面でLINEに通話の発信と管理を許可します

  • LINE

    電話番号が自動入力されます。矢印ボタンをタップすると、SMSで認証番号が送信され、端末によっては自動入力されます

LINEのアカウント名が表示されるので、正しければ「はい、私のアカウントです」を選択。つぎにパスワードを打ち込み、「OK」をタップします。

  • LINE

    アカウント名が表示されます。正しければ「はい、私のアカウントです」をタップします。もし違ったら「いいえ、違います」から、LINEの指示に従ってください

  • LINE

    LINEに登録したパスワードを入力します

  • LINE

    確認ダイアログが表示されるので、「OK」をタップ

「友だち追加設定」の画面になるので、端末のアドレス帳とLINEを連携させるかどうか、そして自分の電話番号で友だちへの追加を許可するかどうかを設定します。

  • LINE

    「友だち追加設定」画面が表示されます。電話番号からLINEアカウントを検索されたくない人は、チェックせずこの状態のまま矢印ボタンをタップしましょう。電話番号を変更した場合、ここでLINEのアカウント名を確認されます

そのあと、「トーク履歴を復元」画面が出るので、LINEのトーク履歴を復元する場合は、「Googleアカウントを選択」をタップし、ダイアログで連絡先の使用を許可します。トーク履歴のバックアップを保存したGoogleアカウントにチェックを付けて、「OK」をタップ。「トーク履歴を復元」を押し、続くダイアログで「確認」を選ぶと、年齢確認画面が表示されます。年齢確認はLINEの利用で必須ではないため、この画面をスキップしてもLINEの利用は可能です。これでLINEアカウントの引き継ぎは完了です。

  • LINE

    「トーク履歴を復元」画面が表示されます。ここで復元を行う場合は、「Googleアカウントを選択」をタップし、ダイアログで連絡先の使用を許可してください。電話番号を変更した場合は、「アカウントを引き継ぎますか」画面が表示されるので、そのまま「引き継ぐ」をタップし、電話番号やメールアドレス、パスワードを入力します

  • LINE

    トーク履歴のバックアップを保存したGoogleアカウントにチェックを付け、「OK」をタップ

  • LINE

    「トーク履歴を復元」を選択。続くダイアログで「確認」を押してください

  • LINE

    年齢確認画面が表示されます。LINEで年齢確認しておくと、LINE IDで「ID検索」や、電話番号でLINEアカウントを検索する「電話番号検索」を利用できます。LINEで年齢認証に対応するのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアと、Y!mobile、LINEモバイルのみです。引き継ぎはこれで完了です。スタンプや着せかえは、LINEの「設定」にある「スタンプ」から再度ダウンロードしましょう