ブロックチェーンプラットフォームの一つである「Ethereum(イーサリアム)」は、9月15日に大型バージョンアップ「The Merge」を迎える。その大まかな中身は、「PoW(Proof of Work)」から「PoS(Proof of Stake)」への移行だ。

いや、ちょっと待ってほしい。PoW?PoS?……非常に難しい。何から何に移行するのだろうか。今回のバージョンアップで何が変わるのだろうか。ビジネスパーソンにも関係あるだろうか。筆者にも理解できるだろうか。不安は尽きないが、こんな時こそ識者を頼ってみるのが良いだろう。

今回話を聞いたのは、コインチェックの執行役員を務める大塚雄介氏だ。コインチェックの共同創業者でもあり、マーケティングや広報、株主総会支援事業などを統括している。最近ではWeb3時代をけん引するスタートアップやDAO(Decentralized Autonomous Organization:分散型自立組織)を支援するために「Coincheck Labs」を立ち上げ、投資や啓蒙活動にも従事している。

  • コインチェック 執行役員 大塚雄介氏

    コインチェック 執行役員 大塚雄介氏

--そもそもイーサリアムとは何でしょうか

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら