「間違ってLINEをアンインストールしてしまった」という人、大丈夫です。LINEアプリをアンインストールしても、アカウント情報は残っています。今回は、アンインストールしたら何が起こるか、説明します。

  • LINEを削除するとどうなる?

LINEをアンインストールすると消えるもの

LINEをアンインストールすると、アプリはスマホから削除されますが、アカウント情報はLINEのサーバーに残されています。自分のアカウント、タイムライン、友だち、グループ、アルバム、ノート、Keep、LINEコイン、LINEポイントは消えません。もし誤ってLINEをアンインストールしてしまっても、再インストールしてログインするだけで元の状態に戻せるので、安心してください。スタンプはいったん消えますが、再ダウンロードできます。

アンインストールで消えるものはトークの履歴です。ただし、事前にバックアップしておけば復元も可能。複数人トークでも同様です。基本的に「最後にバックアップした状態」に戻す機能ですが、筆者が試したところ、アンインストール中に届いたトークもトークルームに表示されました。

なお、友だちには自分がLINEをアンインストールしていることはわかりません。トークが既読にならない状態になります。

アンインストールする前の準備

もし「LINEから離れたい」などの理由でアプリをアンインストールする場合は、念のため、トークのバックアップを実行しておきましょう。iOSはiCloudへ、AndroidはGoogleドライブにバックアップします。トークのバックアップは、ホーム画面の設定から行います。バックアップが終わったら、ほかのアプリと同様の手順でアンインストールしましょう。

  • iOSは「トーク」の「トークのバックアップ」から「今すぐバックアップ」をタップします

  • Androidは「トーク」の「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップし、「Googleドライブにバックアップする」をタップします