シャープが新4K衛星放送に対応するチューナー内蔵の「AQUOS 4K」、3シリーズ8モデルを7月27日に発売します。全モデルで4Kチューナーはダブルで内蔵。4K放送を視聴しながら、4K放送の別番組も録画可能です。11万5,000円前後で買える40V型もラインナップしました。

  • 新4K衛星放送に対応するチューナーをダブルで載せた新しいAQUOS 4K。8モデルを発表しました

3つの新シリーズ、8モデルのラインナップと推定市場価格(税別)は以下の通りです。

BN1シリーズ

  • 4T-C70BN1 : 70V型 / 33万円前後
  • 4T-C60BN1 : 60V型 / 25万円前後
  • 4T-C50BN1 : 50V型 / 17万円前後
  • 4T-C45BN1 : 45V型 / 15万円前後

BL1シリーズ

  • 4T-C55BL1 : 55V型 / 19万円前後
  • 4T-C50BL1 : 50V型 / 15万円前後
  • 4T-C45BL1 : 45V型 / 13万円前後

BJ1シリーズ

  • 4T-C40BJ1 : 40V型 / 11万5,000円前後

画質にこだわるフラグシップから、コンパクトな40V型まで

フラグシップに位置付けられるBN1シリーズは、外光の映り込みや反射を抑えて黒色を引きしめる「N-Blackパネル」を搭載しました。内蔵スピーカーはパネル前面に向けた2.1ch 3ウェイ・5スピーカーの「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」で、画質と音質の両方にこだわっています。

  • 70V型のBN1シリーズ。直下型の液晶パネルを搭載しています。エリア駆動には非対応

  • BN1シリーズの中では最もコンパクトな45V型のモデル。推定市場価格は15万円前後(税別)と非常にお手ごろです

BL1シリーズのスピーカーは本体前面を向きながら、フルレンジユニットを2基積んだ2.0ch仕様として、BN1シリーズと差を付けました。

  • パネルやスピーカーの仕様が異なるスタンダードなBL1シリーズ

BJ1シリーズの「4T-C40BJ1」は、40V型のみラインナップ。このサイズで4Kチューナーを搭載したテレビは注目に値します。新4K衛星放送の視聴・録画をとにかく手軽に楽しみたい人には、秋に予定されている消費増税の前に手に入れておきたいハイコスパな4Kテレビのひとつです。

  • 40V型の4Kチューナー内蔵テレビ。コスパ良好で、BJ1シリーズにも注目が集まりそう

「COCORO VISION」で4K放送の視聴・録画がますます便利に

3つのシリーズは、ともに地上デジタルなど2K放送のチューナー×3と、新4K放送用のチューナー×2を内蔵しています。たとえば4K放送の視聴・録画を1番組ずつと、さらに地上デジタル放送の番組を1つ録画するといった使い方ができます(別売の外付けHDDを使った場合)。2020年に行われる東京五輪では、複数競技の放送時間が重なると予想されます。新しいAQUOS 4Kがあれば、見逃すリスクを減らせそうです。残念ながら、4K放送の2番組同時録画には対応していません。

スマートテレビ機能のプラットフォームには、最新のAndorid OS 9をベースにしたAndroid TVを採用しています。Android TV対応のアプリを追加すれば、Netflixにhulu、dTV、YouTubeにTVerなど、各種動画配信サービスを視聴できます。付属するリモコンにビルトインしたマイクで、Googleアシスタントを立ち上げ、音声操作することも可能です。

  • Android 9ベースのユーザーインタフェースを採用

  • NetflixにYouTube、TVerを含むAndroid TVに対応する各種動画配信プラットフォームをプリインストールしています

  • BN1シリーズに付属するリモコン。NetflixやCOCORO VISIONにダイレクトに飛べるボタンを載せています

シャープのAQUOS 4Kシリーズには、独自AIサービス「COCORO VISION」が搭載されています。ユーザーのテレビや映像ストリーミングサービスの視聴傾向を学習し、ユーザーがテレビを見る時間帯に合わせて、最適なコンテンツを画面表示と音声でレコメンドしてくれる機能を設けました。

COCORO VISIONによるテレビ番組のレコメンデーションでは、新4K衛星放送の視聴傾向も学習して、2K放送とともに、ユーザーの好みに合いそうなコンテンツをプッシュします。リモコンの「ココロビジョン」ボタンを押すと、画面にCOCORO VISIONのトップページが立ち上がり、動画/音楽/ゲームのコンテンツレコメンデーションと、ジョルテとのコラボレーションにより提供するCOCORO CALENDARのサムネイルを表示する4枚のカードが並びます。新しいおすすめコンテンツが届くと、画面表示と音声で知らせてくれます。

  • COCORO VISIONのトップページ。4枚のカードが並びます

  • 動画/音楽/ゲーム/カレンダーのステータスを4枚のカードで表示します

  • 4K放送もレコメンデーションしてくれるようになりました

  • COCORO CALENDARのサービス。家族のスケジュールをそれぞれ管理できます

  • カレンダーの予定をカテゴリー単位などで並び変えることも可能

  • ジョルテのスマホアプリから、Googleカレンダーなどにリンクして、COCORO CALENDARにスケジュールを追加します

ちなみに、2018年に発売されたAN1シリーズは、テレビのフロントパネルに人感センサーを備え、人がテレビに近づくと自動で電源が付く仕様となっていましたが、今回発表された新モデルはいずれも、人感センサーを省いています。

高画質を極めた最上位モデル

4K映像の表示についてはすべてのモデルに、新開発の映像エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」を搭載し、画質と操作性を向上しています。映像は、地上デジタルや新4K衛星放送だけでなく、インターネット配信の映像も高画質に表示できるよう、アルゴリズムを調整しました。

シャープの担当者は、「AQUOS 8Kテレビのために開発した映像エンジンをさらに磨きあげた。色再現を高めるリッチカラーテクノロジーと、(地上デジタル放送の番組に対しても)滑らかで自然な階調感を引き出すHLG階調復元回路を搭載したことに注目してほしい」と語りました。

HDRの表示方式ですが、新4K衛星放送で用いられる「HLG」と、ブルーレイディスクや配信系コンテンツで一般的な「HDR10」に対応。上位モデルのBN1シリーズのみ、2019年度内に予定するソフトウェアアップデートにより、Dolby Visionもサポート予定です。

上位モデルのBN1シリーズは、反射率を抑えて映像を見やすくする「N-Blackパネル」を採用。さらに、BN1シリーズの70V型/60V型は、パネルのバックライトを有効に活用するため、透過率の高い4K液晶パネルを搭載し、消費電力を抑えつつ、明るく色鮮やかな映像を表示します。前モデルAN1シリーズにおける同サイズ機と比べ、年間消費電力量は約7%減、輝度は約20%もアップしました。

発表会の会場で、BN1シリーズの60V型と、AN1シリーズの60V型で映像を見比べることができました。パネルの調整がまだ最終段階でないとはいえ、BN1シリーズの明るく色鮮やかな映像には、明らかな進化を感じられます。明部のディティールがさらに引き立ってくれば、充実した4Kコンテンツの視聴が楽しめそうです。

  • 新モデルBN1(右側)と、現行モデルAN1(左側)の60V型モデルで、映像を比較。BN1のほうが明るく、色あざやかな映像を再現できています

新しい映像エンジンは、リモコンによるチャンネル操作やアプリの起動時間などにもいい影響を与えているようです。BN1シリーズは、AN1シリーズと比べて約20%も処理時間が短くなりました。

AQUOSがスマートホームの中心になる?

テレビに内蔵するスピーカーシステムは、BN1が2.1ch、BL1が2.0chのユニットを本体前面に向けてボトムフレームに配置しています。空間(室内)全体における音響パワーの変化を捉え、補正する技術「Eilex PRISM」もサポートしました。

テレビからワイヤレススピーカーやワイヤレスヘッドホンなどのBluetooth対応オーディオ機器へ、音声信号をワイヤレスで出力する機能も載っています。たとえば、シャープの首かけワイヤレススピーカー「AQUOSサウンドパートナー」とペアリングすれば、夜中でも明瞭でパワフルな音声で映画やドラマを楽しめそうです。

BN1シリーズの70V型を除く全モデルで、テーブルトップスタンドは30度ほど回転する仕様としました。BN1シリーズの60V型は、テーブルトップスタンドが約29.0cmと、奥行き方向もスリムです。

  • テーブルトップスタンドは、30度の首振りに対応します

また、新しいAQUOS 4Kシリーズは、シャープのAIoT家電や他社のスマート家電と連携する「COCORO HOME」のプラットフォームに対応を予定しています。具体的なサービス内容や対応時期について、シャープの担当者は明言を避けたものの、実現すれば宅内にあるスマート家電の動作状況をAQUOS 4Kの画面でリアルタイムに確認するという使い方も、できるようになるかもしれません。

秋にひかえる消費増税の前に、テレビの買い替え・買い増しを検討している人は、ぜひ店頭で新しいAQUOS 4Kシリーズのパフォーマンスを確認してみてください。

オプションやキャンペーンも充実

シャープはAQUOS 4Kシリーズの純正オプションとして、外付けタイプの4TB USB-HDD「4R-C40BT」も7月27日に発売予定。価格はオープンですが、価格は32,000円前後(税別)になる見込みです。本体を防振・静音設計として、70V型のテレビと組み合わせても設置しやすいように、2mのUSBケーブルを同梱します。このほか、4K放送の視聴・録画に特化したシンプルリモコン「AN-52RC3」も8月24日に発売予定。オープン価格ながら、市場価格は3,000円前後(税別)となりそうです。

※7月11日修正。記事初出時、4R-C40BTの付属品を「2mのHDMIケーブル」と記載していましたが、正しくは「2mのUSBケーブル」となります。

  • 4K放送の録画に便利な専用ハードディスクも発売されます

今回発表されたBN1/BL1/BJ1シリーズを10月14日までに購入した人を対象に、JCBプレモカードをプレゼントするキャンペーンも実施。購入期間は10月14日までで、応募期間は11月14日までとなります。