開発ソフトウェア 記事バックナンバー(2017年)

開発ソフトウェア 記事バックナンバー(2017年)

100 件中 1~20件目を表示中

2017年12月の記事

IT Search+、2017年人気記事ランキング

IT Search+、2017年人気記事ランキング

2017年もあとわずか。テクノロジー業界もこの一年、いろんなことがありました。本稿では、2017年の年間人気記事ランキングを紹介しながら、この1年を振り返ってみます。

Rubyを使ってビジネス領域で新たな価値を創造 - Ruby biz Grand prix 2017

Rubyを使ってビジネス領域で新たな価値を創造 - Ruby biz Grand prix 2017

島根県は、Rubyを活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、イノーべションを起こしたサービスや商品を表彰する「Ruby biz Grand prix 2017」を東京・帝国ホテルで開催した。

RPAツールの選び方

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [3] RPAツールの選び方

、RPAツールを実際に使ってみたいと思われる方は多いかと思いますが、どうやって選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、第一回にて紹介したRPAツールの特徴を中心に紹介します。

Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

【連載】VRコンテンツの作り方 [16] Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

先日島根で開催しましたXR GameJamに合わせて、日本エイサーのご好意でヘッドセットの製品版をお借りしました。今回はWindows Mixed Realityコンテンツ開発の導入について解説します。

Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [12] Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

Windows 10 Fall Creators Updateからはストア経由でLinuxディストリビューションのインストールが可能になった。WindowsでVimを利用するのにこれまででもっとも簡単にセットアップでき、そして強力なプラットフォームが手に入ったことになる。WindowsでのVimがさらに便利になった。

2017年11月の記事

初級者は苦しみ、上級者は手放せない、Vimの「モード」

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [11] 初級者は苦しみ、上級者は手放せない、Vimの「モード」

これまでに取り上げてきたモダンエディタにはなかったが、Vimには「モード」という概念が存在している。モードはかなりの数に上るのだが、最低限「ノーマルモード」「挿入モード」「コマンドラインモード」の3つは覚える必要がある。

パイオニアが「スーパルート探索」で実施した大移植 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

パイオニアが「スーパルート探索」で実施した大移植 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

クラウドを活用することで、従来のカーナビにはない柔軟なルート探索を実現したパイオニアの「サイバーナビ」。開発の裏では、車載アプリケーションをクラウドへ移植する作業があり、この過程でOpneShiftが大いに役立ったという。「RED HAT FORUM TOKYO 2017」では、パイオニア 技術開発本部の谷川裕史氏と、日本情報通信 ソリューションビジネス本部の菱木竜也氏によりその詳細が明かされた。

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

公衆Wi-Fiサービスを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレスは、オープンソースソフトウェアを活用したDevOpsに取り組んでいる。その内容が、「RED HAT FORUM TOKYO 2017」にて技術運用本部 CTOの相馬 賢司氏により紹介されたので概要をお伝えしようしよう。

Google Site Searchからの簡単移行

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [2] Google Site Searchからの簡単移行

前回は全文検索サーバFessの構築と利用方法を紹介しました。今回は構築したFessサーバを利用して、どのように自社Webサイトに検索サービスを組み込むかについて説明していきます。

プラットフォーム別Vim準備方法

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [10] プラットフォーム別Vim準備方法

今回はVimの準備方法を解説しよう。とはいっても、UNIX系OSではあらかじめインストールされているので、確認作業になるがご紹介しておく。

マイガジェットをつくろう

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [11] マイガジェットをつくろう

過去10回に渡り進めてきた本コラムもいよいよ最終回です。過去の実行環境に手を加えながら、今後の技術研鑽の方法などをご紹介します。

多様な入力フォーム

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [9] 多様な入力フォーム

前回、簡易的なフォームを作成して、裏側で起きている仕組みについて解説しました。今回と次回は、もう少し一般的なフォームに近づけて詳しく説明していきます。

Vimが30年以上も使われる理由

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [9] Vimが30年以上も使われる理由

今回より、テキストエディタ紹介シリーズの最後のプロダクトとしてVimを取り上げる。まずは、30年以上も使い続けられている同エディタの人気の理由と、派生プロダクトの状況を整理しておこう。

2017年10月の記事

シェア25%の日本は重要な市場 - FileMakerカンファレンス2017

シェア25%の日本は重要な市場 - FileMakerカンファレンス2017

ファイルメーカーは10月23日~25日の3日間、神奈川県横浜市の「パシフィコ横浜」にて、開発者向けの年次イベント「FileMaker カンファレンス」を開催。初日に開催したオープニングセッションでは、日本市場における利用状況や取り組みについて、ファイルメーカー社長のビル・エプリング氏より説明があった。

OpenStackベースの自社クラウド "Verda" - LINE DEVELOPER DAY 2017

OpenStackベースの自社クラウド "Verda" - LINE DEVELOPER DAY 2017

LINEが9月28日に開催したエンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2017」のセッションで、LINEにおけるOpenStackを使ったクラウドインフラストラクチャ構築の取り組みが紹介された。本稿では、ITサービスセンター インフラプラットフォーム室のIbradzic Samir氏が行った「Verda クラウドファミリー」のセッションをレポートする。

AIスピーカー「Clova WAVE」を支える技術とは? - LINE DEVELOPER DAY 2017

AIスピーカー「Clova WAVE」を支える技術とは? - LINE DEVELOPER DAY 2017

LINEが9月28日に開催したエンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2017」では、10月5日より正式販売が始まったスマートスピーカー「Clova WAVE」を支える技術が紹介された。本稿では、Data Labs / Clova Centerの橋本泰一氏が行った「The Technologies in Clova」の内容を紹介する。

Salesforce開発者コミュニティを牽引する「Super Hero」 - Salesforce World Tour Tokyo 2017

Salesforce開発者コミュニティを牽引する「Super Hero」 - Salesforce World Tour Tokyo 2017

セールスフォース・ドットコムは9月26日~27日、都内で「Salesforce World Tour Tokyo 2017」を開催した。2日目に開催された「Developer Keynote~Salesforce開発者のためのテクノロジー、ビジョン、コミュニティ~」の内容をダイジェストでお届けする。

WinActorでブラウザ操作を自動化する

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

全文検索サーバFessを導入しよう

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [1] 全文検索サーバFessを導入しよう

Google Site Searchが2018年3月をもってサービス終了するため、自社Webサイトに組み込む検索サービスを探している方も多いのではないでしょうか。また、企業や個人で保有するファイルが年々増えており、効率よく必要なものを見つけられる仕組みを求める声もよく聞きます。

ソフトバンク、DevOps導入でレッドハットのコンサルティングを採用 [事例]

ソフトバンク、DevOps導入でレッドハットのコンサルティングを採用 [事例]

レッドハットは10月20日、ソフトバンクで社内システムを開発・保守・運用するテクノロジーユニット IT統括 IT本部 プラットフォーム統括部門が、レッドハットのDevOpsコンサルティングサービス、および「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

Open API推進で切り開く「LINE Clover」のエコシステム - LINE DEVELOPER DAY 2017

Open API推進で切り開く「LINE Clover」のエコシステム - LINE DEVELOPER DAY 2017

LINEは9月28日、エンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2017」を開催した。参加した国内外のエンジニア約1000人に向けて、LINEが展開するさまざまなサービスと最新技術動向が紹介された。本稿では、上級執行役員CTO 朴イビン氏によるオープニングセッションの内容をお伝えする。

[方式] 長く、安く使うAIを含めた企業システムアーキテクチャのあり方

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [5] [方式] 長く、安く使うAIを含めた企業システムアーキテクチャのあり方

ぼくらの5回にわたる連載、長いようで短かった戦いもついに最終回となりました。今回は、AIなどのデジタル技術をビジネスで活用するために何を行えばいいかについて企業システムアーキテクチャの面から考えたいと思います。

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京にて、デル/EMCジャパン主催の技術イベント「Tokyo Dell EMC Forum 2017」が開催される。今年のテーマは、「REALIZE - デジタル トランスフォーメーションを現実のものに」。

PHP + HTMLの入力フォーム

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [8] PHP + HTMLの入力フォーム

今回は、実際にPHP + HTMLを用いてフォームを作っていきます。問い合わせフォームやアンケートフォームなど、普段Webサイト上で目にするような機能はどのように処理が行なわれているのか分かるはずです。Cloud9を使って実際に書いてみてください。

Gear VR Controllerへの対応

【連載】VRコンテンツの作り方 [15] Gear VR Controllerへの対応

今回は、サムスン電子ジャパンが5月に発売したGear VRヘッドセットの最新版「Galaxy Gear VR with Controller」をVRアプリ内に導入する方法について解説いたします。

[設計] 強く、賢く育てるAI設計の勘所

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [4] [設計] 強く、賢く育てるAI設計の勘所

今回は、読者の皆様がもし実ビジネスにおいてAIを導入し、活用していく立場になった時、AIとどのように向き合って技術設計していくかについて考えていきたいと思います。

2017年9月の記事

GATTプロファイルを操ろう(2) 双方向Find Me、ベースボード側の実装

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [10] GATTプロファイルを操ろう(2) 双方向Find Me、ベースボード側の実装

前回、GATTプロファイルを利用したアプリケーションの例として、Find Me Profile(FMP)の実装を始めました。今回はベースボード側の実装に入ります。

GATTプロファイルを操ろう(1) 双方向Find Me、ドングル側の実装

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [9] GATTプロファイルを操ろう(1) 双方向Find Me、ドングル側の実装

実践編第3弾は、GATTプロファイルを利用したアプリケーションを紹介します。Bluetooth SIGの標準プロファイルの中でも、PSoC BLE Pioneer kitのみ、かつ比較的容易に実現できる Find Me Profile(FMP)に焦点をあてます。

RPAとは

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

Visual Studio Codeの提案型拡張機能

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [8] Visual Studio Codeの提案型拡張機能

Visual Studio Codeはデフォルトの状態では比較的Web開発向けの機能が多く用意されている。もちろんそれ以外のプログラミング言語もスムーズに編集できるが、その場合は適した拡張機能を導入することでさらに便利になる。

[業務] やってみよう!AI業務適用検討

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [3] [業務] やってみよう!AI業務適用検討

今回は、前回同様にNTTデータが受託した経済産業省の調査プロジェクトおよびその他事例を踏まえながら、特に「実業務へのAI適用検討」にフォーカスを当てて、AI導入プロジェクトにおける実行面、実際に現場へAI適用する場合の勘所を解説していきます。

フォームの作り方

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [7] フォームの作り方

今回は、ショッピングサイトやSNSなどでの商品購入画面、会員登録画面などでよく見るフォーム画面をPHPで作成する方法について、詳しく紹介していきます。

Google Play App Signingで安全な鍵運用を

【連載】ヤフーのエンジニアが教える! アプリ開発で気をつけたいAndroidのセキュリティ [4] Google Play App Signingで安全な鍵運用を

今回は、Google I/O 2017で発表されたGoogle Play App Signingについて紹介します。アプリ署名キーの管理に役立つ重要かつ便利な技術なので、Androidアプリに携わるエンジニアはぜひとも頭に入れておいてください。

COOらが明かしたOpenStack、Cloud Foundryの現在地 - OpenStack Days Tokyo

COOらが明かしたOpenStack、Cloud Foundryの現在地 - OpenStack Days Tokyo

「Open × Collaboration」をテーマに7月20日~21日に開催された「OpenStack Days Tokyo」。基調講演ではOpenStack FoundationのCOOであるMark Collier氏と、Cloud Foundry FoundationのHead of MarketingであるDevin Davis氏が登壇し「OpenStackが第2フェーズに入り、OSSコミュニティとのさらなるコラボレーションが重要になってきた」とOpenstackの現状を訴えた。

Visual Studio Codeのカスタマイズ

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [7] Visual Studio Codeのカスタマイズ

Visual Studio Codeは補完機能が優れているので、普通に使っているだけでも満足度は高いが、今回は設定やテーマの変更など、ユーザが好みに応じてカスタマイズできる点を取り上げよう。

[管理] AI導入プロジェクトを任せられた!! 管理・遂行どうやる?

【連載】ぼくらのディープラーニング戦争 [2] [管理] AI導入プロジェクトを任せられた!! 管理・遂行どうやる?

今回は、NTTデータが受託した経済産業省の「平成28年度IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」のプロジェクトを例にとりながら、AI導入プロジェクトでの管理・遂行面での勘所を解説していきます。

[講演レポート提供]まずは小さなトライから! TensorFlow活用事例をブレインパッド下田氏が解説

[講演レポート提供]まずは小さなトライから! TensorFlow活用事例をブレインパッド下田氏が解説

7月20日に開催した第50回IT Search+スペシャルセミナーのセッション3「ディープラーニングはここまで来た TensorFlow 最新活用事例」では、ブレインパッド オープンテクノロジー推進室室長 下田倫大氏が登壇。Googleが開発したオープンソースの機械学習ライブラリ「TensorFlow」を例に、その具体的な活用事例や導入を成功させるためのポイントなどについて解説を繰り広げた。

2017年8月の記事

Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(3) Google VR実装 2017年8月版

【連載】VRコンテンツの作り方 [14] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(3) Google VR実装 2017年8月版

今回は、第12回、第13回の手順を、最新版の「 Google VR SDK 1.70.0」で再現する方法を説明します。

悠悠ホーム、超高速開発基盤で基幹系業務管理システムを刷新 - 内製化を実現 [事例]

悠悠ホーム、超高速開発基盤で基幹系業務管理システムを刷新 - 内製化を実現 [事例]

BlueMemeは8月29日、同社が販売・導入支援を行う超高速開発基盤「OutSystems」を悠悠ホームが導入し、基幹系業務管理システムを刷新・同月より稼働開始したと発表した。

鉄道アプリにIoTを活用する狙いとは? - 小田急アプリ企画者インタビュー

鉄道アプリにIoTを活用する狙いとは? - 小田急アプリ企画者インタビュー

今年6月、小田急電鉄が公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」をリリースした。実はこのアプリ、先進的な試みがいくつか盛り込まれている。そのうちの一つがIoT、すなわちセンサー通信を使った、トイレの空室表示機能だ。

ロボット駆動制御システムのアスラテックが描く「人とロボット協業モデル」 - SoftBank World 2017

ロボット駆動制御システムのアスラテックが描く「人とロボット協業モデル」 - SoftBank World 2017

7月20日〜21日に開催された「SoftBank World 2017」のセッションにアスラテック 事業開発部 部長 羽田卓生氏が登壇。「広がるロボットビジネスと、人とロボット協業モデル 〜色んなロボットビジネスの現状をお話しいたします〜」と題し、同社が取り組むロボット駆動制御システムに関する講演を行った。

はじめてのPHPプログラミング

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [6] はじめてのPHPプログラミング

今回は、PHPファイルの作り方、プログラムの書き方について詳しく紹介しています。自分でWebサービスを作りたい人は、第一歩となるので、実際に書きながら覚えていきましょう。

[講演レポート提供]モバイルからAIへ! グーグル社員が解説する「Google I/O 2017」の勘所

[講演レポート提供]モバイルからAIへ! グーグル社員が解説する「Google I/O 2017」の勘所

6月6日に行われた第46回IT Search+スペシャルセミナーでは、「グーグル社員が教えるGoogle I/O 2017 徹底解説」と題し、Google Developer Relationsチーム プログラムマネージャーを務める鈴木拓生氏が登壇。GoogleのAI活用のほか、Android周辺の最新事情やGoogle I/O 2017で発表された新技術について解説を繰り広げた。

Microsoftが開発するOSSエディタ「Visual Studio Code」

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [6] Microsoftが開発するOSSエディタ「Visual Studio Code」

これまで注目のモダンエディタとしてAtom、Sublime Text、Bracketsを紹介してきた。今回からは「Visual Studio Code」を取り上げる。いわゆる最近登場したモダンエディタの一つで、このエディタも多機能で高性能、多くのユーザを魅了している。

[講演資料提供] TensorFlow User Group主催者が語る、AI活用事例と適用のポイント

[講演資料提供] TensorFlow User Group主催者が語る、AI活用事例と適用のポイント

IT Search+ スペシャルセミナー、節目の50回目はAI(人工知能)、とりわけ「ディープラーニング(深層学習)」がテーマ。トリのセッションを務めたTensorFlow User Group主催者の下田 倫大氏は、自身が携わったTensorFlow活用事例や、ディープラーニングをビジネスの現場に取り込む際のポイントを解説した。

ビーコンオブザーバを作ろう

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [8] ビーコンオブザーバを作ろう

今回は、PSoC BLE Pioneer Kitがもつシリアル通信機能も使って、PC側のターミナルエミュレータに、ID情報、温度情報、湿度情報を、表示させることを実現します。

プログラミング言語の種類

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [5] プログラミング言語の種類

前回までは、HTMLやCSSといったWebサイトにおける見た目にあたる部分について書き方も含め解説しました。今回は、裏側のシステムを作る上で使われるプログラミング言語の種類について詳しく紹介しています。ここではよく使われている言語を紹介しているので、知っておくだけでも違うでしょう。

API時代のビジネス変革と対応策とは? - CData Day 2017

API時代のビジネス変革と対応策とは? - CData Day 2017

CData Software Japanは7月20日、データベースからREST APIを自動生成するAPI開発・運用基盤「CData API Server」のローンチイベント「CData Day 2017」を開催した。同イベントでは、CData Software本社から創設者でありプレジデントのGent Hito氏が来日したほか、インフォテリアの代表取締役社長である平野洋一郎氏など、クラウドやデータ連携の最前線で活躍している講演者がセッションを行った。

2017年7月の記事

Brackets拡張機能のインストール

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [5] Brackets拡張機能のインストール

BracketsにもAtomやSublime Textに用意されている拡張機能やテーマ機能が用意されている。モダンエディタにはだいたいこれら機能が備わっているが、Bracketsも例外ではない。

APIエコノミー時代に求められるモノ

【連載】APIエコノミーの作り方 [12] APIエコノミー時代に求められるモノ

最終回である今回は、デジタルビジネスやシェアリングエコノミーなど、第一回でも紹介したビジネス的な要素を中心に、APIエコノミー(API経済圏)がどう作られ、エンジニアとして何が求められていくかを解説します。

Brackets、2つの便利機能

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [4] Brackets、2つの便利機能

今回は、Bracketsでもっとも基本的で特に使いやすい機能を取り上げたいと思う。HTML/CSS/JavaScript向けエディタたる所以の機能だ。

HTML/CSS/JavaScriptに特化した「Brackets」

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [3] HTML/CSS/JavaScriptに特化した「Brackets」

もしあなたが、特にHTMLやCSS、JavaScriptを使った開発または編集を主に行っているのであれば知っておいた方がよいエディタがある。「Brackets」だ。

CSSの書き方

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [4] CSSの書き方

今回は、HTMLと同様にWebページ作成において欠かせないCSSの書き方を解説していきます。フォームやボタンの色、形、位置などを変更していきますが、具体的にどう変わっていくのか確認しながら自分でもコーディングしてみてください。

最新VRを駆使したアクティビティ施設「VR ZONE SHINJUKU」、歌舞伎町のど真ん中にオープン

最新VRを駆使したアクティビティ施設「VR ZONE SHINJUKU」、歌舞伎町のど真ん中にオープン

7月14日(金)、東京都新宿区の歌舞伎町にて、VRを用いたアミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」がオープンする。本誌は、VR(Virtual Reality : 仮想現実)の今をお伝えするべく、12日に開催された内覧会に参加してきたので、同施設の概要を写真を中心にお伝えしよう。

リアクティブプログラミングに触れてみる

【連載】APIエコノミーの作り方 [11] リアクティブプログラミングに触れてみる

今回はReactorやSpringといったリアクティブプログラミングのためのライブラリを使って実際に触れてみることで、データストリームやバックプレッッシャのイメージを膨らませていきます。プログラミングに不慣れな方でも簡易に実装できますので、ぜひ試してみてください。

100本のスマホアプリを試す日本ユーザー - App Annie調査

100本のスマホアプリを試す日本ユーザー - App Annie調査

電車の移動時間の検索、旅行の予約、お金の管理など、日常生活を送る上でスマートフォン利用が欠かせないものとなりつつある。現在、世界規模でスマートフォン利用が進んでいるが、スマートフォンアプリ開発を行うためには、そういったユーザーのニーズを的確に把握することが大切である。 アプリ市場データを提供するApp Annieでは、消費者のアプリ利用状況に関する調査レポートを公開した。同レポートでは、ユーザーのアプリ利用時間や所持数を国別に分析している。これらの結果を元に、スマートフォンアプリの利用状況を紐解いていこう。

Sublime Textのパッケージインストール

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [2] Sublime Textのパッケージインストール

今回はSublime Textでインストールされているパッケージを有効にする方法と、新しくパッケージをインストールする方法を紹介する。パッケージをインストールすることでさまざまな機能を追加できる。

HTMLとはどういうものか?

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [3] HTMLとはどういうものか?

3回目の今回は、実際にコーディングをしてHTMLとはどういうものなのかを知ることがゴールになります。

Web開発者向けエディタ「Sublime Text」

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [1] Web開発者向けエディタ「Sublime Text」

人気の高いエディタの一つに「Sublime Text」がある。Atomが現在のように高い支持を獲得する前はSublime Textがそのポジションにあった。

2017年6月の記事

ビーコンを作ろう

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [7] ビーコンを作ろう

本連載第4回にて、BLE通信形態には、ブロードキャスト型とコネクション型が存在することを紹介しました。ブロードキャスト型は、通信相手先を特定せず、通信パケットを一方的に発するタイプ。代表例としてビーコンがありましたね。今回は、そのビーコンを、PSoC BLE Pioneer Kit上で実現します。

高負荷対応の秘訣「リアクティブ」

【連載】APIエコノミーの作り方 [10] 高負荷対応の秘訣「リアクティブ」

「リアクティブ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。直訳すると「反応性」。急激なアクセス増が発生する現在のITシステムにおいて、非機能面含めて応答を返すシステムをどのように実現していくかについて言及した概念になります。

スマホ時代のUIコーディングに不可欠な「Blisk」

【連載】あなたの知らないWebブラウザの世界 [4] スマホ時代のUIコーディングに不可欠な「Blisk」

異なるスクリーンサイズへの対応で苦慮するケースが多い現在のWebアプリ開発。吸収するための技術やテクニックはすでに存在しており、そのあたりがデザイナやエンジニアの腕の見せ所になっているわけだが、そんなエンジニアの心強い味方になってくれるWebブラウザが「Blisk」だ。

プログラミング言語、コンピューター言語とは?

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [2] プログラミング言語、コンピューター言語とは?

2回目の今回は、「プログラミング言語」「コンピューター言語」について説明します。どんなものを作るのに使われているのか、どんな種類があるのかをご紹介しましょう。

アジャイル開発のアウトソーシングを「うまくやる」方法とは?

アジャイル開発のアウトソーシングを「うまくやる」方法とは?

ガートナー ジャパンは6月5日~6日、「ガートナー ソーシング & 戦略的ベンダー・リレーションシップ サミット 2017」を東京都内にて開催した。本稿では、同カンファレンスで登壇したガートナー リサーチ部門 バイスプレジデント兼最上級アナリスト ギルバート・ヴァンダー・ハイデン氏による講演「アジャイル・プロジェクトにおけるアウトソーシング活用法」の内容をお届けする。

これぞレガシーモダナイゼーション! PaaSの裏で旧システムをAPI連携、そのねらいは? - de:code 2017

これぞレガシーモダナイゼーション! PaaSの裏で旧システムをAPI連携、そのねらいは? - de:code 2017

新技術の活用と開発の高速化が同時に求められる現在において、ユーザー企業の情報システム部はどのような体制で開発に臨むべきなのか。リプレイスをきっかけに、プラットフォームと開発体制の切り替えを実現した富士フイルムソフウエアの事例が紹介されたので、その模様をご紹介しよう。

アイカテック建材、基幹システム構築に超高速開発ツール「Magic xpa」を採用 [事例]

アイカテック建材、基幹システム構築に超高速開発ツール「Magic xpa」を採用 [事例]

マジックソフトウェア・ジャパンは6月12日、アイカテック建材が基幹システムの構築にマジックソフトウェア・ジャパンの超高速開発ツール「Magic xpa Application Platform」を採用したと発表した。

APIエコノミーにおけるデザインパターン「API Management」

【連載】APIエコノミーの作り方 [9] APIエコノミーにおけるデザインパターン「API Management」

監視も含めて複数のAPIを集中的に管理する考え方を「API Management」と呼びます。設計/実装に落とし込む場合、デザインパターンとして「API Gatewayパターン」が使われます。

ソフトウェア化する自動車、共通基盤が普及の兆し - Automotive Linux Summit

ソフトウェア化する自動車、共通基盤が普及の兆し - Automotive Linux Summit

コネクテッドカー向けのオープンプラットフォーム共同開発プロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」に関わる自動車システム エンジニアやLinux エキスパート、ビジネス エグゼクティブなどが一堂に会するイベント、Automotive Linux Summit(ALS)が5月31日、東京・お台場で開催された。

本格VRゲーム初開発秘話、少人数&短期間の挑戦で得られたもの - Unite 2017 Tokyo

本格VRゲーム初開発秘話、少人数&短期間の挑戦で得られたもの - Unite 2017 Tokyo

ジェムドロップが今年2月にリリースしたPlayStation VR向けアクションアドベンチャーゲーム「ヘディング工場」。その開発体験を基に、VRゲーム開発における注意点や課題などについて語られた。

いまさら聞けないインターネットの仕組み

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [1] いまさら聞けないインターネットの仕組み

本連載では全10回にわたって非エンジニアやインターネット初心者の方に向けて普段触っているWebサイトの裏側はどうなっているのか、どう作られているのかについてわかりやすく解説していきます。第1回は、「インターネットの仕組み」と「Webの変遷」について説明します。

米Facebook、2017年の注力分野とは? - CPOのCox氏が来日、10年ビジョンも提示

米Facebook、2017年の注力分野とは? - CPOのCox氏が来日、10年ビジョンも提示

米FacebookでChief Product Officerを務めるChris Cox氏が来日。Advertising Week Asia 2017 Tokyo 3日目の基調講演やFacebookでのメディア説明会に登壇し、Facebookの最新技術とビジョンについて解説した。

トヨタ、新型カムリにAutomotive Grade Linux搭載! プロジェクト発足5年、初の商用化

トヨタ、新型カムリにAutomotive Grade Linux搭載! プロジェクト発足5年、初の商用化

Automotive Grade Linux(AGL)プロジェクトは5月31日、東京都江東区の東京コンファレンスセンター・有明にて開催している「Automotive Linux Summit」において、トヨタ自動車が「2018年新型カムリ」にAGLベースのインフォテインメントシステムを搭載することを発表した。

2017年5月の記事

AtomとGitHubの連携機能に注目

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [7] AtomとGitHubの連携機能に注目

先日、AtomにGitやGitHubの機能を利用する機能が統合されるというアナウンスがあった。実は前回で連載を終わりにする予定だったが、Atomユーザにとってこのお知らせは見逃すことができないので、触れておこう。

IoT時代を先行する製造業が実践していること - LiveWorx 2017

IoT時代を先行する製造業が実践していること - LiveWorx 2017

5月22日から4日間の日程で開催された、米PTCの自社カンファレンス「LiveWorx 2017」。参加者の関心が高かったのは、「インダストリー4.0」の具体的な取り組みだ。

「ショートカット忘れる」対策にVimモードを

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [6] 「ショートカット忘れる」対策にVimモードを

今回は高速な編集を可能にするショートカットキーの使い方を紹介しよう。前回紹介した「ショートカットキーを忘れる問題」に対して、本連載では、テキストエディタ「Vim」のデフォルトショートカットキーを流用するという作戦をお勧めしたい。

PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表

PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表

米PTCは2017年5月23日(米国時間)、同社のIoTプラットフォームであるThingWorxの最新版「ThingWorx 8」を発表した。2017年6月8日から提供を開始する。

de:code 2017、Web上で手軽に使える本格AIサービスが多数登場

de:code 2017、Web上で手軽に使える本格AIサービスが多数登場

de:code 2017では、MicrosoftとしてAIへの対応を進めていることを全面的にアピール。ビジュアルなインタフェースで利用できるAIサービスも多数紹介された。本稿ではその一部を紹介。リンクも張ってあるのでぜひ試してほしい。

APIの見える化 - Prometheus/Swagger

【連載】APIエコノミーの作り方 [8] APIの見える化 - Prometheus/Swagger

今回はPrometheusを使ったAPIの監視方法と、Swaggerを使ったドキュメンテーションについて紹介します。

HoloLens入学式の裏にあったドワンゴ開発者の苦闘

HoloLens入学式の裏にあったドワンゴ開発者の苦闘

4月5日に東京都港区のニコファーレで開催された「平成29年度 N高等学校ネット入学式」。インフラ開発を担当したドワンゴにとって、このイベントは非常に大きなチャレンジであった。

コマンドパレット - ショートカットを補う便利機能

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [5] コマンドパレット - ショートカットを補う便利機能

Atomに限らずだが、エディタを効率的に使いこなすには、キーボードから手を離さずに作業できるかがポイントになる。ショートカットキーを使いこなしたいが、覚えられない。そんな方に有効なのがコマンドパレットである。

Swaggerのさらなる活用

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [5] Swaggerのさらなる活用

Swaggerは、APIインタフェース仕様書やAPI単体を作るだけでなく、API Gatewayパターンの構築にも活用することができます。例として今回、Swagger Specをインポートし、Google傘下のApigeeが提供するAPI Gatewayである「API Proxy」を作成しましょう。

日本語化の方法

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [4] 日本語化の方法

Atomはデフォルトではメニューやラベルが英語になっている。これを日本語化したいというユーザーは少なくないだろう。そこでパッケージの出番だ。

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

4月26日から28日にかけて、東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」。初日のオープニング基調講演に登壇したのは、ガートナー ジャパン リサーチ バイスプレジデント 兼 最上級アナリスト、亦賀忠明氏だ。氏の講演では、「未来志向:2020年に向けたテクノロジ、ビジネス、人材のシナリオ」というテーマの下、2020年を視野に入れた企業が、改めてどのような経営戦略・IT戦略を策定し、実行していくべきかについて語られた。

Googleの調査から見えてきた、アプリ開発者が目指すべき「次の方向性」

Googleの調査から見えてきた、アプリ開発者が目指すべき「次の方向性」

1台のスマートフォンにインストールされているアプリは36個、1日平均6個のアプリが利用されている。それが日本の環境だ。一方でお隣の韓国は、53個のアプリをインストールし、1日に11個のアプリを利用している。どの国も同じスマートフォンを利用しながらも、このように少しずつ傾向が異なっている。そんな調査をGoogleが行っている。

2017年4月の記事

パッケージのインストール

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [3] パッケージのインストール

Atomが魅力はその活発なパッケージエコシステムにある。Atomはパッケージを使って機能を拡張することが可能で、デフォルトインストールのAtomもすでに80近いパッケージがインストールされている。パッケージはAtomの基本であり重要な機能だ。

APIの見える化 - Zipkin、Kibanaの環境準備

【連載】APIエコノミーの作り方 [7] APIの見える化 - Zipkin、Kibanaの環境準備

マイクロサービスアーキテクチャは、小さなAPIの組み合わせにより構築されます。一つのリクエスト対して複数のAPIが呼ばれるため、どのAPIにて障害が発生したか切り分けが複雑になりがちです。今回はAPIの見える化を取り扱います。

行き届いたAtomスニペットの登録方法

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [2] 行き届いたAtomスニペットの登録方法

便利な機能をいくつも備えるAtomだが、なかでも魅力的なのはスニペットだ。スニペットは登録した文字列の短縮入力のような機能で、同じコードを繰り返し書くケースなどで有効である。そして、Atomはこのスニペットの登録作業が非常に簡単だ。

日本医療データセンター、統計サービス基盤として「IBM API Connect」を採用 [事例]

日本医療データセンター、統計サービス基盤として「IBM API Connect」を採用 [事例]

日本IBMは4月19日、日本医療データセンターが提供する医療統計データサービスの基盤として、API運用の包括ソリューション「IBM API Connect」(以下、API Connect)を採用したと発表した。

Swagger Coreによるコードを中核においたドキュメント管理

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [4] Swagger Coreによるコードを中核においたドキュメント管理

今回はSwagger Coreを紹介します。設計(Swagger Spec)からコードを生成する、いわば順方向にあたるのがSwagger Codegenです。一方で、コードから設計(Swagger Spec)を生成する、いわば逆方向にあたるのがSwagger Coreです。

GitHubが作るエディタ、拡張パッケージも充実

【連載】テキストエディタ「Atom」入門 [1] GitHubが作るエディタ、拡張パッケージも充実

数多のエディタがある中、今、人気急上昇中なのが「Atom」だ。AtomはWindows、Mac、Linuxで動作するクロスプラットフォームのエディタ。最新のWeb技術で構成されたElectronで開発されている。

世界初、HoloLens多人数活用! 写真で見るN高入学式、ウルグアイ前大統領も祝辞

世界初、HoloLens多人数活用! 写真で見るN高入学式、ウルグアイ前大統領も祝辞

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は4月5日、東京都港区のニコファーレ、および沖縄伊計本校にて平成29年度 N高等学校ネット入学式を開催した。参加した新入生全員がMR(複合現実)対応ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」を着用。ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏や、沖縄にいる奥平 校長らが仮想的に登壇するかたちで行われた。

2017年3月の記事

IPA、IoTデバイスのUX向上に着眼した設計指南書を公開

IPA、IoTデバイスのUX向上に着眼した設計指南書を公開

独立行政法人情報処理推進機構・ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)は3月30日、IoTデバイス/サービスのUIやUXの設計に着眼した報告書、「つながる世界の『利用時の品質』~IoT時代の安全と使いやすさを実現する設計~」を公開した。

ギャップ(GAP)やガット(GATT)が命

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [5] ギャップ(GAP)やガット(GATT)が命

今回は、BLEのプロトコルスタックについて、深入りしない範囲で、紹介したいと思います。

広島県福山市、観光アプリのクラウド基盤にソフトバンクの「Japan2Go!」を採用 [事例]

広島県福山市、観光アプリのクラウド基盤にソフトバンクの「Japan2Go!」を採用 [事例]

ソフトバンクは3月22日、多言語対応観光クラウドプラットフォーム「Japan2Go!(ジャパン・トゥー・ゴー)」が、広島県福山市のスマートフォン用観光アプリケーション「びんGO! 福山(ビンゴフクヤマ)」のプラットフォームに採用されたと発表した。

オウンドメディアとキュレーション騒動

【連載】企業Webサイト運営6つのトレンド [6] オウンドメディアとキュレーション騒動

昨年の後半、いわゆるキュレーションニュースサイトの問題が大きく取り上げられました。広告収益を目的としたWebメディアで、他のWebサイトからの無断転載など著作権の問題があるコンテンツや、そもそも不正確な内容のページをキュレーションと称して濫造して、SEOによってページビューを稼ぎ、広告収益を狙うメディアサイトについての問題です。

API組み合わせの勘所

【連載】APIエコノミーの作り方 [6] API組み合わせの勘所

APIエコノミーは新しい分野ではありつつも、少しずつAPI Gatewayパターンのようなベストプラクティスに相当するものも出てきています。今回はAPIの組み合わせていく上での勘所を紹介します。

Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [3] Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

今回はSwagger Codegenを紹介します。Swagger Codegenを使うと、Swagger Spec仕様を記述したYAMLやJSONファイルからAPIコンシューマのドライバコードやAPIプロバイダのスタブコードを自動生成できます。Swagger UIと合わせて使うと、仕様を記述するだけでドキュメントもコードも自動生成可能です。

DAC、スマホ向け動画広告の検証に「Remote TestKit」を導入 [事例]

DAC、スマホ向け動画広告の検証に「Remote TestKit」を導入 [事例]

NTTレゾナントは3月10日、クラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」が、メディアレップであるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)に導入されたと発表した。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (86) High Resolution Time APIの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (86) High Resolution Time APIの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の51問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (85) PerformanceNavigationの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (85) PerformanceNavigationの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の50問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (84) PerformanceTimingで取得できる時刻

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (84) PerformanceTimingで取得できる時刻

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の49問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (83) Navigation Timing APIの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (83) Navigation Timing APIの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の48問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (82) Web Workersの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (82) Web Workersの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の47問目を出題いたします。

横浜DeNA 梶谷選手が「変化球の見極めに有効」と話すVRトレーニングとは?

横浜DeNA 梶谷選手が「変化球の見極めに有効」と話すVRトレーニングとは?

横浜DeNAベイスターズは3月1日、VRを活用したベースボールトレーニングシステム「iCube」を導入したことを発表した。横浜スタジアムなどに設置されているボールトラッキングシステム「トラックマン」のデータを活用して、実際の投手の球筋を忠実に再現。来年には実際にバットを振って仮想投手のボールを打ち返せるよう技術開発中だという。

タカギ、BlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入 [事例]

タカギ、BlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入 [事例]

BlueMemeは2月28日、タカギがBlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入したと発表した。

2017年2月の記事

APIエコノミーにおける基盤構築 - Cloud Foundryの利用法

【連載】APIエコノミーの作り方 [5] APIエコノミーにおける基盤構築 - Cloud Foundryの利用法

Cloud Foundry と呼ばれるオープンソースのPaaSソフトウェアの登場により、クラウドが身近なものになってきています。Pivotal、NTTコミュニケーションズ、IBMといった企業からCloud Foundryをベースにしたクラウドサービスが提供されています。今回は、Privotal Web Services を使った基盤構築手順を紹介します。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (81) Wokerオブジェクトのイベントハンドラ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (81) Wokerオブジェクトのイベントハンドラ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の46問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (80) Workerオブジェクトのメッセージ送信メソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (80) Workerオブジェクトのメッセージ送信メソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の45問目を出題いたします。

Swagger UIの準備

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (79) Web Workersの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (79) Web Workersの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の44問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (78) Coordinatesオブジェクトのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (78) Coordinatesオブジェクトのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の43問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (77) Geolocationオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (77) Geolocationオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の42問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (76) XMLHTTPRequest通信の説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (76) XMLHTTPRequest通信の説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の41問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (75) XMLHTTPRequestオブジェクトのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (75) XMLHTTPRequestオブジェクトのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の40問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (74) XMLHTTPRequestオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (74) XMLHTTPRequestオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の39問目を出題いたします。

APIエコノミーに触れてみる

【連載】APIエコノミーの作り方 [4] APIエコノミーに触れてみる

APIエコノミーを理解するためには、触れてみることも重要です。今回は、30日間無料ライセンスが提供されている「IBM API Connect」を使って実施にAPI構築を体験してみましょう。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (73) XMLHTTPRequestのreadyStateが取りうる値

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (73) XMLHTTPRequestのreadyStateが取りうる値

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の73問目を出題いたします。

Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(2) 視線入力を実現する

【連載】VRコンテンツの作り方 [13] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(2) 視線入力を実現する

前回に引き続き、Google VR SDKを利用したVRアプリの実装を進めていきます。今回は入力部分を実装します。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (72) XMLHTTPRequest通信の説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (72) XMLHTTPRequest通信の説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の37問目を出題いたします。

Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (71) WebSocketオブジェクトのイベントハンドラ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (71) WebSocketオブジェクトのイベントハンドラ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の36問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (70) Web Socket仕様の説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (70) Web Socket仕様の説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の35問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (69) WebSocketオブジェクトのメソッドの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (69) WebSocketオブジェクトのメソッドの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の34問目を出題いたします。

2017年1月の記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (68) Web Socket通信の説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (68) Web Socket通信の説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の33問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (67) FileReaderオブジェクトのメソッドの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (67) FileReaderオブジェクトのメソッドの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の32問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (66) Fileオブジェクトのプロパティの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (66) Fileオブジェクトのプロパティの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の31問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (65) File APIの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (65) File APIの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の30問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (64) IDBObjectStoreオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (64) IDBObjectStoreオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の29問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (63) Indexed Database APIの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (63) Indexed Database APIの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の28問目を出題いたします。

米Lookout、クラウド型検証サービス「Remote TestKit」を自社運用形態で導入 [事例]

米Lookout、クラウド型検証サービス「Remote TestKit」を自社運用形態で導入 [事例]

NTTレゾナントは1月24日、米Lookoutがクラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」のエンタープライズ版を導入したと発表した。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (62) Web Storageのアクセス権限

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (62) Web Storageのアクセス権限

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の27問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (61) StorageEventのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (61) StorageEventのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の26問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (60) Storageオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (60) Storageオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の25問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (59) Storageオブジェクトのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (59) Storageオブジェクトのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の24問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (58) Web Storageの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (58) Web Storageの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の23問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (57) Timing control for script-based animationsのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (57) Timing control for script-based animationsのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の22問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (56) Timing control for script-based animationsの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (56) Timing control for script-based animationsの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の21問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (55) Documentオブジェクトのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (55) Documentオブジェクトのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の20問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (74) Ajaxの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (74) Ajaxの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の74問目を出題いたします。Ajaxの説明についての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (54) ユーザから隠されたページの状態

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (54) ユーザから隠されたページの状態

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の19問目を出題いたします。

マイクロサービスによるAPI構築のいろは

【連載】APIエコノミーの作り方 [3] マイクロサービスによるAPI構築のいろは

APIエコノミーを実現可能にする生産技術として「マイクロサービス」が挙げられます。マイクロサービスの特徴は、システム全体を小さな粒度のサービスに分けて構築する点にあります。その際、サービス間の入出力はAPIとして定義します。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (53)  Page Visibility APIの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (53) Page Visibility APIの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の18問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (73) Webプロキシサーバの目的

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (73) Webプロキシサーバの目的

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の7問目を出題いたします。Webプロキシサーバの目的についての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (52) Locationオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (52) Locationオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の17問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (72) DNSの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (72) DNSの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の6問目を出題いたします。DNSの説明についての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (51) Historyオブジェクトのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (51) Historyオブジェクトのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の16問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (71) HTTPレスポンスのステータスコード

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (71) HTTPレスポンスのステータスコード

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の5問目を出題いたします。HTTPレスポンスのステータスコードについての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (70) HTTPのリクエストメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (70) HTTPのリクエストメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の4問目を出題いたします。HTTPのリクエストメソッドについての問題です。

Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(1) Google VR SDKのインポート、基本設定

【連載】VRコンテンツの作り方 [12] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(1) Google VR SDKのインポート、基本設定

Gear VRのような特定機種向けに最適化されたもの以外にも、一般的なスマホで見られるVR HMDも存在します。今回からはそうしたデバイスの活用を想定し、「Google VR SDK」を使ったコンテンツ制作方法について解説していきます。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (50) Historyオブジェクトのプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (50) Historyオブジェクトのプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の15問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (69) HTTPのメッセージフォーマット

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (69) HTTPのメッセージフォーマット

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の3問目を出題いたします。HTTPのメッセージフォーマットについての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (49) History APIの機能説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (49) History APIの機能説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の14問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (68) HTTPSの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (68) HTTPSの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の2問目を出題いたします。HTTPSの説明についての問題です。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (48) ApplicationCacheのメソッド

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (48) ApplicationCacheのメソッド

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「さまざまなHTML5関連API」の13問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (67) HTTPの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (67) HTTPの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「Web関連の規格と技術」の1問目を出題いたします。HTTPの説明についての問題です。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る