Google純正のスマートフォン「Pixel」シリーズの最新モデル「Pixel 4a」が発表されました。「a」ラインは、Pixelシリーズの中ではコストパフォーマンスモデルとして、上位モデルよりスペックを落としつつ、低価格化したものです。今回、いち早く試用する機会があったのでご紹介します。

  • Pixel 4aがついに登場しました。5.8インチ有機ELディスプレイを搭載した小型スマホです

    Pixel 4aがついに登場しました。5.8インチ有機ELディスプレイを搭載した小型スマホです

コンパクトで軽量、お手頃価格のPixel

Pixel 4aのスペック詳細はニュース記事を参照してほしいのですが、SoCはSnapdragon 730G、メモリがLPDDR4xで6GB、ストレージが128GBなどとなっており、ミッドレンジのスマートフォンといった構成です。

基本的には既存モデルのPixel 4の下位モデルとなりますが、必要十分なスペックでしょう。実際、通常の使い方であればPixel 4と大きな差は感じず、ブラウザでのサイト閲覧、SNSの利用、カメラの撮影、いずれも、極端な動きの違いはありませんでした。もちろん、前世代のPixel 3aと比べると、動作は快適ですし、メモリ量やストレージ量が増えた点も安心です。

  • 片手で気軽に使えるコンパクトサイズ

Pixel 4と比べると、SoC以外にもいくつかの違いがあります。ディスプレイサイズはPixel 4の5.7インチ、Pixel 4 XLの6.3インチに対して、Pixel 4aは5.8インチとなりました。Pixel 3aは5.6インチ、Pixel 3a XLは6.0インチなので、その中間といったサイズです。

  • シンプルな外観のPixel 4a。背面はワントーンで、カメラと指紋センサー、「G」ロゴが配置されています

Pixel 3~Pixel 4aの本体サイズは下記の通り。最新のPixel 4aはこの中で最小・最軽量となりました。

  • Pixel 4aの本体サイズと重さ……69.4×144×8.2mm / 143g

  • Pixel 4の本体サイズと重さ……68.8×147.1×8.2mm / 162g

  • Pixel 4 XLの本体サイズと重さ……75.1×160.4×8.2mm / 193g

  • Pixel 3aの本体サイズと重さ……70.1×151.3×8.2mm / 147g

  • Pixel 3a XLの本体サイズと重さ……76.1×1601.×8.2mm / 167g

  • 写真左からPixel 4、Pixel 3、Pixel 4a、Pixel 4 XL。この中で一番コンパクトです

初のパンチホール型インカメラ

これを実現した理由の一つが、Pixelシリーズ初のパンチホール型ディスプレイの採用で、ベゼル幅が細くなったため、画面サイズが大きくなってもコンパクト化を実現しました。これは嬉しいところで、持ち運びしやすく、片手でも使いやすいサイズに仕上がっています。

  • 左がPixel 4、右がPixel 4a。Pixel 4aは上部のベゼルがないパンチホール型のインカメラを搭載しています

上記の通り、Pixel 4やPixel 3aと比べて、「XL」モデルがなくなったのも違いでしょう。「a」ラインとしては悪くない判断だと思います。

Pixel 4との比較では、Pixel 3aのように背面指紋センサーを搭載している点も異なります。個人的に、背面指紋センサーはデスクに置いたときなどに使いづらいため、画面内指紋センサーが快適だと思うのですが、Pixel 4aでは背面のみ。Pixel 3aと比べてもフラット感が増して、ケース着用時に押しやすい反面、センサー位置を一発で確認するのはなかなか困難です。

  • Pixel 3(左)とPixel 4a(右)。指紋センサーがさらに目立たなくなりました

  • 本体サイズも小さく、指紋センサーもフラットな配置で指を置きやすいのですが、反面、位置がわかりにくいのが難点です

  • 今回もファブリックケースが用意されています。こうしたケースを装着すれば指紋センサーが使いやすくなります

Active EdgeやMotion Senseは非搭載

とはいえ、Pixel 4は顔認証のみで、マスクをしていると利用できなかったことに対してはアドバンテージと言えるかもしれません。外出先で手に持って使う場合には指紋センサーの方が便利でしょう。冬場にマスク+手袋になったときは、どちらも無力化されてしまうのですが、手袋を外すよりはマスクをずらした方が手軽と言えるかもしれません。

ともかく、パンチホール型になったため、Pixel 4aは顔認証用のカメラを内蔵しておらず、安全性の高い顔認証機能は備えていません。このあたりはコスト削減の一つでしょう。

ほかにも側面を握ることで操作するActive Edgeや、画面の前で手を振って操作するMotion Senseといった機能も省かれています。個人的には、Qi準拠のワイヤレス充電機能が省かれているのは残念です。いずれにしても、奇をてらったところのない、シンプルなスマートフォンといったイメージです。

Pixel 4並みのカメラ機能を受け継ぐ

Pixel 4との違いとして大きな点はカメラです。カメラ部のデザインはPixel 4と共通の正四角形となっていますが、カメラは1基だけとなっています。Pixel 4aと比べると望遠カメラが非搭載になりました。

  • Pixel 4aのカメラは、フラッシュとメインレンズが対角線に並んでいます

カメラは1,220万画素のデュアルピクセルセンサーを搭載。ピクセルサイズは1.4μmとなっており、スペック的にはPixel 4と同等です。レンズのF値はF1.7、画角は77度となっていて、こちらも共通しています。

基本的に、望遠カメラの有無を除けば、Pixel 4と4aのカメラは「ハードウェアとソフトウェアが共通」という理解で問題ないようです。定評のある夜景モード、ポートレート、HDRといった機能も変わらずに搭載されています。画面タッチした際に明部と暗部でそれぞれ露出をコントロールする「デュアル露出補正」も変わらず搭載されています。

  • Pixel 4aのカメラのUI。上部にあるのがデュアル露出補正で、明部と暗部を個別に変更できます

実際、撮影してみるとPixel 4もPixel 4aも隅々まで解像し、差は見分けられません。差を感じたのがズームです。Pixel 4シリーズでは機械学習を活用した超解像ズームが特徴で、Pixel 4では最大8倍ズームに対応していました。(以下、作例写真は記事用にリサイズしています)

  • Pixel 4aで撮影。隅々まで解像して見栄えの良い写真が撮れます

  • Pixel 4aで撮影。派手さはなく、忠実な色再現

  • 上がPixel 4、下がPixel 4aです。正直、見分けはつかないレベルです

  • こちらはポートレートモード。上がPixel 4、下がPixel 4aです。これも大きな差はなさそうです

ズーム機能の違いをチェック

デジタルズームなので限界はありますが、Pixel 4aは一般的なスマートフォンのデジタルズームより良好な印象でした。Pixel 4では1,600万画素の望遠カメラがあり、これを使って超解像ズームをすることで、多少画質は良くなるようです。Pixel 4は最大8倍、Pixel 4aは最大7倍までの超解像ズームに対応するのはこのためでしょう。

  • Pixel 4で小さなフィギュアを撮影。これはメインカメラ

  • Pixel 4の2倍ズーム。カメラが望遠カメラに変わり、ホワイトバランスが変わりました

  • 【Pixel 4】3倍(左)、4倍(中央)、5倍(右)

  • 【Pixel 4】6倍(左)、7倍(中央)、8倍(右)

  • 今度はPixel 4aで小さなフィギュアを撮影

  • Pixel 4aの2倍ズーム。カメラが同じ(シングルカメラ)なため、ホワイトバランスは変わりません

  • 【Pixel 4a】3倍(左)、4倍(中央)、5倍(右)

  • 【Pixel 4a】6倍(左)、7倍(右)

画質も、同じ7倍同士だとPixel 4の方が人の顔の彫りがわかり、高精細で高画質のようです。Pixel 4の8倍とPixel 4aの7倍が同じぐらいの画質でしょうか。とはいえ、Pixel 4譲りの超解像ズームが、Pixel 4aにもほぼ備わっているといえるでしょう。

  • Pixel 4(上)とPixel 4a(下)の7倍ズーム比較。わずかにPixel 4の方が高画質なようです

2倍ズームの場合は、Pixel 4は望遠カメラを使いますが、Pixel 4aは超解像ズームとなります。正確にはPixel 4も望遠カメラの倍率は1.8倍で、2倍ズーム時はデジタルズームが併用されています。とはいえ、比べてみると画質はPixel 4の方が高く、このあたりは物理的な光学レンズのメリットが発揮されています。

  • Pixel 4(上)とPixel 4a(下)では、2倍ズーム時の画質の違いがわかります

ただ、Pixel 4はメインカメラと望遠カメラでホワイトバランスが変わってしまうことがありますが、Pixel 4aはシングルカメラなのでその問題が起きません。標準のPixel 4のカメラアプリはホワイトバランスの調整ができないため、ホワイトバランスの問題が出るとちょっと困ってしまいます。

とはいえ、Pixel 4aのカメラはPixel 4譲りの高画質カメラを搭載しています。機械学習によるComputational Photographyは、Pixel 4aでも健在で、星空さえも撮れる夜景モードや超解像ズームなども強力です。コストパフォーマンスの高い高画質スマートフォンカメラといって良さそうです。

コスパの高さが光る小型スマホ

日本版のPixel 4aは、従来通りおサイフケータイにも対応。電子マネーやクレジットカードを登録してキャッシュレス決済を行えます。Google純正として、最新のAndroid 10を搭載するほか、最低3年間のアップデートも保証されています。

Googleアシスタントをはじめ、Googleの最新機能が早期に利用できるようになるのも強みでしょう。GoogleアシスタントがLINEなどのSNSに音声で返信できるようになるなど、随時新機能が追加されています。こうした機能がすぐに試せます。

何より、画面サイズとボディサイズのバランスがよく、持ち運びやすさと使いやすさが好印象でした。それでいて、価格は税込42,900円。ミッドレンジのスマートフォンとしては決して安価とはいえませんが、スペックと機能を考えればお買い得と感じました。

Googleは、今秋にもPixel 4a 5GとPixel 5という5G対応モデルを発売する計画を明らかにしています。しかし、価格はPixel 4a 5Gで6万円を超えてしまうため、コストパフォーマンスという意味では、Pixel 4aは十分検討に値しそうです。