資格試験

調理師免許の受験資格は?学歴との関連性について解説

資格試験

国家資格である調理師免許を取得する場合、受験資格や学歴との関係性が気になると思います。

調理師免許は学歴によって受験資格が異なるため、事前に確認が必要です。

しかし、調理師免許の受験資格や学歴との関連性を知らない方もいらっしゃると思います。

今回は、調理師免許の受験資格や受験する前に確認したい点を解説します。

当サイトに掲載している調理師免許の通信講座について紹介した内容と併せてご覧ください。

調理師免許の受験資格について

調理師免許の受験資格には条件があり、条件に当てはまる方のみ受験できます。

ここからは、調理師免許の受験資格について解説します。

調理師専門学校を卒業している

調理師免許の受験資格条件として、調理師専門学校を卒業している方が対象です。

  • 厚生大臣が指定する調理師専門学校などの養成施設に1年以上通う
  • 調理についての基礎知識や技術を学習する
  • 調理師専門学校卒業後、調理師免許を申請・取得する

調理師専門学校に1年以上通い、知識や技術を学習、卒業時に調理師免許を申請することで、資格が取得できます。

調理師専門学校は卒業すると受験する必要がなく調理師免許の申請が取得できるため、早く資格取得したい方におすすめです。

調理の実務経験が2年以上ある

調理師専門学校に通っておらず、調理の実務経験が2年以上ある方は、受験対象となります。

調理師免許試験を受験するには、調理の実務経験が2年以上必要ですが、条件に当てはまる飲食店等で働く必要があります。

給食施設
  • 学校・介護施設・病院などの施設
  • 1回20食以上又は1日50食以上を調理し提供する
飲食店(旅館・簡易宿泊所)
  • 居酒屋・ファミリーレストラン・弁当屋・個人経営の飲食店
  • 旅館の板前アルバイトも対象
魚介類販売業
  • 鮮魚店・スーパーの鮮魚売り場
  • 魚をおろす場合のみ対象(そのまま販売する場合は対象外)
そうざい製造業
  • スーパー・直売所のそうざい売り場等
  • 食肉製品製造・魚肉ねり製品製造業・豆腐製造業は対象外

このように、対象の飲食店等で実務経験を積まないといけませんが、調理担当以外のホールや配達は対象外となるため、注意が必要です。

学歴に応じた受験資格

調理師免許は、学歴に応じた受験資格があります。

ここからは、大卒と高卒それぞれの学歴に応じた受験資格を解説します。

大卒の場合:該当する学部を卒業する

大卒で調理師免許の試験を受験する場合は、該当する学部を卒業する必要があります。

養成施設に指定されている大学又は短期大学の学部を卒業することで、調理師免許の申請・取得が可能です。

調理師専門学校と同様、指定の学部を卒業することで試験免除となり、調理師免許の取得ができます。

高卒の場合:実務を経験するか専門学校へ進学する

高卒で調理師免許を受験する場合は、実務を経験するか専門学校へ進学する必要があります。

高卒でも調理師免許の受験は可能ですが、該当する飲食店等で2年以上の実務経験を積むか調理師専門学校へ通いましょう。

また、実務経験の対象となる飲食店で経験を積みながら、通信講座を活用して調理の知識を学習することをおすすめします。

高卒で働きながら資格取得を目指す方は、夜間や社会人コース向けの専門学校に通うと無理なく学習できますよ。

実務経験と受験資格の関連性について

調理師免許の受験資格には2つの関連性があります。

実務経験の詳細を知りたい方や実務経験の条件が足りないと悩んでいる方は、参考にして下さい。

受験資格に値する実務経験の条件

調理師免許の受験資格に値する実務経験の条件はいくつかあります。

  • 勤務時間:1日6時間以上・勤務日数:1週間で4日以上
  • 調理回数:1回20食以上または日50食以上に該当する職場
  • 対象施設:給食施設・飲食店・魚介類製造業・そうざい製造業
  • 雇用形態:アルバイト・パート・正社員等の雇用形態を問わず

このように、全ての条件が当てはまり、2年以上の実務経験がある方は受験できます。

また、2年以上の実務経験は、1つの飲食店等を2年以上勤務する必要はありません。

過去に該当する飲食店等で勤務した実務経験を合算して2年以上あれば問題ないため、学生時代のアルバイトでも合算できます。

実務経験が2年満たない場合の受験資格

実務経験が2年満たない場合は、残念ながら受験資格はありません。

そのため、実務経験が2年以上になるように、該当する飲食店で実務経験を積む必要があります。

また、該当の飲食店で2年以上勤務したものの、ホール等で実務経験が無い場合は受験資格の対象外となるため、注意しましょう。

実務経験がギリギリ2年満たない場合に、実務経験証明書の内容を自分で書いて虚偽申請するとバレてしまいます。

嘘の情報を記載して提出することはせずに、働きながら経験を積んで実務経験が2年以上になるように努力しましょう。

調理師免許試験を受験する前の確認点

調理師免許試験を受験する前に確認点が2つあります。

受験予定の方は、確認ミスを起こさないためにも事前にチェックして下さい。

実務経験証明書を発行する

実務経験を2年以上経験した上で受験する場合は、実務経験証明書が必要となります。

実務経験証明書とは、過去に該当する勤務先で実務経験を積んだと証明する書類です。

実務経験証明書のもらい方は、保健所で配布されている願書の中に同封又は保健所に連絡して郵送も可能です。

また、実務経験がある職場の料理長等に、直接サインをしてもらう必要があるため、事前に連絡をして来店日時を相談しましょう。

事前に連絡する際は、お店が忙しい時間帯(飲食店の場合ランチやディナー時間)を避けて連絡して下さい。

試験日を確認する

調理師免許の試験開催日は、都道府県によって異なるため受験予定の地域で試験日を確認しましょう。

願書の配布期間や配布施設、申し込み期間も都道府県によって異なるため、調理師技能センターのホームページで確認して下さい。

また、調理師免許の試験は住んでいる地域以外での受験も可能であり、不合格時は他の地域で再受験する方法もあります。

その場合、都道府県によって県外在住である方の申し込みは、事前に問い合わせが必要な場合もあります。

願書提出先も異なる場合があるため、事前に願書提出先を確認してから試験日に向けて準備をしましょう。

まとめ

調理師免許の受験資格や受験する前の確認点について解説しました。

調理師免許を受験する場合は、学歴によって条件があり、条件を満たしていなければ試験を受けることはできません。

また、試験日は都道府県によって異なるため、事前に確認をしてから試験の申し込みを行いましょう。

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。
キャリコンサーチページ

徳永浩光をフォローする
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュースに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
資格
タイトルとURLをコピーしました