• DELL Inspiron 5000 14(AMD版)を机狭めのビジネスホテルに持ち込んでみた。これならホテルでお仕事も捗りそうだ

    DELL Inspiron 14 5000(AMD版)を机狭めのビジネスホテルに持ち込んでみた。これならホテルでお仕事も捗りそうだ

買ったモデルは即旧型になってしまいました(号泣)

個人的な話になるが、今年筆者はパソコン環境(デスクトップ)を一新しなければならない状況にある(いわゆる「Sandy Bridgeおじさん」に加えてOSもWindows 7なのでe-TAX申請すら今年から非対応環境になってしまった)。移行作業を考えるとノートパソコンも欲しい。

買わなきゃ! と思ったのがGW明けで、世間は緊急事態宣言に伴うテレワーク需要の高まりで、狙っていたノートパソコンは軒並み「納期6週間+」。某メーカーのプリセールスの人曰く「(納期6週間+は)パーツがなくて組み立てできないって意味です」と絶望的な発言をしていた。

コロナ問題で今後が不透明な状況下だが、それでもオフラインの記者会見が全くないわけではない(この原稿を書いている間にも「一日二件のオフライン発表会」があった)し、そろそろ機動力のあるノートパソコンが欲しい。

ライターの生産性向上のためには標準的レイアウトのフルピッチキーボードはマストで(個人的にノートパソコンにテンキーはイラナイとなると)、狙いは14インチの薄型モデルだ。最近のAMDの勢いを見るとRyzen 5モデルがベターだろう。しかし、今年のCESでお披露目されたRyzen 4000Uシリーズの普及価格帯製品の投入は遅れそうだ(と当時は思っていた……)。

「10万円の給付金も入った事だし」ということで、スペックと価格で選んだDELL Inspiron 14 5000(AMD)をオーダーしたのは6月6日。注文前の画面では「標準納期+2週間」と書かれていたが、オーダー完了画面の納期は7月30日。ただし、実際には週明けに製造・出荷され、手元に届いたのは6月19日でピタリ二週間(≒標準納期)だった……が、到着前の16日に新型Inspiron 5000シリーズの製品リリースが届いた。

悲しんでいても仕方なく新型Inspiron 14 5000(5405)のレビューをしてみたい。私物の旧型もあるのでInspiron 14 5000(5485)の進化を理解するのもいいだろう。

以下、(公式ドキュメントにInspiron 5485/Inspiron 5405と表記されているので)旧型Inspiron 5000 14(AMD)は5485、6月15日発表・6月30日受注開始の新型Inspiron 14 5000(AMD)は5405と表記する。あまり進化していないと精神衛生上いいなぁ……と言う密かな願いとは裏腹に、単にCPUが変わっただけではなく筺体も大幅に改良されていた。

薄く、軽く、小さくなっただけでなくタッチパッドも大型化

まず、資料ベースで比較したい。5485は幅324.30mm、奥行き232mm。厚みが前面18.77mm、背面19.10mmで重量が1.51kg~。これに対して新型の5405は幅321.30mm、奥行き216.20mm。厚みが前面16.74mm、背面17.90mmで重量が1.40kg~となっている。

幅3mm、厚みが1-2mmに対して奥行きは15.8mmと7%ほど削減されている。液晶パネルサイズは同じなので液晶下のベゼル部が半分ぐらいに削減されている事になる。一方タッチパッドは5485が105×65mmに対して5405は115×70mmと大型化。キーボードは5485がX=19.05mm、Y=18.05mmで5405がX=18.70mm、Y=18.05mmと若干狭くなっている。

  • DELL Inspiron 14 5000(AMD版)の新旧モデルを重ねてみた。奥行きが短くなっているのがはっきりわかる

プレミアムモデルのCPUは5485がRyzen 5 3500Uなので「Zen+」アーキテクチャの4コア8スレッド、L2キャッシュ2MB、L3キャッシュ4MBで動作周波数2.1Ghz、ブースト時最大3.7Ghz。グラフィックスコアは8基で1200Mhz動作だ。メモリクロックは2400Mhz(DIMMモジュールは2666Mhzを使用)で8GBとなっている(メモリを交換すれば16GBx2まで対応するが当然保証外行為)。新型の5405はRyzen 5 4500Uで「Zen 2」アーキテクチャの6コア6スレッド、L2キャッシュ3MB、L3キャッシュ合計8MBで動作周波数2.3Ghz、ブースト時最大4.0Ghz。グラフィックスコアは6基で1500Mhz動作だ。メモリクロックは3200Mhzの8GBとなっている。

ストレージは5485/5405共にプレミアムモデルで256GB M.2 SSD(プラチナモデルで512GB)だ。それ以外にWi-Fi/Bluetooth用に2230のM.2があり5485/5405共にQualcomm社製の802.11acモジュールを搭載している。2020年に出たノートパソコンで802.11acと言うのはやや物足らない。

外部I/Oを見ると5485が左に電源、USB-C(3.1Gen1 PD/DP対応)、HDMI(1.4B)、USB3.0×2、ヘッドセット。右にセキュリティロック、有線LAN(10/100M)、USB2.0、フルサイズSD(いずれも奥から手前に向かって記載)。5405は左が電源、HDMI(1.4B)、USB3.2 Gen1、USB-C(3.2Gen1 PD/DP対応)。右にヘッドセット、USB3.2 Gen1、Micro SDとなっている。個人用途で有線LANとセキュリティロックは不要かもしれないが、USBコネクタが一つ減っている事には注意したい。

  • 左側の拡張コネクタ(上が5405で、下が5485)。旧型比でUSBコネクタがひとつ減った。ヘッドセット端子は右側に移動

  • 右側の拡張コネクタ(上が5405で、下が5485)。旧型にあったセキュリティロックホールがなくなっている。また旧型はSDカード対応だったが、新型はMicro SDカードスロットになった

バッテリは5485が42Whrで5405が40Whrと減少している。ACアダプタは従来通りの丸型コネクタ(φ4.5)で5485/5405共に45W(19.5V 2.31A)だが、どちらもUSB Power Delivery(以下PDと略記)に正式対応している。PDに正式対応しているのはうれしい(筆者がInspiron 14 5000をチョイスした理由は他社のRyzen 5 4500Uの下位モデルがPD非対応or非公式対応だったからだ)。

チルトアップ式となり狭額縁。エアフローも大幅な改善。

さて、検証機が到着した。データ通り明らかに小さく、「某13.3インチ用PCケース」に入れると5485は奥行きがピッチピチのタイトフィットなのに対して5405は奥行きが減ったのでスルッと余裕で入る。重量も5485が実測1478gに対し5405は1353gと125g軽くなっている。

  • 「13.3インチ用PCケース」に入れてみた。最近の狭額縁化によってこのケースでも14インチノートパソコンが格納できるが、5485はピッチピチに対し5405はゆとりがある

  • 旧型の5485は実測1478g。普及モデルでこの重量になったと喜んだのだが……

  • 新型の5405は実測1353gとさらに9%ほどの軽量化を達成している

カラーリングは若干の変更があるもののどちらもプラチナシルバーモデル故に「外見はシルバー」だ。5485はプラチナシルバーのみだったが、5405にはプラチナシルバー以外にエデンというグレーモデルも用意されている。検証機はプラチナシルバー)。

しかし、開いてみると5485と5405では見かけが大きく異なる。5485はキーボードがブラックでディスプレイベゼルも黒いのに対し、5405はキーボードもベゼルもシルバーとなっている。さらにバックライト付キーボードになった。細かいところになるが5405はタッチパッド周囲がダイヤモンドカットされており見ためもいい。

  • 5485のキーボード。ブラックでバックライトなし。電源ボタンがキーボードエリア外なのはいいと思う。指紋入力は標準で含まれていた

  • 5405のキーボード。シルバーバックライト付。入力フィールが異なるが電源ボタンがキーボードエリア内に入っているのはややマイナス。指紋入力はオプション

  • 5405のタッチパッドは大型化され、パームレストとの境目はダイヤモンドカットされており見た目がいい

ベゼルは5485が上9mm、左右6mm、下30mm程度に対し、5405が上9mm、左右5mm、下16mmというかチルトアップの関係で実質12mm程度と減った。ついでにDELLロゴの高さも6mmから5mmと小さくなっている。

  • 5485でも3面狭額縁だが、5405ではベゼルカラーを白に変更し3面狭額縁も薄くなった。さらに従来厚く感じた下のベゼルがチルトアップ式ヒンジになった事も相まって大きく改善されている

液晶ヒンジを奥目にすることで、蓋を開くとカバーが本体を支えるチルトアップ式に変更。これに伴いCPUクーラーの排気が液晶ヒンジに干渉せず、本体下部のスリットも増えて明らかにエアフローが改善されている。実際、テスト前の完全バックアップを取っている時に冷却ファンの音が目立つこともなく、底板を触ってもあまり熱くない。

  • 5405はチルトアップ式で、これによりエアフローが大幅に改善されている

  • 5485のボトムカバーと液晶部から見た排気部。背面のスリットが1列で、CPUクーラーファンのエアがヒンジに当たるので抜けがよろしくない

  • 5405のボトムカバーと液晶部から見た排気部。背面のスリットが2列になり、CPUクーラーファンのエアが液晶パネルに沿って流れるようになっており、放熱性は格段に向上しているように思える

旧型の5485は電源を入れた際にファンチェックのためか大きな回転音が聞こえるほか、負荷の軽いテキストエディタ入力時でもたまにファンが回る音が気になっていた(熱の抜けが悪い)。対して5405は電源オン時も静かなままだ。もちろん負荷の重いベンチマークソフトを動かせばファンは回るが、ベンチマークが終了してほどなくファンは止まるので冷却効率はよさそうだ。

デザイン面でもう一つうれしいのがボトムカバーの変更で、5485は本体パーツの下からボトムカバーをかぶせるようになっているためキーボード側に継ぎ目があるのに対し、5405は本体パーツがサイド部を含めた作りになっているので、継ぎ目がボトム側にあり、目立たない設計になっている。

  • 5485はキーボードを含むパームレストをボトムカバーに入れる構造になっており、継ぎ目が見える。5405はキーボードユニットを含むCPUやバッテリーに裏から蓋をしている作りなので継ぎ目も裏側にあり目立たない

キーボードはレイアウトに若干の変更がある。5485はPageUp/DownをFn+↑/↓としているのに対し、5405は←→キーの上に独立キーが用意された。

一方、5485はキーボードの枠の外に電源ボタンがあるのに対し、5405は右上に電源ボタンがある。キータッチが違うので誤入力する可能性は低いと思うが少々気になる。誤入力が多いと感じた場合はスイッチを押してもスリープしない設定にすればよいだろう。

というのは電源オンのために電源ボタンを押さなくてよいからだ。5405にはパソコンを開いただけで電源が入る「Power on LID open」という設定がBIOS内にあり、標準で有効になっている。5485にはこの機能がない。

  • 5405のBIOSには「Power on LID open」と言う項目があり、購入時から有効になっている。開けば即電源ONとなのは使い勝手がよい

5485を買って改めて実感したのが「電源ボタン内蔵指紋認証」の便利さだ(DELLの発表会では何度かアピールされていたが、展示機ではわからない)。現在5405の指紋認証はオプション対応となっているが、評価機はオプション入りでWindows Helloの使い勝手が非常によい。逆にInspiron 5000シリーズでは上位モデルのXPSで採用されているIRカメラを用いた顔認証には対応していない。

起動、スリープ、ウェイクアップタイムは一昔前のノートパソコンからすると雲泥の差となっている。以前、指紋認証のノートパソコンを使っていたが、ラインセンサーなので指を動かす必要があった。5405/5485の指紋センサーは最近のスマホでも使われているエリアセンサーなので、指を置くだけでよく、認識速度も速いのでストレスを感じない。

PD電源への対応だが45W未満のアダプタは使い物にならない。手持ちのAnker PowerPort Atom III 30W Slimを接続していたところ充電はおろか接続中にもならなかった。ベンチマークを取りながらチェックしてみたところ、5405は非充電時でもピーク消費電力が40Wを超えていたので、仕方ないだろう。

CPUパワーを比較するためにCINEBENCH R20で測定したところ、5485がCPU 1040、CPU(Single Core)286に対し5405はCPU 2199、CPU(Single Core)440と圧倒的な差がついた。単にCPUの世代による差だけではなく、放熱性の差もあると思われる。

  • Windows10標準で含まれているWinSATを使用し、WEI Viewerでインデックス値を表示させたところ。5405で劣っているのはグラフィックスだが、これはRyzen 5 3500Uのグラフィックスコアが8基(周波数1200Mhz)に対してRyzen 5 4500Uが6基(周波数1500Mhz)のためだろう

  • CINEBENCH R20の速度差はクロックだけでなくCPUアーキテクチャーの差、そしてエアフロー改善による放熱性が影響しているとおもわれる

バッテリーの持ちに関して、スペック上5405は5485比で5%電池容量が減っているが、実際に使ってみると使用時間が短くなったという印象はない。取材で持ち出してみたところ2件の取材に関してバッテリーだけで余裕で利用できた。

ベンチマークと言っては微妙だがWindowsのオートスリープを無効にして、100%⇒2%(ここで休止状態になる)まで「(ビデオと音声を入れた)耐久"Zoom"テスト」を行ったところ(Windowsの設定はより良いバッテリーで、パワーモードはスリープと休止タイミング以外はDELLの標準。音量は50、画面の明るさは一番明るい状態から2段階落としている)で、5405ではおよそ5時間(3回測定の平均は299分)利用できた。一方5485は3.75時間(3回測定の平均は225分)で、ネットワークを常時使っている状況下で5405はタフに利用できる事がわかった。

最後にメモリに関してだが、5485は2.1GBのハードウェア予約が入っているのに対して5405のハードウェア予約は647MBに留まり、同じ8GBの搭載メモリだがそのうち1GB以上多くWindowsで利用できる。予約分は内蔵グラフィックス用のメモリと推定されるが、より多くのWindowsの利用可能領域となっているのは非常にうれしい。

  • 5485は2.1GBのハードウェア予約(≒グラフィックメモリ)を確保しており、ユーザーエリアがやや狭い

  • 対して5405はハードウェア予約が647MBしかなく、8GBメモリでもユーザーエリアが5485よりも多く使える

やっぱり新型はイイねぇ(やっぱり号泣)

ということで、Inspiron 5405こと新型Inspiron 14 5000シリーズ(AMDモデル)はいい感じだ。新型になってパフォーマンスが向上するというのは当たり前だが、筺体が一新しており旧型よりも125g軽量化され、薄く小さくなり、一方でタッチパッドは大型化している。液晶の3辺狭額縁はさらに狭くなり、残った一辺も大幅に狭ってルックスも向上している。

エアフローも大幅に改善され、実質的なユーザーメモリも増えており、ここまで変わっているなら旧型をあえて選ぶ理由はほとんどない。この大きさならば自宅でも出先でも活用できるだろう。

Inspiron 5000のAMDモデルは今回14/15インチモデルが同価格なので大きさ、重さ、テンキーの有り無しで選ぶことができる。キーボードは指紋認証がオプションとなっているので購入時にはオプションを入れる事をオススメする。電源周りに関しては公式にPD給電対応しているので電源アダプターの選択肢が非常に広がった。筆者的にはスマートフォンやパソコンのために複数の電源アダプタを持ち歩く必要がなくなり、長年のパソコン環境の懸念点がひとつなくなった。

ただし今年発売の製品にも関わらず「Wi-Fi6対応でない」のがちょっと気になった。これはBTOオプションで選択可能にしてほしい点だ。また、現時点ではInspiron 5000のAMDモデルに即納製品がなく、すべてBTOとなっているため、納期と言う点では少々厳しい。先月購入した体験から言えば、製造そのものは迅速に行えているようで、納期のほとんどは中国から日本への船便貨物輸送にかかっている。すぐにDELLパソコンが必要な人は即納モデルが用意されているIntel版を選ぶことになるだろう。