「NVIDIA」最新記事一覧

NVIDIA製プロセッサの最新情報や企業戦略、人工知能・AIへの取り組みを紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

NVIDIA、スター・ウォーズ仕様のTITAN Xp搭載グラフィックスカード

2017年はスター・ウォーズの第1作公開から40周年を迎えるとあって、さまざまな企業がコラボレーションしている。NVIDIAは11月7日(米国時間)、スター・ウォーズ仕様のTITAN Xp搭載グラフィックスカード「NVIDIA TITAN Xp Collector's Edition」を発表した。米国、英国、ドイツ、フランスで販売する。価格は1,200ドル。

[10:51 11/11]

GPUが変える仮想化の世界 - 新たなものづくり環境をどう構築するのか

いまやGPUチップを提供する半導体ベンダではなく、AIコンピューティングカンパニーへと変貌を遂げつつあるNVIDIA。ディープラーニング分野での存在感が日々、増しつつある同社だが、実はデータセンターのサーバに搭載されるGPUにも注力している。

[15:21 11/8]

TensorFlowの7倍のパフォーマンスを実現 - MathWorks、最新リリースでディープラーニング機能を強化

MathWorksは10月31日、同社のフェローであるJim Tung氏を招き、2017年9月21日に発表したMATLAB/Simulinkの最新リリース「Release 2017b」の報道陣向け説明会を実施した。

[17:10 11/2]

NVIDIA、深層学習開発を高速化するAIクラウドコンテナレジストリー

米NVIDIAは10月25日(現地時間)、グローバルのAI開発者に対し「NVIDIA GPU Cloud(NGC) コンテナレジストリー」の提供を開始したと発表した。

[16:52 10/30]

NVIDIA、GeForce GTX 1070 Tiを発表 - 11月2日の発売で価格は449ドル

米NVIDIAは10月26日(現地時間)、デスクトップ向けGPUの新モデル「GeForce GTX 1070 Ti」を発表した。Pascalアーキテクチャベースで、2,432基のCUDAコアと8GBのGDDR5メモリを搭載する。各カードベンダから製品が投入される予定で、11月2日に発売。NVIDIAのWebサイトにおける価格は449ドル。

[23:23 10/26]

NVIDIA、PUBGのオンライン大会を10月28日と29日に開催

NVIDIAはこのほど、バトルロワイヤル ゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)のオンライン大会「GeForce CUP: PUBG」を開催すると発表した。10月28日にSOLO部門、10月29日にDUO部門を行う。いずれも開始時間は17時から。大会の様子はTwitchとOPENREC.tvで配信する。

[19:46 10/26]

ネットワールド、AIセンターを開設 - NVIDIA GPUに最適なデータベース提供

ネットワールドは10月23日、米KineticaとVAD(Value-Add Distributor)契約を締結し、同社と協力して「Networld AI センター」を開設することを発表した。「Networld AI センター」は、NVIDIA GPUを搭載したサーバープラットフォーム上で、Kinetica社のデータベースソリューションのデモンストレーション、POC環境、機械学習やディープラーニングのトレーニングを提供する。

[14:00 10/23]

MathWorks、MATLAB/Simulinkの最新版「Release 2017b」を発表

MathWorksは、エンジニアや研究者が簡単にモデルの設計・学習・配布を行えるようになるディープラーニングの新機能を追加した、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新リリース「Release 2017b(R2017b)」を発表した。

[12:02 10/20]

HPE、中小企業の拠点向けサーバ「HPE ProLiant ML110 Gen10」など6機種

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は10月19日、中堅・中小企業向けサーバ「HPE Generation10(以下、Gen10)」に「HPE ProLiant ML110 Gen10」「HPE ProLiant ML350 Gen10」「HPE ProLiant DL580 Gen10」「HPE Apollo 2000 Gen10 System」「HPE Apollo 4500 Gen10 System」「HPE SimpliVity 380 Gen10」の6機種を追加し、発売を開始した。

[09:33 10/20]

NVIDIA、CS:GOの1Dayオンライントーナメント「GeForce CUP」第2回を開催

NVIDIAはこのほど、FPS「Counter-Strike : Global Offensive」のオンライン大会「GeForce CUP: CS:GO #02」を開催すると発表した。開催日時は2017年10月22日の13時からで、現在e-Sports大会プラットフォーム「JCG」にて参加者の受付を行っている。

[09:31 10/19]

DragonFly BSD 5.0登場

DragonFly BSDプロジェクトは10月16日(米国時間)、「DragonFlyBSD: release50」において、DragonFly BSDの最新版となる「DragonFly BSD 5.0」の公開を伝えた。x86_64版が提供されている。

[09:32 10/18]

NVIDIA、リアルな物理現象で開発モデルを確認できるVR環境の試用申込開始

ドイツのNVIDIAは、限られた数の設計者および開発者を対象に、インテリジェントバーチャルリアリティープラットフォーム、NVIDIA Holodeckのアーリーアクセスの申し込み受付を開始したことを発表した。

[12:58 10/12]

ディープラーニングで産業力を強化 - 日本ディープラーニング協会が設立

ディープラーニングを事業の核とする企業および研究者を中心とするグループは10月4日、日本の産業がディープラーニングをより有効に活用し、産業競争力を高めることを目指し、「日本ディープラーニング協会(JDLA)を正式に設立したことを発表した。

[08:00 10/5]

建築設計/施工図がスマホで利用可能に - PLSやNVIDIAなど、BIM/CIM専用クラウドサービスを提供開始

建築分野で浸透・拡大を続けるBIMとCIM。ペーパレススタジオジャパン(PLS)は、この2つをコラボレーションする専用クラウドサービスの提供を開始した。同サービスは、NVIDIAの仮想GPUソリューションによって、iPhoneやandroidといった端末からも使用可能となる。これにより、コスト面での導入にあたる、障壁が下がることが期待される。

[12:05 9/15]

Hot Chips 29 - NVIDIAの最強GPU「Volta」

Hot Chips 29では、AMDのVegaに続いて、NVIDIAのVoltaが発表された。Voltaは、4月のNVIDIA主催のGTC(GPU Technology Conference)で、Jensen Huang CEOが基調講演の中で発表したが、主要な学会での詳しい発表は今回が初めてである。

[10:00 9/15]

CTC、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」を販売開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、米NVIDIAのAIスーパーコンピューター「DGX-1」の販売を開始した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を利用して、業務の自動化や予測の高度化を図る製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開する。CTCは、同製品を含むAIシステムの構築や運用サービスと合わせ、3年間で20億円の売り上げを目指す。

[10:12 9/13]

CTC、NVIDIAのAIスパコンを発売 - 3年間で20億の売上を目指す

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」の販売を開始すると発表した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を活用して業務の自動化や予測の高度化を図りたいと考える、製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開していくとしている。

[15:58 9/12]

富士通、Windows 10 Creators Update搭載の法人向けワークステーション

富士通は9月12日、最新版OS「Windows 10 Creators Update」を搭載した法人向けミッドレンジワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS(フジツウワークステーションセルシアス、以下、CELSIUS) M770」と、2WAYハイパフォーマンスワークステーション「CELSIUS R970」の2機種を12月下旬から順次、国内で販売を開始すると発表した。

[15:25 9/12]

デル、Horizzon AppsによるオプションなどVDIの消費モデルオプションを拡充

デルは9月5日、「Dell EMC VDI Complete Solutions」を拡充するHorizon Appsによるオプション「VDI Complete with Horizon Apps」と、NVIDIA Tesla M10およびM60 GPUグラフィックスアクセラレータによるグラフィックスの強化を発表した。これにより、企業・組織のIT環境におけるVDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)およびアプリケーション仮想化の容易な計画と導入を実現するという。

[13:00 9/6]

人類が火星に移住? HPとNVIDIAがVRで火星生活をシミュレーション

米HPとNVIDIAは、Autodesk、Fusion、Launch Forth、Technicolor、Unreal Engine、VIVEと共同で、VRを利用して火星への人類移住シミュレーションを行う国際プロジェクト「HP Mars Home Planet」を開始した。火星に移住した100万人が気候や大気に適応しつつ、建物、車、農場、衣服など、暮らしをどうやって維持していくのかVRを利用して実験する。

[10:46 8/18]

HP、火星における人類の模擬生活をVRで体験する国際的な共創プロジェクト

日本HPは、米国HPとNVIDIAが、AutodeskやFusion、Launch Forth、Technicolor、Unreal Engine、VIVEと共同で、VR(仮想現実)を通じた火星における人類100万人の暮らしの模擬体験を行う国際的なプロジェクト「HP Mars Home Planet(エイチピーマーズホームプラネット)」をスタートしたことを発表した。

[10:58 8/17]

NVIDIA、AIをコンピュータグラフィックに応用する取り組みを説明

NVIDIAは7月31日(米国時間)、「NVIDIA Research Brings AI to Computer Graphics|NVIDIA Blog」において、同社がコンピュータグラフィックの処理においてどのようにして人工知能技術(AI)を取り込んでいるかについて紹介した。AIはコンピュータグラフィック処理の高速化に効果を上げており、今後も技術の進展が期待できる。

[10:03 8/2]

今週の秋葉原情報 - Core Xシリーズに下位モデルが追加、日本未発売のTITAN Xpカードも

Intelの新型CPU「Core X」シリーズの下位モデルとして、Kaby Lake-X版が登場。「Core i7-7740X」「同i5-7640X」の2モデルが発売となった。最初に発売されたSkylake-X版の3モデルはi9/i7だったので、i5ブランドはこれが初めてとなる。コア数は4個に抑えられており、TDPは112Wとやや控えめ。

[15:26 7/25]

NVIDIA、Baidu(百度)とAIの加速に向けた提携

NVIDIAとBaiduとBaidu(百度)は、クラウドデータセンター、自動車、スマートホームにおけるAIの能力を高めるための提携を実施ことを発表した。これにより両社は、お互いの技術リソースを活かしたプラットフォームの構築を行う。

[15:32 7/12]

AIで大腸がんおよびポリープを98%検出するシステム開発 - 国がん・NEC

国立がん研究センターとNECは7月10日、人工知能(AI)を活用し、大腸がん、および前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで発見するシステムの開発に成功したと発表した。

[19:08 7/10]

NVIDIA、AIの市場導入に向けてVolvo、VW、ZF、Autoliv、HELLAと提携

NVIDIAは6月29日、AIテクノロジの市場導入に向けて、Volvo、Volkswagen、ZF、Autoliv、HELLAとの提携を発表した。

[09:23 7/3]

NVIDIA、ZFおよびHELLAと提携- 自動運転車の安全性向上AIテクノロジ実現へ

米・NVIDIAは28日、独・ZFフリードリヒスハーフェンおよび独・HELLAとパートナーシップを締結し、自動運転車の量産展開に向けてNew Car Assessment Program(NCAP)の安全性証明を得たAIテクノロジの実現を目指すことを発表した。

[16:58 6/29]

ソニー、ディープラーニングのコアライブラリをオープンソース化

ソニーは27日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成する際のフレームワークとなるソフトウェア「コアライブラリ: Neural Network Libraries」をオープンソース化したことを発表した。

[10:33 6/27]

Green500の舞台裏 - 何がエネルギー効率の差を生んだのか?

スーパーコンピュータ(スパコン)のエネルギー効率を競うランキング「Green500」の2017年6月版は、トップ4システムを日本のシステムが占めたほか、7位と8位にも入った。しかし、裏を覗いてみると、7位を除いた他の9システムは、すべてIntelのXeonにNVIDIAのGPUをアクセラレータとして接続したシステムであり、これは日本の成功というより、NVIDIAの成功とも言うべき状況である。しかし、XeonとGPUを使っていても、そのエネルギー効率には違いがあり、それぞれのシステムがどのようになっているのかを見て行こう。

[18:10 6/23]

ヤフー、ディープラーニングに特化したスパコン「kukai(クウカイ)」開発

ヤフーは6月19日、xaScaler、HPCシステムズの協力の下、ディープラーニング活用に特化した省エネ性能の高いスーパーコンピュータ「kukai(クウカイ)」を開発し、同日に発表されたスパコンの省エネ性能ランキング「GREEN500」において世界第2位を獲得したと発表した。

[10:00 6/20]

NVIDIA バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>NVIDIA)

NVIDIA トップへ
NVIDIA製プロセッサの最新情報や企業戦略、人工知能・AIへの取り組みを紹介。

人気記事

一覧

新着記事