グーグルは新しいフラッグシップ「Pixel 5」を10月15日に発売します。新モデルは5Gスマホながら「高嶺の花にしない」ための工夫が伝わる1台。この記事ではPixel 5の実機を約24時間がっつり試用したファーストインプレッションをお届けします。

  • Pixel 5のSorta Sageカラー。Googleストア価格は税込74,800円

    Pixel 5のSorta Sageカラー。Googleストア価格は税込74,800円

Pixel 5が目指した「手が届く5Gスマホ」

Android陣営の盟主、グーグルが自ら企画開発するPixelシリーズは、Androidを代表するスマートフォンといえます。そのPixelシリーズで初の5G対応を果たすPixel 5では、ある“路線転換”がなされています。

第4世代「Pixel 4」までのPixelシリーズは、Android OSの特徴をいち早く取り入れつつも、グーグルの先進技術も取り込んだ新しいコンセプトを実現するスマホでした(例えばPixel 4のSoliレーダー)。言い換えると、“グーグルによる実験場”としての役割を担っていたといえます。

Pixel 5ではその路線がやや修正されました。グーグルがこのスマホで目指したのは「手が届く5Gスマホ」という方向性です。性能と価格を抑えつつ、より多くの人の求める機能を揃えています。

  • Pixel 5。グーグル初の5G対応スマートフォンとして10月15日に発売された。auとソフトバンクも取り扱う

概要:「究極のスマホ」だが「最強のスマホ」ではない

Pixel 5は、紛れもなくPixelシリーズのフラッグシップです。Googleストアでうたわれる文句「Googleが作った究極のスマホ」からも、その位置付けは明らかです。

しかし、「究極」であっても、「最強」ではありません。スマホの中核部品となるチップセットは、Snapdragon 765Gという、最上位から一段落としたグレードの製品をあえて採用しています。

  • Snapdragon 765Gの採用で、小さくても5G通信に対応

Snapdragon 765Gは、5Gの通信機能と3Dゲームも動かせるグラフィック性能を統合したチップセットで、コストパフォーマンス重視の5Gスマホで多くの採用例があります。スマホの高性能化が進む中で、最先端の技術を取り入れた上位製品には100,000円を超える高価なものが増えてきました。Pixel 5はその中で、性能と価格のバランスを取るため、あえて最上位のチップセットを採用しなかったのでしょう。

グーグルの強みは、洗練されたソフトウェア開発能力と、AI関連の技術の蓄積にあります。Pixel 5ではより先端的な技術の投入を控えつつ、より実用性を高める方向に進化の舵を切っています。

デザイン:軽めの4G LTEスマホと渡り合える軽さ

日本で5Gサービス開始とともに投入された5Gスマートフォンの多くは、大きく重いスマホでした。鮮やかな大画面、高性能なチップセットと高級感のある外装を備えたために、重さは犠牲になりがちでした。

それに対し、Pixel 5では重さに気を使った設計がなされています。画面は6.0インチと、5Gスマホの中では小さめですが、ボディはアルミ素材を用いて軽量化し、約151gを実現しました。前世代機のPixel 4よりも11g軽くなっており、第2世代iPhone SE(4.7インチ)と比べてもわずか3g重いだけ。5Gスマホとしてはかなり軽量です。

  • Pixel 4(右)と比べると落ち着いたデザインとなった

5Gスマホといえば“迫力ある大画面”という発想に慣れつつあった筆者にとって、この軽さは衝撃的でした。5Gスマホながら、軽めの4G LTEスマホと十分渡り合える軽さです。この軽さを超える超える5Gスマホは、現時点では10月14日に発表されたばかりの「iPhone 12 mini」(約133g)しかありません。

持ったときの感覚としてはPixel 3aに近く、側面の丸い縁取りが手に馴染む印象。100%リサイクルアルミを使用しつつ、コーティングによってケント紙のような温かみを醸し出しています。

デザイン面ではPixelシリーズの伝統を継承しつつ、それを更に洗練させた印象です。伝統とは、Pixelシリーズでは金属素材を用いつつ、あえて金属に見せない塗装を施すということ。これまでの仕上げはプラスチック風で、おもちゃ箱をひっくり返したようなポップなもの。グーグルらしいフレンドリーさとやんちゃさを濃く現れている一方、好みが分かれやすいデザインでした。

それに対し、Pixel 5では奇抜さは抑えられたものの、安っぽく感じることもなく、より多くの人が親しみやすいデザインへと昇華されています。

  • 左から、Pixel 4、Pixel 5、Pixel 4a。背面はそれぞれガラス、アルミニウム、ポリカーボネートと異なる素材を使っているが、金属感を出さない表面仕上げは共通している

ディスプレイ:上下左右が狭額縁のパンチホール型

前世代モデルのPixel 4は、グーグルの技術と高機能なハードウェアを組み合わせて作ったエッジの効いたスマホでした。今回のPixel 5ではそれらの“先端的な機能”がバッサリ削減され、より実用性を重視した構成になっています。

Pixel 4では巨大なノッチに小型のレーダーを搭載し、ジェスチャー操作(手かざしで画面を操作)や高度な顔認証機能を提供していました。また、Pixelシリーズでは「握ってGoogle アシスタントを起動する」独自の機能を備えていました。これらはPixel 5にはありません。その代わり、扱いやすい狭額縁なディスプレイが据え付けられています。

  • フレームは上下左右が同じ幅となり、端正の取れた佇まいに

まず、Pixel 4にあった上部枠の大きなノッチ(膨らみ)がなくなり、上下左右の画面枠が同じ幅になりました。“パンチホール型ディスプレイ”となり、インカメラは左上の小さな抜け部分に押し込められました。

スマホの大型化が進むなかで、Pixel 5の6インチという画面サイズ(アスペクト比19.5:9)は、もはや「大画面」とは思えないでしょう。一方でこのサイズは、持ち運びにもWebブラウジングにも動画視聴にも便利なサイズ感です。

  • Pixel 5(左)とPixel 4a (5G)(右)。6インチのPixel 5はほっそりとしたデザインで持ちやすくなった

さらに下フレームがほっそりとした形状は、Android 11の標準的なジェスチャー操作ともマッチしています。Google アシスタントの握って起動はできなくなりましたが、下辺の角から斜め上にスワイプしてGoogle アシスタントを表示できます。

Pixel 5のディスプレイの喜ばしい点は、90Hzの高速駆動が引き続き搭載されたことです。特にWebブラウジングやSNSを多用する人にとって、スクロールしたときの快適さはもはや説明するまでもないでしょう。もし未体験なら、ぜひ店頭などで一度触ってみてください。

機能:電池持ちがアップ。弱点はmicroSD非対応

先端的な機能での面白みは減りましたが、AI処理とソフトウェアで実現できる部分は残されています。たとえば周りでかかっている曲をスマホが認識して曲名を表示する「この曲なに?」機能もその1つ。また現時点では日本語には非対応ですが、音声レコーダーアプリでは自動で内容を書き起こし、検索できるようにする機能が実装されています。後述する高度なカメラもAI処理がふんだんに活用されています。

Pixel 5を一台のスマホとして見ると、必要とされる多くの機能を備えていることが分かります。たとえば防水・防じん性能を備えており、国内版はおサイフケータイ(FeliCa)も利用できます。顔認証は無くなったものの、マスク着用時も使える指紋認証が復活しました。

  • 防水・防じん性能を備え、外で雨にぬれても安心

  • 高精度な顔認証はなくなり、背面の指紋センサーが復活した

Pixelシリーズの弱点としてよく指摘されていた電池持ちの短さは、バッテリーが4,080mAhに拡充されて緩和されました。さらにバッテリーシェア機能を搭載し、他のスマホへワイヤレス給電して電力をおすそわけできるようになっています。

Snapdragon 765Gは最上位でこそないものの、準ハイエンドという位置づけで、メモリも8GBとフラッグシップとしては不足ありません。ストレージは128GBを内蔵します。

モバイル通信はSIMフリー版は国内の全ての携帯キャリアの5G網をサポート。eSIMにも対応し、物理SIMとの2回線の同時待受(DSDS)も利用できます。

手堅く機能を詰め込んできた印象ですが、Pixel 5に欠けているものもあります。たとえば、これまでのPixelシリーズと共通で、microSDスロットは非搭載です。また、3.5mmイヤホンジャックも装備していません(普及モデル「Pixel 4a (5G)」には乗っています)。eSIMで2回線の同時利用はできますが、その際は5G接続は利用できません。

カメラ:待望の超広角がやってきた。望遠性能は後退

カメラはPixelシリーズの伝統を受け継ぎつつ、より実用的な方向へと軌道修正しています。Pixel 5はシリーズで初めて、超広角レンズ対応のデュアルカメラを搭載します。

  • Pixelシリーズ初の超広角カメラ搭載。デュアルカメラ仕様で、Pixel 4にあった望遠の搭載は見送られた

Pixelスマホのカメラの“伝統”といえば、「計算写真」を基礎としていること。すなわち、レンズの大きさなど光学的な設計に頼らずとも、ソフトウェアとアルゴリズムの改善で写真の画質を向上できるという設計思想です。この発想が通用するPixel シリーズの暗所撮影の性能は、スマホのカメラの中でもトップクラスに位置しています。

  • 左から、Pixel 4、Pixel 4a、Pixel 5。一般的なハイエンドスマホでは3眼、4眼が主流なところ、これまでPixelは多くて2眼のカメラを搭載。ソフトウェア重視で写真画質の向上が試みられてきた

一方で、超広角という広い画角は、ソフトウェアの改善だけでは上手く制御できません。Pixel 5が超広角+広角という構成となったのは、スマホカメラの最新トレンドに追いつくためのハードウェア選択だったといえそうです。

前世代モデルのPixel 4では、超広角ではなく望遠レンズを搭載し、超解像ズームを売りとしていました。今回のPixel 5では望遠レンズは省かれたため、最大ズーム倍率も8倍から7倍へと落とされています。

しかし、被写体によっては解像感が落ちている印象はありません。超解像のズームで画質を補うためのソフトウェア技術は未だに有効なためです。たとえばレンガ調のタイルのような典型的なパターンであれば、AIが“それっぽく”補って見栄えの良い画像を生成します。

  • Pixel 5とPixel 4で同じ被写体を撮り比べた例。細部まで描写している

Pixel 5の超解像ズームは上手いこと機能していますが、複雑な模様を撮ると“ごまかし”も垣間見えます。パターン認識が上手く働かない箇所に対しては、模様にボカシがかかったような画像になります。これは普及モデルのPixel 4aなどと同じような画像生成の傾向です。

写真作例:超広角カメラ・広角カメラ・夜景モードなど

Pixel 5の超広角カメラ・広角カメラで撮影した作例をいくつか紹介します。画像は横1,200ドットにリサイズしていますが、画像をクリックすると原寸大画像(横4,032ドット)へアクセスできます。

  • Pixel 5の超広角カメラは視野角107度相当。風景をダイナミックに切り取れる

  • Pixel 5の広角カメラの作例。視野角は77度相当

  • Pixel 5の最大倍率、7倍ズームで撮影。デジタルズームにしては破綻が少ないように見える

  • 銀座三越の壁面レリーフを7倍ズームで撮影。模様の下半分がややぼかしを入れたようになっている

  • マクロ撮影の作例。陰影をはっきり描写している。背景のボケも被写体の輪郭に沿っている

  • ポートレートモードで撮影。画角は1倍と1.3倍から選択可能

  • 食事の撮影例。 屋内照明の下でも適度なホワイトバランスと被写界深度を保っている

  • 夜の東京・銀座を夜景モードで撮影。光源の明るさが際立つ

5G:普通に使えるほどエリア展開が広くない

5G性能に対する評価は、時期尚早でしょう。確かに、5Gの高速通信が繋がる場所なら快適です。au回線なら、東京・新橋駅前のSL広場で5Gをつかめば、300~400Mbpsという固定回線に近い速度も計測できます。

一方で、現時点での5Gエリアは各社ともかなり限定されています。auの場合、東京・銀座でもエリア展開していますが、5G基地局がエリア化している周辺のおよそ15m四方の範囲から少しでもずれると4G LTEに戻ってしまうくらい限定的です。銀座ではソフトバンクの基地局もいくつか展開していますが、歩きながら使うと4G LTE接続に戻ってしまいます。

  • au 5Gでは高速な通信速度を実感できたが、5Gにつながっても4G LTEと同じくらいの速度だったことも

auとソフトバンクの2キャリアを例に挙げましたが、エリア展開の乏しさは他社も同じような状況です。NTTドコモの5G基地局の大半はドコモショップの店内に存在します。楽天モバイルは10月に5Gを開始しましたが東京都内のわずかな基地局は、ほとんどが楽天本社のある二子玉川に集中しています。残念ですが、いまは「モバイル通信」として5Gを評価できる状況にはないといわざるを得ない状況です。

幸い、5Gをつかまなくても、全国に広がる4G LTE網が利用できます。ソフトバンクやauの料金プランは、期間限定のキャンペーンなどを併用すれば、5Gも4G LTEプランと同額で契約できます。当面は4G LTEで我慢して、5Gネットワークを待つとしても、運用コストは大きくは変わらないでしょう。

結論:まさに「普段使いの5Gスマホ」。軽妙洒脱な一台

5Gの売りは、超高速な通信です。動画をストリーミングでバンバン視聴しても、ストレスを感じません(繋がるのであれば)。こうした発想から、5G当初のハイエンドスマートフォンは、大画面に大容量バッテリーを搭載するモデルばかりが並ぶことになりました。

一方で、スマホの用途はなにも動画視聴だけではありません。まずは普段使いでも許容できるサイズ感や重さ、機能を満たした上で、できれば5Gにも対応していてほしい。そういうスマホを望んでいた人も多いはずです。

Pixel 5はその期待に対し、重すぎず、手に馴染むデザインと機能の絞り込みで応えてきました。Pixelシリーズらしい、トリッキーな要素はほとんどなくなりましたが、5Gのパフォーマンスと価格、電池持ちとデザインといった各種の要素を絶妙なバランスで盛り込んだ、誰でも使いやすい一台です。

ある意味で、グーグルらしい“究極のスマホ”を体現する存在といえるでしょう。

Pixel 5の主な仕様

  • OS: Android 11
  • CPU: Snapdragon 765G(オクタコア、2.4GHz×1/2.2GHz×1/1.8GHz×6)
  • 内蔵メモリ: 8GB
  • ストレージ: 128GB
  • 外部ストレージ: 非対応
  • サイズ: 約144.6×70.4×8.0mm
  • 重さ: 約151g
  • ディスプレイ: 約6.0インチ 有機EL(2,340×1,080ドット)、90Hz駆動対応
  • メインカメラ: 約1,220万画素(標準)+1,600万画素(超広角)
  • インカメラ: 約800万画素
  • Wi-Fi: Wi-Fi 5(IEEE802.11a / b / g / n / ac)
  • バッテリー容量: 4,080mAh
  • 防水/防塵: ○/○
  • 生体認証: ○(指紋認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ―/―
  • おサイフケータイ: ○(NFC/FeliCa搭載)
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション:Jsut Black、Sorta Sage