LINEのトークが盛り上がると、短い時間で大量のメッセージを送り合いますね。特にグループトークでは、複数の話題が同時に進行してしまい、いったい誰と何の話をしているのかわからなくなることがあります。そんなときに便利な機能が「リプライ」と「メンション」です。

リプライは「返信」の意味で、特定のメッセージに回答する機能。例えば、会話の中で複数の質問が寄せられたとき、問Aに対しては「OK」、問Bに対しては「NG」など、わざわざ相手のメッセージを繰り返して書かずに答えられます。

メンションは、特定のメンバーに向けてメッセージを送る機能。「@」の次に相手のアカウントを指名して投稿すると、誰宛のメッセージかはっきりわかるようになります。グループの会話で特定のメンバーを呼び出したいときや、1人だけ返事がないときの催促などに便利です。

それでは、リプライとメンションの送り方を説明します。

特定のメッセージにリプライする

リプライをするには、まず返信したいメッセージを長押しします。メニューが表示されるので「リプライ」を選びましょう。「返信モード」になったらメッセージを入力して送信。iOS版では、返信したいメッセージを左にフリックする方法でもリプライできます。

  • 返信したいメッセージを長押しして「リプライ」をタップ

  • 上部にメッセージが引用された「返信モード」になります。メッセージを入力したら、送信ボタンをタップします

  • リプライできました

  • iOS版では、左にフリックするだけで返信モードになります

グループのメンバーをメンションする

メンションをする方法は、メッセージを作成する際に「@+相手のアカウント」を入力するだけ。「@」を入力すると、トークルームのメンバーが一覧表示されるので、メンションしたい相手を選びましょう。メンションされた相手には通知のほか、トーク画面に「メンションされました」と青字で表示されるので、自分が呼ばれていることに気づきやすくなります。

  • メンションしたいときは、メッセージ欄に「@」を入力し、候補から送りたい相手をタップします

  • アカウント名のあとにメッセージを入力して送信

  • 送信できました。誰宛のメッセージか一目でわかります

  • 受け取った側のトーク画面には「メンションされました」と表示されます

鈴木朋子

著者プロフィール
鈴木朋子

ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。