家が売れない6つの原因とは?8つの対処法でスムーズに売却しよう

不動産売却

家を早く売りたいけれども、買主を見つけられないと悩んでいませんか。家が売れない理由はいくつかあり、長期的に家の売れない状態が続いてしまうと、出費が増えてしまう可能性も高まります。そのため、家が売れないのはなぜなのか理由を把握して、適切に対処しましょう。

この記事では、家が売れない6つの原因や早く家を売るべき4つの理由を紹介します。ほかにも、家が売れない時のおすすめ対処法8選や、家が売れない場合の最終手段と注意点も取り上げます。本ページを読むことで、家が売れない原因や対処法を理解でき、早く家を手放せるようになるでしょう。

家が売れない6つの原因

家が売れないのは、主に以下の6つの原因が考えられます。

  • 自身の利益優先で価格設定をしている
  • 売りたい家自体に需要がない
  • コロナ禍の影響で家の需要が変わった
  • 売れにくいタイミングで売りに出している
  • 不動産会社の売り方に問題がある
  • 内覧の対応で印象を悪くしている

ここでは、各原因の詳細を紹介します。

原因1:自身の利益優先で価格設定をしている

利益優先で価格設定をしている場合、買主を見つけられない可能性があります。家のローン残債や売却利益などを考えて、自身がつけたい価格で売り出しても家は売れません。

例えば、周辺の相場が500万円だった場合、2,000万円で売りに出しても、よほど家の条件がよくなければ「怪しい」「高すぎる」と思われてしまい、購入希望者は現れにくいです。また、相場より高すぎる場合、内覧の希望者さえ現れない可能性もあります。利益優先での価格設定は避けるようにしましょう。

原因2:売りたい家自体に需要がない

売ろうとしている家の需要がない場合も、購入希望者は現れにくいです。需要のない家の特徴は、以下の通りです。

  • 交通アクセスが悪い場所にある
  • 生活利便性の悪い場所にある
  • 築年数が経ちすぎている
  • 個性的な間取りになっている
  • 形の悪い土地に家が建っている

人が住みづらい場所や間取りで、古い物件は需要が高くありません。また、築年数が経ちすぎている場合、長期のローンが組めなくなってしまうことも、購入希望者にとっては大きなデメリットです。売りたい家自体に需要がない場合も、手放すことが難しいと認識しておきましょう。

原因3:コロナ禍の影響で家の需要が変わった

昨今のコロナでも、家の売却に影響しています。コロナ禍前に需要があった立地や間取りでも、生活様式の一新によって需要がなくなっている可能性があります。

例えば、コロナによってテレワークや在宅ワークが当たり前のこととなり、仕事をするためのスペースがなければ、家を探している人にとって魅力的に感じられません。駅チカなどの好条件であっても、専有面積が狭い場合は、購入希望者が現れないこともあるでしょう。

原因4:売れにくいタイミングで売りに出している

需要が少ない時期に売りに出している場合も、家を売却しづらいです。もっとも家を売りやすい時期は、新年度が始まる4月までに引っ越しを検討する人が多いため、1~3月です。

また、秋ごろも同様に移動シーズンであり、需要が高まります。もっとも家を売りにくい時期は年末の12月であり、この時期には買い手を見つけにくいため、売れやすいタイミングにずらすようにしましょう。

原因5:不動産会社の売り方に問題がある

家自体やタイミングに問題があるわけではなく、不動産会社の売り方が原因になる可能性もあります。不動産会社が十分な営業を行っていなかったり、売り出し価格が相場とずれていたり、作成された広告の見栄えが悪かったりした場合、売れるものも売れません。

また、担当者と連絡がつきにくいと、内覧希望者との日程調整がうまくいかず、売却のチャンスを逃してしまいます。このように不動産会社選びに失敗してしまうと、スムーズに売却できません。

原因6:内覧の対応で印象を悪くしている

内覧において購入希望者に悪い印象を与えてしまっている場合も、家を売りづらいです。部屋の中があちこち汚れていたり、整理整頓できていない所が目立ったりしている場合、家を魅力的に感じてもらえません。

また、内覧者に対して、家の魅力を説明できないなど誠実に対応していないケースも同様に、印象を悪くしてしまいます。家を早めに売却するためには、内覧の対応で印象を良くするようにしましょう。

早く家を売るべき4つの理由

家を早く売った方が良い理由は、以下の4つです。

  • 家の資産価値が下がり続ける
  • 家の税金や維持費の支払いが続く
  • 家が売れないとストレスがたまり続ける
  • 離婚の手続きが進められない

家を早めに売らないと起こりうるリスクを把握し、早期売却を目指しましょう。

理由1:家の資産価値が下がり続ける

家は築年数が経つごとに資産価値を下げ、高い金額で売れないリスクがあります。戸建て住宅の場合、築10年で新築価格と比較して価値は50%ほどになり、築20年をオーバーすると、ほとんど価値はありません。

マンションの場合、戸建て住宅より築年数が経っても価値を下げづらいですが、築30年を超えると40%以下の価値になってしまいます。築浅物件ならば新築とほぼ同程度の価格で売れる可能性があるため、できるだけ高額で売却したい場合は、早めに動くようにしましょう。

理由2:家の税金や維持費の支払いが続く

早めに家を売らないと、固定資産税や都市計画税といった不動産を所有しているだけで納税しなければならない税金がかかり続けます。また老朽化が深刻化し、特定空き家になってしまった場合、通常の6倍の税金になってしまうリスクもあります。

さらに、維持管理にかかる光熱費、マンションであれば、管理費や修繕積立金の支払いも続きます。こうした余計な出費を増やさないために、家を早めに売却しましょう。

理由3:家が売れないとストレスがたまり続ける

早めに家を売りたいにもかかわらず、長い期間家を売却できない場合、ストレスがたまってしまうこともデメリットです。ストレスがたまり続けてしまうと、売却活動を放棄してしまったり、疎かにすることにつながったりします。

また、メンタルヘルスの不調によって日常生活に支障が出てしまう恐れもあります。ストレスから解放されるためにも、家を早めに売れるよう計画・対策を立てましょう。

理由4:離婚の手続きが進められない

離婚を考えており、パートナーと住んでいた家を売るケースにおいても、早めに売却することをおすすめします。不動産を売る際、それぞれの同意が必要になりますが、離婚した後は連絡がつきにくくなる傾向にあります。そうなってしまうと、離婚の手続きも進められません。

離婚前のタイミングならば、お互いの同意が得られやすく、スムーズに話し合いを進められるでしょう。トラブルの種を離婚後に残さないためにも、早期の売却がおすすめです。

家が売れない時のおすすめ対処法8選

家が売却できない場合は、以下の8つの対処法を取り入れましょう。

  • 相場を参考にした売り出し価格にする
  • 時期を変えて家を売り出す
  • 仲介を依頼する不動産会社を変更する
  • 広告や物件概要書を自分自身でチェックをする
  • 見た目を綺麗にして内覧の印象をよくする
  • インスペクションを受けてから売りに出す
  • 既存住宅売買瑕疵保険を付けて売りに出す
  • 空き家バンクでも購入希望者を探す

各対処法を把握して、自分に合ったやり方で、早期の売却を目指してください。

対処法1:相場を参考にした売り出し価格にする

自身の利益優先で価格設定をしている場合は家を売りづらくなってしまうため、相場を調べてその値を参考にし、価格を決めるようにしましょう。さまざまな不動産会社に家の価格を査定してもらえる一括査定サイトなどを活用することで、すぐに売り出し価格の参考値を集められます。

現在売り出し中ならば、担当者と相談して妥当な価格に値下げするようにしましょう。家の価格相場の調べ方については、以下の記事でも詳しく解説しています。

家の価格相場はどうやって調べる?自宅の売却相場の調べ方を徹底解説!
家の売却で損をしないためには、正しい相場を知っておくことが重要です。この記事では、家の相場を自分で調べる方法や、家の相場を調べるときのポイント、家の相場に影響を及ぼすもの、家の相場を調べるときの注意点について解説しています。

対処法2:時期を変えて家を売り出す

売却するまでに余裕がある場合、需要が増える1月~3月頃に売り出すことも、家が売れない時のおすすめ対処法です。新年度・新学期の時期は就職、転勤、入学、転校などにより通勤・通学しやすい所に引っ越す人が多いため、その少し前の1~3月にかけて家を買う人が多くなっている傾向にあります。

また競合物件が売れた後、売却活動を再開することで、より売りやすくなるでしょう。家を売るタイミングについてもっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

マンション売却のベストタイミングを知ろう!高く売るコツや注意点も
通常の不動産売却に比べマンション売却では最適な売り時期の見極めが重要です。本記事では、マンション売却を優位にするタイミングや売却のコツ、売却の流れなどの基本情報から注意点まで網羅します。2021年の情勢についても触れ最新の動向を解説します。

対処法3:仲介を依頼する不動産会社を変更する

家の売却を依頼する不動産会社を変えることも、家が売れない時のおすすめ対処法です。不動産会社を選ぶポイントは、以下の通りです。

  • 頼れる担当者はいるのかチェックする
  • 会社の規模よりもサービス内容で選ぶ
  • 会社の専門性と実績を確認する
  • 行政処分情報や免許番号を調べる

保証が充実している会社や販売実績の豊富な会社、過去にトラブルが起きていない会社であれば、信用できます。不動産会社を変更する際は、媒介契約の更新日まで待つと解約がスムーズにできるでしょう。専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合、担当者に問題があるとペナルティなしでの解約も可能です。

また不動産会社を選ぶ際は、一括査定サイトを利用するとさまざまな会社を比較できるため、おすすめです。不動産会社や一括査定サイトの選び方は、以下の記事でも詳しく紹介しています。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!
不動産売却業者選びの秘訣!仲介業者を探す時におすすめの方法3選
不動産を売る際に何より重要なのは、不動産売却業者選びです。しかし、数ある不動産会社からどのように1社を絞ればいいのか迷う方も多いでしょう。この記事では仲介業者のおすすめの選び方や注意点、信頼できる業者の見極め方、査定の流れなどを解説します。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

対処法4:広告や物件概要書を自分自身でチェックをする

不動産会社に、広告や物件概要書を丸投げしないことも重要です。物件概要書とは、不動産物件の概要が整理して記載されている書類であり、購入希望者に対して売却物件の情報を分かりやすく提供できます。

こうした物件概要書や広告において、見栄えのよい写真が使われているかや、家のアピールポイントが明確に記載されているかなどを自身でもチェックしましょう。物件概要書について理解を深めたい方は、以下の記事をお読みください。

物件概要書には何が書いてあって何が分かる?見方を徹底解説
物件概要書とは、不動産物件の特徴を物件ごとに1枚にまとまめた書類で、物件探しや交渉時に役立ちます。本記事では、不動産の売買を予定している方や投資を検討している方に向けて、物件概要書の内容や見方、物件概要書から分かることについて解説します。

対処法5:見た目を綺麗にして内覧の印象をよくする

部屋の中の見た目を綺麗にして、内覧の印象をよくすることも家が売れない時のおすすめの対処法です。内覧前には、必ず掃除や整理整頓をしておきましょう。特に水回りは汚れが目立つため、入念にクリーニングすることをおすすめします。

頑固な汚れはハウスクリーニングを活用することで、しっかりと除去できます。家をより魅力的に見せ、たくさんの購入希望者をひきつけるホームステージングの活用も検討しましょう。内覧時の注意点を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

家の内覧で気をつけることは?当日までの準備や会話のポイントを解説
家の内覧とは「家の最終面接」です。本記事では買主の購入決断の一押しになるよう、売主として準備しておきたいこと、会話など注意点に至るまで徹底的に解説しています。家の売却を検討している方やなかなか内覧希望者が増えない方はぜひ参考にしてください。

対処法6:インスペクションを受けてから売りに出す

住宅診断や建物状況調査を意味するインスペクションを受けてから家を売りに出すことも、検討しておきましょう。インスペクションを受けるメリットは、以下の通りです。

  • 売主と買主が安心して取引できる
  • 妥当な価格なのか判断できる
  • スムーズな売却を進められる
  • 売却後のトラブルを防止できる

実施できるのは建築士だけになっており、家の現状検査を行うだけではなく、改修すべき部分・時期をアドバイスしてくれたり、費用面の助言を行ったりしてくれます。もっとインスペクションについて理解を深めたい方は、以下の記事をチェックしましょう。

ホームインスペクションとは?意味やメリットデメリットについて解説
ホームインスペクションは、既に欧米では一般的なことであり、近年日本でも浸透し始めています。この記事では、ホームインスペクションとは何か、メリットやデメリットについて紹介します。さらに、ホームインスペクションの流れついても取り上げます。

対処法7:既存住宅売買瑕疵保険を付けて売りに出す

保険の範囲内であれば、売却後の修理費用などを支払わなくてよくなくなる、既存住宅売買瑕疵保険を付けて売ることもおすすめです。加入するためには専門機関による検査が必須ですが、家に問題が見つかってもトラブルが少なく、家の安全性を購入者にアピールできます。

また、税の優遇措置で買主が現れやすくなることもメリットです。もっと既存住宅売買瑕疵保険を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

既存住宅売買瑕疵保険を利用して売却!トラブルを避ける引き渡しとは
既存住宅売買瑕疵保険なしで家を売却すると、契約不適合責任により高額な修理費用を請求される恐れがあります。この記事では既存住宅売買瑕疵保険について、基本やメリットデメリットを紹介します。トラブルなく家を引き渡せるようになりましょう。

対処法8:空き家バンクでも購入希望者を探す

空き家バンクを活用することも、家を早めに売れるメソッドです。空き家バンクは、各自治体や委託企業が運営する空き家のための不動産情報提供サービスです。家の所有者が空き家バンクに家を登録し、その情報を空き家を利用したい人に提供することで、空き家の有効活用を促しています。

メリットは、仲介手数料なしで空き家を売却できることや自治体の補助金制度で買主が見つかりやすいことです。もっと詳しく空き家バンクについて知りたい方は、次の記事をチェックしましょう。

空き家バンクのメリット・デメリット大全!最適な売却方法を紹介!
空き家の処理にお困りの際にぜひ利用したいサービスが空き家バンクです。空き家バンクは、空き家の売主と購入希望者をマッチングさせてくれるサービスです。本記事では空き家バンクについて、基礎的な知識からメリットとデメリットまで総ざらいしています。

家が売れない場合の最終手段と注意点

どうしても家が売却できない場合は、買取や更地にして売る方法があります。また、家が売れなくても、無理にリフォーム・リノベーションすることは避けましょう。ここでは、家が売れない場合の最終手段と注意点を紹介します。

最終手段1:不動産会社に家の買取を依頼する

不動産会社が家の直接の買手となる買取は、家が売れない場合の最終手段です。不動産会社は、リフォームなどの費用を差し引いた金額でしか購入しないため、仲介の相場より売却価格が安くなりやすく、価格決定の自由度も高くありません。しかしながら、短期間で家を手放せたり、仲介手数料を節約できたりするメリットがあります。

買取は、すぐに現金化したい人や、売却活動をしている時間的な余裕がない人などに向いているでしょう。買取や買取業者についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

不動産買取なら高価格で売却できる?メリット&デメリットや流れを徹底解説
不動産を売却するときには、不動産会社に仲介をしてもらい買手を探す方法の他に、不動産買取という選択肢があります。不動産買取とは不動産会社に直接買い取りをしてもらうことですが、どのようなメリットが有るのでしょうか。この記事で詳しく解説します。
不動産買取業者おすすめ10選!買取の基礎から業者の選び方も解説
不動産の買取をしてもらいたくても、業者が多くてどこに頼めばよいのか迷っていませんか?業者は厳選しないと100万円以上の損をすることもあります。本記事では、おすすめの買取業者10社と選び方のポイントも解説。自分に合った業者を探してみましょう。

最終手段2:家を解体して更地にして売り出す

老朽化が進んでいる家の場合は、家を解体して更地にして売り出すことも、最終手段です。家の解体費用がかかるものの、買主側は解体費を支払う必要がなく、用途も広がるため売れやすくなります。

ただし、更地にしてすぐに売れない場合、固定資産税の特例が適用されなくなり、土地の固定資産税が最大で4倍ほど増える可能性があることは注意しましょう。

更地にして家を売る方法やメリット・デメリットについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

空き家は更地にして売るのがベスト?更地で売る手順や問題点を解説
利用していない空き家をそのまま売るか更地にして売るかお悩みではありませんか?本記事では、更地にする際の問題点や手順、更地で売却するのがおすすめな人など解説します。更地売却以外の活用法も紹介しますので、ご自身に合う土地活用を見つけてください。

注意点:リフォーム・リノベーションをするのは慎重に

「家を少しでも高く売却するためには、リフォーム・リノベーションすべき」という考えもありますが、リフォーム・リノベーションをしても売れない可能性があります。なぜなら、購入してからリフォームしたいニーズがあるからです。

また、リフォーム費用の売却価格への上乗せが難しく、売れたとしても費用を回収できないケースが少なくありません。そのため、売却前のリフォームは、不動産会社に相談してみることをおすすめします。売却する前のリフォームに関することは、以下の記事をご覧ください。

マンション売却前のリフォームは不必要!?リフォームせずに賢く売却
マンションを売却するときに、リフォームをした方がよいのかで迷っていませんか。計画性のないリフォームは売却で損をするだけです。この記事ではリフォームが不要な理由や実行する場合の注意点、高く売却するポイントを解説します。ぜひ参考にしてください。

まとめ

家自体の需要や売る時期、不動産会社の売り方などに影響され、家は売りにくくなってしまいます。そして早めに家を売らなければ、家の資産価値が下がり続け、税金・維持費などの支払いが続き、損するリスクが高くなってしまいます。

家が売れないときは、売り出し価格や時期、不動産会社を変更したり、インスペクションを受けてから売りに出したりすることで、早めの売却を期待できるでしょう。家を売却できそうにない場合は、不動産会社が直接の買手となる買取や、家を解体して更地にして売り出す方法がおすすめです。

家が売れない原因を理解し、正しい対処法で売却しませんか。売れにくい家の売却については、次の記事もおすすめです。

【古い家を売る7つの方法】スムーズに売却するためのポイントも紹介
古い家を売るのは難しいと思っていませんか。工夫は必要ですが、所有していても負担が続くだけでメリットはありません。この記事では、おすすめの7つの方法と税金対策を紹介します。ぜひ参考にして、古い家をスムーズに売却しましょう。
不動産・土地売却で困っている方必見!悩み・状況別の相談マニュアル
不動産・土地売却についての相談は、悩みに適した窓口を選ぶことが重要です。本記事では、費用・税金・相続・確定申告など様々な悩み・状況別に相談先を紹介します。不動産売却でよくある相談ごとなどもまとめましたのでぜひ参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました