マイナビニュースマイナビ

JFK空港、NECの顔認証システム「NeoFace」を入国審査用に導入 [事例]

[2016/06/13 17:45] ブックマーク ブックマーク

NECは、米国ニューヨーク州にあるジョン・F・ケネディ国際空港(JKF空港)が同社の顔認証システム「NeoFace(ネオフェイス)」を入国審査用に導入し、すでに稼働を開始していると発表した。

米国では、セキュリティの向上とスムーズな入国審査の実現を目的に、国土安全保障省 税関・国境取締局が全米の国際空港の出入国管理を強化しており、JFK空港へのNeoFace導入もその一環として行われたもの。現地SIerであるUnisysを通じて提供された。

NeoFaceでは、入国審査用の自動ゲート(Unisysが設置)で読み取ったeパスポートの顔写真データと、ゲートに備え付けられたカメラで撮影した旅行者の顔写真をリアルタイムで照合し、入国者がeパスポートの顔写真と同一人物かどうかを判別する。

既にJFK空港は、ビザ免除プログラムを使って初めて米国に入国する外国人旅行者や、eパスポートを保有する米国籍の帰国者を対象にNeoFaceの運用を開始している。なお、同システムは、JFK空港以外でも米国アリゾナ州交通局、ブラジル主要14国際空港における税関業務など、これまでに40カ国以上で導入されているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る