フィルム時代からのコンセプトを貫き通し、高画質コンパクトデジカメの代名詞的な存在として根強い人気を誇るリコーの「GR」シリーズ。3月中旬に登場した最新モデル「GR III」は、シリーズ初の手ぶれ補正機構を搭載しながら、旧モデルよりもボディを小型化した点が話題になりました。さっそくGR IIIを購入したという落合カメラマンですが、GR IIIを「面白くて恐ろしいカメラ」と評していました。そのワケは…!?

これぞ「完成形GR」の姿?

私と“デジタルGR”の付き合いは、そんなに古くはなく深くもない。APS-Cセンサーを初めて搭載した初代「GR」を入手していたのみで、それ以前の「GR DIGITALシリーズ」(2005年~)には手を出していなかったのだ。ただし、“フィルムGR”に関しては「GR1v」を所有。フィルム時代はもちろんデジタルになってからも、うるさ型の写真愛好家とプロに愛用者が多い……私の中では、そんな印象にほぼ収れんし尽くしている「GRの歴史」であり、適度な距離を保ち続けてきた関係でもある。

  • リコーが3月に発売した高級コンパクトデジカメ「GR III」。シリーズ初のボディ内手ぶれ補正機構を搭載しながら、本体サイズを従来よりも小型化したのが特徴。実売価格は税込み11万円前後

基本「写りの良いコンデジが欲しい」という気持ちだけで(もちろん“モノとして”上質であることは大前提として)GR1vとGRを手に入れてきた私が、GR IIは華麗にスルーののちにGR IIIを入手することになったのは、初代GRを通じて欲しいと思っていた機能がズバッと与えられていたからだった。なかでも一番ガツンときたのが手ブレ補正機能の搭載。おかげで、GR IIIでは「撮れるもの」が確実に増えている。確実に、だ。

ボディサイズが絞られたことも、手ブレ補正と同じぐらい嬉しかった。いや、手ブレ補正機能を搭載してもなお、GRとして明確なサイズダウンを実現しているところは手放しで賞賛すべきポイントだろう。聞けば、このボディサイズ、1/1.7型センサーを搭載していたGR DIGITAL IVと同等なのだとか。我が人生にも投影したい愚直な進化である。

画素数アップももちろん大歓迎。画素数を向上(16MP→24MP)させながら常用上限感度はGR II比2段向上のISO102400を実現しているし、GRでおなじみのクロップ機能を使うのであれば、なおさら元の画素数は多いに越したことはないからだ。

とかナンとかいいつつ、私はクロップ機能は使ってない。初代GRのときにちょっと試しただけで「35mmや50mmに逃げたらいかーん! GRで撮るのなら何が何でも28mm(相当の画角)でカタをつけなきゃならーん!!」と思うに至り、それ以来ほぼ封印状態だからだ。でも、万一50mm相当の画角を有する「GR III-46(フォーシックス)」なんてのが出たら、あっさり買い足しちゃうかも? 50mmで完結するGR。こちらはクロップで80mm前後の画角が得られるのも悪くない。使いこなしが鬼のように難しくてタマらんでしょうなぁ。

  • 超高感度時のノイズは、フィルムの粒状性を意識したものであるようだ。個人的には、もう少し硬質なノイズでもいいような気がするし、少しだけカラーノイズも気になるけれど、これはこれで悪くない(ISO6400、1/25秒、F2.8)

  • マクロモードを新設。同モード時は、レンズ先端から6~12cmの間でピントが合う。けっこう限られる撮影条件ではあるけれど、そのときのボケ味はご覧の通りの美しさ。作り込みに抜かりはない(ISO100、1/250秒、F4.0)

  • 得も言われぬ立体感の獲得は、開放絞りによるボケの効果と成り行きまかせの(補正をしていない)周辺光量のおかげ。ISO3200ならば、誰もが納得の高感度画質が得られていることも分かる(ISO3200、1/100秒、F2.8)

静止している被写体でも追尾AFで撮るワケ

GR IIIは中庸だ。真っ直ぐな目線で見たときに何か飛び抜けたものを持っているワケじゃない。それゆえに、撮影者の(つまり自分の)根本的な性格や撮影時の気分の良し悪しが仕上がりにストレートに表れてしまうカメラになっているような気がする。良くも悪くも、とにかくごまかしが利かないのだ。

そもそもスペックで押し切るタイプではなく、例えば怒濤の連写でカタをつけるとか、卓越したAFの能力で撮影者をフォローしてくれるなんていうことはないカメラである。仕上がりのクオリティは、常に撮影者の実力とイコール。何の増幅も減衰も与えられぬ1対1のソリッドな関係にあり、それがそのまま「写真」というカタチになる。

要するに、「まぐれ当たり」とは、ほぼ無縁のカメラなのだ。だから、GRは面白くて恐ろしい。シャッターを切った瞬間の「自分」が写真の仕上がりに全部あからさまに出てしまうのが、気恥ずかしく、気づきにもなり、ときにはストレスのはけ口としても機能する。そして、いつしかそんなGRとの関係がヘンな快感につながりクセに……??

連写に頼らず1枚撮り。フォーカスモードは「追尾AF」をフォーカスロック代わりに使い、周辺光量補正はOFF。これが我がGR IIIの基本設定だ。シャッターボタンを一気に押し込んで撮ったとき、あらかじめ設定しておいた撮影距離にピントを合わせてくれる「フルプレススナップ」機能は、意外にタイムラグが大きく感じられることからあまり使っていないのが現状。シャッターボタンを一気に押し切るという所作を、長年「真綿感覚での半押し操作」に慣れさせてきた右手人差し指が拒否するような感覚があることも今ひとつなじめない理由なのかもしれない。というワケで、私の場合はフルプレススナップの活用より「F」ボタンに「スナップ切り替え」を割り当て、任意のタイミングで好みのピント位置(最近は無限遠設定に落ち着きつつある)を呼び出せるようにしておく使い方がしっくりきている。

  • 「追尾AF」を動く被写体にではなくフォーカスロックの代わりに使って撮る(ピントを合わせたい被写体にAFをロックの後、好みのフレーミングにカメラを振る=測距点がピントを合わせるべき被写体の位置にとどまったままになる)スタイルが気に入っている。それがGR IIIにおいてもっとも効率良く、しかも正確にピントを合わせる方法であるとの判断だ(ISO100、1/2500秒、F2.8)

  • 私自身にとってGR IIIのシャッターを切ることは、写真生活の表面に膜を張る灰汁をすくい取る作業に近い。写真に対する感覚をよりクリアにするための修復作業みたいなものなのだ。というワケで、日々愛用しているという感じではなく、どちらかというと「写真なんか撮りたくねーわ」的な気分のときに持ち出すことが多かったりする。ウチのGR III、世界で一番、損な役回りを演じているのかも(笑)(ISO100、1/1600秒、F2.8、-1.3補正)

  • 周辺光量が落ちることを忌み嫌う感覚が分からない。だって、周辺光量が落ちてこそ写真じゃん。だから、私はどんなカメラでも周辺光量補正はOFFにしているし(お仕事で撮影するときは別)、GR IIIでは開放F値+マイナス補正で撮ることが多い。これ、仕上がりにひとひねり加えるための有機調味料みたいなものだと思っている(ISO100、1/1600秒、F2.8、-1補正)

1日の終わりはGRの自虐プレイで悶絶!?

一方、コンティニュアスAFと測距点自動選択(オートエリアAF)を組み合わせて使うことができないところは残念至極。AFは、暗所対応を中心にもっと進化してもバチは当たらんだろう。その反面、1m、1.5m、2m、2.5m、5m、無限遠それぞれに任意にピントを固定して撮影できるという、昨今のコンデジでは容易に得難い使い方が当たり前のようにできるのはGR IIIの大きな魅力だ。必要に応じ行使できる「AFからの脱却」が想像以上にフットワークを向上させることがあるのは事実。やっぱりGR、よく分かっている。

そんななか、電源OFF時に現れる「本日の撮影枚数」表示が気になって仕方がない。「あなたは今日○枚撮りました」「たったの○枚しか撮っていないのですか?」「もっとちゃんといっぱい撮らんかいゴルァ~!」などなど、いろんな捉え方のできるシャレの効いた(?)ユニーク表示だと思うのだけど、私にはどうしても「今日はこれだけしか撮っていないのに、もうこんなにバッテリーが減っちゃってまぁ~す(STAP細胞的発音)」ってな感じの自虐機能にしか見えないんだなぁ(笑)。

  • 個人的には、イメージコントロールのエフェクト系とはまったく無縁の写真生活だ。モノクロも意識的に避けている。容易に「イイ感じの写真」が撮れちゃうと、そこで終わっちゃうような気がするからだ。モノクロで撮れたそのイイ感じ、カラーでも同じように出せます? もしモノクロで撮るなら、そのように自問自答しながら、おっかなびっくり実行することになるだろう(ISO100、1/1000秒、F3.2、-0.7補正)

  • GR IIIの画質はこの1枚ですべて語れるような気がする。強調や誇張に頼ることのないナチュラルでバランスの良い解像描写を見てとることができるだろう。この小さなボディで、レンズでここまでの仕上がりが得られるとは! これぞGRの真骨頂(ISO200、1/500秒、F2.8、-1補正)

ジッサイのハナシ、燃費の悪さはUSB充電ができるようになったことで、まぁまぁフォローされていると思うので、あまり気にしてはいないのだけど、それでも予備バッテリーの用意は必須。ま、GR IIIの場合は、そんな些細な欠点などアバタもエクボで済んじゃうワケなのだけどね。

  • GR IIIの立体感のある描写に満足の表情を見せる落合カメラマン。随所に感じられる作り込みのよさも評価している

著者プロフィール
落合憲弘(おちあいのりひろ)

落合憲弘

「○○のテーマで原稿の依頼が来たんだよねぇ~」「今度○○社にインタビューにいくからさ……」「やっぱり自分で所有して使ってみないとダメっしょ!」などなどなど、新たなカメラやレンズを購入するための自分に対するイイワケを並べ続けて幾星霜。ふと、自分に騙されやすくなっている自分に気づくが、それも一興とばかりに今日も騙されたフリを続ける牡牛座のB型。2019年カメラグランプリ外部選考委員。