「マイクロソフト」最新記事一覧

日本マイクロソフト、米Microsoftに関する多彩な情報を盛りだくさんで発信。

関連キーワード

ヘッドライン

Windows 10ミニTips 第207回 OneDriveへのアップロード容量制限が緩和された!!

OneDriveのようなクラウドサービスは時節に合わせて、サービス内容を変更している。各機能もさることながら、アップロードできるファイルサイズの制限も緩和されていることをご存じだろうか。「Webブラウザー/OneDriveクライアント経由でアップロードできる1ファイルのサイズは約15GB」に変わっているのだ。

[19:18 8/19]

仕事に役立つOfficeの使い方 第5回 [PowerPoint] オンラインテンプレートを上手に選ぶ

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。今回は、PowerPointを便利に活用するためのテクニックとして、自分のイメージに近いオンラインテンプレートを選択する手順を確認しよう。

[11:30 8/18]

仕事に役立つOfficeの使い方 第4回 [Word] 写真を挿入してテキストを回り込ませる

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。今回は、Wordの文書内に写真ファイルを挿入した際に、文字を写真に合わせて回り込ませる手順を確認する。

[11:11 8/18]

仕事に役立つOfficeの使い方 第3回 [Excel] 行と列の幅を調整する方法 - 後編

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。今回は、前回で紹介したExcelの列・行の幅を調整する方法の第2弾。リボンからの自動調整方法と数値を入力して揃える方法を確認する。

[09:00 8/17]

仕事に役立つOfficeの使い方 第2回 [Excel] 行と列の幅をまとめて調節する - 前編

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。第2回目は、Excelで作成した表に対して、列と行の幅をまとめて調整する方法を確認する。

[09:00 8/17]

仕事に役立つOfficeの使い方 第1回 [Office全般] リボンの表示設定を変更する

本連載では、「よく使うけど忘れやすいOfficeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していく。第1回目は、マイクロソフト製品独自のインタフェースである「リボン」の表示方法をチェックしてみよう。

[08:30 8/17]

2017年上期に猛威を振るった情報搾取型マルウェアとランサムウェア、攻撃傾向と対策は?

キヤノンITソリューションズはこのほど、記者説明会を開催し、2017年上期(1-6月)のマルウェアの動向について解説した。2017年上期の特徴としては、新種の情報搾取型マルウェアやランサムウェアが発生したことがあるという。

[12:47 8/16]

障がいを持つ人々の進学や就学をIT技術で支援する「DO-IT Japan」 - Windows 10に新採用「UDデジタル教科書体」フォントの役割

日本マイクロソフトは以前から、難読症などの障がいを持つ方々の進学や就学をIT技術で支援する「DO-IT Japan」を開催している。今回、2017年8月8日に夏期プログラムを開催し、同時にWindows 10 Fall Creators Updateに含まれる「UDデジタル教科書体」フォントの採用理由や、Wordの読み上げアドオンツール「WordTalker」などを紹介した。

[00:00 8/9]

Windowsスマートチューニング 第441回 Win 10編: 「メール」アプリの"アカウントが既に存在します"問題を解決する

こんにちは、阿久津です。今回はWindows 10の「メール」に職場または学校アカウントを設定するチューニングをご紹介します。筆者固有かも知れませんが、Windows 10のUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションである「メール」にて、Office 365のメールアドレスが追加できません。

[00:00 8/9]

テクニカルサポートを装う詐欺メールが増加 - Microsoftが注意喚起

Microsoftは8月7日(米国時間)、「Links in phishing-like emails lead to tech support scam|Windows Security」において、テクニカルサポートを装い詐欺サイトに誘導するスパムキャンペーンを観測したと伝えた。ブログでは、詐欺サイトに誘導するAmazonやAlibabaの注文に関する偽のメールを紹介している。テクニカルサポートを装う詐欺行為はさまざまな手法を模索しながら拡大が続いているとして、注意を呼びかけている。

[16:22 8/8]

PwCあらた、Azureの政府機関向けセキュリティリファレンスを提供

PwCあらた有限責任監査法人は8月8日、日本マイクロソフトと共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)制定の政府統一基準に対応したセキュリティリファレンスを作成し、無償提供を開始したと発表した。同リファレンスは、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)、「Office365」(以下、O365)環境において、政府統一基準を満たすためのセキュリティ対応策を提示しているという。

[14:44 8/8]

オープンソースはWindows 10に何をもたらすか - 阿久津良和のWindows Weekly Report

今回は、Microsoftのオープンソースソフトウェア (OSS) へのアプローチを少し振り返ってみたい。現CEOのSatya Nadella氏はCloud and EnterpriseグループのEVPを務めてきた経験から、OSSの波を肌で感じていたはずだ。同氏のCEO就任は2014年2月だが、それ以降、MicrosoftにおけるOSSへのコミットは激しい。

[13:04 8/7]

Windows 10ミニTips 第206回 ちょっと気になるファイル/フォルダーのツールチップを無効にする

ファイルやフォルダーにマウスオーバーする(マウスカーソルを重ねる)と現れるツールチップ。Windows 95時代から受け継がれてきたツールチップは、ファイルやフォルダー、項目に対して簡単なヒントを示す機能だ。便利ではあるものの、煩わしく感じることも少なくない。今回は、ファイル/フォルダーのツールチップを表示させなくする手順を紹介しよう。

[00:00 8/7]

Windows 10ミニTips 第205回 Fall Creators Updateで実装予定のスマホリンク機能とは

2017年9月にリリース見込みの「Windows 10 Fall Creators Update」では、PCとiPhoneおよびAndroidデバイスを紐付けする機能を備える予定だ。今回は一足先に、セットアップ方法を交えつつ、この機能について概要を紹介する。簡単に言うと、スマートフォンで閲覧しているWebページを、PCへと送り、PC側のブラウザでも表示する機能だ。

[12:51 8/4]

働き方改革のIT利用で関心が高いものは? - IDCが調査

IDC Japanは8月3日、国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向の調査結果を発表した。これによると、働き方改革の推進者は経営者が最も多く、次いで人事部長と経営企画が続き、多くの企業が長時間労働の抑制と社員の健康管理を目標に就業規則の見直しや、勤怠管理の強化に取り組む傾向にあるという。

[11:20 8/4]

Ubuntu on Windows 10とネイティブLinux、CPU性能のベンチマーク結果が公開

Phoronixは8月1日(米国時間)、「Windows 10 WSL CPU Scaling Performance vs. Linux」において、Windows 10の「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の機能を使って動作するUbuntuと、ネイティブに動作するUbuntu 17.04、Fedora 26、Clear Linux、CentOS 7のベンチマーク結果を掲載した。ベンチマークの狙いは、マルチコアプロセッサにおけるCPU処理のスケールの違いを確認することだという。

[12:00 8/3]

NECと日本マイクロソフト、Windows 10対応のPC運用サービスで協業

NECと日本マイクロソフト(MS)は8月2日、両社が協力してWindows 10を搭載するPCの調達・キッティング・導入から返却までのライフサイクルにおけるPC運用サービス「スマートクライアント標準PCサービスG2」を提供開始した。両社はIT担当者における働き方改革の提案など共同マーケティングを行ない、今後3年間で150億円の売上を目指す。

[11:13 8/3]

マイクロソフトが2018年度の経営方針を説明 - 働き方改革は第2章へ、画期的な社内制度も発表予定

日本マイクロソフトは8月1日、代表取締役社長の平野拓也氏による2018年度の経営方針に関する記者会見を開催した。同社は2018年度、「働き方改革」「インダストリーイノベーション」「デバイスモダナイゼーション」「セキュリティ」に注力するという。

[13:30 8/2]

ブイキューブなど2社、テレビ会議の利用が可能なコミュニケーションブース

ブイキューブとレノボ・ジャパンは8月1日、「ビジネスパーソンが安心して働けるセキュアなコミュニケーションスペース」をコンセプトとして開発したコミュニケーションブース「テレキューブ」を販売開始した。第1弾として企業向けモデルの提供を開始し、今後はモバイルワークのビジネスパーソンが利用可能な一般向けモデル(屋内設置モデルや屋外設置モデル)の提供も進めていく。当初の目標売り上げは初年度に2億円であり、100カ所の設置を目指す。

[10:02 8/2]

チェック・ポイント、SandBlast MobileとMicrosoft Intuneを連携

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは8月1日、モバイル・デバイス向けセキュリティ対策製品「Check Point SandBlast Mobile」とマイクロソフトのエンタープライズ・モビリティ管理プラットフォーム「Microsoft Intune」との統合を発表した。

[15:01 8/1]

阿久津良和のITビジネス超前線 第3回 データビジネスの責任者「CDO」とは

「CDO」という言葉をご存じだろうか。「Chief Data Officer」の略称だが、日本語では"最高データ責任者"となる。日本でもCDOを設ける企業が少しずつ増え始め、ある調査では88%の大手企業が推進していると回答。CDOの波は確実に打ち寄せている。

[16:43 7/31]

Windows 10 Fall Creators Updateで削除・非推奨となる機能 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

米国時間7月24日、Microsoftはサポートページに「Features that are removed or deprecated in Windows 10」、つまりWindows 10 バージョン1709 (Fall Creators Update) において削除、もしくは非推奨となる機能の一覧を公開した。具体例として、「ペイント」が非推奨となることがかなり話題となった。

[15:00 7/31]

16年の国内クライアント仮想化ソリューション市場シェア2位はNEC、1位は?

IDC Japanは7月31日、2016年の国内クライアント仮想化市場に関し、国内シンクライアント専用端末市場、国内クライアント仮想化ソフトウェア市場、国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、国内クライアント仮想化サービス市場、国内モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析した結果を発表した。

[13:53 7/31]

Windows 10ミニTips 第204回 コマンドラインからWindows Updateを実行する

Windows 10では、これまで利用可能だったコマンドが廃止され、コマンドラインからWindows Updateの更新プログラムチェックを実行できなくなった。そこで今回は、PowerShellから実行する方法を紹介する。PowerShellは慣れないと使いにくいのだが、基本的には掲載した内容をコピー&ペーストするだけでかまわない。

[00:00 7/31]

Windows 10ミニTips 第203回 Fall Creators Updateで登場!? 新「エクスプローラー」をチェック

2017年9月にリリース見込みのWindows 10 Fall Creators Updateでは、以前から噂に上っていたUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)版エクスプローラーが利用可能になるかも知れない。そこで今回はUWPエクスプローラーの概要を紹介する。Windows 10 Insider Previewでは、2016年9月ごろから実装していた。

[16:58 7/28]

ガートナー亦賀氏に聞く、ハイブリッドクラウドに潜む企業が抱える課題とは?

企業のIT基盤の選択肢として、クラウドサービスやオンプレミスを組み合わせて利用する「ハイブリッドクラウド」が定番になりつつある。ただし、ガートナー ジャパン ITインフラストラクチャ バイス プレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏は、ハイブリッドクラウドを含め、日本企業のIT活用について「このままではいけない」と警鐘を鳴らす。今、日本企業はどのような課題を抱えているのだろうか。

[11:30 7/27]

Microsoft、Microsoft Edge/IEにおけるFlash終了への対応発表

Microsoftは7月25日(現地時間)、「The End of an Era - Next Steps for Adobe Flash - Microsoft Edge Dev BlogMicrosoft Edge Dev Blog」において、Adobe Systemsが発表したFlash Playerの提供終了アナウンスに対する同社の対応を発表した。同社は2020年にかけて段階的にFlashサポートの廃止へ向けた取り組みを行うとしている。

[21:30 7/26]

Microsoft、ペイントは廃止ではなくWindowsストアで無償提供へ

Microsoftは先日、この秋に公開が予定されているWindows 10 Fall Creators Updateにおいて描画アプリケーション「ペイント」を同梱しない旨を発表していたが、Windows 10の公式ブログ「MS Paint is here to stay」で、完全に提供を終了するのではなくWindows Storeでの提供を開始すると意向を表明した。

[12:00 7/26]

ペイント、次期Windows 10で廃止の可能性

ExtremeTechに7月24日(米国時間)に掲載された記事「MS Paint, Screensavers Get the Axe in Windows 10 Fall Creators Update - ExtremeTech」が、この秋に公開が予定されているMicrosoft Windows 10 Fall Creators Updateにおいて、長年利用されてきた「ペイント」が削除される可能性があると指摘した。「ペイント」はビットマップベースの描画アプリケーション。Windows 1.0から長きにわたってデフォルトアプリケーションとして配布されてきた。

[12:15 7/25]

インサイダープログラムの拡大に足りないもの - 阿久津良和のWindows Weekly Report

MicrosoftはWindows Insider Program (WIP) を通じて、新たに実装する機能の検証やユーザーフィードバックを得ることで、Windows 10の開発を続けている。だが、WIPは個人用Microsoftアカウントが必要であり、企業ユーザーがプログラムに参加することはできなかった。この流れが変わったのは2017年2月。

[19:31 7/24]

マイクロソフト バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>Windows>マイクロソフト)

マイクロソフト トップへ
日本マイクロソフト、米Microsoftに関する多彩な情報を盛りだくさんで発信。

人気記事

一覧

新着記事