Ubuntuのセキュリティの基本であるファイル・パーミッションは最初に読めるようになっておきたい。前回は、この辺りの機能の基本を紹介した。これだけでは、パーミッションを完全に読めるようにはならないと思うので、今回は代表例を挙げながら、どのようなパーミッションがどんなファイルに使われているのかを説明する。連載「WindowsでUbuntuをはじめる」の過去の回はこちらを参照を参照。

Ubuntuを起動

では、Ubuntuを起動しよう。それには、メニューから「Ubuntu」を選択すればよい。

  • スタートメニューから「Ubuntu」を起動

    スタートメニューから「Ubuntu」を起動

  • Ubuntu / Windows Terminal

    Ubuntu / Windows Terminal

「Ubuntu」を選択すると、上のようなターミナルアプリケーションが起動してくる。ここでUbuntuのコマンドを実行する。

スタートメニューに表示される文字列はインストールした時期などによって変わるほか、起動してくるターミナルアプリケーションも環境で設定されているデフォルトのターミナルアプリケーションが使われる。環境によって多少異なるが、これからは多くのケースでWindows Terminalが起動してくるようになる見通しだ。

ドットから始まるファイル

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら