雨が多い季節は外に洗濯物を干しづらく、かといって室内干しをするにも、ただでさえ湿度が高い状況の中で不快指数も上がりまくり。そこで上手に活用したいのが、衣類乾燥機です。

今回、2020年5月に発売となったパナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」を自宅で試してみたところ、想像以上に「デキる子」でした。さっそくその魅力をお伝えしたいと思います。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    パナソニックの衣類乾燥除湿機の新製品「F-YHXT90」。これまでの縦長形状から横長に設計を大きく変え、33.5mcという高さに抑えたコンパクトモデル

パナソニックの衣類乾燥除湿機は、以前からコンプレッサー式とデシカント式のハイブリッド仕様が特徴。コンプレッサー式は、空気を冷却することで発生する結露を利用して、空気中の水分を集めます。冷媒(ガス)を本体内部で循環させて湿った空気を冷やし、空気中の水分を水滴に変えて湿気を取り除くという、原理的にはエアコンと同じです。高温時の除湿能力が高く、湿度や気温が高い夏場に威力を発揮します。

一方のデシカント式は、ゼオライトという乾燥剤に水分を吸着させて空気中の水分を取り除く仕組み。運転時にヒーターを使用するため、室温に左右されず、冬場の低温時にも除湿能力を発揮します。コンプレッサー式と比べて、本体サイズが小さいことや、運転音が静かなことがメリット。反面、ヒーターを使用するため消費電力が高く、夏場は室温を上げてしまうのがデメリットです。

そしてハイブリッド式とは、コンプレッサー式とデシカント式を併用したもの。気温に左右されず、一年中効率的に衣類乾燥できる点が大きな長所です。ただし、2方式ぶんの部品を搭載しているため、本体サイズが大きくなってしまうことが難点でもあります。実際に、パナソニックのハイブリッドタイプの衣類乾燥除湿気は正直、なかなか存在感のあるサイズ感でありました。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHMX120」

    2016年モデルの「F-YHMX120」。本体サイズは幅37×奥行22.5×高さ58cmと、レギュラ―モデルの後継機種となる「F-YC120HTX」と同じ大きさ。2Lサイズのペットボトルと並べても倍以上の高さです

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    500mlペットボトルと比べてもこれだけコンパクトなF-YHXT90

ところが、新製品のF-YHTX90はコンパクトモデルとして登場。内部構造を大幅に見直し、高さが約33.5cmという背の低い設計を実現しました。ちなみに、従来モデルを継承したもう1つの新製品「F-YHTX200」の高さは66.2cm。高さだけを比較すると、F-YHTX90はおよそ半分の高さに収まっています。高さを抑えたことにより、本体形状も縦長から横長へと一新されました。

部屋干しの洗濯物、乾くのが早い!

本体形状が変わったことで、F-YHTX90は設置の仕方も変わりました。これまでの縦長フォルムの製品は、洗濯物の真下に設置できず(高い干し位置ならできなくもないですが)、洗濯物に向かい側から風を当てる方式でした。F-YHTX90では、吊した洗濯物の真下にも設置しやすくなったことで、部屋干し中の洗濯物に対して、ダイレクトに効率よく風を当てられます。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    膝下サイズの高さを生かして、洗濯物を真上に干してダイレクトに風を送れます。ロスが少ないためか、最大定格除湿能力(50Hzで1日7.8L、60Hzで1日8.5L)以上にパワーを感じます

F-YHTX90の最大定格除湿能力(50Hz/60Hz)は、1日当たり7.8L/8.5Lです。F-YHTX200の18.0L/20.0Lと比べて半分以下ですが、F-YHTX90は風をムダなく洗濯物に当てて効率よく乾かせるためか、実際には数値以上におどろくほどスピーディーです。

【動画】風向は固定のほか、全方向・上方向・下方向の3パターンで切り替え可能。洗濯物がすべて真上に干せない量のときには、手前側に設置して風向を変えることで、効率的に乾かせます

F-YHTX90稼働前の湿度が60%・室温27℃だったリビングで、シングル布団のシーツとカバー、枕カバーを1組、2~3枚のTシャツを干したところ、F-YHTX90を動作させてから1時間くらいでほとんど乾いている状態でした。もちろん、その時々の湿度、洗濯物を干す量、布の種類にもよっても左右されます。

パナソニックが目安として公表している、「約2kgの衣類を約97分で乾かせる」というのは決しておおげさではなく、それ以上に早く乾くようにも感じました。洗濯物の水分は重力で下に移動するため、真下から風を当てるほう効率的ということでしょう。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    寝具など大物の室内干しは、室内の湿度を上昇させてしまうのでなるべく早く乾かしたいもの。長く干しておくのもジャマですよね。F-YHXT90の真上に干せば、シーツとカバー1組なら小一時間で乾きます

単独の除湿機としても使える

F-YHTX90でもう1つ魅力なのが、除湿機としても単独運転できること。除湿可能目安の面積は、木造住宅で8畳、プレハブで13畳、鉄筋で16畳までの広さに対応します。エアコンを冷房運転するほど暑くはないけど、ジメジメ感(湿度)を下げたいという場合に、簡易的な空調機として使えます。

浴室やクローゼットなど、エアコンが設置されておらず、設置スペースが限られる空間でも活躍してくれるでしょう。F-YHTX90の重さは約10kgありますが、本体下部に4輪のキャスターが付いており、楽に移動できます。ハイブリッド式でもあるので、室温が低い冬場も、湿気がたまりやすい場所で結露対策用に使えるのもポイントです。

また、消費電力を節約する機能も豊富。例えば「エコナビ」機能は、洗濯物の量を自動で判断し、温度や湿度とその変化をセンサーで見分けながら、経済的に自動運転を行ってくれます。一般的に、衣類乾燥除湿機というのはそれなりに電力を消費する家電製品ですが、少しでもムダな運転を省く自動制御をしてくれるのは、長く使い続けているとランニングコスト(電気代)に大きな差として響いてくるものです。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    シンプルに集約された操作部。中央のボタンがコース選択で、それぞれボタンを押すたびにモードを切り替わり、直観的でわかりやすい操作性です

カラッとキープモードがお気に入り

個人的にとても気に入った独自機能の1つは、「カラッとキープモード」です。F-YHTX90の衣類乾燥運転が終わると自動で「除湿おまかせモード」に切り替わり、余分な電力消費を抑えながら、湿度の上昇を抑えてくれるというもの。

多くの家電製品は、自動運転やタイマー運転の終了後は電源がオフになったり、運転がストップしたりするのが一般的です。F-YHTX90のカラッとキープモードは、洗濯物が乾いたあとも快適な湿度をキープしてくれ、乾いた衣類が湿ってしまうという心配もなく、何とも気が利いた機能だと思います。

衣類乾燥運転には、「速乾モード」「おまかせモード」「音ひかえめモード」という3つのモードがあります。速乾モードはスピーディーに乾かすことを最優先に、出力を最大にしたモードです。おまかせモードは乾燥時間は長くなるものの、消費電力を約52%も押さえて運転。同様に、音ひかえめモードは乾燥時間がさらに延びますが、消費電力とともに運転音を43dBまで低くして運転します。

F-YHTX90の運転音は、通常時でも衣類乾燥機としては静かなレベルだと感じましたが、寝ているときは気になる場合もあります。部屋干しの洗濯物、朝に起きるまでに乾けばいいというときには、音ひかえめモードはやはり便利な機能です。

ナノイーXも搭載

パナソニックの家電製品ということで、F-YHTX90にも、除菌や消臭に効果が期待できるパナソニック独自のイオン発生技術技術「ナノイーX」が搭載されています。これを利用した「ケアモード」には、これまでの「衣類ケア」に加えて、新しく「部屋ケア」と「寝具ケア」という2つの機能が追加されました。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    とりあえず「部屋ケアモード」に設定しておけば、「ナノイーX」による空気清浄機能として使えて、湿度が70%以上になると除湿運転を自動に行ってくれます。出しっぱなしにしていても日常的に使えるのは便利

具体的には、部屋ケアモードではナノイーXを部屋全体に行き渡らせて、ニオイ、花粉、浮遊菌、浮遊ウイルスを抑制。冬場の快適性にも配慮し、湿度が70%以上で除湿運転も自動的にスタートします。

寝具ケアモードは、ふとんなど寝具表面のニオイや湿気取りのためのモード。部屋ケアモードと同様に、湿度が約40%以上になると同時に除湿運転も行ってくれます。ふとんを昼間に屋外で干せない家庭や、ベランダ干しができないマンションなどで便利な機能です。

「ケアキープモード」という機能もあり、有効に設定しておくと、衣類乾燥の終了後に自動で部屋ケアモードに移行します。衣類乾燥が終わったあとも、継続して空間除菌や消臭したい場合にお役立ちです。

お手入れは、タンクにたまった水を捨てるだけ。満水になると自動で運転が停止するので、あふれることはありません。横長でトレー状のタンクは本体下部に収まっており、引き出して簡単に取り外せて、排水口もあります。容量は約2.4Lと少なめではあるものの、たまった水を捨てやすい設計のため、容量の少なさを問題に感じることはないでしょう。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    タンクは本体下部に装備。手前に引き出すだけなので着脱も手軽

衛生面を考えると、タンクにたまった水はこまめに捨てるほうがいいので、個人的には好印象です。たまった水を確認するたび「こんなに除湿できた!」効果を実感できるのも、なにげなくうれしいところ。さらに「内部乾燥」機能も備え、運転後に本体内部に残った水滴や湿気を乾燥させて清潔さを保てます。

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    タンクが満水になると、運転が自動で止まってランプが点灯。たっぷりと溜まった水を確認するたび、効果を実感できてうれしくなります

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    タンクのフタは、お手入れするときは完全に取り外せます。排水のみを行いたいときは、右端に排水口のキャップがあります。排水用にホースは利用できません

  • パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」

    本体背面。吸込口は取り外せません。ホコリなどによる目詰まりを防ぐために、フィルターの表面を2週間に1回くらいの頻度で掃除します。掃除機でOKです

大プッシュしたい有用な製品

F-YHTX90の魅力はなんといっても、横長&コンパクト設計による使い勝手のよさ。というのも、現在の衣類乾燥機はほとんどが縦長なので、まさに目からウロコ的な製品なのです。

筆者宅では、タンブラー乾燥が可能な洗濯物は洗濯機の乾燥機能を使い、タンブラー乾燥ができない衣類や、寝具のシーツ・カバーといった大物のみ、室内干しにしています。

室内干しの量が多いと、F-YHTX90はパワー不足かもしれませんが、筆者宅のように衣類乾燥の補助的に使うには必要十分。洗濯機の乾燥機能よりも早く乾かすことができて、本体は大きすぎず小さすぎず。まさにその「ちょうどよさ」が魅力で、とても有用な製品だと思います。

運転による室温上昇に関しては、周辺部は少し暖かくなっているものの、室内全体まで影響を及ぼすほどではないという印象。本体が低い位置にあるというのもポイントかもしれません。

F-YHTX90は製品全体として大きな欠点がなく、このサイズとお値段ながらもハイブリッド仕様。一年中使えるのも大きな価値アリです。少人数世帯で室内干しの量が少ない家庭や、部屋干しの場所を確保できずに洗濯物が居住空間を占拠しているなど宅内スペースに余裕のない家庭、そして洗濯物の室内干し臭が気になる家庭には、大プッシュしたい製品です。