前回はWindowsにUbuntuをインストールする方法を説明した。Microsoftの提供しているドキュメントに沿ったインストール方法だ。wslコマンドを実行するだけでUbuntuのインストールが完了し、Ubuntuを利用できることがわかったと思う。

今回は、インストール後に最初にやっておきたい「アップデート」を取り上げる。

アップデートする

Ubuntuはシステムもユーザランドもアプリケーションもパッケージで管理されている。パッケージは細かくアップデートが行われているので、セキュリティ上の必要性のほか、バグの修正、または機能的な必要性がでるタイミングでアップデートを行うことが多い。定期的にアップデートを行うこともある。

wslコマンドでUbuntuをインストールしたわけだが、インストールされたUbuntuは最新の状態にはなっていないことがほとんどだ。いつアップデートするかはそれぞれのユーザーの使い方によって使い分けてもらえればよいのだが、インストールした直後はアップデートを行うよいタイミングだ。最初の段階で一度はアップデートを行って。

aptコマンドでアップデート

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する