「AMD」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

日本AMD、「Ryzen」シリーズの製品紹介イベントを4月14日に開催

日本AMDは28日、同社の最新CPU「Ryzen 7」シリーズの発売を記念したイベント「Ryzen Powers. You Dominate. ~AMDがもたらす新アーキテクチャーの驚異~」を開催すると発表した。場所は東京・日本橋の日本橋三井ホール、開催日時は2017年4月14日18時30分~20位15分(開場は17時から)。

[17:06 3/28]

巨人Intelに挑め! – 最終章:インテルとの法廷闘争、その裏側 第8回 【番外編】半導体サプライチェーンの事など

連載のこれまでの話はAMDの時の経験であり、半導体デバイスのうちのマイクロプロセッサ、メモリという限られた分野である。半導体デバイスには実にたくさんの種類があり、"産業の米"と言われるように、それぞれが社会インフラのビルディング・ブロック(基盤要素)を担っている。

[09:00 3/27]

AMD、「RYZEN 5」シリーズを4月11日提供開始、税別21,000円から

AMDは15日(米国時間)、AMDの新CPU「RYZEN 5」シリーズを4月11日にワールドワイドで販売開始すると発表した。ラインナップは4製品。国内想定価格は税別21,000円~30,800円。

[14:44 3/16]

今週の秋葉原情報 - GeForce GTX 1080 Ti搭載カードが発売に、Ryzenは品薄状態が続く

NVIDIAから新型GPU「GeForce GTX 1080 Ti」が発表され、搭載グラフィックスカードが発売となった。同GPUは、従来のGeForce GTX 1080に比べ、CUDAコア数が2560基から3584基にアップ。NVIDIAによると、パフォーマンスは最大35%向上しているという。今回発売されたのは8社の9モデル。価格は10万円を超えている。

[15:17 3/15]

巨人Intelに挑め! – 最終章:インテルとの法廷闘争、その裏側 第7回 日本における公共調達の話

公共調達の条件にブランドを指定することはWTOの国際条約に抵触する。このことは本社でも認識しており、多くの場合が"CPUはインテル"と指定されているのは日本に限られたことではなかった。その状況を打開すべくAMDの各国に専門チームが編成された。

[09:00 3/13]

AMD、Zenベースのサーバ向けプロセッサ「Naples」を2017年第2四半期に投入

AMDは3月7日(米国時間)、「Zen」アーキテクチャをベースとしたサーバ向けの次世代プロセッサ「Naples」(開発コード名)のプレビューを公開した。2017年第2四半期に最初の製品出荷を予定し、さらに2017年後半にはOEMとチャネル・パートナーを通じて大量出荷を開始するという。

[21:05 3/8]

AMD、サーバ向け次世代CPU「Naples」の2017年第2四半期中の出荷を計画

AMDは3月7日(米国時間)、次世代サーバ向けCPU「Naples」(開発コード名)のプレビュー公開を行い、2017年第2四半期に最初の製品出荷を予定していることを発表した。

[11:45 3/8]

今週の秋葉原情報 - 待望の新世代CPU「Ryzen」がついに登場! 対応マザーは5社から発売に

AMDから、待望の新世代CPU「Ryzen」が登場、発売が開始された。第1弾として投入されたのは、ハイエンド向けの「Ryzen 7」シリーズ3モデル。いずれも倍率アンロックの製品で、型番に「X」が付く上位の2モデルは、冷却能力が高い場合にさらにクロックを上げる「XFR」機能をサポートする。

[14:34 3/7]

巨人Intelに挑め! – 最終章:インテルとの法廷闘争、その裏側 第6回 【番外編】半導体屋おじさんたちの会

連載の最終章はかなり固い話が続くので、ここでちょっとリラックスした閑話を挟むことにしたい。

[09:00 3/6]

秋葉原にAMDファンが集結 - 「RYZEN 7」シリーズの深夜販売を実施

3月3日0時にAMDの新CPU「RYZEN 7」シリーズの販売が開始された。東京・秋葉原ではドスパラパーツ館、TSUKUMO eX.、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が深夜販売を実施。「RYZEN 7」を待ち望んでいた多くのAMDユーザーが詰め掛けた。

[04:00 3/3]

RYZEN 7 1800X徹底検証 - ついに登場した新世代CPUは「AMD反撃の狼煙」となるか

やっと、というべきであろうがRYZENが発売される運びとなった。これまでになく前評判が高い。久しぶりのAMDの新CPU、それも全く新しいアーキテクチャに基づくもので、否応にも期待も高まる。筆者は先んじて性能評価する機会に恵まれたので、RYZEN 7 1800Xのパフォーマンスを紹介したい。

[23:00 3/2]

MSI、AMD「RYZEN」に対応するAMD X370チップセットのフラッグシップマザー

台湾MSIは3月2日、AMD Socket AM4に対応するマザーボードのフラッグシップモデル「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」を発表した。3月3日に発売する。店頭予想価格39,980円(税別)。

[17:10 3/2]

MSI、AMD B350チップセットでAMD「RYZEN」対応の低価格なATXマザー

台湾MSIは3月2日、AMD Socket AM4に対応するATXマザーボード「B350 TOMAHAWK」を発表した。3月3日に発売する。店頭予想価格は14,380円(税込)。

[17:10 3/2]

AMD、次世代ゲーム向けGPUの製品名を「Radeon RX Vega」に

AMDは28日、GDC(Game Developers Conference) 2017に合わせてイベントを開催し、これまで"Vega"の開発コード名で呼ばれていた次世代GPUの製品名をそのまま「Radeon RX Vega」とすることを明らかにした。

[10:26 3/1]

今週の秋葉原情報 - 1スロット厚のGTX 1050 Tiカードが発売に、久しぶりの深夜販売の情報も

AMDが新世代CPU「Ryzen」を発表、第1弾製品としてデスクトップ向けの「Ryzen 7」3モデルを発売する。日本国内における発売日は3月3日(金)。気になるのは秋葉原恒例といえる深夜販売であるが、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、TSUKUMO eX.、ドスパラパーツ館が3月3日0時(3月2日24時)に発売することを明らかにしている。

[18:32 2/28]

日本AMD、1,000円分のQuoカードを50名にプレゼントするキャンペーン

日本AMDは23日、新CPU「RYZEN 7」の販売開始に向けたプレゼントキャンペーン「あなたのベスト・オブ・Ryzen」を開始した。応募者から抽選で50名に1,000円分のQuoカードをプレゼントする。応募締め切りは2017年3月31日。

[23:18 2/23]

ドスパラ、秋葉原ドスパラパーツ館で3月3日0時に「RYZEN」の深夜販売

ドスパラは3月3日0時から、東京・秋葉原のドスパラパーツ館にて、AMDの最新CPU「RYZEN 7」シリーズの深夜販売を開催すると発表した。

[12:28 2/23]

AMDの新CPU「RYZEN」は3月3日に発売 - 最上位「RYZEN 7 1800X」は税別59,800円

米AMDは2月22日(現地時間)、次世代CPU「RYZEN」に関する説明会を開催。ラインナップや発売日、価格などの詳細を明らかにした。ここでは同社CEO Lisa Su氏のプレゼンテーションの内容をベースに紹介したい。

[23:03 2/22]

BIOSTAR、AMD A10-5745をオンボードで搭載したMini-ITXマザー「A68N-5745」

アユートは7日、BIOSTAR製マザーボードの新モデルとして、AMD A10-5745をオンボードで搭載した「A68N-5745」の取り扱い開始を発表した。2月10日に発売し、店頭予想価格は税込9,900円。

[13:29 2/7]

今週の秋葉原情報 - 17万円の超高級"まな板"が登場、ディープラーニング採用の新型ATOKも

IN WINの「X-Frame 2.0」は、水平~垂直の間で角度を変えられるオープンエアケース。検証台としてはもちろん、魅せる系のケースとしても良いだろう。独自規格の大型電源(1065W)を搭載しており、ハイエンド構成にも対応可能だ。カラーはブラック/レッド。価格は169,800円と高額だが、国内4台限定という超レア製品になっている。

[17:15 2/6]

AMD、次世代フラグシップGPU"Vega"の概要を公開 - アーキテクチャを大きく変更し、性能向上を図る

米AMDは5日(現地時間)、開発コードネーム"Vega"で知られる次世代フラグシップGPUを公開するとともに、その概要を明らかにした。同社は、Vegaを2017年前半に市場投入する計画だ。

[07:54 1/6]

CES 2017 - MSI、Socket AM4マザーボードをこっそり公開

台湾Micro-Star International(MSI)は、米ラスベガスで開催中の「CES 2017」会場内において、PRODUCT PREVIEWと新製品発表イベントを開催したが、会場にコッソリとAMDのSocket AM4マザーボードが展示されていた。

[21:16 1/5]

AMD、HDR時代のゲームプレイに向けたディスプレイ技術「FreeSync 2」発表

米AMDは3日(現地時間)、同社が提唱するディスプレイ技術「Radeon FreeSync」の新機能となる「Radeon FreeSync 2」を発表した。HDR(High Dynamic Range : ハイ・ダイナミック・レンジ)時代のゲームをより快適にプレイできる環境を目指すという。

[04:24 1/4]

PCテクノロジートレンド 2017 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ちなみにこれが掲載されているであろう元旦現在、筆者はまだ元旦を迎えておりません(泣)。2016年はやっとプロセスの刷新があった時期で、Intel/TSMC/GLOBALFOUNDRIESというPCに関連するファウンダリがまともに14/16nm世代の製品を量産できるようになったことで、それぞれの製品が刷新されたわけだが、2017年もいろいろありそうということで、今回も解説していきたい。

[00:00 1/1]

注目記事で振り返るPC/ITの2016年 - 4月~6月編

読者の皆様、今年も大変お世話になりました。2016年の年末ということで、マイナビニュース「パソコン」チャンネルに掲載された注目記事を振り返ります。今回は、4月~6月までをチェックしていきましょう。

[06:48 12/27]

AMD、次世代CPU"Summit Ridge"の製品名を「RYZEN」に

AMDは12月13日(米国時間)、ユーザー向けイベントを開催し、Zenアーキテクチャを採用する次世代デスクトップCPU“Summit Ridge”(サミットリッジ)について、新たな情報を公開するとともに、同CPUを新しいCPUブランド「RYZEN」(ライゼン)として提供することを明らかにした。

[06:31 12/14]

【追記】AMD、次世代GPU"Vega"の実働デモを公開 - 4KのDOOMで60fps超え

AMDは、次世代GPUである開発コードネーム"Vega"の実働デモを公開した。詳細な設定こそ明らかにされていないものの、4K解像度/Ultra IQ設定のDOOMで60fps以上を実現した。

[05:30 12/14]

AMD、機械学習向け新GPU「Radeon Instinct」を発表 - 最上位は"Vega"採用

AMDは、米国時間の12月12日、機械学習に最適化したGPUの新シリーズ「Radeon Instinct」を発表した。2017年より順次市場に投入される予定で、Vegaアーキテクチャを採用した最上位モデルも計画されているという。

[23:33 12/12]

Radeon Software Crimson ReLive Editionを試す - 性能改善と省電力機能「Radeon Chill」の効果を検証

AMDは8日、同社のグラフィックスドライバ「Radeon Software」の最新版「Crimson ReLive Edition」を公開した。これに先立ち、AMD本社より製品担当者が来日し、説明を行ったので、こちらの紹介と実際に試してみたレビューをお届けしたい。

[23:00 12/8]

AMD、Zenベースの新CPU「Summit Ridge」プレビューイベントを14日に開催

米AMDはこのほど、"Zen"アーキテクチャを採用したデスクトップ向け次世代CPU"Summit Ridge"(開発コード名)のプレビューイベント「New Horizon」の開催を発表した。2016年12月14日午前6時(日本時間)に開始し、ライブ配信も予定する。

[09:00 12/7]

AMD バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>AMD)

AMD トップへ

人気記事

一覧

新着記事