富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、新たな世界軽量に挑戦した。それが、「LIFEBOOK UH95/D2」である。

2018年11月に発表したLIFEBOOK UH-Xは、13,3型モバイルノートPCとして、698gを実現。世界最軽量の座を堅守し、圧倒的ともいえる軽さを、さらに更新してみせた。そのFCCLが、新たに挑戦したのが、ペン内蔵2in1ノートPCでの世界最軽量である。FCCLが2019年7月10日に発表した「LIFEBOOK UH95/D2」は、868gという軽量化を実現し、新たな世界最軽量を樹立してみせた。なぜ、FCCLは、新たな世界最軽量に挑戦したのか。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    FCCLが開発した、世界最軽量の13.3型ペン内蔵2in1「LIFEBOOK UH95/D2」

開発の「エース」を集めて挑んだ最軽量

富士通クライアントコンピューティング(FCCL)には、世界最軽量のノートPCを開発するPCベンダーというイメージが定着してきた。

2017年2月に発売したLIFEBOOK UH75/B1が761g、2017年11月に発売したLIFEBOOK UH75/B3が748g、2018年11月に発売したLIFEBOOK UH-Xが698gというように、次々と、13.3型モバイルノートPCの世界最軽量の記録を更新。この分野では他社の追随を許さない。

そして、そのFCCLが、新たな世界最軽量の達成に向けて、開発の「エース」たちを集めて挑んだのが、ペン内蔵2in1ノートPCでの世界最軽量への取り組みだった。

「UH75/B1を製品化した当初から、軽量化した2in1ノートPCが欲しいという声が法人ユーザーから出ていた」と、富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第一技術部 マネージャーの河野晃伸氏は振り返る。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第一技術部の河野晃伸マネージャー

開発を担当した富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第一技術部の赤見知彦氏も、「業務上、どうしてもタブレットの利用が必要になり、クラムシェル型ノートPCと一緒にiPadを持ち運ぶなど、2台持ちの環境を余儀なくされているユーザーも少なくなかった。軽量化した2in1ノートPCによって、1台持ちで済む提案をしたかった」と語る。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第一技術部の赤見知彦氏

現場の声は「より軽い2in1が欲しい」

FCCLでは、過去に法人向け2in1ノートPCを製品化していたが、重量は約1.2kgと、モバイル用途としては重たかった。しかし、UHシリーズが登場したことで、より軽量化した2in1ノートPCの製品化に対する要求が一気に拡大したという。

MR(医薬情報担当者)は、忙しい医師の時間を割いてもらい、廊下で立ったまま、ディスプレイを見せながら新たな薬品などを説明する場合が多いという。また、生命保険会社や大学をはじめとする文教分野、銀行窓口での利用などにおいても、タブレット用途で利用したり、ペンで書き込んだりといった使い方が多いという。そうした業種においては、ノートPCとタブレットを2台持ちしないで済ませたり、より軽量な2in1が欲しいという要望が高まってきたのだ。

だが、2in1ノートPCで、軽量化を実現するには、初代UHの技術では限界があった。そこで、FCCLでは、第3世代となるUH-Xにおいて、2in1ノートPCにも応用できるように設計を進めたという。実際、世界最軽量の2in1ノートPCの基板は、UH-Xと同じ基板を使用しており、インターフェース類も基本的には一緒だ。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    LIFEBOOK UH95/D2の内部

「徹底的に軽量化を追求したUH-Xのリソースをそのまま利用した部分もあった。これまでの経験から、どこをどうすれば軽量化できるといったことが社内にノウハウとして蓄積されており、これらの経験を生かすことできたことが大きい」と、今回の新たな挑戦においては、準備を整えた優位なポジションにあったことを、河野マネージャーは明かす。

タブレット機能を足し算、目標は800g台

698gとなるUH-Xのノウハウは、軽量化の観点だけでなく、モバイル用途で必要とされる堅牢性やバッテリー駆動時間の実現などにおいても活用されている。

「UH-Xの派生として開発した2in1ノートPCが、UH95/D2。UH-Xと比べても、機能や性能は落とさないことを前提にした」(河野マネージャー)と語る。

まず、同社が軽量2in1ノートPCの開発において取り組んだのが、『目指すべき指標の設定』であった。具体的には、重量である。

「既存の法人向け2in1ノートPCの1.2kgからの引き算であれば、1kgを切ることが目標となる。だが、698gのクラムシェル型ノートPCからタッチパネルやヒンジの強化などの要素を加える足し算の考え方であれば、目指す目標は800g台でなくてはならない。基本的な考え方は、UH-Xにタブレットとしての機能を足すという考え方。タッチバネルだけで100g以上増加することなどを考慮し、800g台を目指すことにした」(赤見氏)。

実は、2in1ノートPCでは、NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)が、769gという世界再軽量を実現した「LAVIE Hybrid ZERO HZ500/LA」を投入している。2in1ノートPCで世界最軽量を実現するのであれば、700g台を実現しなくてはならないともいえる。

しかし、FCCLは、これよりも軽くすることをターゲットにはしなかった。

というのも、NEC PCの「LAVIE Hybrid ZERO HZ500/LA」は、指でのタッチ方式であるのに対して、FCCLのLIFEBOOK UX95では、ペン対応としている点が大きく異なる。FCCLが目指したのはペン入力を実現したモバイル2in1ノートPCでの最軽量であった。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    NEC PCの13.3型2in1「LAVIE Hybrid ZERO HZ500/LA」。ペン入力には対応していない

「指によるタッチは、資料や地図をビューワーとして利用する際にはいいが、データを操作したり、クリエティブな使い方をする際には、ペンが適している。現場からの声を聞いたところ、ペン入力が必要だという声があがった。ビジネスでの利用を前提とするならば、ペンの採用は必須であると、開発当初から決めていた。ペンを本体に内蔵し、そこで充電機能を持たせることも、最初から決定していたこと」(赤見氏)という。

ペンでも押しやすいよう、ボタンにくぼみも

FCCLでは、ビジネスで利用できる精度を持ったペン対応とするために、ワコム製の4,096階調に対応した高精細タッチパネルを採用。指タッチモデルに比べると、ディスプレイ部のガラス1枚分重くなる。さらには、ペンを本体に内蔵し、自動的にペンを充電できるよう仕様にしたことも、重量の増加につながる。だが、FCCLは、軽量化よりも、これらの機能を優先した。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    内蔵できるペンは、本体の薄さを追求したため、直径が5.3mmと細いが、システム手帳に付属するペン程度の直径は維持しており、書きやすさは犠牲にしていない

ペンへのこだわりは、すぐに、ペンでメモができる「Windows Inkワークスペース起動ボタン」を本体に搭載したことからもわかる。

このボタンを押すだけで、すぐに付箋に文字を書いたり、アプリの画面や撮影した写真に、直接ペンで入力することができる。「現場での利用では、ペンを使って、資料や撮影した写真などにさっと書き込むという使い方が意外にも多い。そこで、このボタンを押すだけで、すぐにペンを使えるようにした」(河野マネージャー)という。

そして、「Windows Inkワークスペース起動ボタンの中央部は、ペンでも押せるように、ペン先の太さにあわせたくぼみをつけている」(富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第三技術部 主任技術者の飯島崇氏)と細かい工夫も凝らしている。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    Windows Inkワークスペース起動ボタンの中央は、ペンでも押せるようにとくぼんでいる

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第三技術部 主任技術者の飯島崇氏

一方で、UH-Xでも実現した有線LANポート、フルサイズSD、USB Type-CおよびType-Aをそれぞれ2ポートずつを搭載するといったこだわりは譲らなかった。また、HDMI出力も可能にしており、ビジネス用途で不可欠なインターフェースは、欠かすことなく採用といえる。

単に、2in1ノートPCとして世界最軽量を目指すのではなく、ビジネスシーンで、求められる機能を搭載した上で、世界最軽量を目指すことを選択したというわけだ。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    右側面には有線LANやフルサイズのSDスロットが並ぶ

基板を削り込み、ヒンジの試作を重ねる

こうした譲れない部分は維持しながらも、軽量化できるところは徹底的に軽量化している。

基板は、従来モデルに比べて、15%もの面積を削減したUH-Xと同じ基板を採用。しかも、削れるところは少しずつ削って、少しでも軽量化が図れるようにした。基板の形状を見ると、細かく切り落としたあとが感じられる。

また、ヒンジ部は、なんども試作を重ねて、小型軽量化を図っている。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    奥側がUH-Xの基板、手前側がUH95/D2の基板。UH95/D2の基板には、カドやフチを削り込んだ跡が見られる

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    360度回転する2軸ヒンジも重量増につながる。試作を重ね、小型軽量化を図った

タッチパネルには、ダイレクトボンディング方式を採用することも検討されたが、「強度面では優位であるが、構造上、重量増となることから、軽量化に優位性が発揮できるエアキャップ方式を採用した」とする一方で、「UH-Xでは、軽量化に効果を発揮するマグネシウムリチウムは、天板、キーボード部、底面部に利用しているが、今回のUH95/D2では、底面部にだけ利用した。天板部とキーボード部にはマグネシウムを採用。強度を高めることにした」とする。

キーボード面では、プラスチックとマグネシウムの一体成形を実現。軽量化とともに、アンテナの性能を最大限に発揮できるようにした。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    本体の底面部(裏)。この底面のみマグネシウムリチウム合金を採用した

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」
  • キーボード面はマグネシウム素材。素材や方式の選択によって、強度と軽量化を高い次元でバランスしている

カバー部でも軽量化への努力は惜しんでいない。

たとえば、天板部では、周りは肉厚にしながらも、中央部は0,1mmの薄さで成形。これによって5gの軽量化が実現できているという。

「UH-Xの実績があったからこそ、実現できた部分も多い。結果として、目標とした800g台は、かなり早い時点で達成できた」と、河野マネージャーは振り返る。言い換えれば、大きな壁にぶち当たることなく、必要とされる機能を実現しながら、800g台の重量を実現している。それもこれまでの蓄積があるからこそだ。

なお、大容量バッテリーモデルは、4セル増えるため、それによって、120gの増加になるが、それでも1kgを切る重量を実現している。

リアカメラは空きスペースを詰めて中央へ

そのほかの部分にも細かいこだわりをみせている。

従来の法人向け2in1ノートPCでは、さば折りをした際には、アンテナの感度を維持するために、ディスプレイ部とキーボード部の上部分が、少しずれる形となっていたが、UH95/D2では、ぴったりとした形で重なるようにデザインした。これは先に触れたプラスチックとマグネシウムの一体成形により、アンテナ性能を損なわないで済むようにしたことが影響している。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    UH95/D2はさば折り(通常のノートPCとは逆方向に折り曲げる)しても、フチがぴったり合う設計になっている

また、生産拠点の島根富士通が、自ら基板を生産できるという優位性を生かして、独自の基板形状により、本体内の空きスペースを効率的に利用。当初の設計では片方に寄っていたリアカメラの位置を、ほぼ中央に配置するように変更した。

「13.3型のタブレットを持って写真を撮影する際には、カメラの位置が端によっていると、思ったような構図での撮影がしにくい。リアカメラを中央に配置することは、写真撮影の際の品質を高めることにも効果がある」(河野マネージャー)とする。

さらに、前側の両端2カ所には、ゴムによるバンパーを配置。タブレットモードで利用する際に、落としたり、ぶつけたりするといった不意の事故を保護するとともに、テントモードで利用するときに滑り止めの役目も果たすようにした。

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    リアカメラは中央に配置。スマートフォン程度のサイズであれば、カメラが端にあっても利用者側で調整できるが、13.3型サイズになってくると、中心からのカメラ位置のズレは大きく感じられるという

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    本体前側の両端に設けたバンパー

  • 富士通「LIFEBOOK UH95/D2」

    キーボード面のカバーと底面カバーで挟み込むようになっている

なお、堅牢性については、クラムシェル型ノートPCで行っている耐落下、耐加圧、耐振動試験に加えて、360度開閉試験、360度捻り試験などのヒンジ評価のほか、ペンの抜き差し試験などのペン評価、キーボード面の転倒試験、片持ち落下、キーボード面を机の上においた際の摩擦試験など、2in1ノートPCならではの専用試験を追加で行っている。

ビジネスで使う機能を詰め込んだ最軽量への挑戦

河野マネージャーは、「開発においては、いくつかの企業に協力を仰いでおり、実際の利用現場からの要望を反映した。生保、金融、文教などの特定の業種での利用にも適している」としながら、「街中でモバイルワークをする人を見かけても、その多くがMacかLet'snote。最近、少しずつ赤い天板のインフィニフティマーク(富士通のロゴマーク)を見かけるようになったものの、それをもっと増やしていきたい。今回の製品は、モバイルワークに最適化した製品。PCやタブレットを積極的に持ち出して利用している人に、ぜひ使ってもらいたい」と期待する。

クラムシェル型ノートPCとして世界最軽量となるUH-Xのノウハウを活用しながら、ペン内蔵2in1ノートPCとしての進化を遂げたのがUH95/D2である。

そこには、単なる技術的優位性だけで、世界最軽量を狙うのではなく、ビジネスで使うことを前提にしたこだわりが詰まっている。2in1ノートPCを、ビジネスで本格的に使うための機能を搭載した世界最軽量への挑戦だったといってもいいだろう。

  • 富士通クライアントコンピューティング プロダクトマネジメント本部第一開発センター第一技術部 マネージャーの河野晃伸氏、同第一技術部の赤見知彦氏、同第三技術部 主任技術者の飯島崇氏