土地を売却するとかかる税金とは?|控除や減税措置についても解説

fudousan3111 不動産売却

「土地を売ったらどんな税金がかかる?」「税金を安くすることはできる?」「どのように確定申告したらいいの?」などと疑問に思っていませんか。土地の売却は一生に一度あるかないかの出来事ですからこのような疑問を持つのは当然のことです。

そこで本記事では、土地を売却するとかかる税金の種類や計算方法、税金を安くする特別控除や減税措置などについて解説します。ぜひ資金計画を立てたり、確定申告・納税をするときの参考にしてください。

【あなたに合うのはどれ?】おすすめ不動産一括査定サービス

まずは不動産がいくらで売れるか手っ取り早く知りたい方は、不動産一括査定サービスがおすすめです。不動産会社まで足を運ぶことなく、複数の会社にネットでまとめて査定を依頼できます。 ここでは、編集部おすすめの3タイプの不動産一括査定サービスをご紹介します。それぞれのサービスに特徴があるので、自分の状況に合うものを選ぶと良いでしょう。

”*(2020年7月時点)出典:東京商工リサーチ不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」”

次の記事では、より多くのサービスを含めたランキングや「おすすめのサービスTOP3「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別のランキングを作っております。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。
不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みの方必見!不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスを紹介します。条件に合うサービスを1分で絞り込める診断チャートやサイトの選び方、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

土地の売却でかかる税金とは

まず土地売却の過程でどのような税金が課税されるのかを見ていきましょう。課税される税金は次の4種類です。

税金の種類 支払う時期 税額
登録免許税 抵当権抹消登記をするとき 1,000円×不動産の件数
印紙税 売買契約を締結するとき 契約金額による
消費税 仲介手数料などを支払うとき 本体価格×10%
所得税・住民税(譲渡所得税) 売却の翌年 課税譲渡所得金額×39.63%または20.315%

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

登録免許税

登録免許税とは不動産の売買や相続等の際の所有権移転、所有権保存、抵当権設定などの登記にかかる税金です。土地売却のときは、抵当権抹消登記をした場合にかかります

住宅ローンなどの借入金で購入した土地には抵当権が設定されます。抵当権とはお金を借りた人(債務者)が返済できなくなった(債務不履行)場合に、お金を貸した金融機関(債権者)が土地や建物を担保にする権利のことです。そしてその土地を売却するときは、借入金を完済して抵当権抹消登記をする必要がありますが、このときにかかるのが登録免許税です。

抵当権抹消登記にかかる登録免許税の計算式は次の通りです。

1,000円 × 不動産の件数 = 登録免許税額

例えば、土地(1筆)と建物(1戸)の両方に抵当権が設定されていた場合は、次の計算式で求めます。

1,000円 ×(土地1筆+建物1戸)= 登録免許税額2,000円

土地を売主から買主に引き渡した直後も所有権移転登記をしますが、これにも登録免許税がかかります。しかし商慣習により買主が負担するのが一般的です。

印紙税

印紙税とは契約書や領収書などの文書にかかる税金です。土地売却のときは、売主・買主の間で取り交わす売買契約書に貼り付ける収入印紙代がそれにあたります。印紙税額は次の表のように契約金額によって異なります。

契約金額 本則税率 軽減税率※
10万円を超え50万円以下 400円 200円
50万円を超え100万円以下 1,000円 500円
100万円を超え500万円以下 2,000円 1,000円
500万円を超え1,000万円以下 1万円 5,000円
1,000万円を超え5,000万円以下 2万円 1万円
5,000万円を超え1億円以下 6万円 3万円
1億円を超え5億円以下 10万円 6万円
5億円を超え10億円以下 20万円 16万円
10億円を超え50億円以下 40万円 32万円
50億円を超えるもの 60万円 48万円

※2022年3月31日までに作成される契約書には軽減税率が適用される

売買契約書は2通作成しますが、1通分は売主が、もう1通分は買主が負担するのが一般的です。なお、不動産会社と取り交わす媒介契約書には印紙税はかかりません

消費税

土地の売買そのものには消費税はかかりませんが、土地売却のプロセスの中には消費税がかかるものがあります。消費税が課税されるものとされないものを表にまとめてみました。

消費税が課税 消費税が非課税
  • 消費税課税事業者が行う建物の売買
  • 不動産会社に支払う仲介手数料
  • 司法書士に支払う報酬(登記)
  • 金融機関に支払う住宅ローンの手数料(繰上返済など)
  • 土地の売買
  • 個人が行う建物の売買
  • 登録免許税・印紙税
  • 行政機関に支払う文書発行手数料

1,000万円で売却した場合の仲介手数料は?

消費税が課税されるもののうち金額が大きくなりがちなものが不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料の上限額は宅地建物取引業法で決められており、次の3つに区分してそれぞれ計算してからそれらを合計する仕組みになっています。

区分 仲介手数料の上限額
区分1:売却価格が200万円以下の部分 金額の5%+消費税
区分2:売却価格が200万円を超え400万円以下の部分 金額の4%+消費税
区分3:売却価格が400万円を超えた部分 金額の3%+消費税

例として、1,000万円で土地を売却した場合の仲介手数料の上限額と消費税を計算してみましょう。まずは合計1,000万円を3つに区分してそれぞれ計算します。

区分 仲介手数料の上限額(本体価格)
区分1:売却価格が200万円以下の部分 200万円×5%=10万円
区分2:売却価格が200万円を超え400万円以下の部分 200万円×4%=8万円
区分3:売却価格が400万円を超えた部分 600万円×3%=18万円
合計 10万円+8万円+18万円=36万円

消費税率は10%ですので、次の計算式で求めます。

仲介手数料の上限額(本体価格)36万円 × 消費税率10% = 消費税額36,000円

このように仲介手数料の上限額(本体価格)は36万円、それに消費税36,000円が上乗せされます。

所得税・住民税(譲渡所得税)

土地を売却して利益が出た場合その利益(譲渡益)に対して所得税と住民税(まとめて譲渡所得税と呼ばれますがかかります。譲渡所得税は土地売却の翌年2月から3月まで(年によって変わることがあります)に確定申告をし、所得税は確定申告の際に、住民税は6月以降に支払います。

譲渡所得税についてはこの後で詳しく紹介します。

土地の売却でかかる税金(譲渡所得税)の計算方法

fudousan623612

ここからは土地売却で利益が出た場合にかかる譲渡所得税(所得税・住民税)について深く掘り下げていきます。

譲渡所得税の計算の最重要ポイントは必要経費を漏れなく計算に入れることです。必要経費の金額が大きくなればそれだけ税金を安くすることができます。詳しく見てきましょう。

譲渡所得税とは

所有している土地、建物、株式、貴金属などを売って得た所得のことを譲渡所得と言います。この譲渡所得に対して所得税・住民税が課税されます。この2種類の税金は、正式名称ではありませんがまとめて譲渡所得税と呼ばれています。

所得税・住民税は、会社員であれば給与所得、自営業・フリーランスであれば事業所得などにもかかりますが、土地・建物などの譲渡所得にかかる譲渡所得税はそれらとは別に計算されます(分離課税)。

分離課税についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

不動産の譲渡所得の分離課税とは?計算方法や控除について解説
不動産の譲渡所得に採用されている「分離課税」とは、他の所得と合算せず、所得にあわせた税率を課する方式です。この記事では、譲渡所得の計算式や譲渡所得で利用できる特例、不動産譲渡以外の分離課税する所得などについても詳しく解説します。

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税はまず土地が売れた価格(譲渡価額)から土地を売るまでかかった必要経費や一定の条件に合うときに認められる特別控除額を差し引いて、課税譲渡所得金額を計算します。

譲渡価額 - 必要経費(取得費+譲渡費用)- 特別控除額 = 課税譲渡所得金額
そして課税譲渡所得金額に土地を所有していた期間に応じた税率をかけて、譲渡所得税の金額を計算します。
課税譲渡所得金額 × 税率 = 譲渡所得税額

必要経費を計上する

必要経費は取得費と譲渡費用からなります。

取得費 + 譲渡費用 = 必要経費
取得費と譲渡費用の内容はそれぞれ次の通りです。
取得費の内容 譲渡費用の内容
  • 売却した土地・建物の購入代金(建物は減価償却費相当額を差し引く)
  • 売却した土地・建物の購入したときに支払った仲介手数料 など
  • 仲介手数料
  • 測量費
  • 貸家の売却に際して支払った立退料
  • 建物を解体・撤去して土地を売却した場合の解体・撤去費 など

この章の冒頭でも述べたように、必要経費の金額が大きければ、その分譲渡所得税を安くすることができます。必要経費は漏れなく計算に入れましょう。

必要経費についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

不動産売却に大切な取得費とは?その内容や正しい計算方法を徹底解説!
不動産を売りたいと思ったときは、想定の売却額から取得費を差し引き、残りの利益を計算する必要があります。取得費は土地や建物の購入にかかった費用ですが、建物は経過年数にともなう価値の減少まで計算しなければなりません。取得費のしくみを学びましょう。
不動産売却で計上できる経費とは?確定申告における節税対策を徹底解説
不動産を売却して利益が出た場合、その利益には税金が課されます。税額は利益が大きいほど高額になっていきます。この記事では、不動産売却における確定申告で計上できる経費について解説し、節税に役立つポイントや特例などについて紹介します。

特別控除の適用を受ける

さらに条件に合っていれば特別控除が適用されます。特別控除額が大きくなれば、その分譲渡所得税が安くなるので、こちらも漏れなく計上しましょう。特別控除が受けられるケースは次の表の通りです。

特別控除が受けられるケース 特別控除額(最高)
公共事業などのために土地・建物を売った場合 5,000万円
マイホーム(居住用財産)を売った場合 3,000万円
特定土地区画整理事業などのために土地を売った場合 2,000万円
特定住宅地造成事業などのために土地を売った場合 1,500万円
平成21年(2009年)及び平成22年(2010年)に取得した国内にある土地を譲渡した場合 1,000万円
農地保有の合理化などのために土地を売った場合 800万円
低未利用土地を譲渡した場合 100万円

特別控除を受けるには細かな条件が決められているので、それに当てはまるかどうかを確定申告の前に税務署や税理士に確認してみましょう。

相続した土地や、マイホームを売却したときの減税措置については、後で詳しく説明します。

特別控除についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

譲渡所得の特別控除とは?特例の種類や控除を受ける際の注意点を解説
不動産売却の際、譲渡所得の特別控除を利用すれば大幅な節税ができるメリットがあります。この記事では身近なマイホームに関する特別控除をはじめ、限度額や適用条件、手続きの方法から控除の注意点にくわえ、確定申告の方法までを徹底的に解説しました。

税率は所有期間によって変わる

譲渡所得税の税率は所有期間によって変わります。次の表の通り、売却した年の1月1日において所有期間が5年を超えている場合は長期譲渡所得に、5年以下の場合は短期譲渡所得になります。

区分 所有期間 所得税率※ 住民税率 税率の合計
短期譲渡所得 5年以下 30.63% 9% 39.63%
長期譲渡所得 5年超 15.315% 5% 20.315%

※復興特別所得税を含めた税率

購入してから売却するまでの間にお正月が何回あったかを数えてみてください。5回までの場合は短期譲渡所得6回以上あれば長期譲渡所得の税率が適用されます。

短期譲渡所得・長期譲渡所得についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

長期譲渡所得とは?計算方法や適用される特別控除について解説!
長期譲渡所得について知らないと税金で損をする可能性があります。この記事では譲渡所得の種類や長期譲渡所得の税率、受けられる特別控除などについて解説します。税金で損をしないためにも、長期譲渡になる不動産売却のタイミングを考えてみましょう。
短期譲渡と長期譲渡を比較!売却や税金で損をしないポイントを解説
住み替えなどでマイホームを売却すると、売却益が出ます。収入がある以上、その分納税を行う必要があります。納税の際にかかる税率は、売却した不動産を所有していた期間に応じて変化します。どの程度の期間でどの程度税率に差が出るか解説していきます。

相続した土地を売却したときの減税措置

先ほど譲渡所得税を安くすることができる特別控除について紹介しましたが、他にも減税措置がいくつかあります。その一つが相続した土地を一定期間内に売却すると相続税の一部が取得費に加算できるというものです。早速見ていきましょう。

相続税額の一部を取得費に加算できる

相続税が取得費に加算される特例(相続財産を譲渡した場合の取得費の特例)」(国税庁)という減税措置があります。これは相続した土地・建物・株式などの財産を一定期間内に売却すると、相続税額の一部を取得費に加算できるというものです。

先ほどからも見てきているように、取得費の金額が増えると必要経費の金額が増え、譲渡所得税を安くすることができます

相続した土地は3年10ヶ月以内に売るのがおすすめ

この減税措置を受けるためには、次の要件を満たしていることが必要です。

  • 相続や遺贈により財産を取得
  • その財産を取得した人に相続税が課税されている
  • その財産を相続開始のあった日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日まで(相続開始後3年10ヶ月以内)に売却している

相続した土地の売却を予定している方は、相続の開始から3年10ヶ月以内に売却するのがおすすめです。

マイホームを売却したときの減税措置

fudousan44232

マイホームを売却した場合も減税措置が適用されます。マイホームの敷地と家屋を一緒に売却すると利益が出ても、逆に損失になっても減税措置が受けられる可能性があります。積極的に活用しましょう。

譲渡益が出た場合の減税措置

まず譲渡益が出た場合の減税措置を見てみましょう。次のような要件のマイホームを売却して譲渡益が出た場合は、3つの減税措置が用意されています。それぞれの特徴や違いを表で確認してみましょう。

  • 現在主として住んでいる家屋・敷地を売却
  • 空き家の場合は、住まなくなってから3年以内に売却
  • 家屋を取り壊した場合は、住まなくなってから4年以内に売却
  • 家族など特別な関係の人への売却ではないこと など
減税措置の名称 (1)3,000万円の特別控除の特例 (2)10年超所有軽減税率の特例 (3)特定居住用財産の買換え特例
減税措置の概要 譲渡所得から3,000万円が特別控除される 3,000万円控除後の譲渡所得に軽減税率が適用される 元の住宅の売却金額よりも買替後の住宅の購入金額が高い場合によりも高い金額の住宅に買い替えた場合、元の住宅の譲渡益にかかる課税を買換え先の住宅を売却するときまで先送りできる
所有期間の要件 なし 譲渡した年の1月1日において、家屋と敷地の所有期間がともに10年超(取得からお正月が11回以上あったもの) 同左
税率
  • 長期:20.315%
  • 短期:39.63%
  • 譲渡所得6,000万円以下:14.21%
  • 譲渡所得6,000万円超:20.315%
他の減税措置との併用 (1)(2)とは可能、(3)とは不可 (1)(2)とは可能、(3)とは不可 不可
その他 詳細は国税庁タックスアンサーを参照 詳細は国税庁タックスアンサーを参照

なお、いずれも買換え後のマイホームの住宅ローン控除との併用はできないので注意しましょう。

買い替え特例についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

買い替え特例で節税対策になる?基礎からわかりやすく解説します!
家を売って新しい家を購入するような場合、買い換え特例という制度を利用できます。本記事では、買い換え特例についてわかりやすく基礎から丁寧に解説します。メリットやデメリットを正しく理解して、他の制度とも比較しながら利用を検討しましょう。

譲渡損が出た場合の減税措置

マイホームを売却して損失が出てしまった場合にも2種類の減税措置が用意されています。いずれも2021年12月31日までの譲渡に限られるので注意しましょう。

譲渡損が出た場合の減税措置は、いずれも次のような要件のマイホームを売却して損失が出た場合に、繰越控除・損益通算(給与所得などの黒字分と相殺)ができ、所得税・住民税の軽減または還付が受けられるというものです。

  • 現在主として住んでいる家屋・敷地を売却
  • 空き家の場合は、住まなくなってから3年以内に売却
  • 家屋を取り壊した場合は、住まなくなってから4年以内に売却
  • 家族など特別な関係の人への売却ではないこと など

ただし、所得金額が3,000万円を超えた年は繰越控除はできません(損益通算を行う年は所得制限はありません)。

減税措置の名称 (4)居住用財産買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除 (5)特定居住用財産の譲渡損失の
損益通算及び繰越控除
減税措置の概要 譲渡損失を他の所得と損益通算、残った損失を3年繰り越してその年の所得から控除(500平米超える部分の損失は繰越控除できない) 同左
所有期間の要件 譲渡した年の1月1日において、家屋と敷地の所有期間がともに5年超(取得からお正月が6回以上あったもの) 同左
住宅ローン控除との併用 購入資産に併用可 ×
譲渡損失 損益通算できる譲渡損失は譲渡所得の計算上生じた損失 損益通算できる譲渡損失は次のうちいずれか少ない金額

  • 譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額
  • 譲渡資産にかかる一定の住宅ローンの金額から譲渡資産の譲渡対価の額を控除した残額
買換後の住宅の要件 あり なし
その他 詳細は国税庁タックスアンサーを参照

土地の売却でかかる税金(譲渡所得税)をシミュレーション

fudousan326434

それではここまで述べてきたことを踏まえて、譲渡所得税のシミュレーションをしてみましょう。所有期間5年以下(短期譲渡所得)の場合、所有期間5年超(長期譲渡所得)の場合、特別控除が適用された場合の3つのケースで試算してみます。

ケース1:所有期間が5年以下(短期譲渡所得)の場合

【条件】

  • 所有期間:3年0ヶ月
  • 売却金額(譲渡価額):4,000万円
  • 売却した土地の購入金額(取得費):3,000万円
  • 売却した土地の購入したときの経費(取得費):200万円
  • 譲渡費用:400万円

この条件を公式にあてはめて、課税譲渡所得金額を計算します。

譲渡価額4,000万円 - 必要経費3,600万円(取得費3,000万円+200万円+譲渡費用400万円)- 特別控除額0円 = 課税譲渡所得金額400万円
所有期間は3年0ヶ月なので、短期譲渡所得の税率が適用されます。
課税譲渡所得金額400万円 × 短期譲渡所得の税率39.63% = 譲渡所得税額158万5,200円
このように譲渡所得税額は所得税と住民税を合わせて158万5,200円となり、課税譲渡所得金額400万円から税額を差し引くと、最終的に手元に残る金額は241万4,800円になります。

ケース2:所有期間5年超(長期譲渡所得)の場合

【条件】

  • 所有期間:5年2ヶ月
  • 売却金額(譲渡価額):5,000万円
  • 売却した土地の購入金額(取得費):4,000万円
  • 売却した土地の購入したときの経費(取得費):300万円
  • 譲渡費用:400万円

この条件を公式にあてはめて、課税譲渡所得金額を計算します。

譲渡価額5,000万円 - 必要経費4,700万円(取得費4,000万円+300万円+譲渡費用400万円)- 特別控除額0円 = 課税譲渡所得金額300万円
所有期間は5年2ヶ月なので、長期譲渡所得の税率が適用されます。
課税譲渡所得金額300万円 × 長期譲渡所得の税率20.315% = 譲渡所得税額60万9,450円
このように譲渡所得税額は所得税と住民税を合わせて60万9,450円となり、課税譲渡所得金額300万円から税額を差し引くと、最終的に手元に残る金額は239万550円になります。

ケース3:特別控除が適用された場合

【条件】

  • 売却目的:公共事業で収用
  • 所有期間:8年0ヶ月
  • 売却金額(譲渡価額):2,000万円
  • 売却した土地の購入金額(取得費):1,500万円
  • 売却した土地の購入したときの経費(取得費):200万円
  • 譲渡費用:100万円
  • 特別控除額:200万円(最高5,000万円:5,000万円に満たない場合は譲渡益(譲渡価額-必要経費)の金額を控除)

この条件を公式にあてはめて、課税譲渡所得金額を計算します。

譲渡価額2,000万円 - 必要経費1,800万円(取得費1,500万円+200万円+譲渡費用100万円)- 特別控除額200万円 = 課税譲渡所得金額0円
このケースでは課税譲渡所得金額0円になったので、譲渡所得税はかからず、最終的に手元に残る金額は200万円になります。

土地の売却でかかる税金に関する注意点

最後に土地の売却でかかる税金に関して注意しておきたいポイントを紹介します。

売却した翌年に確定申告をする

1つ目は、売却した翌年の2月16日から3月15日まで(年によって変わることがあります)に確定申告をする必要があることです。

譲渡益が出た場合は、会社に勤めている方も必ず確定申告をすることを忘れないようにしましょう。損失が出た場合でも、条件によっては所得税・住民税の還付を受けられる可能性があるため、確定申告をしたほうが良い場合もあります。

また税制は毎年のように変わるため、確定申告の時期の前に税務署や税理士に相談することをおすすめします。

確定申告や年末調整についてより詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

不動産売却で確定申告は不要?税金で損をしない基礎知識を徹底解説!
確定申告と聞いて「手間がかかり負担」「計算式が複雑」など、出来る事なら申告手続きを避けたいと感じる方も多いのではないでしょうか。この記事では、不動産を売却をした場合に確定申告が必要か不必要かを、税制度や算出式などを交えて解説していきます。
不動産売却したら年末調整はどうなるの?確定申告の方法も詳しく解説
この記事ではまず、不動産を売却した場合の年末調整はどうなるのか、また確定申告は必ず必要になるのかについて解説していきます。それらの内容をふまえたうえで、確定申告の準備の仕方から実際に申告する方法までを順に見ていきましょう。

譲渡所得税が確定するまで手元にお金を残しておく

2つ目は、譲渡所得税を支払うまで利益が確定しないことに注意が必要です。

譲渡所得税のうち所得税分は確定申告の際に、住民税分は6月頃から納付します。売却した日からすこし間が空くので、その間にお金を使ってしまうと税金の支払いが難しくなる恐れがあります。

土地を売却したら税金がどのくらいかかるのか、売却金額が入金された段階で自分でシミュレーションしたり、税理士に試算してもらうのがおすすめです。

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

こちらは、サービス利用者にアンケートを取って作った「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」です。実際の利用者の声と編集部の知見が合わさったできたランキングですので、是非参考にしてください!【クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)】

また、次の記事ではより多くのサービスを含めたランキングや「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別にもランキングを作っております。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みの方必見!不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスを紹介します。条件に合うサービスを1分で絞り込める診断チャートやサイトの選び方、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

まとめ

本記事では、土地を売却するとかかる税金の種類や計算方法、税金を安くする特別控除や減税措置などについて解説してきました。

税金は土地の引き渡しまでに支払うものだけではなく、翌年に支払うものもあります。売却で得たお金をある程度残しておかないと税金が支払えなくなることもあります。このようなことを避けるために納税のシミュレーションする際は、ぜひ本記事を役立ててください。

土地を売却した場合の税金については、こちらの記事でも取り上げています。ぜひご覧ください。

不動産売却益の税金はいくら?計算方法・税率や特別控除などの決定版
不動産売却益の税金は、売却益に課せられる分と売却時に必要な税金の二通りあります。条件により税率が変わってくるため、支払うべき税金を明確にすることが大切です。そこで本記事では、不動産売却益にかかる税金の計算方法や控除についてご紹介します。
農地売却にかかる税金を一覧化|節税対策と確定申告の方法も解説
農地を売却する際に掛かる税金の種類と、一定の条件を満たすことで受けられる税金の控除制度について解説します。譲渡所得が発生した場合の確定申告の方法と、必要な書類についても説明するので、農地売却を検討している人は参考にしてください。

土地を売却する場合は、その土地の現在の価値を正しく把握することが重要です。まずは不動産一括査定サービスを活用して、土地価格の相場をチェックしておきましょう。

不動産一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

不動産一括査定サービス利用者に聞いた!カテゴリ別TOP3

≪査定結果の満足度TOP3≫

≪サイトの「使いやすさ」TOP3≫

≪親族・友達におすすめしたいTOP3≫

380人のアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)
タイトルとURLをコピーしました