日本でゲームというと家庭用コンソール機器やスマートフォンというイメージがありますが、2019年のPCメーカーブースは大規模なブース展開が目立ちました。eスポーツやゲーミングPCの盛り上がりを象徴しているのか「過去最大規模で出展しました」というPCメーカーが多くあったことが印象的でした。

寝られる「ゲーミングベッド」が登場! ROG×バウヒュッテ

ROG×バウヒュッテブースは、2018年から引き続き「デスク秘密基地化計画」と題し、バウヒュッテのデスク周りにROGのゲーミングPCを中心としたデバイスをレイアウトして、コンパクトで快適なゲーミング環境を提案していました。

特に面白いと思ったのが、ベッド周りにゲーミングPCやディスプレイを配置した「ゲーミングベッド」。ともすれば寝落ち・寝不足に繋がりかねないと思いますが、寝ても覚めてもゲーム三昧の環境は参考になりそうです。

  • 東京ゲームショウ PC

    ROG×バウヒュッテブース

  • 東京ゲームショウ PC

    モニターを少々上に配置しており、奥に資料を置けば、積もる資料でモニター前が埋もれつつある筆者のような人も作業がはかどりそう

  • 東京ゲームショウ PC

    ドライブゲームもこんな感じ。左下に見えるのは電源配線の山で、この環境を構築したらこうなるのだろうか……

  • 東京ゲームショウ PC

    デスクトップだけでなく、ベッドもゲーミングスペースだと!?(こんなゲーミング環境どうよ、という参考展示でした) ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒート! 倒れるまでゲーム!

「Legion」でGears 5を試遊 レノボ・ジャパン

レノボは2018年よりも大幅にブース面積を増大し、ステージ部分が見やすくなっていました。ケースに収められたゲーミングPC「Legion」の展示に加え、試遊台を使っての挑戦イベントも実施。PUBGのイベントも行っていましたが、「冒頭5分間で5キル」というかなり高いハードルでビジネスディでの達成者はゼロだったようです(「R6Sでプロに勝ったら景品」というイベントも行っていました)。また18歳未満がプレイできない三人称視点のアクションシューティング「Gears 5」も、いち早くセミクローズなスペースで遊べるようになっていました。

  • 東京ゲームショウ PC

    Legionブース(レノボ・ジャパン社長のデビット・ベネット氏がブーススタッフとして活躍していたようです)。左のLegionデスクトップを模したスペースはセミクローズになっており、Gears 5が体験できました

  • 東京ゲームショウ PC

    ステージには8台のPCがセットされており、各種イベントで使われていました(別記事で紹介します)

  • 東京ゲームショウ PC

    Legion製品のラインナップは透明ケースに格納されていました

  • 東京ゲームショウ PC

    eスポーツ普及策として、社会人への支援策もスタート。こちらも別記事で紹介します

ド級スペックのハイエンドPCを展示! MCJ / マウスコンピューター / ユニットコム

MCJブースは中央に大きくステージを配置し、左右にマウスコンピューターとLevel∞(パソコン工房)のパソコンを展示していました。マウスコンピューターでは、Quadro RTX 8000/48GBとXeon Gold 6130×2構成という超ハイエンド製品を参考展示。豊富なCPUメモリとGPU能力でリアルタイムレイトレーシングにも威力を発揮します(売り出すとTGS2019にあるパソコンで一番高いだろうとの事)。“尻職人”ことグラビアアイドルの倉持由香さん率いるeスポーツチームお披露目会も行われました。

  • 東京ゲームショウ PC

    MCJブース。マウスコンピューターとLevel∞(パソコン工房)の方がわかりやすいかもしれません

  • 東京ゲームショウ PC

    マウスコンピューター側はゲーミングパソコンG-TUNEだけでなく、クリエイター向けのDAIV/MouseProも展示

  • 東京ゲームショウ PC

    MouseProは、Quadro RTX 8000/48GBとXeon Gold 6130×2構成というド級スペックPCのリアルタイムトレーシングデモを見せていました

  • 東京ゲームショウ PC

    Level∞の方はプロゲーミングチームコラボPCやゲームタイトル推奨PCを展示

2画面ゲーミングノートPCを体験 日本HP

日本HPブースも大きくステージを配置し、ブース左右に試遊台を設置していました。試遊台の一方にIntel CPU使用製品、反対側にAMD CPU使用製品と、他社ブースと比べてAMDロゴが結構目立っていたのが興味深かったところ。2画面かつ「世界初の液体金属グリスによる熱伝導素材を採用」した15インチノートPC「OMEN X 2S 15」が展示され、自由に触れるようになっていました。

  • 東京ゲームショウ PC

    日本HPブース。メイン看板と通路側にはIntelロゴが目立ちますが

  • 東京ゲームショウ PC

    AMD使用ゲーミングPCを使った試遊台も用意されています

  • 東京ゲームショウ PC

    キーボード側にタッチスクリーン対応のフルHD液晶を備えた2画面ゲーミングパソコン「OMEN X 2S 15」もいち早く体験できました

「レジェンドデザイン」製品を国内初投入 DELL

DELLは東京ゲームショウ開催初日に大量の新製品を発表しました。Alienware Area-51mから採用された新しい「レジェンドデザイン」を採用したデスクトップPCやディスプレイが国内で発売されます。今後デスクトップ最上位のAlienware Area-51がどのようにリニューアルされるのかも楽しみです。ディスプレイは4K 55インチOLED製品もあり、予算(価格は約35万円税別)さえ許せば欲しくなる事この上なし。DELLのゲーミングPC「Dell G」初のデスクトップも手ごろな価格で発表され、これも気になる存在です。

  • 東京ゲームショウ PC

    DELLブース。Area-51mでルナホワイトのゲーミングPCという新境地を出したこともあり、ブースも白で統一

  • 東京ゲームショウ PC

    新製品発表会が初日に行われました。デスクトップのメインストリーム製品「ALIENWARE AURORAゲーミング デスクトップ」は新しい「レジェンドデザイン」で大きく変化

  • 東京ゲームショウ PC

    34インチモニターもレジェンドデザイン。背面に34の数字がデザインされています

  • 東京ゲームショウ PC

    ALIENWARE 55インチOLEDゲーミング モニターAW5520QFは世界初の4K OLEDゲーミングモニターで、リビングでのゲーム体験を一変させそうな美しさです

直球勝負のPC展示、クリエイター向け製品も MSI

MSIはゲーミングノートPCの展示と共に、クリエイター向けのPC構成を展示していました。ゲーミングノートは高性能CPU/GPUを搭載することもあり厚く重いイメージがありますが、MSIは複数のファンとヒートパイプを使い、さらにCPU/GPUのヒートシンク部分を研磨することで密着度をあげて、薄型化しながらも放熱性を高めたといいます。

クリエイター向けPCは高い負荷が長時間かかっても安定した動作を得るために、チップセットから電源部まで冷やす工夫がされたマザーボードや、ダイヤモンドエッジをゴールドに塗った格調高いケースを使用した作例が展示されています。

  • 東京ゲームショウ PC

    MSIブース。TGS2019ではゲーマーだけでなくクリエイター向け製品をアピールしている会社を多く見かけました

  • 東京ゲームショウ PC

    ゲーミングノートPCを薄く、軽く。そして何より強力な冷却で長時間のプレイでも性能を維持できるべく、冷却機構に力を入れています

  • 東京ゲームショウ PC

    裏面も大きく開けて外気を大きく取り入れるようになっていました

  • 東京ゲームショウ PC

    クリエイター向け製品は、長時間の安定性を重視したマザーボードと黒にゴールドをあしらった高級感のあるケースをおススメしていました

UMPC好きに強力アピール、9月発売の新製品も GPD

ここまでのPCメーカーと比べると小さいながら、代理店のリンクスが、UMPCで知られるGPD製品を展示していました。イチオシ製品が2019年9月発売予定の8.9型液晶搭載モバイルPC「GPD Pocket 2 Max」。このクラスにしては強力なIntel Core m3-8100Yを搭載し、メモリ16GB、ストレージも512GBと十分なスペックを持っています(CPUがCeleron 3965Y、メモリ8GB、ストレージ256GBの下位モデルも予定されています)。ゲーミング向けではないですが、小型PCとしては魅力的です。

  • 東京ゲームショウ PC

    ShenZhen GPD Technologyブース

  • 東京ゲームショウ PC

    8.9インチディスプレイを搭載するウルトラモバイルPC「GPD Pocket2 Max」がイチオシの製品となります

  • 東京ゲームショウ PC

    天板にはロゴ等が一切ありませんでした。ストレージはPCIe接続でCPUも速く、大きさの割にはキーピッチも広めです

  • 東京ゲームショウ PC

    ゲーム用途向けPC「GPD WIN2」はさらに小型ですが、キーピッチを考えると普段の入力ツールと言うよりは小型ゲーム機として活躍しそうです

eスポーツの盛り上げ役、インテルがTGS単独初出展

東京ゲームショウでは単独初出展となるのがインテルです。インテルそのものがゲーミングPCを作っているわけではなく、今回の出展は2020年のオリンピック前に東京で決勝大会が行われる、賞金総額約5,400万円のeスポーツトーナメント「Intel World Open TOKYO 2020」の宣伝ブースでした。インテルとeスポーツの関係はかなり古いのですが、これまで開催していたeスポーツイベント「Intel Extreme Masters」とは違い、参加条件のないオープントーナメントで各国代表としてチームが組まれるという点が大きく異なります。

東京では世界予選のTOP7と日本チームでトーナメントが行われ、競技タイトルはStreet Fighter Vとロケットリーグ。前者はNo.1プレイヤーを競うのではなく国代表としての団体戦と言うのも従来の挌ゲー大会とは異なるポイントです。

  • 東京ゲームショウ PC

    インテルブース。広報担当者によるとTGS単独初出展との事でした

  • 東京ゲームショウ PC

    採用タイトルのStreet Fighter V。オープントーナメントとは言え予選があるので、日本ではプロ選手が出そうな感じです

  • 東京ゲームショウ PC

    同じく採用タイトルのロケットリーグ。タイトル選考にはIOCとも調整をしたという話でした

プロが組んだ独自MOD PCに見惚れる! TSUKUMO×AMD

TSUKUMOブースとジョイントしていたAMD。TSUKUMOブースではAMDのMOD PCが展示されていたほか、インディーズゲームにTSUKUMOのゲーミングPCブランド「G-GEAR」を大量に貸し出してクリエイターのサポートをしていました。

  • 東京ゲームショウ PC

    TSUKUMO Powered by AMDブース

  • 東京ゲームショウ PC

    TSUKUMOのG-GEARはほとんどなく、プロによるMOD PCの展示。完成度が高すぎてもはや美しさしかない

  • 東京ゲームショウ PC

    こちらはミクブルーとホワイト、ピンクを基調とした「初音ミクのお部屋」

  • 東京ゲームショウ PC

    インディーズゲームエリアにTSUKUMOブース。貸出しているAMD CPU採用PCのサポートデスクという位置づけでした