ここではiPhoneの写真をバックアップする方法を説明します。オンライン上にデータを保存する「クラウドストレージ」を利用すれば、パソコンなしで手軽にバックアップすることが可能です。

1)はじめに……バックアップとは?

バックアップ とは大事なデータの「予備」をとっておくこと

バックアップとは、iPhoneの中にあるデータの予備を本体以外の場所に保存しておくことです。バックアップがあると、使用中のiPhoneが故障・破損した場合、または機種変更する際に、新しい端末にデータを復元することができます。

  • 大事なデータを別の場所に保管しておくのが「バックアップ」。バックアップがあれば、端末が破損しても新しい端末に元のデータを復元することができます

2)iPhoneの写真をパソコンなしでバックアップする2つの方法

iPhoneの中にある写真をパソコンなしでバックアップするには、クラウドストレージサービスを利用します。クラウドストレージとはインターネット上にある"貸し倉庫"のようなもので、自分のデータを預けておいて使いたいときに開いたり、デバイスのストレージの延長として使うことができます。

  • クラウドストレージとは、インターネット上の"貸し倉庫"。データの預け入れ・取り出しには専用の鍵(IDとパスワード)が必要です

iCloud写真を使う方法

iCloud写真とは、Appleのクラウドストレージサービス「iCloud」を使用した写真の管理機能です。iCloudはApple IDを鍵として様々なデータを保管することができます。iCloud写真はここにiPhone内部の写真を自動的にアップロードしていく仕組みです。

  • iCloud写真を使うと、iPhoneの写真が自動的にiCloudに保存されます。iCloudの内容はMacやiPadとも共有されます

ただし、厳密にいえばiCloudは独立して保管されたバックアップではなく、オンラインストレージ上のデータを各端末が同期して利用しているという状態です。

iCloud写真の良い点

iCloud写真は、一度設定しておけば全ての写真が自動的にiCloudに保存されます。iCloudは同じApple IDで使用しているMacやiPadとも共有のため、どのデバイスからも同じ写真を同じ状態で見ることができます。機種変更した場合や、新しいデバイスを追加した際も同じApple IDであれば同じように利用できます。

iCloud写真のイマイチな点

iPhone上の写真を意図的に削除した場合、iCloudに保存されていたものも同様に削除され、他のデバイスもそれに同期してなくなります。iPhone本体のストレージを空けるためにiPhone上で写真を削除すると、iCloudからも他の端末からも同時に消えてしまうのでご注意ください。

  • 写真アプリで意図的に削除した写真はiCloudからも削除され、他のデバイスから無くなります

また、iCloudは無料で5GBまで利用できますが、それ以上保存するには月額料金が必要です。iCloudは他のバックアップデータの保存にも利用されるので、写真を多く撮影する場合は足りなくなる可能性が高いでしょう。

  • iCloudの月額料金

外部のクラウドストレージに保存する方法

iCloudのようなクラウドストレージサービスは他にも多くの企業から提供されています。iPhoneの「写真」に保存されている写真を自動的にアップロードしてくれる機能を搭載したものも数多くあります。ここではその一例として「Googleフォト」を紹介します。

  • 専用のアプリを使って写真をアップロードするクラウドストレージサービス。他のデバイスからもアプリやブラウザを通してアップロードされた写真を見ることができます

Googleフォトの良い点

Googleフォトは、専用アプリを用意して一度設定しておけばiPhoneに保存された写真を自動的にクラウドストレージへアップロードしてくれます。保存画質を「高画質」(優れた画質を保ちながら容量を節約)にすれば、容量は無制限かつ無料で使用することができます。さらに、パソコンやiPad、Androidスマートフォンからも利用できます。

Googleフォトのイマイチな点

保存画質を「元の画質」(元の解像度のまま)で保存した場合は容量制限があります(最大15GB、それ以上は有料で購入)。ただし「高画質」との差は一般的な用途では気にならない程度です。また、機種変更した際に専用アプリから写真を利用することはできますが、「写真」アプリには自動的に復元されません(手動でダウンロードが必要)。

iCloud写真とGoogleフォトの違い

それぞれのバックアップ方法の特徴をまとめました。

  • とにかく手軽に使いたいならiCloud、多少画質が落ちても無料で使いたいならGoogleフォトがオススメです

3)iCloud写真を使う方法

設定方法

  • 「設定」を開いて「写真」をタップ→「iCloud写真」をオンにします

  • あとは、Wi-Fi接続中に自動的に写真がiCloudへアップロードされます

iCloudのストレージ容量を追加する方法

ストレージ容量が足りなくなったら、下記の方法で追加することができます。月額利用料金が必要です。

  • 「設定」を開き一番上の項目をタップ→iCloudをタップ

  • ストレージを管理→ストレージプランを変更

  • 利用する容量を選択して「購入する」→Apple IDで決済をして完了

復元方法

新しい端末を使い始める際、「iCloudバックアップから復元」を選ぶとiCloud写真の内容は自動的に復元されます。ただし、最初にダウンロードされるのは仮画像で、荒い状態です。タップして開くと精細な本画像がダウンロードされます。

  • iPhoneを最初にセットアップする際に「iCloudバックアップから復元」を選択

4)外部のクラウドストレージを使う方法(Googleフォト)

設定方法

ここでは一例として「Googleフォト」を利用します。Googleフォトの利用には「Googleアカウント」が必要です。お持ちでなければ先にGoogleアカウントを作成してから下記の手順に進んでください。

  • App Storeで「Googleフォト」アプリをダウンロードして開きます

  • メッセージをチェックして「ログインしてバックアップ」をタップ

  • メールアドレス→パスワードを順に入力し、「確認」をタップ(以上の操作は初回のみです)

  • iPhoneに保存された写真を自動的にバックアップ。あとはアプリを開かなくても自動的に新しい写真がバックアップされていきます

復元方法

新しいiPhoneに乗り換えると、ホーム画面にGoogleフォトのアプリが自動的にダウンロードされます。アプリを開きGoogleアカウントでログインすると、それまでにバックアップされた写真を見ることができます。ただしiPhone純正の「写真」アプリには復元されません(手動でダウンロードすることは可能です)。

  • 新しいiPhoneでGoogleフォトにログインすれば、バックアップされた写真を見ることができます