【2021】土地活用の会社を9社紹介!迷ったらプラン一括請求が◎

サービス紹介

「土地をうまく活用したいけど、どこに相談すればいいかわからない」「土地活用を任せられる会社にはどこがあるんだろう」とお悩みではありませんか。

土地を活用して収益化するには、活用方法に合わせたパートナー企業を探して依頼するのが一般的です。例えばマンションの経営をしたいのであればハウスメーカーや建設会社、駐車場を経営したいのであれば駐車場の運営会社に依頼します。

いずれにせよ、土地を上手に活用して収益を上げるためには、

自分の土地に合う活用方法を見極め、その土地活用を得意とするパートナー会社を選ぶことが重要です。

しかし、数ある会社から最適なパートナー会社を選び出すことはただでさえ難しく、特に土地活用を初めて検討する人にとっては、何からスタートすれば良いか迷うことばかりでしょう。

本記事では、定番の土地活用の種類を挙げ、その活用法ごとにおすすめの会社を9社ご紹介します。

さらに活用法を決めかねているという人に、「土地活用プラン一括請求サービス」について解説し、プラン請求ができるサイトを4つ厳選してご紹介します。

信頼できるパートナー会社を絞り込むのに大変便利なツールですので、ぜひ活用して賢く土地活用をスタートしましょう!

監修者_nishizaki
本記事の監修者 
西崎洋一/宅地建物取引士     
宅地建物取引士・管理業務主任者・不動産コンサルタント・不動産プロデューサー。不動産業界10年以上の専門家。物件調査、重説作成・説明などの実務経験が豊富。特に土地の売買、マンション管理に精通。大阪を中心に活動を行っている。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

定番の土地活用の種類

まずは、自分の土地にどのような活用方法が考えられるか、ある程度絞り込んでおきましょう。土地の活用方法はその土地の特徴や周辺環境、手元資金など多数の要素を踏まえたうえで検討しなくてはなりません。どのような活用方法があり、自分の土地ならばどの活用方法が適しているのかしっかりシミュレーションしておきましょう。

以下に、定番の土地活用の特徴やメリット・デメリットを紹介します。自分に合った活用方法を見つけるための参考にしてみてください。

活用方法 特徴 メリット デメリット
賃貸経営 土地に建物を建てて家賃収入を得る 不労所得を期待でき、節税効果もある 初期費用が高く、空室リスクあり
店舗経営 テナントとして貸し出し、賃料を得る 経営手腕によって、収益が大きい 立地に影響され、初期費用も低くない
福祉施設経営 介護施設や老人ホームなどの種類あり 立地に影響されず、安定収入 初期費用が高く、倒産リスクあり
駐車場経営 月極駐車場とコインパーキングの2種類から選べる 初期費用が安く、安定収入 利用する人がいないと収入ゼロ
トランクルーム経営 屋外型と屋内型から選べる 初期費用が安く、安定収入 地域によっては経営不可
太陽光発電 電力を会社に売る メンテナンスする手間がかからず、安定収入 立地や天気に影響され、パネルの設置費用もかかる

ここでは定番の活用法のみを載せましたが、希望条件や土地のニーズとマッチしない場合もあるでしょう。以下の記事では狭い土地や農地など特殊な土地の活用方法などにも触れていますので、併せてチェックしてみてください。

狭い土地の活用で悩んでる?試してほしい方法10選と活用ポイント
土地が狭いからといって、活用をあきらめることはありません。面積が小さいからこそできることや、期待できる効果も多くあります。本記事では、狭い土地におすすめの活用方法を10種類紹介します。定番の方法から最近注目の活用方法まで幅広く解説します。
農地の活用方法には何がある?農地転用や具体的な活用事例も紹介!
農地をそのまま農業以外の方法で活用することはできませんが、必要書類を揃えて手続きすれば転用可能です。この記事では、農地転用や農地の活用方法について解説します。農地を活用しないリスクや農地に課される税金なども紹介しましょう。
どの活用方法が良いかを専門家に相談したい人はこちらへお進みください。

【活用方法別】土地活用でおすすめの会社9選

土地活用の種類が決まったら、次はその活用方法に適した会社を探しましょう。この章では、人気な土地活用を4つに分け、それぞれの活用法に適したおすすめの会社を9社紹介します。

賃貸、店舗、福祉施設の経営におすすめの3社

全国に営業所がある大手ハウスメーカーで、マンション・アパートや戸建て、商業施設や福祉施設などの経営に対応できる会社を厳選しました。各会社の特徴を詳しく見ていきましょう。

大和ハウス工業株式会社

大和ハウス工業は、ロードサイドの店舗での土地活用に対応している会社です。約40,000件の施設を開発してきた実績があり、全国ネットワークを活かしたプランが豊富です。特に賃貸経営では、大和ハウスの賃貸住宅ブランドである「D-room」が有名です。賃貸管理や建物メンテンナンスまでグループ会社が担うため、グループ一体での手厚いサポートが期待できます。

また、賃貸だけでなく介護施設、複合型商業施設、ビジネスホテルなど幅広く対応していることも特長です。ホームページでは、立地から最適な土地活用をWeb上で調べられるサービス「土地活用ナビ」や、土地活用にまつわる様々な情報を得られる最新コラムが充実した「土地活用ラボ for Owner」もあり、活用方法をじっくり考えたい人や、情報を1から集めたい土地活用の初心者にも活用しやすいサイトとなっています。

資産運用などのWEBセミナーを随時開催したり、オーナーを長期にわたってサポートできるフォロー制度も揃えていたりと、まさに大手ならではの多岐にわたったサービスを展開しています。

  • 本社所在地:大阪府大阪市
  • 設立年月日:1947年3月4日
  • 資本金:1,616億9,920万1,496円
  • 対応拠点:全国
  • 対応する活用法:賃貸住宅、ロードサイド店舗・複合型商業施設、高齢者住宅、医療・介護施設、太陽光発電
  • URL:https://www.daiwahouse.co.jp/

公式HPはこちら

積水ハウス

積水ハウスは、長年の家づくりのノウハウから誕生した賃貸住宅「シャーメゾン」を全国に展開し、高い入居率を実現しています。外観・内装のデザイン性が高く、近隣トラブル対策として防音性にも優れた物件が特徴です。

また、豊富なネットワークを活かして、クリニックや介護施設、保育所といった様々な施設の建築にも対応しています。建物の長期保証やアフターフォロー、グループ会社の積水ハウス不動産による一括借上げなど、オーナーのサポート体制も充実しています。

建築から管理、リフォームまで、積水ハウスグループがトータルでサポートしてくれるため、設計からリフォームまで一貫して任せたいという人にもおすすめです。

  • 本社所在地:大阪府大阪市
  • 設立年月日:1960年8月1日
  • 資本金:2,025億9120万円
  • 対応拠点:全国(沖縄を除く)
  • 対応する活用法:賃貸住宅、医療・介護・福祉施設、空き家活用
  • URL:https://www.sekisuihouse.co.jp/shm-keiei/

公式HPはこちら

パナソニックホームズ

パナソニックホームズは、賃貸住宅や高齢者住宅といった一般的な土地活用だけではなく、ホテル建設や障害者福祉施設など幅広く対応できる会社です。ドクター開業サポートや、自宅にいながら相談できる「土地活用ネット相談」「自宅で見学会」、税金や事業プランニングについてのセミナーを随時開催するなど、独自のサービスを様々展開しています。

パナソニックホームズの賃貸住宅における主要ブランドに「ユアメゾン」があり、ニーズに合わせて多彩な商品を提案することで、資産価値が続く物件造りが可能となります。さらに100年という歴史を持つパナソニックは、業界でいち早くIoT技術を賃貸住宅へ採用しました。リモートワークの普及による近年のライフスタイルの変化に柔軟に対応できるそのノウハウは、長年暮らしを研究してきたパナソニックホームズだからこそ成せる技と言えるでしょう。

経営については一括借り上げシステムを導入し、事業計画から設計・建築後の経営サポート、管理や資産継承など、将来にわたって総合的なサポートを行う「ユアメゾン オーナーサポートシステム」があるため、初めて経営にチャレンジする人にも心強いパートナー会社となるでしょう。

  • 本社所在地:大阪府豊中市
  • 設立年月日:1963年7月1日
  • 対応拠点:全国
  • 対応する活用法:賃貸・賃貸併用住宅、医療・クリニック、高齢者・保育施設、障害者福祉施設、ホテル
  • URL:https://homes.panasonic.com/

公式HPはこちら

アパート経営に強い会社を10社取り上げたこちらの記事も併せてご覧ください。

アパート経営・建築でおすすめ会社ランキング!会社選びのポイントも
アパート経営を始めようとしているけれどパートナー会社をどう選ぶか悩んではいませんか?本記事ではアパート経営におすすめの会社をカテゴリ別にランキングしてご紹介します。適切なアパート経営のパートナーを見つけて、経営を始めましょう。

【駐車場経営向け】おすすめ2社

駐車場経営を始めるなら、パートナー会社としては大手「タイムズ」と、コインパーキングに特化した「ユアーズ」の2社がおすすめです。それぞれ詳しく特徴を見ていきましょう。

タイムズ24株式会社

黄色地に黒文字の「Times」の看板がおなじみとなっているタイムズパーキングは、1991年に日本で初めてコインパーキングを設立したタイムズ24株式会社(パーク24グループ)が運営しています。2019年時点で全都道府県の約2万件75万台以上の駐車場を管理しており、業界で独占的なシェア数と知名度を誇っています。

TONIC(トニック)というネットワークシステムによって、パーク24グループが一貫してメンテナンスや利用者サポートを行うため、24時間365日いつでも安心して管理を任せることができます。また、会員登録している利用者の動向を分析できるため、より効率的なマーケティングを成功させています。

その他にも、一級建築士による提案や設備・契約形態が豊富に選べることで、よりオーナーの理想や立地条件を考慮した戦略を練りつつ、すでにある認知度や徹底したプロモーション力から、業界最大手ならではの安定性・利便性を兼ねる駐車場経営を実現しています。

  • 本社所在地:東京都品川区
  • 創業年月日:1971年8月26日
  • 資本金:24億円(2021年4月30日現在)
  • 対応エリア:全国
  • 事業内容:時間貸駐車場の運営・管理、駐車場の管理受託、月極駐車場・予約制駐車場の運営
  • URL:http://www.times24.co.jp/

公式HPはこちら

ユアーズ・コーポレーション

ユアーズ・コーポレーションは、東京と宮城を中心に創業からコインパーキングに特化した駐車場事業を展開しています。一つ一つの案件に細やかな対応を行う姿勢に評価が高く、エリアが限られるのにも関わらず、ほとんどのおすすめサイトで首位をキープしています。具体的には、機械の設置、メンテナンス、清掃、夜間巡回、料金回収、緊急時の対応、クレーム処理、24時間体制の徹底管理と、オーナーの気持ちに寄り添った心強いサポートプログラムとなっています。

また運営形態については、駐車場経営の初心者向けに、リスクの少ない借り上げ方式の「サブリース・プログラム」や、市場調査や周辺需要によっては月極駐車場やカーシェアリングなどの提案もできる「ユアーズ・パーキング+α」といった、収益化を優先できるプランもあり、より理想的な資産計画を模索することが可能です。

現在は首都圏・東北エリアが主となりますが、今後も全国展開を目指して事業拡大を続けています。

  • 本社所在地:東京都世田谷区
  • 創業年月日:1974年
  • 資本金:4億1,984万円
  • 対応エリア:首都圏、東北
  • 事業内容:駐車場サービス、レンタカー・カーシェアリング、会員サービス、決済サービス、経営企画・管理
  • URL:http://www.coin-parking.com/

公式HPはこちら

【トランクルーム経営向け】おすすめ2社

トランクルーム経営を始めたいなら、パートナー会社としておすすめなのが、加瀬倉庫とエリアリンク株式会社です。どちらも手軽に申し込み・利用開始できることが魅力です。

加瀬倉庫

加瀬グループはもともと神奈川県に拠点を置き、地域に密着した事業を展開していました。しかし、東日本大震災の復興支援で仮設住宅や収納スペースを提供したことをきっかけに、創業40年を迎える現在、全国で1,500ヶ所・75,000室という実績を上げ、全国各地にサービス範囲を拡げることに成功しています。

「不動産の有効活用は加瀬グループにおまKASE」というキャッチフレーズのもと、収納事業に限らずパーキング、不動産売買・賃貸・管理、サブリース、ホテル、ビル経営など、幅広い業種をカバーしています。不動産活用に関する豊富なノウハウを持つ加瀬グループでは、オーナーの要望に沿って選べる3つの収益プランや、コインパーキングとトランクルーム、コンビニとトランクルームなど、別事業を掛け合わせた活用法の提案も可能です。

また、電話やメールの相談窓口では経験豊富なスタッフが対応してくれます。期間を決めて経営したい、土地の形に制限がある、税金について聞きたいなど、不動産活用に関するさまざまな相談を無料で行うことができます。

  • 本社所在地:神奈川県横浜市
  • 創立年月日:昭和53年4月25日
  • 資本金:3,200万円
  • 対応エリア:全国(沖縄県を除く)
  • 事業内容:不動産管理、トランクルーム、貸し会議室、ゲストハウス、コンテナ販売、コンサルティング、設備販売など
  • URL:https://www.kase88.com/

公式HPはこちら

エリアリンク株式会社

東証マザーズ上場企業のエリアリンクが提供しているトランクルーム「ハローストレージ」は、屋内・屋外型やバイク専用など多種多様な商品を取り扱っており、家庭用・企業用の両者のニーズを満たしています。現在は全国に1,981物件・97,011室を展開しており、業界物件数トップクラスのシェア数を誇ります。

運用方法は、20年契約で相続税対策まで考えた「建築型」と、10年契約で初期費用を節約できる「コンテナ型」の2つのプランから選べる仕組みが特徴。コンテナ型であれば約2ヶ月〜開始することができます。

オーナーの要望に合わせ、現地調査からプランニング、運営・管理まですべてエリアリンクが行うため、初心者でも安心して任せることができるでしょう。トランクルームの需要が多様化している近年、防犯設備や手洗い場の設置などに加え、室内BGMやエレベーターなどの利便性・デザイン性に富んだトランクルーム専用物件を目指しています。

  • 本社所在地:東京都千代田区
  • 設立年月日: 1995年4月
  • 資本金: 61億1,153万9,000円
  • 対応エリア:全国(沖縄県を除く)
  • 事業内容:ストレージ、不動産販売、アセット、レンタルオフィス
  • URL:https://www.arealink.co.jp/

公式HPはこちら

【太陽光発電向け】おすすめ2社

太陽光発電を検討しているなら、パネルの施工実績が豊富な会社をパートナーに選びましょう。おすすめの会社としては、株式会社メデアと太陽光発電お任せ隊の2社があります。こちらも詳しく見ていきましょう。

メデア

メデアは1971年、町の電気工事屋としてケーブルTVの設計事業をメインにその歴史が始まりました。以来、看板型や壁面施工の太陽光発電や、国の補助事業として介護施設への太陽光発電の設置、バイオマス事業の開始など、常に新たな試みに積極的にチャレンジしてきました。

その業績は今や、住宅用・産業用・特別高圧で全国5,000件以上、埼玉県実績数No1を誇ります。30年のエネルギー研究により培ったノウハウを活かし、EPC体制と呼ばれる仕組みで現地調査から管理までを一貫してメデアが行います。

また、海外との独自ネットワークでオリジナル製品を開発。国産品に拘らず、高品質かつリーズナブルな製品を扱い、宣伝広告費を最小限に抑えることで導入しやすい価格帯を実現しています。スペック・サポート体制だけでなくコストパフォーマンスにも十分に期待できるところは、過剰な宣伝費を使わずとも口コミ・紹介のみでここまで伸びてきた、メデアの揺るぎない実績からくるものでしょう。

  • 本社所在地:埼玉県さいたま市
  • 設立年月日:1971年7月20日
  • 資本金:2,000万円
  • 対応エリア:全国
  • 事業内容:住宅用太陽光発電システム、産業用太陽光発電システム、オール電化リフォーム、住宅設備・設計・保守、各種住宅リフォームなど
  • URL:https://medea.co.jp/

公式HPはこちら

太陽光設置お任せ隊

太陽光発電お任せ隊を運営する株式会社ハウスプロデュースは、創業27年続く、産業用太陽光発電のパイオニアです。これまでに全国累計5,000件以上の建設実績を持ち、全国の300以上の施工店と協力、20年間の施工品質保証を整えている会社です。

もともとは屋根の修繕事業から始まった歴史があるため、電気工事・建築・屋根の3つの専門知識に精通している点は大きな強みでしょう。それぞれの屋根の状態をしっかりと考慮し、安全で最適な設計を行います。また、無期限の「自社責任施工補償」をすべての物件に付帯し万が一に備えます。

太陽光発電お任せ隊は、主に中小企業をターゲットにした経営戦略を得意としていますが、初期費用0円で導入できるPPAモデルや、収益不動産・駐車場屋根への設置、農地・田畑への営農型の設置など、多彩なプランニングを行っています。また、ホームページで「無料シミュレーション」を申し込むこともできますので、気になる人は試してみましょう。

  • 本社所在地:大阪府大阪市
  • 設立年月日:平成7年7月13日
  • 資本金:1,000万円
  • 対応エリア:全国(沖縄県を除く)
  • 事業内容:太陽光発電機・ソーラーシステムの販売、設計・建築・施工・電気工事業、不動産活用コンサルティング、不動産売買・賃貸・仲介・斡旋・管理など
  • URL:https://taiyoukou-secchi.com/

公式HPはこちら

土地活用のパートナー会社を上手に選ぶポイント

土地活用を成功させるためには、パートナーとなる土地活用会社の正しい選択が必須となります。この章では、土地活用の会社選びで押さえておきたい大切なポイントを4つ解説します。

  • 希望している土地活用が得意か
  • 会社の営業エリア内に活用したい土地があるか
  • 長期でサポートを受けられるか
  • 担当者が親身になって応対してくれるか

一つずつ具体的にチェックしていきましょう。

希望している土地活用が得意か

記事前半で活用法ごとに会社紹介をしたように、会社によって土地活用の種類の得意分野が異なります。お目当ての会社がそもそも希望の土地活用を得意としているのかは必ずチェックしておきましょう。本腰を入れていない分野の活用法で契約したところで、有益なアドバイスは期待できないうえ、入居者募集や土地管理などの対応が不十分で損をしてしまう可能性もあります。

さらに新しく投資物件を建てる場合、「A社はアパート経営に強い」「B社は店舗の建設に強い」など、会社により得意とする建物の種類も異なります。各会社の実績や口コミなど調べ、どのような活用に向いているのか見定めておきましょう。

会社の営業エリア内に活用したい土地がある

会社の営業エリア内に活用したい土地があれば、そのエリアの事情に詳しいため、土地活用を成功させられる可能性が高まります。

営業エリア外の場合、周辺情報に詳しくなく、対応が遅くなってしまうリスクもあります。そのため、土地活用のパートナー会社を選ぶ際は、会社の営業エリアも調べておきましょう。大手であれば、広範囲を網羅している傾向にあります。

長期でサポートを受けられる

土地活用は概ね長期の資産運用となるため、長期のサポートが用意されている会社を選ぶこともおすすめです。土地活用について知識があり、経営手腕に自信があれば収益を確保できる可能性がありますが、多くの人の場合、自力で収益をキープするのは難しいです。

長期のサポートが用意されているだけではなく、パートナー会社の経営状態も確認しておきましょう。会社が途中で倒産してしまっては、長期サポートがあっても意味がありません。

担当者が親身になって応対してくれるか

パートナー会社の担当者が、丁寧な対応をしてくれるのかどうかも、チェックポイントです。一方的に、土地活用のプランを押し付けてきたり、こちらの質問に答えてくれなかったりする場合、信頼できる担当者とは言えません。

土地活用は中長期の資産運用であり、担当者が信頼できる人物なのかどうか、見極めることは非常に重要です。こちらの要望を取り入れた土地活用の提案をしてくれたり、話していてストレスを感じなかったりする担当者ならば、信頼できるでしょう。

初めての土地活用で失敗しないコツ

経験が少ない人が土地活用を成功させるためには、具体的な数字でシミュレーションするだけではなく、土地活用に充てる資金に余裕をもち、売却まで視野に入れた土地活用の出口戦略を立てることが重要です。

ここでは、初めての土地活用において失敗しないためのコツをまとめました。

複数の会社を比較

記事の前半で土地の活用方法ごとにおすすめのパートナー会社をいくつか紹介しましたが、初めてであれば1社だけではなく、必ず複数の会社に見積もりを取り、結果を比べるようにしましょう。

その理由は、1社だけの提案を聞いても、素人では提示されたプランが妥当なのか判断できず、契約後に後悔するリスクがあるためです。すでに決めている会社があったとしても、より収益が得られる活用方法はないのか、信頼できる会社なのかを見極めるための手段として、他社と比較して検討することは非常に重要です。

とはいえ、はじめて土地活用にチャレンジする方の場合、複数社に見積もりを依頼するのはハードルが高く感じるかもしれません。そのような方は、後述する土地活用プラン一括請求サービスを活用するのがおすすめです。

具体的な数字でシミュレーション

土地活用において利回りを意識することは、とても大切です。利回りとは、投資金額に対して得られた利益を1年あたりの平均にしたパーセンテージのことです。正確な収益力を判断する場合は、「表面利回り」ではなく、経費のことも考慮した「実質利回り」でシミュレーションしましょう。

利回りについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

不動産投資の利回りって何?その種類や計算方法、平均的な相場を解説
 不動産投資において、重要視されるのが「利回り」です。利回りが高い物件が必ずしも良い物件とは限らず、注意が必要です。この記事では利回りの種類やその概要、計算方法を解説します。正しい知識を身につけて、より高い利回りの不動産投資を成功させましょ

運用資金に余裕をもつ

融資を受けて土地活用を始める場合でも、自己資金に余裕をもつことで失敗するリスクを避けられます。アパートやマンションなどの賃貸経営ならば、集客できずに空室の状態が続いてしまうと、家賃収入を得られず、融資の返済が滞ってしまいます。また、経営が上手くいかないと、日常生活に支障が出てしまう危険性もあるでしょう。

投資用ローンの審査方法や審査についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

不動産投資は銀行からの融資が重要!申請方法や審査について徹底解説
不動産投資は銀行からの融資が大変重要です。銀行によっては提供しているローンも異なり、審査の基準や融資額も様々です。ここでは、投資ローンを提供している銀行の特徴と、申請の方法や融資のコツ、選び方や融資に対する注意点について解説していきます。

売却まで視野に入れた出口戦略を

土地活用をしても必ず成功するとは限らないため、売却まで視野に入れたの出口戦略を立てることも重要です。立地や条件などによっては儲からないため、土地活用を続けるのではなく、売却してしまった方が得するケースもあります。最新の土地の相場は、不動産一括査定サイトで簡単に調べられるため、売却を検討する場合は、活用しましょう。

土地の価格を調べる方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

土地の売却に査定は絶対に必要!?査定方法や注意ポイントについて解説
「土地の売却を検討しているけれども、売り方がわからない」と困っていませんか。この記事では、土地の売却前に査定が必要な理由や土地の査定方法、また査定依頼する前の準備やより高く売るポイントなどについて取り上げ、わかりやすく説明していきます。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

その他の一括査定サイトや選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

土地活用ならプラン一括請求サービスが便利

土地活用でおすすめの会社を多数ご紹介しましたが、「どの活用方法を選ぶべきなのか、またどのパートナー会社を選べばよいのか判断がつかない。詳しい誰かにアドバイスをしてもらいたい」という人も多いでしょう。そんなときに便利なのが土地活用のプラン一括請求サービスです。

プラン一括請求サービスとは、目当ての複数社に対して、所有している土地の特徴や希望条件をまとめて伝え、その土地に合う土地活用の方法を提案してもらえるサービスです。複数社からの提案を比較することで最適なプランを検討できるという大きなメリットがあります。

各社とのやり取りは基本的にオンラインでできるうえ、サービスの利用は無料なため、余計な手間やコストをかけずに土地活用の方針を決めることができます。

すでに希望の会社が決まっている場合でも、その会社が本当に信頼できるのかを判断するための材料として、一度活用してみるのも良いでしょう。

そこで本章では、土地活用プラン一括請求サービスを提供している次の4サイトを詳しく紹介します。

サービス名 サイト利用者数 同時依頼社数 土地活用の種類
HOME4U 1,000万人 最大7社
  • 賃貸、賃貸併用住宅
  • 駐車場
  • トランクルーム
  • コインランドリー
  • 太陽光発電
  • 社会貢献施設(高齢者施設、幼稚園など)
  • 共同活用(等価交換、土地信託)
  • 事業用定期借地
イエカレ 300万人 最大8社
  • 賃貸、賃貸併用住宅
  • 駐車場
  • 商業施設
  • 高齢者施設
  • その他(トランクルーム等)
土地活用の窓口 400万人 相談員による紹介
  • 賃貸
  • 駐車場
  • 宿泊施設
  • トランクルーム
  • その他
スマイティ 非公開 最大7社
  • 賃貸、賃貸併用住宅
  • 駐車場
  • トランクルーム
  • コインランドリー
  • 太陽光発電
  • 社会貢献施設(高齢者施設、幼稚園など)
  • 共同活用(等価交換、土地信託)
  • 事業用定期借地

サイトによって同時依頼数や仕様も異なりますので、いくつかのサイトを併用してみるのもおすすめです。各サイトの特徴を詳しく見ていきましょう。

HOME4U

土地活用が初めての方なら特におすすめ!

HOME4Uは全国の不動産会社、ハウスメーカー、建築会社などと多数提携しており、自分の土地に合う活用プランを最大7社から一括請求できるサービスです。

総利用者数1400万人(2021年6月時点)と利用者数はトップクラスで、また提携する企業に対しては定期的に精査を行い、悪質な企業を排除するよう努めています。

土地活用の基礎知識や節税対策などさまざまなコラムも充実しており、土地活用が初めてで不安という方には、特におすすめしたいサービスと言えます。

入力フォームはたった60秒で進めることができる簡単な仕様となっていますが、もしネット操作が苦手でも平日ならば電話窓口も開通していて専門アドバイザーに直接相談することも可能です。また、大手企業のNTTデータグループである、NTTスマートソーシングが運営しており、最高級のセキュリティシステムで利用者の安全を約束しています。

HOME4Uの無料プラン一括請求はこちら

イエカレ

より多数のプランを比較したい方におすすめ!

イエカレは不動産売却や土地活用、リロケーションや不動産管理サービスなど取り扱う日本最大級の不動産総合比較サイトで、とりわけ土地活用に関しては賃貸経営をメインにプラン提供を行っています。不動産経営についてのリアルタイムな情報や法律・税制などを取り上げたためになるコラムやFAQも豊富で、初心者が安心して経営をスタートさせることができるよう、常に最新の情報を発信しています。

一括請求の同時依頼数は他サイトよりも多く、最大8件まで土地活用プランを比較することができ、より多数の会社を比較したい方におすすめです。

入力は約60秒でさくさく進める簡単フォームで、相続に関する無料相談や建物の解体見積もりも同時に依頼することができます。電話窓口も設けられており、プライバシーマークを取得した企業の専門オペレーターが対応するため安心です。

イエカレの無料プラン一括請求はこちら

土地活用の窓口

不動産会社から直接連絡を受けたくない方におすすめ!

土地活用の窓口の運営会社は、不動産一括査定サイト「イエイ」やリフォームサイト「リノコ」なども運営するセカイエ株式会社です。不動産業界で培った確かなノウハウを活かし、最適な土地活用サービスを提供します。

他のサイトと違うところは、専属相談員が第三者的立場となって不動産会社を紹介してくれるところ。具体的には、トップ画面のクイック診断で5つの項目を入力すると相談員から電話がかかってきて、利用者の条件や希望を聴取。専門知識を備えた相談員が利用者の目的を細かく把握したうえで、ニーズにマッチする優良企業を紹介してくれるという流れです。

不動産会社から直接提案を受けるよりも、ひいき目のない中立な立場でアドバイスをしてもらえるため、冷静に比較・判断することができます。「不動産会社から直接連絡がくるのに抵抗がある」「業者からの案内が信用できるのかわからない」などの不安をお持ちの方はぜひ検討してみると良いでしょう。

無料のクイック診断はこちら

スマイティ

土地活用の知識をしっかり身につけたい方におすすめ!

スマイティの土地活用プラン一括請求サービスは、NTTデータグループが運営するHOME4Uが提供しています。スマイティはそもそもカカクコムグループのサイトですが、土地活用に関する個人情報やすべてのデータはNTTデータスマートソーシングが管理するため、カカクコムでは情報共有されない仕組みとなっています。

アパート・マンション経営や賃貸併用住宅、店舗・オフィスの他に大規模施設やガレージハウスなど多様な土地活用に対応しており、提携会社は秘密保持を徹底する優良企業のみを厳選しているため安心です。また、HOME4Uと同様、入力フォームもシンプルで簡単に進めることができ、最大7社までプラン請求が可能です。

土地活用に関する基礎知識や活用のメリット・デメリット、節税や相続についてのコラムも充実しており、活用別・土地の形状別に活用事例を参考にすることができるのも魅力。土地活用が初めての方でも申し分ない情報サイトとなっています。

スマイティの無料プラン一括請求はこちら

土地活用の種類を決めるときのポイント

土地活用の種類決める際は、以下のようなポイントを基準にして考えるとスムーズです。

  • どれぐらい収益を得たいのか
  • 節税する目的なのか
  • 土地の制限内で実現できるのか

収益を重視するなら、マンション経営、副収入程度であれば、駐車場経営など、どれぐらい収益を得たいのかで採用する土地活用は異なります。また、節税を目的としているのならば、アパートなどの建物を建てることで、税金の軽減措置があります。

どの土地活用であればできるのか、事前に調べておくことも重要です。活用できる土地とできない土地は「用途地域」によって定められており、最初にリサーチしておかなければ「そもそも土地活用できない」という最悪の事態に見舞われてしまいますので注意が必要です。

用途地域の種類や制限について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

用途地域ごとの制限を一覧で紹介!理想の土地を見つけて家を建てる!
住みやすく健全な街づくりを行うためには、指定された用途地域通りに土地を利用をしなければけません。そのためにも用途地域の中身や用途地域ごとの制限を把握することが大切です。今回は用途地域の内容や種類、それぞれの種類ごとの特徴を一覧で紹介します。

土地活用の種類決めに迷ったら専門家にも相談

どの土地活用にすればいいのか悩むときは、その道のプロに相談してみましょう。稼ぎや収益に関することはお金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナー、資金面や融資に関しては各金融機関、節税対策や税金関連は税理士が窓口となります。

土地活用の相談先についてはこちらの記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

土地活用コンサルタント選び方とメリット4選!依頼できる内容も解説
土地活用を始めたい方は、その道のプロである土地活用コンサルタントに相談してみませんか。この記事では、土地活用コンサルタントが行う業務やコンサルタントの選び方、利用するメリット・デメリット、利用するときの流れなどを取り上げます。

まとめ

土地活用で会社を選ぶ前にしておきたいことは、数ある土地活用の方法の中から自分に合ったものを決めるだけではなく、迷ったときの相談先も把握しておくことです。

パートナー会社を選ぶ際は、希望している土地活用が得意なのかや、長期サポートがあるかどうかもチェックしておきましょう。そして優良企業と出会うためには、プラン一括請求サービスを使って複数の会社を比較検討することが重要です。

パートナー会社が決まったら、不動産投資での利回りをしっかりとシミュレーションし、出口戦略まで立てた確実な運用を目指しましょう。ぜひこの記事を参考に、最適なパートナー会社を見つけ、納得のいく賢い土地活用を成功させてください。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました