ふと「あの単語は英語でなんて言うんだっけ」と検索すること、ありませんか? また、外国語を使う相手とLINEでコミュニケーションしたいとき、イチイチ翻訳をすると大変ですよね。

そんなとき便利なのがLINEの「通訳アカウント」。トークで話しかけるだけで英語や中国語に翻訳してくるアカウントです。グループに入れれば、日本語と外国語を自動で翻訳してくれるので、スムーズに会話を楽しめますよ。

翻訳できる言語は、英語、韓国語、中国語、中国語(繁)の4つ。それでは、通訳アカウントの使い方を解説します。

通訳アカウントで翻訳文を入手する

文章を翻訳するには、まず通訳アカウントを友だち追加する必要があります。「公式アカウント」から通訳アカウントを探しましょう。友だち追加したあとで、翻訳してもらいたい日本語を入力します。すると、翻訳した文章が送られてきます。それをコピーしてメールに貼り付けたり、読み上げたりして使ってみてください。

  • ホーム画面で「公式アカウント」をタップします

  • 公式アカウント画面が表示されたら、検索欄に「通訳」と入れて検索します

  • 通訳アカウントが表示されました。ここでは「LINE英語通訳」をタップします

  • 「追加」をタップします

  • 「LINE英語通訳」とのトークルームができました。日本語を入れると、翻訳されて返信されます

  • 単語だけではなく、文章も翻訳されます

  • 韓国語の翻訳はこのように返答されます。海外旅行のときにも便利ですね

通訳を介してグループトークをする

外国語を話す友だちとのトークに通訳アカウントを加えると、常に通訳を介して話しているような使い方ができます。トークに後から追加、またはグループ追加しても同じことができます。

  • 通訳アカウントを含めたトークルームを作ります。今回は友だちと2人のトークルームに通訳アカウントを招待。まずは、トークルームのメニューから「招待」をタップしましょう

  • 通訳アカウントにチェックをつけ、「招待」をタップします

  • 通訳アカウントを含めたトークルームができました

  • 日本語と外国語を判別して翻訳してくれます

鈴木朋子

著者プロフィール
鈴木朋子

ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。