Safariの「プライベートタブ」は、閲覧履歴やフォームに入力した情報を残さないプライバシー保護機能。いちどページ/タブを閉じてしまうと、どのWEBサイトにいつアクセスしたのか、自分ですら振り返ることができなくなります。

プライベートタブはいわば"WEBの足跡"を残さないための機能ですが、安易に利用されては困るシチュエーションも存在します。たとえば、子どものiPhone。プライベートタブを使われてしまっては、好ましからざるWEBサイトにアクセスしていないか確認できません。履歴を残さないプライベートタブそのものを禁止しないことには、逃げ道を塞げないのです。

Safariのオプション設定にプライベートタブを無効化するスイッチは用意されていませんが、コンテンツ制限をくわえることによって、プライベートタブを非表示にできます。

手順はかんたん、「設定」→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」の順に画面を開き、「コンテンツ制限」→「WEBコンテンツ」の順にタップします。次の画面で「無制限アクセス」以外の項目にチェックを入れ、Safariに戻ればプライベートタブを新規作成できなくなっているはずです。

なお、チェックを入れるのは「成人向けWEBサイトを制限」か「許可されたWEBサイトのみ」の2択となりますが、後者を選ぶとGoogleやYahoo!などの検索エンジンですら未登録ではアクセスできなくなるため、WEBブラウザとしての機能性が大幅に低下します。やや刺激的な名称ではあるものの、前者を選ぶほうが手間はかからないでしょう。

操作手順をカンタン解説

  • iPad iPhone Hacks

    1 「設定」→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」の順に画面を開きます

  • iPad iPhone Hacks

    2 「Webコンテンツ」をタップします