本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、今回はExcelのセルにチェックボックスを追加する方法を確認します。入力フォーム作成の基本ともいえる操作なので忘れないようにしましょう。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

チェックボックス付きの表を作成

たとえばアンケート書類などを作成する際、複数の項目から1つを選んでほしいときにはセルにチェックボックスを付けると便利です。Excelには、チェックボックスやボタンなどの「フォーム コントロール」が用意されており、チェックボックスも簡単に追加できます。もちろん、ボックスをクリックするとチェックのオン・オフが切り替わるので、さまざまな用途で活用できるはずです。

  • チェックボックスを付けるには、リボンのタブを追加する必要があります。まずは「ファイル」メニューをクリックして画面を切り替えましょう

  • メニュー画面が表示されたら左下にある「オプション」をクリックします

  • 「Excelのオプション」画面が表示されるので、画面左で「リボンのユーザー設定」を選択。画面右にある「開発」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックします

  • 「開発」タブが追加されるのでクリックしてリボンの表示を切り替え、「挿入」アイコンをクリックして「フォームコントロール」欄にあるチェックボックスのアイコンをクリックします

  • チェックボックスが作成されるので、配置したいセル上にドラッグして移動させます

  • 追加したチェックボックスには、ボックスの右に「チェック 1」というテキストが付いています。必要なければこのテキスト部分を選択して[Delete]キーを押して削除しましょう

  • チェックボックスを選択しているときは画面上部に「書式」タブが表示されるのでクリックして選択。「書式」タブのリボンにある「配置」アイコンをクリックして「枠線に合わせる」をクリックします。この操作を行ってからチェックボックスの外周にある「○」をドラッグしてサイズを調整すると、セルの枠線ピッタリに合わせることができます

  • チェックボックスを追加したセルを選択(セルをクリックするとチェックが入ってしまうので隣のセルを選択して矢印キーで移動させるのがいいでしょう)し、右下のフィルハンドルをコピーしたいセル範囲にドラッグします

  • チェックボックスが下のセルにもコピーされました

  • 追加したチェックボックス上にマウスカーソルを合わせるとカーソルが指の形に変わります。クリックするとボックスにチェックが入ります