ハウスクリーニングの料金相場は?費用の節約方法や業者の選び方も解説

不動産売却

「家の売却のためにハウスクリーニングを検討しているが相場がよくわからない」「ハウスクリーニングの業者をどのように絞り込めばよいのかわからない」ハウスクリーニングに関してこれらのような疑問を持っていませんか?

お盆で久しぶりに実家に帰ったら家中が汚くなっていて、帰省中にハウスクリーニングに依頼して綺麗にしようと検討する人も多いです。

ハウスクリーニングは戸建てや賃貸、広さによって相場が変わってきます。そのため、安くて質の高いハウスクリーニング業者を選ぶには、物件の条件から絞り込んでいかなければなりません。

そこでこの記事では、広さや間取り別のハウスクリーニング相場や費用を抑える方法ハウスクリーニング業者を選ぶポイントなどを解説していきます。また、全国対応のおすすめハウスクリーニング業者も3つ紹介します。

ぜひ最後までお読みいただき、あなたに合ったハウスクリーニング業者選びに役立ててください。

不用品回収を依頼するなら「JAPAN環境プロジェクト」がおすすめ

不用品やゴミの早急に回収を依頼したいなら、不用品回収サイトが便利です。電話や相談フォームの回答をするだけで、分別してなくても不用品を最短20分で回収しに来てくれます。 特に、編集部がおすすめしたいサービスがJAPAN環境プロジェクトです。JAPAN環境プロジェクトがおすすめな理由を以下にまとめています。
  • 24時間年中無休で即日回収
  • 見積もりからの追加料金なしのパック料金なので安心
  • 年間1500件の全国対応という信頼できる実績
  • 今なら最大28%オフのキャンペーンを実施中
  • 経験豊富な専門スタッフが丁寧な対応

【物件タイプと広さ別】ハウスクリーニングの料金相場を知ろう

一言にハウスクリーニングといっても相場には違いがあります。戸建てやマンション、また広さによって相場が異なるため、依頼したい物件の特徴から相場を知っていく必要があるのです。以下では、ハウスクリーニングの相場を、物件タイプや広さ別に細かく解説していきます。

戸建てのハウスクリーニング料金相場

戸建ての場合では約60,000~140,000円がハウスクリーニングの相場となっています。ただし、相場は広さによっ以下のように変動します。

2LDK/3DK 3LDK/4DK 4LDK/5DK
60,000~100,000円 70,000~116,000円 80,000~135,000

2LDK/3DKでは高くても100,000円程度までとなっていますが、最も広い4LDK/5DKでは約135,000円まで掛かることもあります。また、それぞれの広さで40,000~55,000円ほどのばらつきがありますが、どの程度徹底したクリーニングを行うのかといった点が影響しています。

戸建て場合、部屋の間取りが一定でないことも相場に響きます。複数のトイレや浴室があったり、それぞれの階にキッチンが用意されている場合などは、比例して高くなるのが一般的です。戸建てのハウスクリーニング相場を調べる際には、まずあなたの依頼したい物件がどういった間取りになっているのかを把握して参考にするようにしましょう。

マンションのハウスクリーニング料金相場

マンションで居住している場合は、約26,000~115,000円がハウスクリーニングの相場となっています。マンションの場合も広さによって、以下のような相場変動があります。

1K/1DK 2LDK/3DK 3LDK/4DK 4LDK/5DK
26,000~46,000円 45,000~91,000円 58,000~100,000円 68,000~115,000円

こちらを見ていくと戸建ての場合と同様に、広さが大きくなるほど相場が上がっていることがわかります。一方でマンションのほうがハウスクリーニングの費用が抑えられているという特徴があります。これは間取りが戸建てよりも複雑ではないため、比較して労力が掛からないためです。マンションであれば戸建てよりもハウスクリーニングの費用は安くすみます。

ただ、マンションが空室である場合では、上記相場よりも2割ほど安くなるのが一般的です。クリーニングを行う際に余計な荷物を移動させる手間がなくなるため、入居中よりも安い金額になる可能性があります。

室内の場所別ハウスクリーニングの料金相場

室内の場所によっても違いがありますが、約6,000~20,000円のハウスクリーニング代がかかることがわかります。以下は各場所別の相場一覧表です。

場所 相場価格
キッチン 12,000~20,000円
浴室 12,000~18,000円
エアコン 8,000~15,500円
換気扇(レンジフードやプロペラ) 6,500〜18,000円
洗面所 7,500~10,000円
トイレ 6,000~9,000円

費用が最も高くなるのはキッチンと浴室です。水垢や油汚れなど、落としにくい汚れが集中している場所のため、ハウスクリーニングの費用もかかる傾向にあります。掃除する箇所が多い場合やひどく汚れている場合には、費用が高くなることを想定しておきましょう。

また、これらの基本的なクリーニングに、汚れ防止コーティングといったオプションとなる工程を加えた場合には、オプションごとに約3,000円程度の費用がかかります。お掃除の手間をなくして清潔さを維持したい方は検討することもできるでしょう。

ハウスクリーニングの費用を節約する5つの方法

ハウスクリーニング相場はあくまで目安であり、必ずしもこれらの費用がかかるわけではありません。ここからは、ハウスクリーニングの費用を節約できる以下の5つの方法を紹介していきましょう。

  • 退去をしてからハウスクリーニング
  • 閑散期に依頼
  • 複数箇所のハウスクリーニングをまとめて依頼
  • できるだけ自分でクリーニング
  • 複数の業者で費用を比較

退去をしてからハウスクリーニングする

退去後にハウスクリーニングを行うと費用を安く抑えることができます。居住中の場合では、設置されている家具や家電を守りつつ清掃を行わなければなりません。傷や汚れが付かないように養生をするといった余計な労力が発生します。そのため、居住中では広さが最も小さい1Kであっても退去時より数千円高くなってしまいます。

一方、退去をしてからのクリーニングでは、そのような手間が掛からないため、ハウスクリーニング費用が安く収まります。退去する予定がある場合には、生活物品を撤去したあとに依頼するようにしましょう。

繁忙期ではない時期に依頼する

繁忙期ではない時期に依頼する場合、割引や特典を受けられる可能性があります。1~2月、もしくは4~11月の時期は大掃除や引っ越しのシーズンと重ならないため、ねらい目といえるでしょう。

ただし、エアコンのクリーニングを含める場合は、依頼時期を慎重に考慮する必要があります。6月~9月までの時期はエアコンクリーニングの依頼が増えるため、費用が高くなる可能性も否定できません。ハウスクリーニングのみを依頼するのか、エアコンのクリーニングまで依頼するのかをよく考慮のうえ、繁忙期と重ならないように依頼時期を決定するようにしましょう。

複数箇所のハウスクリーニングをまとめて依頼

複数箇所のハウスクリーニングを依頼する場合には、セットプランを利用するのがおすすめです。セット割引きを適用すると、個別で依頼するよりも安くなります。

例えば、水回りを依頼したい場合、キッチンや浴室、洗面台などをセットにしたプランを選ぶことができます。個別で依頼するよりも、数万円の価格差が出ることも。複数個所を依頼する際には、セットプランがないかを確認し、賢くクリーニング費用を抑えましょう。

できるだけ自分でクリーニングする

自分でできる範囲のクリーニングを終わらせておくのも、費用節約の助けになります。普段からこまめに掃除を行っておくと、依頼箇所が減り、結果として費用全体を抑えることにつながるのです。

水回りやレンジフードといった汚れが酷くなる箇所も、自分でできる範囲は定期的に汚れを落としておくようにし、それ以外の場所はクリーニング業者に依頼するようにしましょう。まずは自分で掃除できるのはどれほどの範囲か、依頼すべき箇所はどこかを洗い出し、こまめな掃除で費用節約を目指しましょう。

複数の業者で費用を比較

ハウスクリーニングの依頼は複数の業者に見積もりを取り、その上で費用を比較して決めましょう。業者によっては、クリーニング内容に大きな違いがあり、費用に直結してくるからです。例えば、ハウスクリーニング業者によっては以下のように特徴の違いがあります。

  • 専門的な場所を重点的にクリーニングしてくれる業者
  • 細かなところから専門的な場所まで請け負ってくれる業者

このように、請け負ってくれる内容によって、金額が変わってきます。見積りの内容を比較するときには、どのようなクリーニング内容でその金額になっているのかといった詳細な点も、しっかり確認するようにしましょう。そのように比較することで、安い業者を選べるだけでなく、あなたの求めるサービスを提供しているハウスクリーニング業者を見つけられるでしょう。

ハウスクリーニング業者を選ぶ5つのポイント

ハウスクリーニング業者を選ぶ際には費用という視点も大事ですが、それ以外にも考慮すべきポイントがあります。ここでは、業者を絞り込む際において大切になる、以下の5つのポイントを紹介していきましょう。

  • 対応してもらえる地域にあるか
  • 実績があり専門知識をもつ人がクリーニングしてくれるか
  • 料金内でどれほどの範囲をクリーニングしてもらえるか
  • 損害保険に加入済みのハウスクリーニング業者か
  • 顧客の要望へ柔軟な対応をしてくれるか

対応してもらえる地域にあるか

ハウスクリーニング業者を選ぶ基本として、対応可能地域かどうかを確認するのは大切です。大手のハウスクリーニング業者では全国規模で展開していることも多いですが、中小規模のハウスクリーニング業者では、対応エリアが限定的にされていることも少なくありません。

各ハウスクリーニング業者のホームページで対応可能地域を確認して依頼するようにしましょう。

実績が高く、専門知識のある業者か

ハウスクリーニング業者の実績と専門知識がどれほどかを見極めることも重要です。なぜならば、費用の妥当性を確かめられ、余計なトラブルを避けられるからです。

すでに実績が高いハウスクリーニング業者は、信頼性があると判断できるだけでなく、より正確な見積額を提示してくれる可能性があります。

また、専門知識があるかどうかも大切なチェック項目です。万が一、必要な専門知識をもっていない場合には、十分なクリーニングを行ってもらえなかったり、不適切な設備の取り扱いで故障が起こってしまったりと、トラブルになることもあり得ます。

ハウスクリーニング業者を選ぶときには、実績や専門知識の高さがどれほどかをよくチェックして選ぶようにしましょう。

料金内でどれほどの範囲をクリーニングしてもらえるか

業者を選ぶ際には、クリーニングをしてもらえる範囲をしっかりと確かめることが大切です。業者によっては、基本料金に含まれているクリーニング箇所が少ないこともあります。必要箇所を追加していくことで、料金が膨れてしまうという事態にもなりかねません。

基本料金にはどのような内容が含まれるのか、オプションの金額はどれほどかといった点も入念にチェックして選ぶようにしましょう。

損害保険に加入済みのハウスクリーニング業者か

万が一を考えて損害保険に加入済みのハウスクリーニング業者を選んでいくのも大切です。

基本的に業者は養生を行ない、作業中に問題が起きないように努めています。しかし、ものが壊れたり、傷付いたりする可能性がないわけではありません。損害保険に入っていないハウスクリーニング業者に依頼してしまった場合、その損失は自身で負わなければならなくなります。

損害補償に入っているハウスクリーニング業者なのか、また保証の程度はどれほどかもよく確認しましょう。

顧客の要望にも柔軟な対応をしてくれるか

要望にどれほど柔軟な対応をしてくれるかという点も、忘れずに確認するようにしましょう。柔軟に対応してくれるハウスクリーニング業者に依頼すると、夜遅い時間、もしくは早朝といった通常対応していない時間帯でも、請け負ってくれる可能性があります。

また、業者を選んでいく過程では、明記されていない内容について、疑問が出てくることもあるでしょう。そういった疑問に対して相談を行い、親身に対応してるハウスクリーニング業者に依頼すると、満足のいく形でクリーニングプランを立ててもらえる可能性が高まります。

全国対応のおすすめハウスクリーニング業者3選

業者選びに役立つ情報をご紹介してきましたが、続いては全国で対応しているハウスクリーニング業者の中からおすすめの3社を見ていきましょう。

  • おそうじ本舗
  • カジタク
  • あなたの町のハウスクリーニング屋さん

ここからは、各ハウスクリーニング業者の特徴を紹介していきます。

おそうじ本舗

 

 

 

 

CMでもおなじみ、おそうじ本舗は以下の特徴を持つハウスクリーニング業者です。

  • 展開している店舗数が多い
  • LINEで見積もりOK
  • 深夜でも対応可能(店舗による)

繁忙期に依頼したい場合にはおそうじ本舗がおすすめです。全国に店舗数が多く、たとえ繁忙期でも予約が取りやすいという特徴があります

また、見積りはLINEから手軽に行えます。追加料金を支払うと、依頼から3日以内にハウスクリーニングに来てくれるといったスピィーディーさも魅力の一つです。深夜の時間帯にも対応してくれるため、忙しい生活を送っている方にも利用しやすいと言えるでしょう。

おそうじ本舗 公式HPはこちら

カジタク

イオングループの企業が運営するカジタクは以下の特徴を持つハウスクリーニング業者です。

  • イオングループならではの安心感
  • 専門のサービス技術、マナー研修を修了したプロのハウスクリーニング技術者が担当
  • 料金は一律で安心、見積もりも不要

カジタクは掃除する箇所ごとに、一律料金制を採用しています。汚れの具合に関わらず料金が一定なので、高額な請求を後からされる心配がないのがメリットです

また、担当スタッフはクリーニングの技術が高いだけでなくマナー研修も修了しており、接客対応の品質が高いのも強み。クリーニングの質だけでなく、対応の丁寧さも重視したいという方は、ぜひ検討してみましょう。

カジタク 公式HPはこちら

あなたの町のハウスクリーニング屋さん

あなたの町のハウスクリーニング屋さんは以下の特徴を持ったハウスクリーニング業者です。

  • わかりやすい料金プランで安心
  • 最短で即日30分で駆けつけてくれる
  • 24時間、夜間も対応可能

あなたの町のハウスクリーニング屋さんはスピードに強みがあり、早ければ最短30分でスタッフが出張してくれます。急いでハウスクリーニングを頼みたい場合には向いています。また、24時間夜間でも対応してくれるため、昼間はなかなか時間がとれない人でも利用しやすいのもポイントといえるでしょう。

公式HPはこちら

ハウスクリーニングの支払いで気になる疑問

ハウスクリーニングを検討していくと、以下のような疑問が生まれてきます。

  • 費用をかけてまで売却前にハウスクリーニングは必要なのか
  • 賃貸で退去をするとき費用は借主の負担なのか
  • いつまでならキャンセル料はかからないのか

これらの疑問点を詳しく見ていきましょう。

売却前にハウスクリーニングは必要?

家を売却する前にハウスクリーニングを行っておくほうが、高値で売却できる可能性が高くなります

内覧のときには、汚れている部分があると、値引き交渉の材料にされることもあります。特に中古住宅ではその傾向が強く、ハウスクリーニング費用を上回る値引額となる可能性も否定できません。また、査定を行う際にもマイナスに響くことがあります。

ハウスクリーニングを行っておくと、購入希望者の購買意欲を高めることにもつながるため、売却前に行っておく方が賢明といえるでしょう。

以下の記事では、査定時にハウスクリーニングをした方が良いかという点について詳しく解説しています。

マンション査定に掃除は必要?査定額が決まるポイントを徹底解説
マンションを査定に出すことに決めたけど、「どこを見られるか分からない」、「仕事で忙しくて掃除どころじゃない、ためどの程度きれいにしておいたらいいのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そもそもマンション査定の事前に掃除などの...

賃貸退去時のハウスクリーニング費用は誰が負担する?

賃貸で退去時の場合、一般的に大家がハウスクリーニングを負担します。

しかし、場合によっては借主が負担するというケースも珍しくありません。大家が賃貸契約時に、退去時のハウスクリーニング費用を、借主の負担にしている場合には、借主の負担で行う必要があります。

なお、よくトラブルとなるのが、原状回復以上を求められたときです。原状回復は、新品同様にすることを求めるものではありません。大家からそのような求めがあった場合には、仲介業者に相談して対応しましょう。

以下の記事では、原状回復時のトラブル回避方法について詳しく解説しています。

原状回復でトラブルを起こさない!支払う費用で損をしない基礎知識
賃貸住宅を退去する際、当然ですが入居時に比べれば汚れや傷みがあり、修繕や交換が必要になる部分もあるでしょう。その場合、賃借人はどこまでを負担すれば良いのか迷う方は多いのではないのでしょうか。また、どちらがどこまで負担するかで賃貸人である大家...

いつまでならキャンセル料がかからない?

キャンセル料が課せられるタイミングや料金は、業者によって違いがあります。おそうじ革命、おそうじ本舗、ダスキンの場合を例に挙げて見てみましょう。

おそうじ革命 おそうじ本舗 ダスキン
作業確定後、一週間以内の場合は、申し込み代金全額がキャンセル料となる。 キャンセル料金がかかる場合がある。タイミング、キャンセル料金は各店舗に問い合わせる必要あり。 サービス前日のキャンセルの場合、サービス予定額の15%、当日は30%発生。

できるだけ早くキャンセルすることが、キャンセル料の発生と額を抑えることにつながるでしょう。

まとめ

ハウスクリーニングの相場は戸建てや賃貸、広さなどで相場が異なっており、掃除個所が多くなりがちな水回りやキッチンは費用が高くなる傾向にあります。できるだけ費用を抑えるには、日頃からクリーニングを行い、繁忙期を避けつつ、複数の業者を比較検討することが望ましいでしょう。

また、業者選びは費用面だけでなく、対応地域を確認したり、実績や専門知識の有無を調べることも重要です。本記事で取り上げた大手ハウスクリーニング業者も参考にしながら、あなたに合ったサービスを提供するハウスクリーニング業者を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました