ソニーが2019年春モデルのテレビ製品「BRAVIA」新モデルを発表しました。ラインナップは、4K有機ELテレビのフラグシップ「A9G」シリーズと、4K液晶テレビのプレミアムモデル「X9500G」シリーズなど6シリーズ・19機種です。

  • BRAVIA

    ソニーが新4K放送のチューナーを内蔵した有機ELテレビ「A9G」シリーズなど6シリーズ・19機種の新しいブラビアを発表しました

BRAVIAとしては初めて、新4K衛星放送に対応するチューナーを載せた4シリーズ・13機種も発売されます。これで、主要なメーカーの4Kチューナー内蔵テレビが出そろいます。購入を考えている人の製品選びも本格化しそうですね。ラインナップの詳細と発売日、発売時の市場想定売価は以下の通りです。

【4K有機EL BRAVIA】

■A9Gシリーズ

  • BRAVIA

    A9Gシリーズ

4Kチューナー内蔵。高画質映像プロセッサー「X1 Ultimate」搭載のフラグシップ“MASTERシリーズ”。
・KJ-77A9G(77V型):100万円前後 / 6月15日発売
・KJ-65A9G(65V型):55万円前後 / 6月8日発売
・KJ-55A9G(55V型):35万円前後 / 6月8日発売

■A8Gシリーズ

  • BRAVIA

    A8Gシリーズ

4Kチューナーは既に持っているユーザーのためのスタンダードモデル。発売日は7月13日。
・KJ-65A8G(65V型):50万円前後
・KJ-55A8G(55V型):30万円前後

【4K液晶BRAVIA】

■X9500Gシリーズ

  • BRAVIA

    X9500Gシリーズ

4Kチューナーと高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載。85V型大画面モデルもそろう。発売日は6月8日。
・KJ-85X9500G(85V型):70万円前後
・KJ-75X9500G(75V型):55万円前後
・KJ-65X9500G(65V型):33万円前後
・KJ-55X9500G(55V型):23万円前後
・KJ-49X9500G(49V型):18万円前後

■X8550Gシリーズ

  • BRAVIA

    X8550Gシリーズ

4Kチューナー内蔵。音質向上も図った大画面モデル。発売日は6月8日。
・KJ-75X8550G(75V型):45万円前後
・KJ-65X8550G(65V型):28万円前後
・KJ-55X8550G(55V型):20万円前後

■X8500Gシリーズ

4Kチューナー内蔵。40インチ台のスリム液晶。発売日は5月25日。
・KJ-49X8500G(49V型):16万円前後
・KJ-43X8500G(43V型):14.5万円前後

■X8000Gシリーズ

  • BRAVIA

    X8000Gシリーズ

4Kチューナーは非搭載。4K液晶BRAVIAのエントリーモデル。発売日は5月25日。
・KJ-65X8000G(65V型):22万円前後
・KJ-55X8000G(55V型):16万円前後
・KJ-49X8000G(49V型):13万円前後
・KJ-43X8000G(43V型):11万円前後

待望の4Kチューナー内蔵BRAVIA

新4K衛星放送に対応する、4Kチューナー内蔵のBRAVIAを待ち望んでいたファンも多かったのではないでしょうか。4Kチューナー内蔵の4シリーズはBS/CS110度4K放送を見るだけでなく、外付けUSB-HDDに録画もできます。

4K有機EL BRAVIAのフラグシップモデル「A9G」シリーズは、現行のA9Fシリーズまで採用されていたデザイン(卓上カレンダーのようにパネルを斜めに立てて、背面からスタンドで支える)を変更。極薄のテーブルトップスタンドによって、垂直に立てたパネルを支えるスタイルとしています。4K液晶BRAVIAのテーブルトップスタンドは、背面にケーブル類をきれいにまとめられるように、中を空洞にしています。

4K液晶BRAVIAのエントリーモデルであるX8000Gシリーズ以外は、全機種が120Hzの倍速駆動パネルを搭載。スムーズな動画表示を実現しています。4K液晶BRAVIAはプレミアムモデルのX9500Gのみ、エリア駆動に対応する直下型LEDバックライトを搭載。キレのある明暗の高い映像再現を特徴としています。そしてHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)の高画質化技術は全モデルがHDR10に対応。X8000Gシリーズを除くモデルが、ドルビービジョンとHDR10の両方式をサポートします。

BRAVIA新シリーズの強化点は?

2019年のBRAVIAは「大画面で差が出る4Kブラビア」というキーワードを掲げて、大画面ならではの高画質とスムーズなユーザーインタフェース(操作性)をすべてのモデルで実現しています。音質の改善、設置性の向上も合わせて図られました。

上位の4K有機EL「A9G」と4K液晶「X9500G」は、現行最上位の映像プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載しました。情報処理能力がとても高いエンジンなので、きめ細かく立体的な映像が再現できます。

  • BRAVIA

    X1 Ultimate

被写体をオブジェクト単位で解析して最適な超解像処理をかけることにより、輪郭はシャープに、平坦部は滑らかに表示。リアルな没入感が楽しめます。HDRではない映像ソースも、画質を強化して出力する「HDRリマスター」エンジンにより、様々な映像を高画質に楽しめることも特徴です。A9Gシリーズには映像のコントラスト感を向上させる「Pixel Contrast Booster」も搭載されています。

さらにA9Gシリーズは、Netflixの動画コンテンツを楽しむときに、クリエーターが意図したままの映像を楽しめる「Netflix画質モード」を搭載。設定からオン・オフが切り替えられます。

X9500Gの85V型・75V型の大画面モデルには、どの角度からディスプレイをのぞき込んでも色合い、明るさのバランスが変わらないように広視野角を実現する「X-Wide Angle」の技術が搭載されています。また、全サイズのモデルに、動きの激しい映像をくっきりと再現するための技術「X-Motion Clarity」が搭載されていることも、プレミアムクラスのシリーズならではの特徴です。

サウンドも大きく進化

4K有機EL BRAVIA「A1」シリーズから搭載する、画面から音が出るような視聴体験を実現するソニーの独自技術が進化しています。「Acoustic Surface Audio+」と名付けて、新たに名前に“Audio+”を加えた新技術では、ガラスパネルを振動させて音を鳴らすためのアクチュエーター(振動素子)に改良を加えています。

A9Fシリーズまではパネルの背面に3基搭載していたアクチュエーターを2基にまとめて、効率よく振動を生み出せるように素材と形状を変更。ひとつのアクチュエーターの出力を高めてよりクリアなサウンドを鳴らします。

  • BRAVIA

    A9Gシリーズの背面。上部にある穴は10W×2chのサブウーファーの開口部

  • BRAVIA

    左がA9Fのアクチュエーター。2つで1対13W×2という構成のアクチュエーターを3つ載せていました。A9Gのアクチュエーターは右側。1基が20Wのユニットを2つ載せて、音の明瞭度をアップ。広がりを改善しています

低音再生用のサブウーファーは、出力のパフォーマンスを維持しながらユニットを薄型化。厚みを半分に絞りました。総合出力20Wのアンプで力強くドライブしながらキレのある低音を再現。サウンドバーなどを使わなくてもテレビ単体で十分に力強い音が鳴らせます。

  • BRAVIA

    サブウーファーのユニットも小型化&スリム化。左がA9F、右がA9Fのユニットです

4K液晶ブラビアの49V型を除くX9500Gシリーズと、X8550Gシリーズを合わせた7モデルには「サウンドポジショニング トゥイーター」と名付けた高音域専用のスピーカーユニットを本体背面に切り分けて配置。音像の定位を明瞭化する「Acoustic Multi-Audio」の新技術を搭載しています。背面下側に搭載するフルレンジスピーカーも特に画面の大きな85V型・75V型のモデルは音の出口となるダクトを2口設けて、重低音再生を強化しました。

  • BRAVIA

    X8550Gシリーズの背面。高音域専用「サウンドポジショニングトゥイーター」の開口部を設けています

  • BRAVIA

    X8550Gシリーズのデスクトップスタンドの背面。空洞を設けてケーブルをまとめやすくしています

Android TVを採用、Googleアシスタントの音声操作も

スマートOSのプラットフォームには、すべての4K BRAVIAがグーグルのAndroid TVを採用。A8GとX8000Gを除くすべてのシリーズはソフトウェアの改善により、Netflixなどオンライン動画配信サービスの起動時間を大幅に短縮しました。

番組表や入力ソース切り替えのユーザーインタフェースもブラッシュアップ。本体に付属するリモコンは赤外線で通信する電源、チャンネル送りの操作以外は、無線電波方式で行えるようになり、ボタン操作への感度が向上しました。リモコンの先端をテレビに向けなくても操作できます。

Googleアシスタントの音声操作は、テレビ本体に常時スタンバイのマイクを内蔵するA9GとX9500Gシリーズがハンズフリー操作に対応します。その他のモデルはリモコンに内蔵するマイクに向かって話しかけるタイプ。Chromecast built-in機能は引き続きサポートします。

  • BRAVIA

    A9Gシリーズは常時スタンバイ状態のマイクを内蔵。「OK グーグル」のトリガーワードをリモコンを使わなくてもハンズフリーで検知します

A8GとX8000Gを除くすべてのシリーズは、アップルのストリーミングプラットフォームである「AirPlay 2」に対応したことで、iPhoneやiTunesからホームネットワーク経由で動画・写真をテレビにミラーリングして視聴ができます。ほかにも、アップルのスマートホーム向けプラットフォームの「HomeKit」にも本体ソフトウェアのアップデートにより対応を予定。iPhoneのSiriに話しかけてブラビアの電源、音量、入力切替などの操作が音声を使ってコントロールできるようになります。

  • BRAVIA

    A9Gシリーズのリモコン。Googleアシスタントはリモコンのボタンからでも操作ができます

画質・音質の向上以外にも、より直感的に操作できるようになったユーザーインタフェースなど、2019年のBRAVIAは4K放送対応のほかにも実感を伴うであろうグレードアップを遂げていました。2011年に国内で地上デジタルテレビ放送への完全移行が実施されてから、早くも8年になろうとしています。4K放送の開始、東京オリンピックなどを契機にわが家の大画面テレビを買い換え・買い増ししても良い時期が訪れていると思いますので、このあたりで新しいBRAVIAの実力を真剣に吟味してみてはいかがでしょうか。

店頭で実機をチェックするときにはぜひ、ディスプレイ周辺のベゼルが狭くなって、テレビ本体もスリムになったことから、従来テレビを設置していたスペースにより大きな画面の4Kテレビが置けるようになっていることにご注目ください。65インチ台のテレビをわが家に導入することがもう夢ではないかもしれません。

ギャラリー

  • 4K有機EL BRAVIA・A9Gシリーズ

  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • 4K有機EL BRAVIA・A8Gシリーズ

  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • 4K液晶BRAVIA・X9500Gシリーズ

  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • 4K液晶BRAVIA・X8550Gシリーズ

  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • 4K液晶BRAVIA・X8000Gシリーズ

  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA
  • BRAVIA