本連載では、初めてUbuntuを使うユーザーに向けて基本的な操作方法を紹介していく。前回までで、Windowsで簡単にUbuntuを使えるようになったので、これからはUbuntuの使い方を学んでいこう。とにかく実際に動かして慣れることが大切だ。

Ubuntuを起動

メニューからUbuntuを起動する。Ubuntuを起動する方法はいくつかあるが、最初のうちはスタートメニューから「Ubuntu on Windows」を選択して起動すればよいだろう。

  • スタートメニューから「Ubuntu on Windows」を起動

    スタートメニューから「Ubuntu on Windows」を起動

「Ubuntu on Windows」を選択すると、次のようなウィンドウが起動してくる。このスクリーンショットはWindows 11で撮ったものだ。環境によって異なるのだが、ここではWindows Terminalが起動してきて、そこからUbuntuを使っているという状態になっている。

  • 起動してくるUbuntuが使えるターミナルアプリケーション

    起動してくるUbuntuが使えるターミナルアプリケーション

しばらくは、このウィンドウで使う基本的なコマンドについて学んでいく。

基本となるコマンドを学んでいく

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する