本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、Excelのセル内でテキストを改行する方法について確認していきます。セルの列幅を越えるテキストを入力した場合、区切りのよい位置で改行しておけば見やすい表に仕上がります。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

[Alt]キーを押しながら[Enter]キーで改行

Excelで表を作成している際、1つのセルに長いテキストが入るケースはめずらしくありません。テキストがはみ出さないようにセルの列幅を広げるのは、表全体として見栄えが悪くなってしまうことも多くオススメはできません。こんなときは、セル内のテキストを任意の位置で改行するのが効果的です。

ただし、セルをダブルクリックして改行位置にカーソルを合わせ[Enter]キーを押しても、下のセルに選択が移るだけでテキストの改行はできません。セル内でテキストを改行するにはちょっとしたテクニックがいるのです。改行したい位置にカーソルを合わせて、[Alt]キーを押しながら[Enter]キーを押してみましょう。

  • セルの列幅を越えたテキストは表示されません。列幅を広げることでテキスト全体を表示できますが、表が間延びして見づらくなってしまいます

  • まずは一般的な文書作成ソフトと同じ方法で改行してみます。セルをダブルクリックして選択し、カーソルを改行したい位置に合わせて[Enter]キーを押しましょう

  • 下のセルに選択が移動するだけで、テキストの改行は行われませんでした

  • セル内でテキストを改行するには、[Alt]キーを使います。セルを選択して改行したい位置にカーソルを合わせたら[Alt]キーを押しながら[Enter]キーを押してみます

  • 今度はカーソル位置で改行が実行されました。この方法を使ってセル内のテキストを改行し、見やすい表に仕上げましょう

セルの幅に合わせてテキストを折り返す

列幅を変えずにセルのテキスト全体を表示させたい場合は、セル内で改行する以外の方法も使えます。ここではセルの幅に合わせてテキストを折り返す方法や、セルの幅に収まるようにテキストのサイズを縮小する方法を紹介します。

  • テキストがはみ出ているセルをクリックして選択し、「ホーム」タブ リボンの「配置」欄にある「折り返して全体を表示する」をクリックします

  • セルの幅に合わせてテキストが折り返されます。改行されているわけではないので、セルの幅を変えれば折り返し位置も変更されます

  • 改行や折り返しでセルの行幅が変わるのも好ましくないという場合は、セルを選択して「ホーム」タブの「書式」アイコンをクリックし、表示されるメニューから「セルの書式設定」を選択します

  • 「セルの書式設定」画面が表示されたら、「配置」タブを選択して「文字の制御」欄の「縮小して全体を表示する」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします

  • セルの幅に合わせてテキストのサイズが縮小され、全体が表示されるようになりました。表の行幅を揃えたい場合は、こちらの方法を利用するのがオススメです