いよいよ、あと半年を切った2020年の東京五輪。各国の選手の活躍に注目が集まる一方で、それを撮るプロカメラマンの機材にもメーカー同士のバトルがあります。キヤノンとニコンの一眼レフの牙城だったスポーツ報道用カメラに、昨今はソニーもミラーレスで参入。カメラファンにとっては、東京五輪のもう一つの見どころとなっています。

そうしたなか、カメラでトップシェアを誇るキヤノンが、デジタル一眼レフカメラの新フラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」を2月14日に発売しました。同社は、このEOS-1D X Mark IIIの投入で、東京五輪のカメラマンシェアで80%を目指すとしています。キヤノンによると、リオ五輪(2016年)では69%、ラグビーW杯(2019年)では70%だったとのことです。

  • キヤノンが2月14日に販売を開始したデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」。実売価格は税込み88万円前後(+ポイント10%)

発売に先立つ2月6日、EOS-1D X Mark IIIを体験できる関係者向けのイベントが開催されました。今回の体験会は、ラグビーチーム「キヤノンイーグルス」の練習拠点であるキヤノンスポーツパーク(東京都町田市)で行われ、選手の練習風景を撮影することができました。一眼レフのフラッグシップモデルを使うと、本格的なスポーツ撮影の経験がない素人でもどこまでカメラ頼りで撮影できるか、挑戦してみました!

  • 本格的なスポーツ撮影の経験のない人が、ボディーとレンズを合わせて200万円超のプロ向け機材でどれだけバシッと撮影できるのか、ドキドキしながら試してみた

ミラーレス時代の一眼レフの意義

EOS-1D X Mark IIIは、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラで、おもに報道やスポーツの分野で使われる高性能モデルです。ファインダー撮影時の連写速度は最高16コマ/秒で、スポーツ撮影で重要なAF追従性能も高めました。店頭予想価格は税込み88万円前後と、値段もかなりのもの。

  • 縦位置グリップ一体型のボディーを継承するEOS-1D X Mark III

  • 背面の操作ボタン類は、AF ONボタンに光学式センサーを内蔵したスマートコントローラーを新たに搭載したのがポイント

昨今はミラーレスカメラが幅を利かせていて、ともすると「一眼レフカメラは過去のもの」という認識を持つ人もいるかもしれません。そのようななか、キヤノンはEOS-1D X Mark IIIを「EOS-1系の最高傑作。究極の光学ファインダーカメラ」と呼び、仕上がりに自信を見せます。しかし、キヤノン自身もフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズに力を入れてきているなか、フラッグシップ機をミラーレスではなく一眼レフでリリースするのはなぜでしょうか?

キヤノンによると、もともとEOS-1Dシリーズの良さとして、ファインダー撮影時のAF性能を追求することはもちろん、望遠レンズを付けたときの使いやすさを追求するにあたってもファインダーをのぞくタイプが必要だったそう。その一方で、デュアルピクセルCMOS AFの搭載でライブビュー撮影時の性能がミラーレスシステムと同等に高まったことから、同社では「一眼レフカメラの良さにミラーレスの性能も加えた『全部載せ』のカメラになりました」とアピールします。

小型軽量化が図れるミラーレスカメラに比べると圧倒的に大柄なボディですが、バッテリーの持ちや耐久性などを考えると、この形がベストだとのこと。一眼レフで商品化することは、早い段階で決まっていたそうです。

ところで、ファインダーの形式には光学ファインダーとEVFがありますが、なぜ光学ファインダーを採用したのでしょうか?

「EVFの場合、動きの速いものを撮る場合に表示に若干の遅れやブレが出てしまいます。その点、光学ファインダーはそのようなデメリットが一切なく、肉眼で見ているのと同様に自分のタイミングでシャッターが切れる点が重要です。また、望遠レンズを長時間覗く場合の目の疲労についても、光学ファインダーのほうが少ないと考えています」(キヤノン担当者)。

  • 動きの素早い被写体を長時間追い続ける場合など、光学ファインダーは電子ビューファインダーよりも目が疲れにくいという

光学ファインダーを外して代わりにEVFを取り付ければ、EVFを用いることも不可能ではないそうですが、それでも光学ファインダーは譲れなかったそうです。

「ライブビューの性能も高いので、それをEVFに映すだけだったら技術的にはできると思います。その方法で光学ファインダーに近い性能は実現できるかもしれませんが、今まで光学ファインダーに慣れているユーザーに対して光学ファインダーを搭載する必要があると考えました。ミラーレスの良い部分も取り込んで、どちらの撮影もできるようにしたつもりですが、この機種ではファインダーをEVFにする必要はないと考えています」(キヤノン)。

AFは申し分なし。高感度画質も綺麗

EOS-1D X Mark IIIがこだわったのは、AF性能だけではありません。画質面では、イメージセンサー、ローパスフィルター、画像処理エンジンなどが新たに開発され、画質が向上しています。なお、画素数自体は有効2,010万画素で前モデルと同等ですが、画素ピッチが広いため高感度画質は高まっています。

今回の撮影では、素早い動きをする選手を超望遠レンズで追いかけるので、1/2000秒~1/2500秒といった高速シャッターを切る必要があります。加えて、撮影時刻が日没前後となったため、光が十分とはいえない状況での撮影となりました。そのため、感度は高いときでISO40000程度まで上がってしまいましたが、スポーツ写真としてみれば十分きれいな画質でした。

筆者は、スポーツ撮影の経験がほとんどないので、今回はEOS-1D X Mark IIIをできるだけカメラ任せのオート寄りの設定にして、どれくらい撮れるのかを試してみました。

  • オートに近い撮影設定でどれだけ被写体を捉えられるのか、チャレンジしてみた

AFモードは「AIサーボAF」(コンティニュアスAF)にし、測距エリアは「自動選択AF」で自動的に被写体を探してピント合わせをするようにしました。ファインダーAFでも顔検知と頭部検出ができるようになったので、この「人物優先」もONに設定。頭部検知は顔検出と異なり、顔が隠れていてもピントを合わせられるのがメリットです。

被写体追従特性は、新設の「Case A(Auto)」に設定。被写体の動きなどに合わせて、被写体の乗り移り特性などを自動決定してくれます。ちなみに、これまでCaseは1~6までありましたが、ユーザーから「どれが良いのかわからない」といった声が多かったことからCase 1~4に数を減らし、バランスのよいAutoを加えたとのことです。

スポーツなので、撮影モードはTv(シャッター優先AE)で1/2000秒~1/2500秒とし、感度やホワイトバランスはオートにしました。ドライブモードは、最高16コマ/秒の高速連続撮影に設定。これで、シャッターボタンを押しながら被写体を追いかければ、あとはカメラがやってくれるということになります。

今回使用したレンズは、超望遠ズームレンズ「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」(実売価格は税込み128万円+ポイント10%)。エクステンダー使用時には焦点距離が560mm相当になる高性能レンズです。ズームレンジが広く、選手の動きに合わせて画角を調整できて使いやすいと感じました。

  • 光学2倍ズームの超望遠レンズ「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」。本体後部にエクステンダーを搭載しており、スイッチ操作でサッと切り替えられる

  • 定番の“サンニッパ”“ヨンニッパ”“ロクヨン”など、大口径の超望遠レンズがそのまま使えるのがEFマウントの一眼レフの大きなメリットといえる

新搭載のスマートコントローラーが使いやすかった

練習風景とはいえ、選手はラグビーならではの素早い動きをするため、普段こうした超望遠レンズを使うことがない筆者は追いかけるのがやっと、という感じでした。しかし、フレーム内に選手を入れられれば、多くのカットでピントがバッチリ合った写真が撮れました。

ほとんどの設定はカメラが自動でやってくれるため、撮影者は選手の動きやフレーミングに集中できました。この点は、さすが最新カメラだと感じました。

AFフレームを任意に動かす場合は、新搭載の「スマートコントローラー」がとても便利でした。右手の親指位置にあるAFスタートボタンと兼用になっており、指でボタンを軽くなでるようにスライドさせると測距点が動く仕組みです。スマホ対応の手袋をしたままでも動かせました。

  • AF-ONボタンに、光学センサーを内蔵するスマートコントローラーを新たに搭載した

  • 光学センサーなので、手袋をしていても問題なく操作できる

ライブビューも試してみた

ファインダー撮影時のAFのすごさを実感した筆者は、続いてライブビューでの撮影を試しました。設定はファインダー撮影時とほとんど同じですが、ライブビューでは顔認識や瞳検出ができるので活用しました。選手が離れているので瞳まではなかなか捉えられませんでしたが、顔検出はしっかりできていました。

  • 背面液晶を見ながら撮影するライブビューの撮影も試してみた。ファインダーではライブビュー撮影に対応しないのが、EOS Rなどのミラーレスとの大きな違いだ

こちらもピントなどは問題ありませんでしたが、やはり動きものを背面液晶モニターで追いかけるのはなかなか難しく、慣れが必要だと感じました。また、撮影場所が夕陽の逆光になっていたので、モニターが少し見にくい状況になったのも気になりました。こうした点では、ファインダーのほうが使いやすく感じました。

ほかにも先進の機能を満載

動体撮影では申し分のない性能を持っているEOS-1D X Mark III、次世代カメラとしての先進性もしっかりと備えています。

たとえば、PQ方式のHDR画像をHEIFフォーマットで記録することもできます。今回は試していませんが、HDR対応ディスプレイで表示すれば、より広色域でリアルな写真を見ることができます。さらに、HEIF画像からHDRライクなJPEG画像を作ることもできます。

記録メディアも、新世代の高速メディアである「CFexpressメモリーカード」をデュアルスロットで搭載。RAW+JPEGラージで1,000枚以上の連続撮影が可能です。今回はJEPG記録のみで撮りましたが、連写速度が落ちるようなことはまったくありませんでした。

  • メモリーカードスロットは、読み書きが高速なCFexpressメモリーカードのダブルスロットとなる

動画撮影も、同社のスチルカメラでは初めてとなるRAW記録に対応しました。色調整などの自由度が格段に高いRAW動画は各社が対応を進めており、今後注目される機能の1つとなっています。

フラッグシップ機というと、一般の写真ファンにはあまりなじみがないかもしれませんが、EOS-1D X Mark IIIのために開発された新機能のいくつかは、いずれコンシューマーモデルに搭載される日が来ることでしょう。そう考えると、今後の発展をあれこれ想像するのも面白くなってきます。そして、来る2020年東京五輪のカメラマン席がどのようになっているのかと想像は尽きません。

著者プロフィール
武石修

武石修

1981年生まれ。2006年からインプレスのニュースサイト「デジカメ Watch」の編集者として、カメラ・写真業界の取材や機材レビューの執筆などを行う。2018年からフリー。