富士フイルムのXシリーズを代表するカメラであり、人気の高いモデルといえば、“X-Tひとケタ機"であることに異論はないでしょう。最新モデルの「X-T4」は、末尾の数字が示すとおり4世代目となるモデルです。機能や装備面の進化をチェックした前回の「ファンが感じた“残念な改良点” 」に続き、今回は実写でX-T4の実力や魅力に迫ってみたいと思います。

  • 新たにセンサーシフト方式の手ブレ補正機構を備えた「X-T4」。キーデバイスには先代モデルの「X-T3」から大きな変更はありませんが、富士フイルムらしい階調豊かで美しい色再現性の写りが得られます。実売価格は、ボディ単体モデルが税込み22万円前後、標準ズームレンズ「XF16-80mmF4 R OIS WR」が付属するレンズキットが税込み29万円前後

X-Pro3などの上位モデルと同じキーデバイスを搭載

静止画撮影を主な目的とする写真愛好家から見た場合、大きな進化点といえばセンサーシフト方式の手ブレ補正機構を備えたことといえます。これは、多くのXFレンズで最高6.5段分の補正効果が得られる強力なもの。XFレンズは魅力ある単焦点レンズが多くラインナップされていますが、そのほとんどがコンパクトな設計であるため、構造的にレンズシフト方式の手ブレ補正機構を備えていません。X-T4は、そのようなXFレンズを愛用するユーザーにとっては見逃せないものといえます。

キーデバイスは、先代「X-T3」と基本的に同じ。イメージセンサーは裏面照射型の有効2610万画素「X-Trans CMOS 4センサー」、画像処理エンジンは「X-Processor 4」となります。新しいデバイスではないのかとガッカリする人がいるかもしれませんが、いずれも最新の「X-Pro3」「X100V」と同じイメージセンサーと画像処理エンジンであり、メーカーとしてこのデバイスには自信と思い入れがあるようです。もちろん、X-T4へはチューニングしたうえで搭載されていますので、十分期待に応えられるものと思います。実際、階調再現性や高感度特性など隙を感じさせませんし、掲載した作例を見ていただければ分かるとおり、Xシリーズらしい美しい絵づくりは写真を大いに撮る気にさせてくれます。

  • ISO160

  • ISO200

  • ISO400

  • ISO800

  • ISO1600

  • ISO3200

  • ISO6400

  • ISO12800

  • X-T4の感度域は 標準出力感度でISO160からISO12800までとなります。ISO3200まではノイズもよく抑えられており、ISO6400から徐々に目立ち始めるようになります。なお、拡張モードによりISO80/100/125/25600/51200相当の設定も可能となります

被写体と対峙するためのEVFは0.5型369万ドットでスペックとしては申し分なく、高精細で鮮明。実際の被写体の動きとEVFに表示される画像のタイムラグもミラーレスとしてはきわめて小さく、動体撮影でも不足を感じさせません。液晶モニターも、タッチパネル付きの3インチ162万ドットと不足を感じない内容です。ただし、先代までのチルト式ではなく、動画撮影に有利なバリアングル式となりました。

  • 液晶モニターは、X-T3までのチルトタイプからバリアングルタイプに一新。静止画撮影でも自撮りのときは便利ですが、ローアングルやハイアングル撮影時では、チルトタイプに比べ光軸から大きく離れるため、アングルが調整しにくく感じることも少なくありません

フィルムシミュレーションは、新たなシミュレーションの搭載こそなかったものの、定評のある色の再現性が楽しめることはこれまでどおり。クオリティは高く、私の知るあるプロのカメラマンはJPEGのみで撮影を行っているほどです。もちろん、パソコン用の現像ソフト「X RAW STUDIO」を使えば、撮影後でもカメラで撮影したときとまったく同じ結果を得ることができます。

絵づくりに関する部分としては、新たに「カラークロームブルー」が搭載されました。青をより深みのある色にする機能で、空の青さに物足りなさを感じたときや強調したいときなどに使用します。風景撮影では知っておいて損のない機能といえるでしょう。似たような名称の機能として、先代のX-T3で搭載されたカラークロームエフェクトも継承されています。こちらは原色系の色の飽和を抑える内容で、彩度が高めのフィルムシミュレーションを使用したときなどに積極的に活用するとよいでしょう。

  • オフ

  • カラークロームブルーは青色を強調する機能です。オフ/弱/強から強さが選べ、空の青さなど表現意図などに応じて調整できます。半逆光のようなシーンで空の青さが物足りないときなどは、この機能が効果的です

  • オフ

  • カラークロームエフェクトは原色系の色の飽和を抑える機能です。写真では赤色に注目してもらいたいのですが、効果が強いほどその色が深くなるのが分かるかと思います。花の撮影など原色系の色飽和を抑えたいときに効果的です

富士フイルムならではの色再現は大きな魅力

今回のレビューで掲載したすべての作例は、いわゆる“撮って出し"と呼ばれるJPEG画像そのままとなります。基本的には、デフォルトの「PROVIA/スタンダード」と「Velvia/ビビッド」を選択して撮影していますが、いずれも階調豊かな色再現性は長年写真用フィルムを作り続けている同社ならではといえるもの。普段は仕上がり設定をいじっていない人も、積極的に活用してもらいたく思えます。

X-T4が生み出す写真も、これまでのXシリーズと同様に撮影者の期待に大いに応えるものです。掲載した作例を見るたびに、このカメラで積極的に作品撮りを楽しんでみたいと思わずにはいられません。ただし、前回掲載した機能編でも記しましたが、動画撮影を強く意識した操作系など、静止画撮影をメインに楽しむ写真愛好家にとっては残念に思えるところも散見できます。今後の“X-Tひとケタ機"の展開に期待したいところです。

  • レンズの写りのよさと相まって、美しい色再現性です。日陰での撮影ですが、オートホワイトバランス(雰囲気優先)も良好。見た目の印象に近い画像を生成しています。絞り開放ながら、ピントも被写体にしっかりと合っています XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF4.0・1/180秒)・+1.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG

  • 良好な階調再現性です。特に、右上の空の部分を見てもらえば分かるとおり、ハイライトからはじまる階調はトーンジャンプすることなく再現されています。解像感もきわめて高く、ビルのレンガひとつひとつを鮮明に描写しています XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF5.6・1/550秒)・ISO160・WBオート・PROVIA・JPEG

  • 搭載するセンサーシフト方式の手ブレ補正機構は5軸対応。近接撮影で発生することの多いシフトブレにも対応しており、作例のような準マクロ撮影でも心強い味方です。フィルムシミュレーションは「Velvia/ビビッド」で撮影しました XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF4.0・1/180秒)・+1.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG

  • バリアングルとなった液晶モニターをボディから開いたうえで上方向に向け、ライブビューで撮影しています。チルト式だったこれまでと異なり、光軸から液晶面が離れてしまうため、アングルの微調整などはしづらく感じます XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF4.0・1/350秒)・+0.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG

  • 強力な手ブレ補正機構により、安心して被写体にレンズが向けられるカメラです。なお、使用したレンズはレンズシフト方式の手ブレ補正機構を備えていますが、X-T4に装着するとボディ内の手ブレ補正との“協調動作”に切り替わります XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF4.0・1/160秒)・+0.67EV・ISO160・WBオート・PROVIA・JPEG

  • 近接撮影では、強力な5軸センサーシフト方式の手ブレ補正機構に加え、高感度に強いことも心強い味方となります。作例はISO640ですが、ISO3200までならノイズのことなど心配する必要はないでしょう XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF8.0・1/120秒)・+0.67EV・ISO640・WBオート・PROVIA・JPEG

  • ちょっと意地悪して真逆光で撮影してみました。作例の露出では、太陽とそのまわりは白トビしていますが、階調のある部分はトーンジャンプなどは見受けられず、ナチュラルな仕上がりです XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF8.0・1/500秒)・-0.33EV・ISO160・WBオート・PROVIA・JPEG

  • ホワイトバランスはオートのホワイト優先としています。ビルの日陰となったところで撮影しましたが、青かぶりはよく抑えられており、見た目に自然な色あいとなりました。EVFは高精細で、ピントの状態も把握しやすく感じました XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF8.0・1/60秒)・+0.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG

  • こちらも意地悪して、微妙に異なる色調の被写体を撮影してみました。フィルムシミュレーションは「Velvia/ビビッド」を選択していますが、その色再現性の高さは圧倒的。ぱっと見に重きを置いたメリハリある写りが得られました XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF8.0・1/105秒)・+0.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG

  • ハイライトからシャドーまで、不足のない階調再現性です。効率よく光を取り込める裏面照射型のイメージセンサーならではといえます。さらにローパスフィルターレスであることから、きわめてシャープネスの高い画像となりました XF16-80mmF4 R OIS WR・絞り優先AE(絞りF8.0・1/400秒)・-0.33EV補正・ISO160・WBオート・Velvia・JPEG