「AMD」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

AMD、次世代フラグシップGPU"Vega"の概要を公開 - アーキテクチャを大きく変更し、性能向上を図る

米AMDは5日(現地時間)、開発コードネーム"Vega"で知られる次世代フラグシップGPUを公開するとともに、その概要を明らかにした。同社は、Vegaを2017年前半に市場投入する計画だ。

[07:54 1/6]

CES 2017 - MSI、Socket AM4マザーボードをこっそり公開

台湾Micro-Star International(MSI)は、米ラスベガスで開催中の「CES 2017」会場内において、PRODUCT PREVIEWと新製品発表イベントを開催したが、会場にコッソリとAMDのSocket AM4マザーボードが展示されていた。

[21:16 1/5]

AMD、HDR時代のゲームプレイに向けたディスプレイ技術「FreeSync 2」発表

米AMDは3日(現地時間)、同社が提唱するディスプレイ技術「Radeon FreeSync」の新機能となる「Radeon FreeSync 2」を発表した。HDR(High Dynamic Range : ハイ・ダイナミック・レンジ)時代のゲームをより快適にプレイできる環境を目指すという。

[04:24 1/4]

PCテクノロジートレンド 2017 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ちなみにこれが掲載されているであろう元旦現在、筆者はまだ元旦を迎えておりません(泣)。2016年はやっとプロセスの刷新があった時期で、Intel/TSMC/GLOBALFOUNDRIESというPCに関連するファウンダリがまともに14/16nm世代の製品を量産できるようになったことで、それぞれの製品が刷新されたわけだが、2017年もいろいろありそうということで、今回も解説していきたい。

[00:00 1/1]

注目記事で振り返るPC/ITの2016年 - 4月~6月編

読者の皆様、今年も大変お世話になりました。2016年の年末ということで、マイナビニュース「パソコン」チャンネルに掲載された注目記事を振り返ります。今回は、4月~6月までをチェックしていきましょう。

[06:48 12/27]

AMD、次世代CPU"Summit Ridge"の製品名を「RYZEN」に

AMDは12月13日(米国時間)、ユーザー向けイベントを開催し、Zenアーキテクチャを採用する次世代デスクトップCPU“Summit Ridge”(サミットリッジ)について、新たな情報を公開するとともに、同CPUを新しいCPUブランド「RYZEN」(ライゼン)として提供することを明らかにした。

[06:31 12/14]

【追記】AMD、次世代GPU"Vega"の実働デモを公開 - 4KのDOOMで60fps超え

AMDは、次世代GPUである開発コードネーム"Vega"の実働デモを公開した。詳細な設定こそ明らかにされていないものの、4K解像度/Ultra IQ設定のDOOMで60fps以上を実現した。

[05:30 12/14]

AMD、機械学習向け新GPU「Radeon Instinct」を発表 - 最上位は"Vega"採用

AMDは、米国時間の12月12日、機械学習に最適化したGPUの新シリーズ「Radeon Instinct」を発表した。2017年より順次市場に投入される予定で、Vegaアーキテクチャを採用した最上位モデルも計画されているという。

[23:33 12/12]

Radeon Software Crimson ReLive Editionを試す - 性能改善と省電力機能「Radeon Chill」の効果を検証

AMDは8日、同社のグラフィックスドライバ「Radeon Software」の最新版「Crimson ReLive Edition」を公開した。これに先立ち、AMD本社より製品担当者が来日し、説明を行ったので、こちらの紹介と実際に試してみたレビューをお届けしたい。

[23:00 12/8]

AMD、Zenベースの新CPU「Summit Ridge」プレビューイベントを14日に開催

米AMDはこのほど、"Zen"アーキテクチャを採用したデスクトップ向け次世代CPU"Summit Ridge"(開発コード名)のプレビューイベント「New Horizon」の開催を発表した。2016年12月14日午前6時(日本時間)に開始し、ライブ配信も予定する。

[09:00 12/7]

米AMD、"Polaris"ベースのワークステーション向けGPU「Radeon Pro WX」

米AMDは7日(現地時間)、ワークステーション向けGPUの新製品として「Radeon Pro WX」シリーズを発表した。「Radeon Pro WX 7100」「Radeon Pro WX 5100」「Radeon Pro WX 4100」の3モデルを用意し、11月10日から米国内で順次販売を開始する。

[17:47 11/8]

ASUS、静電気対策+高耐久性のSocket AM3+対応ATXマザーボード

ASUSTeK Computerは2日、AMD 990FX+AMD SB950チップセットを搭載するATXマザーボード「TUF SABERTOOTH 990FX R3.0」を発表した。11月4日から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は27,000円前後(税込)。

[15:52 11/2]

Linux 4.9、これまでで最も大きなリリースに

fossBytesに10月25日(米国時間)に掲載された記事「Linux 4.9 Is Going To Be The "Biggest Ever" Linux Release」が、2016年12月にリリースが予定されている「Linux 4.9」はこれまでで最も大きなリリースになるだろうと伝えた。その理由として、コミット数がこれまでのリリースの中で特に大きいこと、Linus Torvalds氏がメールでそうした内容を示唆していること、Linux 4.9がLTSリリースになる可能性があることなどが挙げられている。

[12:04 10/27]

Ubuntu 16.10、注目の新機能7つとは?

fossBytesに10月15日(米国時間)に掲載された記事「7 Best Features Of Ubuntu 16.10 Yakkety Yak」が、先日公開されたUbuntuの最新版となる「Ubuntu 16.10 Yakkety Yak」の主な新機能を伝えた。Ubuntuは人気の高いLinuxディストリビューションの1つ。

[11:06 10/18]

MSI、USB 3.1 Gen2ポートやM.2スロット搭載のAM3+マザーボード

台湾MSIは7日、チップセットにAMD 970を搭載したSocket AM3+対応のゲーミングマザーボード「970A GAMING PRO CARBON」を発表した。10月8日に発売し、店頭予想価格は税別13,4800円。

[19:19 10/7]

"Bristol Ridge"ベースの「AMD PRO」搭載デスクトップPCをLenovoとHPが投入

米AMDは3日(現地時間)、第7世代「AMD PRO」APU(開発コード名:Bristol Ridge PRO)を搭載した初のデスクトップPCの出荷開始を発表した。

[23:54 10/4]

Sapphire、「Doom」クーポン付属のRadeonグラフィックスカードを2モデル

アスクは27日、Sapphire製のグラフィックスカードとして、「R9 NANO 4G HBM PCI-E DOOM Edition」「RADEON PRO DUO 8G HBM PCI-E DOOM Edition」を発表した。10月上旬に発売する。店頭予想価格は54,560円から(税別)。

[17:02 9/27]

コンピュータアーキテクチャの話 第362回 ATIを買収してGPUを手に入れたAMD

ここまで、主にNVIDIAのGPUの作りを見てきたが、1つのメーカーだけを取り上げるのは、不公平であるので、他のメーカーのGPUについても分かる範囲で、紹介して行こう。まず、最初は、RadeonやFireProブランドで、市場でNVIDIAと激しい戦いを繰り広げているAMDのGPUを取り上げる。

[10:00 9/16]

Hot Chips 28 - AMDの次世代コア「Zen」

Hot Chips 28において、AMDは次世代コア「Zen」を発表した。発表者は、シニアフェローのMike Clark氏である。Zenの最大の売りは、現在のExcavatorコアと比較して40%も高いIPCである。つまり、同じクロックで40%高い性能を発揮するプロセサコアであるということである。

[14:00 9/14]

巨人Intelに挑め! – サーバー市場に殴りこみをかけたK8 第12回 付け焼き刃だったインテルのEM64T

私のこれまでのAMD回想録は、K7からスタートし、386のリバースエンジニアリングの話に戻り、K5、K6までを綴ったものだ。今回お話したいのはK8である。

[09:00 9/12]

ソニー、4K対応の「PlayStation 4 Pro」発表 - 税別44,980円で11月10日発売

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は7日(米国時間)、米国・ニューヨークで「PlayStation Meeting」を開催。PlayStation 4のハイエンドモデル「PlayStation 4 Pro」を発表した。11月10日に発売し、価格は税別44,980円。

[06:27 9/8]

AMD、OEMメーカー向けにデスクトップ版"Bristol Ridge"の出荷を開始

米AMDは5日(現地時間)、"Bristol Ridge"の開発コード名で知られる第7世代AMD AシリーズAPUについて、OEMメーカー向けの出荷を開始したと発表した。LenovoとHPから最初の"Bristol Ridge"搭載製品が投入されるという。

[23:05 9/5]

巨人Intelに挑め! – サーバー市場に殴りこみをかけたK8 第11回 背筋を凍らせたプロジェクトYamhill

私のこれまでのAMD回想録は、K7からスタートし、386のリバースエンジニアリングの話に戻り、K5、K6までを綴ったものだ。今回お話したいのはK8である。

[11:00 9/5]

今週の秋葉原情報 - Plextor初のNVMe対応SSD「M8Pe」シリーズが発売に、まずはM.2タイプから

Plextorから、NVMeに対応するSSDの新シリーズ「M8Pe」が登場、第1弾としてM.2タイプの「M8Pe(G)」の発売が開始された。今回入荷したのはM8Pe(G)のヒートシンク付きモデルで、高負荷時にも安定した動作を実現する。価格は、128GBモデルが7,500円前後、256GBモデルが12,500円前後、512GBモデルが22,500円前後、1TBモデルが46,500円前後。

[10:46 8/31]

Zenアーキテクチャの概要が明らかに - 分岐予測やCache構造の強化で40%のIPC改善を実現

以前から話題になっていたAMDのZenであるが、IDF 2016の裏番組としてAMDが開催したイベントや、HotChips 28など、相次いで詳細な情報が出てきた。今回はこれについて解説したい。

[18:44 8/30]

AMD、次世代CPU"Zen"の概要を公開 - 実働デモも披露

米AMDは17日(米国時間)、カリフォルニア州サンフランシスコで、記者説明会を開催し、同社が開発を進めている次世代CPU"Zen"(ゼン:開発コードネーム)に関する概要と、実働デモを披露した。

[22:14 8/18]

Radeon RX 460搭載カードの販売が開始 - 2GBメモリ搭載で税別13,000円から

8日22時より、AMDの最新GPU「Radeon RX 460」を搭載したグラフィックスカードの販売が始まった。本校執筆時点で、GIGABYTE、玄人志向、SAPPHIRE、PowerColorが日本市場への投入を発表している。店頭予想価格は税別13,000円から。

[22:00 8/8]

AMD、e-Sportsやカジュアルゲーム向けの「Radeon RX 460」を正式発表

米AMDは8日(現地時間)、"Polaris"世代の新GPU「Radeon RX 460」を正式発表した。各カードベンダより搭載カードが投入され、日本国内での店頭予想価格は、2GBメモリ搭載モデルが1万円台前半から、4GBメモリ搭載モデルが1万円台後半から(いずれも税別)。

[22:00 8/8]

PowerColor、AMD Radeon RX 470を搭載するOC版グラフィックスカード

CFD販売は8日、PowerColor製のグラフィックスカードとして、AMD Radeon RX 470を搭載する「AXRX 470 4GBD5-3DH/OC」を発表した。8月上旬~中旬から発売する。店頭予想価格は25,000円前後(税別)。

[20:15 8/8]

「Radeon RX 470」を試す - メインストリームゲーマーに向けて投入されたミドルレンジGPUの実力は?

既報の通り、4日よりAMDのデスクトップ向け最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 470」を搭載したグラフィックスカードの販売が開始となった。北米での希望小売価格が179ドルだが、日本国内では4GBメモリ搭載モデルが2万円台前半から投入される。マイナビニュースでは、「Radeon RX 470」搭載カードを入手したので、早速パフォーマンスを試してみたい。

[11:38 8/6]

AMD バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>AMD)

AMD トップへ

人気記事

一覧

新着記事