ソフトバンクは、第5世代移動通信システム(5G)を3月27日より正式スタートすると発表しました。ライブ配信で行われた発表会では、5G対応のスマートフォン4機種、5Gを使った新サービス、5G対応の新料金プランが紹介されています。

  • ソフトバンクは3月5日、5G対応のスマートフォン4機種、5Gを使った新サービス、5G対応の新料金プランについて発表しました

5G時代に重要なのはネットワーク

登壇したソフトバンク代表取締役の榛葉淳氏は、プレゼンの冒頭、ソフトバンクのネットワークについて改めて説明しました。その言葉からは競合他社、とりわけ携帯通信事業に参入したばかりの楽天モバイルへの対抗心が感じ取れました。

「まず最初にお伝えしたいのは、5Gを実現するにはネットワークのインフラがしっかりしていることが重要だということ。ソフトバンクでは、既存の基地局が全国に23万局ございます。4,000、8,000のレベルではなくて、すでに現時点で23万局ある。これが今後、効率的に5G基地局として転換されていきます」(榛葉氏)

  • ソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの榛葉淳氏

  • ソフトバンクは5Gを実現するためのネットワークインフラがしっかりしている、と説明

誇れるものは「基地局の数」だけではない、と榛葉氏。5Gのエリア展開のためには基地局を密に打つことも大事だとしたうえで、ソフトバンクでは電波干渉を避ける目的で3年前から「Massive MIMO技術」を導入してきたと強調します。

「世界でイチバン最初にMassive MIMOを導入して、ネットワークを実践でブラッシュアップさせてきた自負がある。このネットワークのインフラがあるからこそ5G時代が実現するんです。これに自信をもっているし、まだ満足していない。これからも増強し、増加していきます」と説明しました。

5Gではどんなサービスが出る?

ソフトバンクでは5Gサービスとして、まずはエンタメ・スポーツの体験価値を変えることからスタートします。その中心となるのが『5G LAB』。5G LABは「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」という4つのサービスカテゴリから構成されたもので、今後、ソフトバンクから発売される5G対応スマホには「5G LAB」の専用アプリがプリインストールされるそう。発表会では、ゲストとしてAKB48のメンバー7人が登場。実際の利用シーンを紹介していきました。

  • 「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」の4つのカテゴリから構成された『5G LAB』が、ソフトバンクの5Gサービスの中心となります

AR SQUAREでは、現実の世界に好きなアイドルやキャラクターを出現させて、実際の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影する、それをSNSに投稿するといった利用シーンが考えられています。またVR SQUAREでは、VRゴーグルを装着することでコンテンツが立体的(3D)に楽しめます。

なお、ソフトバンクが3月27日以降に発売する5G対応スマホを購入すると、先着で4万名にVRゴーグル「pico U Lite」がプレゼントされるとのことでした。

  • VR SQUAREを体験するAKB48グループのメンバー。「手を伸ばせば届くような距離で、アイドルをさらに近くに感じてもらえますね」と興奮気味に話していました

FRはFree view point Reality(多視点)の造語。舞台やコンサート会場、スタジアムなどに設置した複数のカメラ映像を、ユーザーが任意に切り替えて楽しむことができます。

ソフトバンクでは、AKB48の57枚目シングル『失恋、ありがとう』の多視点ミュージックビデオを3月27日から独占配信。選抜メンバー18人それぞれがメインに映る18種類のミュージックビデオから、推しメンバーがアップの映像だけを見られるので、舞台上では「18通りの楽しみかたができそう」「好きなメンバーが多くて1人に絞れないというかたにもオススメです」といった感想が聞かれました。

  • FR SQUAREでは、さまざまなカメラ映像をユーザーが自由に切り替えて視聴可能に

ここで会場は、プロ野球 オープン戦の試合を直前に控えた福岡PayPayドームとライブ中継がつながり、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手、甲斐拓也選手がゲスト出演しました。

  • 福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手、甲斐拓也選手

球場全体が5Gエリア化される福岡PayPayドームには、スタジアムを囲むように60台のカメラを設置。ファンが手元のスマホを使って、自由な視点でプレイを楽しめるサービスを実現します。

甲斐選手は「好きなアングルで見てもらえるのがいいですね。キャッチャー目線でも見られるので、対戦するバッターの研究もできる」とコメント。そして、フルスイングを披露した松田選手は「めちゃくちゃカッコよく映りますね。ホームランを打ったとき、どの角度からもベストスイングが眺められる。小さな子どもたちにも見てほしい」と話していました。

  • 松田選手がスイングする様子を、さまざまな角度から鑑賞。両選手から「子どもにも、最高の教材になるのでは」との感想も聞かれました

国内バスケのライブ中継が楽しめる「バスケットLIVE」でもFR SQUAREが利用可能になります。多視点コンテンツの提供は3月27日からスタート。なお同日から、バスケットLIVEは「動画SNS放題」の対象サービスになるそうです。

ここで、プロバスケットボールB.LEAGUEのチーム「宇都宮ブレックス」の田臥勇太選手が会場を訪れ、AR SQUAREを体験するひと幕がありました。ARとして登場したのは、B.LEAGUEで最年少18歳デビューを果たした河村勇輝選手です。

  • 河村勇輝選手のパフォーマンスをAR SQUAREで体験する田臥勇太選手

田臥選手は「ドリブルしながら前を向けているので視野が広いですね。足の踏み出す角度、位置もいい。手、指先、膝の角度も細かく見えますね」と分析。そして、AR SQUAREが自分の子どもの頃にあったらもっとバスケがうまくなれたのに、と話します。

そのうえで「バスケ部がない、あっても人数が足りなくて試合できない、そうした地方に住む子どもたちもいる。でもAR SQUAREがあれば、有名なプロ選手のパフォーマンスを手元のスマホで見られますね」と紹介していました。

ソフトバンクでは、メインスポンサーを務めるJBA(日本バスケットボール協会)を今シーズンも継続してサポートするだけでなく、5Gとコラボすることで新しいサービスも開始したいと話します。

  • JBA(日本バスケットボール協会)を継続サポート。5Gを使った新たなサービスも始まりそうです

このほかGAME SQUAREでは、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」(月額1,800円)の提供を6月以降から開始します。タイトル数は400以上。複雑で重たい処理をクラウドで済ませることにより、手持ちのデバイス(PC、スマホ、タブレット)のスペックによらず、場所にしばられることもなく、好きなゲームを存分に楽しめるようになりそうです。

  • GAME SQUAREとして、GeForce NOW Powered by SoftBankを提供

各コンテンツは3月27日から7月31日まで無料。無料体験期間終了後は、AR SQUARE、VR SQUARE、FR SQUAREなら「5G LAB ベーシック」(月額500円)の申し込みが必要です。ソフトバンクの「動画SNS放題」対象料金サービスに加入していれば、いずれのサービスでもデータ容量がカウントフリーになります。

  • 5G LABの料金体系。7月31日まで無料です

上記の5G LABサービスの開始に先立ち、3月5日から全国主要都市のソフトバンクショップ45店舗に「5G LAB」の体験コーナーが設置されます。気になった人は、まず店頭で体験するといいでしょう。

5G対応スマホは4機種

5G対応スマホとしては、4機種が発表されました。フラッグシップとなるのが「AQUOS R5G」(シャープ製)、そして2画面の「LG V60 ThinQ 5G」(LGエレクトロニクス製)で、ミドルレンジには「ZTE Axon 10 Pro 5G」(ZTE製)、エントリーモデルとして「OPPO Reno3 5G」(OPPO製)を投入します。OPPO Reno3 5Gはソフトバンクが国内独占販売するもので、榛葉氏は「驚くような低価格で提供したい」と話します。

  • 「AQUOS R5G」は、AQUOSシリーズ史上最大の約6.5インチのPro IGZOディスプレイを搭載。超高精細8K動画の撮影が可能。発売は3月27日の予定

  • 「ZTE Axon 10 Pro 5G」は約6.4インチのモデル。最新のチップセットを搭載しており、大容量コンテンツが快適に楽しめます。発売は3月27日を予定

  • 「LG V60 ThinQ 5G」は、2画面でマルチタスクできるのが特徴。革新的なスマホライフを送れそうです。発売は4月下旬以降

  • 「OPPO Reno3 5G」は、ソフトバンクが独占販売。画面占有率約93.4%の約6.55インチ有機ELディスプレイを採用、4つのカメラを搭載。発売は7月下旬以降

「LG V60 ThinQ 5G」について榛葉氏は「例えばバスケットボールの試合を見るときに、上のディスプレイに試合映像をマルチアングルで、下にスタッツの詳細を表示できる」と紹介。2画面を活用して、あらゆるスポーツや芸能コンテンツにおいて新たなサービスを展開していけると活用方法を提示します。

また「ZTE Axon 10 Pro 5G」については「リッチコンテンツを楽しみたいけれど電池の減りが気になる、というかたに。手に取りやすい価格で提供します」と話していました。

  • LG V60 ThinQ 5Gを使った、5G時代ならではのコンテンツの楽しみ方を紹介

気になる5Gの料金プランは?

料金プランですが、5Gサービスの開始当初は展開エリアが限られていることも考慮され、現行の4Gで提供している料金プランと同じになりました。3月12日に提供を開始する大容量50GBの「メリハリPLAN」を、5Gサービスにも適用させる考えです。8月末までに申し込めば「5G無料キャンペーン」により、5G基本料1,000円も2年間0円になるとのこと。

  • データ利用容量が低かった月は割引される、月額3,480円からの「メリハリPLAN」。大容量50GBを利用できます

榛葉氏は「動画SNS放題+大容量50GBがついたプランです。5G LABベーシックのサービスもカウントフリーになります。全国津々浦々、現在の4Gと同じように5Gが利用できるようになるまで、料金プランも4Gと同等にします」と説明しました。

  • 榛葉氏は発表会で話した内容を総括します

Xperiaは出ないの?

発表会の終了後、電話会議システムを通じてメディアとの間で質疑応答が実施されました。

5G時代において4キャリアから選ばれるために必要なことは、という質問に榛葉氏は「さまざまなドライバーがありますが、やはりイチバンはネットワークのインフラだと思います。日本全国で楽しんでいただける環境を早急につくりたい。データ利用量も一気に増えることでしょう。またコンシューマだけでなく、人のいないところで農業に活用したり、遠隔医療の需要なども出てくる。ヤフー、ZOZOTOWN、LINE、そうしたグループ企業とも連携して、サービス周りでもソフトバンクの特徴を出していきます」と答えます。

Xperiaシリーズがラインアップに含まれなかった点について、榛葉氏は「今回は見送らせていただきました。現在もソニーさんに大変お世話になっているし、もちろんユーザーさんからも厚い支持がある。タイミングを見て、ということですね」と回答しました。

容量無制限の料金プランも検討したか、と聞かれると榛葉氏は「3月27日のスタート時点で、全国一斉に全ユーザー様にご提供できるわけではないため、いまのプランが現時点でベストと判断しました。社内では議論を重ねておりまして、お客さまの声、マーケットの反応なども見ています。タイミングがきたらご報告したい」と話します。

5Gネットワークの開設については、計画を2年間前倒しで進めており、2年以内に(2021年中に)人口カバー率90%を構築していきたいとのことでした。