LINEアプリは、もはや生活になくてはならない大事なツール。スマホを機種変更するときにもっとも心配な点が、「きちんとLINEが引き継げるか」という人も多いでしょう。「手順通り進めたはずなのに、なぜかLINEの引き継ぎに失敗した」「正しいやり方がわからない」といった声がSNSでもよく聞かれます。

  • LINE

    本記事では、iPhoneとAndroidでLINEアカウントを引き継ぐ方法を完全解説します

LINEは2019年2月にアカウントの引き継ぎ方法を変更しました。本記事では、新しくなったLINEアカウント引き継ぎ方法を、LINEトーク履歴のバックアップから復元まですべて解説します。iPhoneの人はiOS編を、Androidの人はAndroid編を参照してください。この通りに進めれば、大切なLINEを引き継ぐことができますよ。

なお、本記事で紹介するLINEアカウントの引き継ぎ方法は、LINEバージョン9.2.0で検証しています。LINEで引き継げるデータは以下の通りです。

  • 友だちリスト
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(LINE GAME・LINEマンガ・LINE占いのアイテムなど)
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Pay・LINEポイント残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット

LINEトークで送られた写真や画像、スタンプは一部復元されない場合があります。確実に保存したい写真や画像は、LINEの「アルバム」や「Keep」に保存しておきましょう。また、iTunesからトーク履歴を復元したときや、FacebookアカウントでLINEアカウント引き継ぐ場合、LINEの電話番号登録が解除されるので注意してください。

iOS端末からAndroid端末など、異なるOSでLINEアカウントを引き継ぐ場合は、LINEのトーク履歴、通知音の設定、購入済みのLINEコイン残高、LINE Outのチャージ済みコールクレジット、トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)、LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)が引き継げません。

LINEアカウントを引き継ぐ準備

LINEの引き継ぎを始める前に、LINEに登録している電話番号を確認しておきましょう。Facebookアカウントで登録したLINEアカウントは、電話番号が設定されていない場合があるので、その場合は電話番号を登録してください。古い電話番号が設定されたままになっているケースもありますので、しっかり確認しましょう。

LINEの新しい引き継ぎ方法では、パスワードが必須になります。パスワードを登録していない場合は、機種変更前に必ず登録してください。メールアドレスは必須ではありませんが、パスワードを再設定する場合に必要になるため、この機会に登録しておきましょう。

もし、機種変更前のスマホを紛失したり、スマホが壊れて電源が入らなくなった場合、LINEの引き継ぎで必要な設定「アカウントを引き継ぐ」をオンにできませんが、パスワードが登録されていれば、この手順を飛ばしてもLINEアカウントを引き継げます。

パスワードを登録していなかった場合は、新規アカウントを作成するしかありません。その際、LINEに問い合わせることで、有料スタンプなどのコンテンツを移行できる可能性がありますので、諦める前にヘルプから問い合わせてみましょう。

【iOS編】LINEのトーク履歴をバックアップする

iOS版LINEでトーク履歴のバックアップには、「iCloud」を使います。iCloudとは、Appleが提供しているクラウドサービスで、端末からデータをインターネット上に保存できます。iCloudを使えば、PCなしでLINEのトーク履歴をバックアップ可能です。

標準アプリ以外のデータも5GBまで無料で保存できるiCloud機能のひとつ「iCloud Drive」を使います。iPhoneの「設定」で自分のアカウント名をタップし、「iCloud」を選択。その中で「iCloud Drive」を探してオンにしましょう。iCloud Driveの初回利用時は、「アップグレード」という表示が出るので、それを押します。つぎに「iCloud Drive」ボタンの下にある「LINE」をオンにします。

  • LINE

    iOS端末の「設定」でアカウント名をタップし、「iCloud」の「iCloud Drive」をオンに。初回利用時は「アップグレード」のメニューが表示されます

  • LINE

    「iCloud Drive」のつぎは、「iCloud」内にある「LINE」をオンにしましょう

つぎにLINEアプリを開き、「友だち」画面にある歯車マークの「設定」アイコンから、「トーク」をタップし、「トークのバックアップ」を選択したあと、「今すぐバックアップ」を押すと、iCloudへバックアップが行われます。

  • LINE

    LINEで「設定」の「トーク」から、「トークのバックアップ」を選びます

  • LINE

    「今すぐバックアップ」を選択すると、バックアップが始まります

  • LINE

    iCloudへのバックアップが終了すると、「バックアップ完了」と表示されます

【iOS編】LINEアカウントを引き継ぎ、トーク履歴を復元する

LINEのトーク履歴をバックアップしたら、いよいよLINEアカウントの引き継ぎです。機種変更前の端末で、LINEの「設定」内にある「アカウント」をタップし、電話番号とパスワードを登録してあるかチェックします。

  • LINE

    電話番号とパスワードの登録をチェック。メールアドレスも登録しておくとよいでしょう。登録は、各部分をタップするとできます

つぎに、LINEの「友だち」画面から「設定」を開き、「アカウント引き継ぎ設定」メニューを選択。「アカウントを引き継ぐ」をオンにしたら、36時間以内にLINEアカウントを引き継いでください。

なおiPhoneは、LINEアカウントの引き継ぎ最中にトーク履歴を復元する必要があります。通信環境がよいところで引き継ぎをしましょう。

  • LINE

    LINEの「設定」から、「アカウント引継ぎ設定」をタップ。確認画面で「OK」して、「アカウントを引き継ぐ」をオンにします

機種変更前の端末での作業は、以上でおしまいです。続いて、新しい端末でLINEアカウントを引き継ぎます。新しい端末にLINEアプリをインストールして、起動してください。ここでは、電話番号に変更がない場合を基本に説明しますが、電話番号が変わっても引き継ぎ手順はほぼ同じです。

  • LINE

    「はじめる」をタップします

LINEに登録した電話番号を入力し、矢印ボタンをタップします。LINEからSMSで認証番号が送信されるので、6桁の認証番号を入力します。

  • LINE

    電話番号を入力し、矢印ボタンをタップします。SMSで認証番号が送信されます

  • LINE

    LINEから送られてきた6桁の認証番号を入力します

「友だち追加設定」画面が表示され、iPhoneのアドレス帳と同期して友だちを自動追加するかどうか、また、自分の電話番号で友だち追加を許可するかどうかを決め、右下の矢印アイコンをタップ。画面が変わったら、「トーク履歴を復元」を押してください。年齢確認画面が表示されます。LINEで年齢確認は必須ではないので、年齢確認をしなくてもLINEは使えます。これでLINEアカウントの引き継ぎが完了しました。スタンプは、LINEの「設定」にある「スタンプ」を開いてダウンロードしてください。

  • LINE

    「友だち追加設定」画面が表示されます。両方ともオフにすると、電話番号から自分のLINEアカウントを知られることはありません。もし電話番号を変更した場合は、この画面でLINEアカウントを確認されるので、指示に従いましょう

  • LINE

    「トーク履歴を復元」をタップします。電話番号を変更した場合は、「アカウントを引き継ぎますか」という画面が出るので、「引き継ぐ」をタップし、電話番号やメールアドレス、パスワードを入力してください。すると「トーク履歴を復元」画面が表示されます

  • LINE

    年齢確認の画面が出ます。ログイン画面が表示された場合は、パスワードを入力します。これで引き継ぎの完了です。スタンプや着せかえは再度ダウンロードしてください。ちなみに年齢認証は必須ではありませんが、LINE IDで「ID検索」を行うときと、電話番号でLINEアカウントを検索する「電話番号検索」をするときに必要です。LINEで年齢認証ができるのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアと、Y!mobile、LINEモバイルとなります