【特集】

Word / Excel / PowerPoint / Entourage全解説 - すべてが分かるOffice 2008 for Mac大百科

1 ついにユニバーサルアプリケーション化

  • <<
  • <

1/83

「Microsoft Office 2008 for Mac」

MacintoshシリーズのIntelアーキテクチャへの移行が発表されたのは、2005年6月のWWDC。MicrosoftのMac製品開発チーム「Mac BU」は、即座にAppleの路線転換へのコミットを表明、すなわちMac版OfficeのIntel対応バージョンの提供を約束していた。それから2年半、PowerPC / Intel両アーキテクチャにネイティブ対応したOfficeとしてリリースされたのが、1月16日発売の新製品「Microsoft Office 2008 for Mac」だ。

ユニバーサルアプリケーション化による最大の恩恵は、Intel Macにおけるパフォーマンスの向上。旧バージョンのOffice 2004 for Macは、Mac OS X 10.4(Tiger) 以降に搭載されているバイナリトランスレーション技術「Rosetta」を利用しなければならなかったため、Intel Macでは本来の処理性能を発揮できなかったが、今後はPowerPC / Intelどちらのハードウェアでもネイティブの速度で動作する。

ユニバーサルアプリケーションとなり、PowerPC / Intel両アーキテクチャでネイティブに動作するようになった

アイコンもLeopardで推奨されている512×512ピクセルのタイプに変更された

ただし機能がリッチになったぶん要求されるスペックは高くなり、サポートされる環境はMac OS X 10.4.9 (Tiger) 以降 / PowerPC G4 500MHz以上、すなわちPowerMac G3 (Beige) などのOld World Macは非対応となった。メモリは512MB以上、HDDの空き容量も1.5GB以上となったほか、記録メディアがCD-ROMからDVD-ROMに変更されたため、DVD-ROMドライブがなければインストールはできない(表1)。

表1: 新旧Office for Macの動作スペック

Office 2004 for Mac Office 2008 for Mac
システム Mac OS X 10.2.8以降 Mac OS X 10.4.9以降
コンピュータ本体 Power Mac G3 / G4 / G5、iMac、PowerBook G3 / G4、iBook Intel、PowerPC G5または500 MHz以上のPowerPC G4プロセッサを搭載したMacintosh
メモリ 256MB以上 512MB以上
HDDの空き容量 840MB以上 1.5GB以上
ディスプレイ 1,024×768ピクセル / 3万2千色以上
光学ドライブ CD-ROMドライブ DVD-ROMドライブ

以下、本稿ではオフィススイート「Microsoft Office 2008 for Mac」について、その新機能と利用方法を解説する。ユニバーサルバイナリ化、話題のUI「エレメンツギャラリー」、グラフィックエンジン「Office Art」、メイリオフォントやAutomatorアクションなど、高機能化だけではなく、利用する上での快適さ、生産性の向上で大きく進化している点にも着目してほしい。

Part 1 「Microsoft Office for Mac 2008」の新機能

ついにユニバーサルアプリケーション化
基本性能の向上
Intel Macでパフォーマンスが向上
新しいUI「エレメンツギャラリー」
刷新されたグラフィックエンジン
SmartArtグラフィックの賢い使い方
新しくなったプロジェクトギャラリー
Mac First、Mac Onlyな機能たち
簡単・便利に進化したツールパレット
パワーアップされた辞書を使う
新しいファイルフォーマット「OOXML」
ファイルの互換性 (1) ファイルコンバータを使う
ファイルの互換性 (2) 新機能と旧ファイルフォーマット
ファイルの互換性 (3) VBAは動かない
ファイルの互換性(4) 「メイリオ」収録でVista互換に
マクロに代わる自動化処理
さよならマックス - Officeアシスタントに代わるヘルプ機能
Office Onlineのコンテンツを活用する

Part 2 Word、Excel、PowerPoint共通の機能・Office全般編

ツールバー / メニューバーをカスタマイズする
ツールパレットを設定する
エレメンツギャラリーを表示する
SmartArtを活用する
SmartArtをスマートに使う
最新のワードアートを活用する
スクラップブックを活用する
日本語フォントの注意点
PDFで出力する
ファイル形式の違いを知る
Windowsユーザにも確実に文書を開いてもらう
互換性をチェックする
ファイルフォーマットを一括変換する
Office 2004 for Macと同時に使う
日本語以外の言語を利用する

Part 3 Word 2008編

イメージドロップエリアで同じ意匠の図を作る
合字を利用する
Word文書の図に番号を割り当てる
文書のプロパティを一括設定する
環境設定パネルのここが変わった
差し込み印刷マネージャを活用する(1)
差し込み印刷マネージャを活用する(2)

Part 4 Excel 2008編

数式オートコンプリートを活用する
配列数式で列を指定する
新登場の関数
IFERROR関数でスマートにエラー対策する
新しくなった数式バー・数式パレット
セルを範囲指定してPDFに出力する
マクロ付きの文書を保存する

Part 5 PowerPoint 2008編

プレースホルダを賢く使う
配置ガイドを目安に文書の体裁を整える
Apple Remoteでスライドショーを操作する
PowerPointのスライドショーをiPodで見る

Part 6 Entourage編

迷惑メールを排除する
EntourageをiCal / アドレスブックと同期する
「My Day」をすばやく使う

  • <<
  • <

1/83

インデックス

目次
(1) ついにユニバーサルアプリケーション化
(2) 基本性能の向上
(3) Intel Macでパフォーマンスが向上
(4) 新しいUI「エレメンツギャラリー」
(5) 刷新されたグラフィックエンジン
(6) SmartArtグラフィックの賢い使い方
(7) 新しくなったプロジェクトギャラリー
(8) Mac First、Mac Onlyな機能たち
(9) 簡単・便利に進化したツールパレット
(10) パワーアップされた辞書を使う
(11) 新しいファイルフォーマット「OOXML」
(12) ファイルの互換性 (1) ファイルコンバータを使う
(13) ファイルの互換性 (2) 新機能と旧ファイルフォーマット
(14) ファイルの互換性 (3) VBAは動かない
(15) ファイルの互換性(4) 「メイリオ」収録でVista互換に
(16) マクロに代わる自動化処理
(17) さよならマックス - Officeアシスタントに代わるヘルプ機能
(18) Office Onlineのコンテンツを活用する
(19) ツールバー / メニューバーをカスタマイズする
(20) ツールパレットを設定する
(21) エレメンツギャラリーを表示する
(22) SmartArtを活用する
(23) SmartArtをスマートに使う
(24) 最新のワードアートを活用する
(25) スクラップブックを活用する
(26) 日本語フォントの注意点
(27) PDFで出力する
(28) ファイル形式の違いを知る
(29) Windowsユーザにも確実に文書を開いてもらう
(30) 互換性をチェックする
(31) ファイルフォーマットを一括変換する
(32) 日本語・外国語の文を翻訳する
(33) 類義語辞典を活用する
(34) 日本語以外の言語を利用する
(35) Office 2008をアップデートする
(36) Office 2004 for Macと同時に使う
(37) マスタページを作成する
(38) すばやく表を作成する
(39) デザインされた表をすばやく作成する
(40) イメージドロップエリアで同じ意匠の図を作る
(41) 合字を利用する
(42) Word文書の図に番号を割り当てる
(43) 文書に変更履歴を残す
(44) 変更履歴機能を使う
(45) 文書にコメントを残す
(46) 文書のプロパティを一括設定する
(47) 文書にパスワードを設定する
(48) 環境設定パネルのここが変わった
(49) 差し込み印刷マネージャを活用する(1)
(50) 差し込み印刷マネージャを活用する(2)
(51) 年賀はがきの宛名印刷を行う (1)
(52) 年賀はがきの宛名印刷を行う (2)
(53) ソルバーを実行する
(54) VBAなしに入力作業の手間を省く
(55) ゴールシークを実行する
(56) 数式オートコンプリートを活用する
(57) 勝手に訂正される文字入力に備える
(58) 配列数式で列を指定する
(59) 新登場の関数
(60) IFERROR関数でスマートにエラー対策する
(61) 新しくなった数式バー・数式パレット
(62) セルを範囲指定してPDFに出力する
(63) マクロ付きの文書を保存する
(64) プレースホルダを賢く使う
(65) 配置ガイドを目安に文書の体裁を整える
(66) スライドに動画を挿入する
(67) 画面切り替えを3D風にする
(68) 画面切り替えの設定を変更する
(69) いろいろなデータを印刷する
(70) Apple Remoteでスライドショーを操作する
(71) PowerPointのスライドショーをiPodで見る
(72) カレンダーに祝祭日を設定する
(73) 効率よくメッセージを検索する
(74) 迷惑メールを排除する
(75) 「My Day」をすばやく使う
(76) 「My Day」の基本的な使い方
(77) 「My Day」で新規ToDoを設定する
(78) 「My Day」で指定の日付へジャンプする
(79) 「My Day」で今日の予定をすばやく印刷する
(80) EntourageをiCal / アドレスブックと同期する
(81) iCalのカレンダーを利用する
(82) iPhone / iPod touchと同期する
(83) iPhone / iPod touchとメール環境を共有する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事