2020年2月14日のバレンタインデー、僕はキヤノンの「EOS-1D X Mark III」(以下、1DX III)を新宿の量販店で購入した。この日は、1D X IIIの発売日でもあった。

  • キヤノンのデジタル一眼レフのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」。カメラ量販店での実売価格は税込み88万円前後(+ポイント10%)

僕は別に、特定のカメラの方式や形式にこだわりがあるわけではない。それゆえ、あれだけ好きだったフィルムカメラももうほとんど使わないし、「光学ファインダーをのぞいてこそカメラ!」なんて気持ちはまったくなく、現在考えられるカメラの理想的な方式はミラーレスだと10年以上前から思っている。

なのになぜ、今さらこの「一眼レフカメラ」を購入したのか?

画質はともかく、ほかにはない使いやすさがある

そもそも僕は、この「EOS-1Dシリーズ」を代々、使い続けている。ここ20年ほどの間に発売されたデジタルカメラの多くはカメラテストの仕事で使ってきたし、その数は年間80台を超えていた時期もあった。それでも、仕事撮影のメインで使うのはEOS-1Dシリーズで、2004年の「EOS-1D Mark II」、2007年の「EOS-1Ds Mark III」、2012年の「EOS-1D X」、2016年の「EOS-1D X Mark II」と使い続けてきた。

  • 存在感のあるデザインのEOS-1D X Mark III。縦位置グリップ一体型のボディや操作ボタンの配置など、基本的なスタイルは2001年登場の初代モデル「EOS-1D」を継承している

最も大きな理由は「使いやすかったから」。ファインダーが見やすく、露出設定のダイヤルが回しやすく、長時間握っても疲れにくく、シャッターを切った瞬間が分かりやすい。

僕は人物の撮影がおもな仕事で、連写はまず使わないこともあり、「スポーツを撮らないのにそんなカメラは重くない?」と聞かれることがよくある。確かにボディはちょっと重たいが、カメラが快適に握れ、ファインダーがよく見え、確実なフィーリングで撮影できるこのシリーズが好きなのだ。

これだけのカメラを実写し、カメラグランプリの外部審査員もしているので、よくカメラファンに「吉村さんが使ってるカメラが、現在いちばん画質が良いカメラですよね?」と尋ねられることがあるが、僕は画質でこのカメラを選んではいない。仕事で使える画質をクリアしていることはもちろんだが、ある一定以上の画質ならば使い勝手のほうが僕にとっては数倍大事なのだ。

同じキヤノンのフルサイズ一眼レフならば、プロでもアマチュアの間でも定番となっている「EOS 5D」シリーズという選択肢もある。それなのに僕が1Dシリーズを使う理由は、フィーリングと確実性にある。シャッターの切れ味がよいうえ、シャッターを切った瞬間に「うまく撮れた」「ちょっとブレてしまったかも?」といったことが感覚的に分かりやすいのだ。また、ストロボ撮影の機会が多い自分としては、1/250秒の速いシンクロ速度が使えるのも、5Dの1/200秒に比べて魅力といえる。

  • 合計17もの武道段位を持つという、韓国出身のタレントでグラビアアイドルでもある「イ・リン」ちゃん(Instagram ID:「ringo_lyn」、Twitter ID:「Ringo_lyn」)の撮影風景。驚異的な身体能力を切り取ろうと、1DX IIIの16コマ連写で撮影。照明に使ったProfoto社のバッテリー内蔵ストロボ「Profoto B10」は、このコマ速での連写でもミスなく発光してくれた。撮れた写真は某カメラ誌にて発表予定

また、別売のワイヤレストランスミッターの信頼性も魅力だと感じている。僕の仕事は、タレントやモデルをロケ撮影することが多いので、テザー撮影(撮影した写真がパソコンやタブレットなどの画面に表示され、スタッフで確認しながら進める撮影のこと)ができることが重要。1Dシリーズのワイヤレストランスミッターは、このワイヤレステザーの信頼性がとても高く、Wi-Fi搭載カードや他のカメラ内蔵Wi-Fiで接続した時よりも安心して写真転送が行えるのだ。

現在使っているiPad Pro 12.9インチモデルとの接続では、見通し100mといった離れた状況でもワイヤレス転送が可能だったし、途中でカメラのバッテリーが切れた場合、電源を切ってバッテリーを入れ直した直後に自動的に接続されて再転送が始まったりと、とても信頼を置いて使える仕上がりになっている。ロケ撮影の時でもケーブルに煩わされることなく、ヘアメイクや編集さんがリアルタイムで写真の仕上がりを確認できるので、撮影がとてもスムーズに進められる。

  • 人物撮影のロケは、純正のワイヤレストランスミッター「WFT-E9B」を装着し、iPad Proにワイヤレステザー転送しながら行う。レンズは、現在お気に入りのシグマ「85mm F1.4 DG HSM」の出番が多い

ただし、キヤノン純正のWi-Fi転送アプリ「Canon Camera Connect」では、撮影するとリアルタイムで写真が送られてくるのは良いのだが、その写真は数センチ角の小さなサムネイルだけの表示。どんなに大きな画面のタブレットを使っても、画面いっぱいの大きな表示はできないので、僕は一枚一枚がリアルタイムで大きく表示されるiPad用アプリ「ShutterSnitch」を使ってワイヤレステザーしている。

実際に触るまで購入は見送ろうと思っていた

こうして、EOS-1D系をずっと仕事で使ってきた自分だが、今回の1DX IIIはさすがに購入を見送ろうと思っていた。近年は、ソニーのフルサイズミラーレスの人気が高く、さすがのキヤノンもこのジャンルに注力し、一眼レフであるこの機種は既存の1DX IIをベースに、いくつかのデバイスを置き換えたマイナーチェンジにとどまるだろうと予想していたからだ。ところが、昨年末レビュー用に届いた1DX IIIを手にすると、主要メカニズムを一新して完成度を高めた、“外観がそっくりな別物”に感じられたからだ。

一番の進化は、シャッターのフィーリング。これまでも動きに暴れが少なく、残響音をあまり残さないシャッター音だったが、1DX IIIはさらにくぐもったような音になり、振動は小さくはないものの収束が驚くほど速くなった。また、ミラーの動きが高速化してバウンドも少なくなったためか、シャッターを切った時のファインダー像の流れや乱れが格段に少なくなっているのだ。人物撮影が主で、連写機能は年に数度も使わない自分だが、このフィーリングならば気持ちよく、確実な仕事ができる予感がした。

もうひとつ、1DX IIIを購入しようと思ったきっかけが、動画撮影機能の充実だ。これまで使っていたパナソニックのマイクロフォーサーズ機を紛失して困っていたところ、シネマカメラ並みに充実した1DX IIIの動画撮影機能が補完してくれるのではないか…と思い始めた。もちろん、一眼レフの写真用レンズではドキュメンタリー的な撮影をオートフォーカスで行うのは難しいのだが、映像プロダクション的な撮影をするときには豊富なレンズでRAW動画記録まで1台で完結させられるのは本当に魅力。手持ちのDJIのジンバル「RONIN-S」と組み合わせて使えることが確認できたことも大きい。

  • 動画撮影機としても活躍するEOS-1D X Mark III。手ぶれ補正機構を搭載していないので、多くの場合は三脚に据えて使っている。手持ちの場合は、光学式手ぶれ補正付きのEFレンズ「EF24-105mm F4L IS USM」を標準レンズとしている

EVFこそないが、背面液晶をオンにすれば現在のミラーレスカメラと同等水準の撮影ができる。キヤノン独自のデュアルピクセルCMOS AFに対応したセンサーのおかげでAFもかなり快適だし、ドラマ撮影などシャッター音を出すことができない場所での電子シャッターの無音撮影も可能になった。

もちろん、不満がないわけではない。ひとつは、ファインダースクリーンの交換が推奨されなくなってしまったこと。標準のスクリーンはかなり明るく見える代わりに、ピントの山がいまひとつつかみづらい。これまでの1D系ならば、ちょっと暗くなる代わりにピントが見やすい別売のレーザーマットスクリーンに交換できたのだが、それができなくなった。歴代の1D系をそうして使ってきた自分としては、特にマニュアルフォーカス時などに、これまでよりちょっぴり不安が付きまとうようになった。

また、1Ds IIIや1D X時代に使っていたバッテリーが基本的に使えなくなったのも、もったいない感じがした。旧バッテリーのLP-E4は起動すらしないし、LP-E4Nは撮影できるものの、残量が数十%ある表示のまま電源が落ちてしまう。仕方がないので、旧バッテリーを処分して新バッテリーを追加購入した。

EOS Rはボディとレンズの両方に気がかりな点が

1DX IIIの購入にあたっては、すでに発表されているキヤノンのプロ向けミラーレス「EOS R5」の存在も気になった。発売済みの「EOS R」や「EOS RP」なども使ってはみたが、従来の一眼レフEOSとあえて別物とした操作方法が僕にはどうしてもなじめなかった。だが、EOS R5は写真で見る限り、これまでのEOSの操作を踏襲したモデルに仕上がっているようであり、かなり期待している。

しかし、EOS Rシリーズはもう1つ心配ごとがある。RFレンズは操作系の統一がなされていないことだ。一眼レフ用のEFレンズの場合、プロが愛用する高性能のLレンズはレンズの操作が統一されている。レンズ先端のリングはフォーカスリング、マウント側のリングはズームリング、という具合だ。

RFレンズでは、コントロールリングという新しいリングが加わったのだが、装備されている位置がレンズ先端だったりマウント側だったりと、たとえLレンズでもバラバラなのだ。さらに、低価格のRFレンズでは、このリングがマニュアルフォーカスリングと切り替え式で兼用となるため、クリックなしのスムーズ回転となり、どうにも扱いにくい。24-70mm F2.8と70-200mm F2.8という、プロなら必ずそろえて使うであろうメジャーレンズでも、この3つのリングの位置がてんでバラバラなのだ。

使用頻度の高い道具は、細かなスペックよりも、こういったスペックに現れない小さな使い勝手の組み合わせで、撮影中のストレスや失敗率が大きく変わってくる。将来的に、次世代のモデルで統一するようにしてくれたらありがたいと思っている。

  • フルサイズミラーレス「EOS R5」に装着したRFマウントの超望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」。もっともレンズマウント寄りにあるリングがコントロールリングだ

とはいえ、冒頭でも述べたように、これからはミラーレスの時代だと思っているので、僕個人的には新しいEFレンズはもう購入しないと決めている。次のオリンピックが来る4年後まで、手持ちのレンズとこの1DX IIIで、精一杯仕事をこなしたいと考えている。

  • スタジオで、クリップオンストロボひとつの照明だけで人物を撮影。AFの精度も高く、絞り開放状態の撮影でもカメラ任せで撮影ができて快適だ(モデル:水穂まき EF24-70mm F2.8L USM II使用、F2.8、1/125秒、ISO200、WB:4900K、Profoto A1X使用、Adobe Lightroom Classic CCで現像)

  • 晴天の日に撮影。画素数は有効2010万画素と、現行のデジタルカメラとしては最低クラスの画素数しかない。だが、先代のEOS-1D X Mark IIよりも全体に精細さが増し、輪郭が細く、キレが良くなった印象を受ける(SIGMA 50mmF1.4DG HSM使用、F9、1/200秒、ISO200、WB:5000K、HEIF撮影ファイルを本体内でJPEGに変換)