9月20日、ついにiPhone 11シリーズが発売されました! 一刻も早く新しいiPhoneを使いたいことでしょうが、、自分で移行作業を行うのはなかなか大変です。事前にこれまで利用してきたiPhoneの内容をバックアップしなければなりませんが、そもそも家にはパソコンもWi-Fiもない、という人も多いことでしょう。

そこで利用したいのが、iOS 12.4からサポートされた「直接データ転送機能」です。新旧2台のiPhoneを近くに置きかんたんな操作を行うだけで、旧iPhoneのデータをダイレクトに新iPhoneへ移行できます。転送手段はワイヤレス(Wi-Fi)のほかにケーブル接続を選べますが、LightningケーブルとLightning-USB 3カメラアダプタが必要になるため、多少の出費が必要です。ワイヤレスを選択した場合、自宅にルータなどのネットワーク機器は必要ない(iPhone同士でピア・ツー・ピア接続する)ため、追加費用はかかりません。

作業を開始する前に、新旧iPhoneをじゅうぶんに充電(または電源ケーブルを接続)しておきます。直接データ転送はiOS 12.4以降の機能ですから、乗り換え前のiPhoneがiOS 12.4以降にアップデートされているか確認も必要です。また新iPhone側は工場出荷状態(「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択して初期化)でなければなりません。

あとはかんたん、2台を近くに置き電源をオンにしてしばらく放置します。新iPhoneに「クイックスタート」画面が、旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」シートが現れればOKです。旧iPhone側で「続ける」をタップすると、「新しいiPhoneをカメラに向けてください」と指示されるのでその通りにすると、新iPhone側でFace IDの設定が促され、その後データの転送が開始されます。データ量にもよりますが、30分程度の時間は覚悟しておきましょう。

なお、この「直接データ転送機能」では写真/ビデオや音楽、アプリのデータは転送されますが、アプリ本体はApp Storeから再ダウンロードしなければなりません。Apple Pay(Walletアプリ)はカードの再登録を行わねばならず、LINEのようにSMSを利用した本人確認が必要なアプリもあるなど、若干の追加作業が必要になることにも留意しましょう。

操作手順をカンタン解説

  • iPad iPhone Hacks

    1 新iPhoneに「クイックスタート」画面が、旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」シートが表示されるのを待ちます

  • iPad iPhone Hacks

    2 旧iPhoneのカメラを新iPhoneに向けます

  • iPad iPhone Hacks

    3 データ転送が完了するまで、20〜30分ほど待ちます(ストレージの消費容量によります)

  • iPad iPhone Hacks

    4 データ転送が完了すると、新iPhone側でアプリの再ダウンロードが開始されます