「マイクロソフト」最新記事一覧

日本マイクロソフト、米Microsoftに関する多彩な情報を盛りだくさんで発信。

関連キーワード

ヘッドライン

Microsoft、Windows 10でサードパーティ製アンチウイルスソフトを無効化?

fossBytesに6月22日(米国時間)に掲載された記事「Microsoft Admits: Windows 10 Disabling Other Third-Party Antivirus Software」が、MicrosoftがWindows 10においてサードパーティ製のアンチウィルスソフトウェアを無効化するという"好ましくないふるまい"を進めているというKasperskey Labの苦言に対し、MicrosoftがWindows 10 Creators Updateにおいて、一時的ながらもサードパーティーのアンチウイルス製品を無効化していたことを認めたと伝えた。

[17:00 6/24]

Windows 10ミニTips 第194回 ロック画面やサインイン時に現れるTipsを無効にする - Creators Update版

Windows 10のサインイン画面(もしくはロック画面)に現れるヒントやオススメ情報に関する設定の場所は、Windows 10 バージョン1703(Creators Update)で移動した。現在は「システム/通知とアクション」にまとめられ、設定名も「Windowsを使用するためのヒントやおすすめの方法を取得」に変わった。こちらの変更方法を紹介しよう。

[00:00 6/24]

マイクロソフトとマーサージャパン、働き方改革AI業務改善支援サービス

マーサージャパンと日本マイクロソフトは6月22日、AIを活用した人事コンサルティングにおいて協業すると発表した。これにより、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の「MyAnalytics」を活用した、コンサルティング・サービス「働き方改革 AI業務改善支援サービス」を提供開始する。

[10:30 6/23]

Windows 10ミニTips 第193回 発売されたばかりの「Surface Dial」、設定を見てみる

新Surface Proとともに、日本でも登場した「Surface Dial」。Windows 10のPCとBluetoothで接続し、公式ではSurface Studioのみ、ディスプレイ上にSurface Dialを置いて直接メニューを表示させる「オンスクリーン」に対応となっている。だが、新Surface Proとペアリングしたところ、オンスクリーンでも利用を確認できた。

[00:00 6/23]

日本マイクロソフトとパナソニック、パブリックセーフティ分野で協業

日本マイクロソフトとパナソニックは6月20日、両社が保有するセンシング技術とクラウド技術を融合したパブリックセーフティ分野でのシステム構築に向けた協業を開始したと発表した。

[11:00 6/21]

横浜市が「I・TOP横浜」のキックオフイベント - 市内企業のIoT活用を支援

横浜市は6月20日、パシフィコ横浜において「I・TOP横浜」のキックオフイベントを開催した。同イベントでは横浜市経済局長の林琢己氏がI・TOP横浜の概要について説明したほか、日本マイクロソフトや日産自動車、ディー・エヌ・エー(DeNA)、NTTドコモ、ミサワホーム総合研究所、KDDIなどがテーマ別に講演を行った。

[10:31 6/21]

OneDriveのオンデマンド機能を一足早く試す - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 8.1においてOneDriveはOSとの統合を実現すると同時に、クラウド上のファイルが必要になった場面でダウンロードし、普段はローカルストレージを消費しない「プレースホルダー」という機能を備えていた。ところが、Windows 10では同期フォルダーの取捨選択が可能になることなどを理由に、プレースホルダー機能を廃止している。

[17:19 6/19]

Windows 10ミニTips 第192回 スタートメニューのタイルデータベースをリセットする

前回紹介したように、Windows 10のスタートメニューは「Tile Data model server」サービスが管理し、生成したデータベースを元に各タイルのピン留め状態を維持している。スタートメニューを構成するタイルデータベースをリセットすることで、スタートメニューが開かないといった問題を解決する方法も覚えておくとよいだろう。

[00:00 6/17]

Windows 10ミニTips 第191回 スタートメニューが開かなくなったら……

ある日、「Win」キーを押してもスタートメニューが開かない。Windows 10をリリース当初から使ってきたユーザーなら、経験したことがある方も多いはずだ。今回は、この問題をトラブルシューティングツールで解決する方法と、スタートメニューコンポーネントを再インストールする方法を紹介する。

[00:00 6/16]

北國銀行、Microsoft Azure上でインターネットバンキングを構築

北國銀行とFIXERは6月14日、日本マイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」を基盤としたインターネットバンキングサービスとしては「北國クラウドバンキング」の開発を開始したと発表した。

[10:30 6/15]

マイクロソフト、6月の更新プログラム公開 - サポート終了のXPのパッチも

日本マイクロソフトは6月14日、2017年6月のセキュリティ更新プログラムを公開した。今回、サポートが終了しているMicrosoft Windows XP、Windows Server 2003 に関するプログラムも公開されている。

[17:30 6/14]

Windowsスマートチューニング 第439回 Win 10編: Windowsスポットライトの好みをリセットする

こんにちは、阿久津です。当初、Windows 10 Proエディションには未提供だったWindowsスポットライトですが、今ではロック画面に美しい画像を表示させる機能として親しまれるようになりました。今回は、Windowsスポットライトの好みをリセットするチューニングをご紹介します。

[00:00 6/14]

Windows 10 IP ビルド16215の注目ポイント - 阿久津良和のWindows Weekly Report

6月8日、Microsoftは紆余曲折を経て、Windows 10 Insider Preview ビルド16215およびWindows 10 Mobile Insider Preview ビルド15222を、Windows Insider ProgramのFastリングを選択しているユーザーに配布した。前回のビルド16119のリリースから3週間以上も経っている。

[18:11 6/12]

パワフルすぎる「Xbox One X」が発表 - 4K/60fps対応、499ドル

米Microsoftは、アメリカ・ロサンゼルスで開催中のゲーム見本市「E3 2017」にて、「Xbox One X」を発表した。発売は11月7日で、価格は499ドル。日本での発売時期は未定となっている。2016年のE3で開発中と明かされていた最上位機種、コードネーム「Project Scorpio」が正式発表されたかたちだ。4K/60fpsに対応するなど高いスペックを備え、「世界で最もパワフルなゲーム機」をうたう。

[17:43 6/12]

Windows 10ミニTips 第190回 不可解なエラーはDismコマンドで修正する

Windows 10のトラブルシューティングでは、コンポーネントが破損した場合にチェックや修正を行うコマンドラインツール、「Dism」コマンドの利用が効果的だ。今回は筆者が遭遇した不可解なエラーの体験とともに、その使い方を紹介しよう。すべてのトラブルを解消できる訳ではないが、試す価値がある。

[00:00 6/10]

Windows 10ミニTips 第189回 回復環境が見つからない? を解決する - Surface編

Windows 10でトラブルが発生し、「回復環境が見つかりません」と、つれないメッセージが現れた。回復機能も回復ドライブも作成できなくなった場合、マイクロソフトのPC「Surface」であれば、Web上から回復イメージをダウンロードできる。今回はこちらを用いたWindows 10 PCの修正方法を紹介しよう。

[00:00 6/9]

ケイ・オプティコムなど、LPWA無線技術を利用するIoTサービス

関西電力と関西電力グループのケイ・オプティコムは6月7日、日本マイクロソフト(MS)と協力し、屋外における広域でのデータ収集や遠隔での機器制御などに対応する、LPWA無線技術(LoRa方式)を利用したIoTサービスを開発。ユーザー企業がIoT導入による効果検証などを容易かつ安価に実施できる実証環境を用意するために、PoC(Proof of Concept、概念実証)サービスを2017年7月から提供開始すると発表した。

[10:41 6/8]

DODA転職人気企業ランキング、第2位はグーグル - 第1位は?

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA」は6月5日、22~59歳のビジネスパーソン5031人を対象に調査した「DODA転職人気企業ランキング 2017」の結果を発表した。

[10:17 6/6]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - MRヘッドセット本格始動、Microsoftブースで5製品を展示

「COMPUTEX TAIPEI 2017」のMicrosoftブースでは、同社の基調講演でも紹介された、複合現実(MR:Mixed Reality)ヘッドセット5製品が展示されていた。ラインナップはAcer、HP、Lenovo、Dell、ASUS製のMRヘッドセット。CESからMRヘッドセットをバージョンアップさせたDellと、ASUSのMRヘッドセットの公開は初だ。

[21:27 6/5]

Microsoft Edge、高速Web表示の仕組み - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Internet Explorerに代わるWebブラウザとして、Microsoft Edgeが重要な地位にあるのは誰の目にも明らかだが、ライバルであるMozilla FirefoxやGoogle Chromeのシェアを脅かす存在とはまだ言い難い。だが、それでもMicrosoft Edgeの改良は続いている。

[12:00 6/5]

Windows 10ミニTips 第188回 WinSxSフォルダーをクリーンアップして、ストレージの空き容量を増やす

Windows XPの時代から、カスタマイズや更新に必要な機能をサポートする「コンポーネントストア」という仕組みがある。破損したシステムファイルの復元などに用いられ、OSの安定性を向上させる上で重要な存在だが、ストレージの容量をくう。そこで、コンポーネントストア(WinSxS)フォルダーを、Dism.exeを使って手動クリーンアップしてみよう。

[13:55 6/4]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Microsoftのどんでん返しなるか、Always Connected PC構想について考える

今年(2017年)のCOMPUTEX台北では、半信半疑ながらではあるが、Microsoftがこれからのパーソナルコンピューティングに大きなムーブメントを起こしそうな予感をもった。パソコンの業界のリーダーとして、これからのパーソナルコンピューティングがどのようにあるべきかを構想として提示できていたように感じる。

[12:17 6/2]

Windows 10ミニTips 第187回 自動リネーム機能も備える意外と便利な「画像とビデオのインポート」

デジタルカメラで撮影した画像ファイルをPCに取り込むとき、どんな方法を使っているだろうか。今回は意外と便利な「画像とビデオのインポート」に関するTipsだ。デジタルカメラなどを直接PCにつなげないと利用できない「画像とビデオのインポート」を、SDカードリーダーでも使用する方法を紹介する。

[00:00 6/2]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - MicrosoftがPCの"常時接続"を推進、パートナーにVAIOのロゴも

Microsoftは、「COMPUTEX TAIPEI 2017」で開催した同社の基調講演で、PCデバイスにおける"Always Connected"への取り組みを発表した。パートナー企業として紹介されたデバイスベンダーのロゴ一覧をみると、ASUSやHuawei、Dellといったお馴染みの大手メーカーと並び、国内メーカーであるVAIOのロゴも。

[18:40 5/31]

予約殺到、一時休止 - HMD「Acer Windows Mixed Reality Headset」

日本エイサーは29日、5月23日に発表した「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約販売を、5月31日18時30分で一旦休止すると発表した。予想を上回る予約台数となり、発売日に予約者すべてに届けられる供給体制を確保するための措置としている。

[19:16 5/29]

憎みきれない「新Surface Pro」を、ろくでなしの私が購入する理由 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

既報のとおり日本マイクロソフトは、Surface Pro 4に続く新「Surface Pro」を6月15日に発売する。製品名から数字が消され「Surface Pro 5」とはならなかった新Surface Proは「買い」なのだろうか。約1年半前、2015年11月12日に発売されたSurface Pro 4と見比べながら考えてみたい。

[18:40 5/29]

山田祥平のニュース羅針盤 第94回 Surfaceは第二章へ進む、いろんな意味で

日本マイクロソフトがMicrosoft Japan Surface Eventを開催し、すでに発表済みのSurface Studio、Surface Laptopに加え、つい先日、上海でのイベントで発表されたSurface Proを日本に投入することが明らかになった。おおむね事前の噂通りで、Surface Proについては、Surface Pro 5ではなくnew Surface Proになる。

[06:00 5/29]

Windows 10ミニTips 第186回 ロック画面の時刻を12時間/24時間の表記に切り替える

Windows OSは以前から多国籍に対応させるため、通貨や時刻といった表記を柔軟に変更することが可能だ。例えば時刻は12時間、24時間表記を選択できるが、どちらが便利かはユーザーによって異なる。今回は、ロック画面の時刻について、12時間表記と24時間表記を切り替える手順を紹介する。

[18:51 5/27]

新「Surface」日本上陸! Surface ProのLTEモデルは2017年秋から展開

日本マイクロソフトは2017年5月26日、都内で新Surfaceデバイスに関する発表会を開催し、「Surface Pro」「Surface Studio」を日本市場で6月15日から、「Surface Laptop」を7月20日から発売することを明らかにした。同社代表取締役 社長 平野拓也氏は「日本におけるSurfaceビジネス第2章となるラインナップ」と抱負を述べている。

[20:10 5/26]

28型液晶搭載のクリエイター向けPC「Surface Studio」は6月15日に国内販売

日本マイクロソフトは5月26日、28型ディスプレイを搭載したクリエイター向けの一体型PC「Surface Studio」の国内販売を発表した。6月15日の発売を予定し、本日より予約の受付を開始する。CPUやメモリ、ストレージ容量などが異なる3モデルをそろえ、価格は税別384,800円から。

[16:36 5/26]

マイクロソフト バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>Windows>マイクロソフト)

マイクロソフト トップへ
日本マイクロソフト、米Microsoftに関する多彩な情報を盛りだくさんで発信。

人気記事

一覧

新着記事