PS5がついに発表された。2020年末に発売予定で、PS4の約100倍という超高速の読み込み速度が話題となっている。PS4は大きく分けて、初期型、薄型、PS4 Proの3モデルが存在するが、そのどれもがデータの保存に転送速度の遅いHDDが採用されている。しかも、初期型と薄型は容量が500GBまたは1TBしかない(PS4 Proは1TBと2TB)。最近のゲームは、インストールに50GB以上の容量を必要とすることも珍しくない。PS4はパッケージ版でも、基本的にデータはHDDへとインストールされる。つまり、パッケージ版を購入してもHDDの節約にはならない。ダウンロード版と同じだけのHDD容量が必要となるわけだ。

  • 数10GBの保存先を要するゲームが増えている。モンスターハンターワールド:アイスボーンは54.2GBに達している

    数10GBの保存先を要するゲームが増えている。モンスターハンターワールド:アイスボーンは54.2GBに達している

複数のゲームをプレイする人は、あまり遊ばなくなったゲームを削除するなど、HDD容量のやりくりに苦労しているはず。しかも、HDDはデータの読み込みが遅い。モンスターハンターワールド:アイスボーンのように、広大なマップを読み込むようなゲームでは、ロード時間が長くなる傾向にある。

この容量不足&ロード時間の遅さを解決してくれるのが、内蔵されているHDDをデータ転送速度が高速なSSDに交換すること。SSDの中でも2TBの大容量モデルを選べば、PS5の発売まで容量不足になる可能性は低いはず。

というわけで、ここではPS4でのゲームプレイを快適にしてくれるSSDへの交換方法を紹介していきたい。ゲームのロード時間がどこまで変わるかも試していく。

薄型PS4の内蔵HDDをSSDに換装する手順をすべて見せます!

今回は薄型PS4(CUH-2100AB01)での内蔵HDDからSSDへの換装作業を紹介する。換装作業は初期型、PS4 Proでも行えるが内蔵HDDの取り外し方が異なるので作業するときは注意してほしい。そのほかのセーブデータの移行や、システムソフトウェアのインストールといった手順はどのPS4でも同じだ。

なお、換装作業は自己責任となるが、PS4は最初から内蔵HDDが交換できるようにデザインされており、保証が切れることはない。

さて、作業に入る前に必要なものを紹介しておこう。

・PS4本体

・DUALSHOCK4(コントローラ)と本体に接続するためのUSBケーブル

・SSD(2.5インチのSerial ATA接続で容量160GB以上)

・精密プラスドライバー(サイズはH型1番)

・USBメモリ(8GB以上あれば十分)

・インターネットに接続されたパソコン

ドライバーはHDDの取り外しやSSDの固定に必要で、USBメモリはゲームのセーブデータやシステムソフトウェアの保存に使用する。8GB以上の容量があれば足りなくなることはないだろう。なお、USBメモリは細いタイプがオススメだ。薄型PS4のUSBポートは上下が狭く、分厚いUSBメモリは物理的に挿さらないためだ。

  • 分厚い形状のUSBメモリは上下が干渉して接続できない

そして、システムソフトウェアのダウンロードとそれをUSBメモリにコピーする必要があるため、インターネットに接続されたパソコンも必要だ。また、忘れやすいのがUSBケーブル。SSD交換後に行うシステムソフトウェアのインストールは、コントローラをワイヤレス接続ができず、DUALSHOCK4をUSBケーブルで本体と接続する必要がある。

主役と言えるSSDだが、PS4に組み込めるのは厚さ9.5mm以下、容量160GB以上、2.5インチのSerial ATA接続となる。現在の2.5インチサイズのSSDなら、ほとんど当てはまるのであまり心配はいらない。今回は「容量不足&ロード時間の遅さ解消」が目的なので、Crucial MX500の2TBモデル(CT2000MX500SSD1/JP)を用意した。

Crucial MX500は2.5インチサイズのSSDとして大定番と言えるもので、大手メモリメーカーMicronの個人向けブランドの製品ということもあり、PCマニア層からの信頼も厚い。性能、耐久性ともに申し分なく、PS4で長く安心して使えるSSDだ。

  • Crucial MX500の2TBモデル「CT2000MX500SSD1/JP」。実売価格は27,000円前後。7mm厚だが9.5mm厚に調整できるスペーサーも付属する

【その1】セーブデータをUSBメモリにバックアップ

まずは、PS4のセーブデータをUSBメモリにバックアップする。この時注意すべきは、USBメモリのフォーマット形式だ。PS4はNTFS形式を認識できない。USBメモリは製品によってフォーマット形式が異なるため、あらかじめパソコンでUSBメモリをFAT32またはexFAT形式でフォーマットしておくのがベストだ。

  • USBメモリはFAT32またはexFAT形式でフォーマットしておく

  • PS4にUSBメモリを接続する

  • PS4の[設定]メニューから[アプリケーションセーブデータ管理]を選ぶ

  • [本体ストレージのセーブデータ]を選択、[USBストレージ機器にコピーする]を選ぶ

  • コントローラの[OPTION]ボタンを押すと画面右に表示される[複数のアプリケーションを選ぶ]を選択

  • 右上の[すべて選ぶ]を選択して、右下の[コピー]を押す。これでUSBメモリにセーブデータが保存される

【その2】システムソフトウェアをUSBメモリにコピーする

  • コピーが終了したらパソコンにUSBメモリを接続する

  • USBメモリにはセーブデータのバックアップ時に「PS4」フォルダが作成される。そのPS4フォルダ内に「UPDATE」という名前のフォルダを作成する。フォルダ名が違うと進まないので注意

  • ダウンロードした「PS4UPDATE.PUP」というファイルを、USBメモリの「UPDATE」フォルダにコピーする。これでシステムソフトウェアの準備は完了だ

【その3】薄型PS4の内蔵HDDをSSDに換装する

  • PS4の底面を上に向けて置く。背面にあるカバーを左側面方向にズラす。これでカバーが外せる

  • 背面側にある○△□×を描かれたネジをドライバーで外す

  • 左側面から出ている帯状のプラスチックをつまんで引っ張る。これでHDDを固定しているトレイが引き抜ける

  • 両側面にあるHDDを固定しているネジを外し、HDDをトレイから取り除く

  • SSDに付属しているスペーサーをトレイに入れる。こうすることでSSDとトレイのネジ穴を合わせることができる。HDDは裏側が見えるようにして設置し、ネジで固定する

  • トレイをPS4に戻してネジで固定。カバーを付ければ作業は完了となる

【その4】システムソフトウェアをインストールする

SSDに換装したPS4はデータが何も入っていない状態になる。そのため、USBメモリにコピーしたシステムソフトウェアをSSDにインストールし、初期設定を行う必要がある。そして、同じくUSBメモリにバックアップしたセーブデータをPS4にコピーすれば使用する準備は完了だ。ただし、ゲームもすべて空っぽの状態になるため、プレイするためには再インストールが必要だ。

  • USBメモリとUSBケーブルを接続したDUALSHOCK4を、それぞれPS4のUSBポートに接続する

  • PS4の電源を入れるとセーフモードが起動する。まずはDUALSHOCK4のPSボタンを押す

  • システムソフトウェアが保存されたUSBメモリの接続を求められるので、[OK]を選択する

  • PS4を初期化すると表示されるので、[はい]を選択。これでシステムソフトウェアがインストールされる

  • PS4が再起動すると初期設定の画面が表示される。これはPS4の購入時に表示されるものと同じ。ネットワーク設定などを行う

  • 初期設定の終了し、メインの画面が表示されたら[設定]メニューから[アプリケーションセーブデータ管理]を選択

  • [USBストレージ機器のセーブデータ]→[本体ストレージにコピーする]と選ぶ。事前に設定していなければ、ここでPlayStation Networkへのサインイン画面が表示されるのでサインインを済ませよう

  • コントローラの[OPTIONS]ボタンを押して右に表示される[複数のアプリケーションを選ぶ]を選択

  • [すべて選ぶ]を押し、[コピー]を選ぶ。これでセーブデータがUSBメモリから本体にコピーされる

  • あとは必要に応じて[ライブラリー]メニューからゲームやアプリをダウンロードしよう

起動もロードも大幅短縮! SSD化の効果を試す

これで内蔵HDDをSSDに換装する作業は完了だ。ここからは、SSD化によってどこまでゲームの起動とロード時間が短縮されるか試してみたい。すべてストップウォッチを使った手動計測となるため、ブレを考慮して3回測定した平均値を掲載。また、今回のテストではすべてパッケージ版を使用している。

  • DEATH STRANDINGの起動時間とロード時間

まずは小島秀夫監督が手がけた作品として話題となったアクションゲーム「DEATH STRANDING」から。PS4のメニュー画面からタイトル画面が出るまでを「起動」、CONTINUEを選択して「ゲームを再開」が表示されるまでを「ロード」とした。起動、ロードともに短縮されているが、注目はロード時間だろう。広いマップを読み込むゲームだけにSSD化の効果は大きく、ロード時間は半分以下となった。

  • モンスターハンターワールド:アイスボーンの起動時間とロード時間

次は根強い人気を誇るアクションRPG「モンスターハンターワールド:アイスボーン」だ。PS4のメニュー画面からネットワークに接続されるまでを「起動」、セーブデータを選び、ゲームがプレイできるようになるまでを「ロード」とした。これも広大なマップを読み込むゲームだけに効果は絶大で、ロード時間は4分の1以下まで短縮された。

  • Marvel's Spider-Manの起動時間とロード時間

オープンワールド系のアクションゲーム「Marvel's Spider-Man」でもテストする。PS4のメニュー画面からタイトル画面が出るまでを「起動」、CONTINUEを選択してゲームが再開されるまでを「ロード」とした。これも、これまでの2本と同様だ。SSDではロード時間は半分以下と大幅に短縮されている。マップの広いゲームでは特に効果が高いことが分かる結果だ。

  • PS4の起動時間

最後にPS4本体の起動時間をチェックしよう。大幅ではないが、SSDのほうが起動時間は短くなるのが分かる。PS4は外付けのUSBストレージにゲームをインストールすることも可能。そのため、外付けSSDを使ってゲームの起動やロード時間を短縮する手もあるが、それではPS4本体の起動時間は短縮できない。起動時間の高速化は内蔵HDDをSSDに交換したときのメリットだ。それに外付けSSDではUSBポートを1つ使ってしまう。薄型PS4はUSBポートが2基しかないので、外付けSSDで1つ埋めてしまうのは使い勝手が悪くなってしまう。特にPS VRを使うためにはUSBポートが1基必要なので、筆者のようにPS VRでよくゲームをプレイする人間にとっては、避けたいところだ。

というわけで、ここまで薄型PS4の内蔵HDDをSSDに換装する手順を紹介してきた。2TBのSSDを使えば、大容量化と高速化の両方を達成できるのが分かっていただけたと思う。500GBの遅いHDDで容量のやりくりをしているなら、ぜひとも挑戦してみてほしい。