OPPO Japanが2019年月3日に発表した新しいフラッグシップスマートフォン「Reno 10x Zoom」。10倍ズームができる独自のトリプルカメラ機構や、「ピボットライジング構造」という独自の機構を採用した飛び出すカメラを搭載するなど、OPPOが得意とするカメラ機能に一層磨きがかかった新モデルの実力に迫ってみましょう。

ノッチレスを実現も本体はやや厚め

まずは外観をチェックしていきましょう。Reno 10x Zoomはハイエンドモデルに相応しい、6.65インチの大画面有機ELディスプレイを採用。解像度はフルHD+(2340×1080)と標準的ですが、何より大きなポイントとなるのが、フロントカメラがないノッチレスデザインを採用していることです。

詳しくは後述しますが、Reno 10x Zoomは同じOPPOの「Find X」と同様、フロントカメラが必要に応じて本体から飛び出す機構を採用することでノッチレスデザインを実現しています。それに加えてベゼル部分も可能な限り抑えることで、93.1%と非常に高いディスプレイ占有率を実現しています。実際に動画やゲームなどを動かしてみると、ノッチで映像が隠れない分コンテンツが楽しみやすいと感じます。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    「Reno 10x Zoom」を正面から見たところ。ノッチレスデザインを実現したことで、6.65インチの大画面有機ELディスプレイをフルに生かすことができる

本体デザインを見ると、前面・背面ともにガラス素材が用いられており、高級感のあるデザインを実現。最近のOPPO製端末に搭載が増えているディスプレイ内蔵型の指紋センサーを搭載することで、背面や側面に指紋センサーがないというのもデザイン性を高めることに貢献しているといえそうです。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    指紋認証用のセンサーはディスプレイに内蔵。光学式のセンサーを採用しているが、従来機種と比べ約28.5%の高速化がなされているという

ですが一方で、本体サイズは、W77.2×D9.3×H162.0mm、215gと、やや大きく重めの印象です。特に厚さは最近のスマートフォンの中でも厚い部類に入るため、スマートさという面ではやや譲る印象があります。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    側面から見たところ。厚さが9.3mmと、最近のスマートフォンとしてはやや厚めだ

ですがその分、多くのスマートフォンで目立つ印象を受けるカメラ部分の出っ張りがなく、本体をテーブルなどに置いた時にもカタつきが発生にくくなっています。ただし背面が完全にフラットだと、テーブルに細かな凸凹があった時に傷がつきやすくなることから、あえて「O-DOT」と呼ばれる突起を付け、置いたときに隙間ができるよう配慮がなされています。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    背面から見たところ。中央上部にある3つのカメラ部分は出っ張りがなくフラット。その下にある突起は、カメラや背面を保護する「O-DOT」だ

超広角から超望遠まで、10倍ズームカメラの実力は

続いて、Reno 10x Zoomの最大の特徴ともいえる、カメラについて見ていきましょう。Reno 10x Zoomのメインカメラはトリプルカメラ構造で、4,800万画素の広角カメラと、800万画素の超広角カメラ、そして潜望鏡のような「ペリスコープ構造」を採用することで実現した、1,300万画素の望遠カメラの3つを搭載しています。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    背面には3つのカメラを搭載。上から順に広角カメラ、超広角カメラ、望遠カメラとなる

Reno 10x Zoomではこれらを適宜切り替えることで、画質を落とすことなく35mmフィルム換算で16~160mmの焦点距離をカバーし、最大10倍ハイブリッドズームが可能であるとしています。少々ややこしいのですが、Reno 10x Zoomの10倍ズームは超広角カメラを基準としたもので、広角カメラを基準とした場合は最大6倍ズームということになるようです。それ以降は通常のデジタルズームとなり、最大60倍までのズームが可能です。

ズームの切り替えは、シャッターの上にあるズーム切り替えボタンを押して切り替えるか、倍率を細かく変えたい場合はピンチ操作をする形となります。ただし10倍を超えるズームをピンチ操作でするのは意外と難しいので、そんな時はズーム切り替えボタンを長押しし、上下にスライドすることで、指一本で倍率を変えられるようになります。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    ズーム操作はズーム切り替えボタンを長押しすることで、指一本でできるというのは便利なポイント

では実際のところ、その実力はどのようなものなのでしょうか。同様の構造を備え、10倍のカメラ性能をうたうファーウェイ・テクノロジーズの「HUAWEI P30 Pro」と、同じ場所から撮影して比べてみました。なお比較に使用したP30 Proは海外版のため、無線通信を使用しないようフライトモードにした上で撮影しています。

Reno 10x Zoomで撮影

  • OPPO Reno 10x Zoom

    超広角撮影(Reno 10x Zoom)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    広角撮影(1倍)(Reno 10x Zoom)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    望遠撮影(6倍)(Reno 10x Zoom)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    望遠撮影(10倍)(Reno 10x Zoom)

HUAWEI P30 Proで撮影

  • OPPO Reno 10x Zoom

    超広角撮影(HUAWEI P30 Pro)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    広角撮影(1倍)(HUAWEI P30 Pro)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    望遠撮影(5倍)(HUAWEI P30 Pro)

  • OPPO Reno 10x Zoom

    望遠撮影(10倍)(HUAWEI P30 Pro)

Reno 10x Zoomのカメラはゆがみが少なめ

実際に撮影した写真を見比べてみると、ズーム時の細部の鮮明さはP30 Proの方が上回る印象ですが、超広角撮影時のゆがみの少なさはReno 10x Zoomの方が上回っていると感じます。また、50~60倍といった超高倍率撮影では手ブレの影響で撮影がしづらい点は共通しています。どちらのカメラもかなり性能が高いだけに、甲乙つけがたい出来といえるでしょう。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    上記の写真と同じ場所で、60倍にまで倍率を上げて撮影したところ。スマートフォンでここまでの撮影ができるのは驚きだが、さすがに手ブレの影響をかなり受けやすくなる

飛び出すフロントカメラはFind Xから変化

もう1つ、カメラ機能に関する大きな特徴となるのが、フロントカメラです。

先にも触れた通り、Reno 10x Zoomのフロントカメラは、自分撮りや顔認証による画面ロック解除など、使用する時だけ自動的にポップアップする仕組みなのですが、その機構はFind Xから大きく変化し、カメラが扇状に開いて現れる「ピボットライジング構造」を採用しています。Find Xではカメラ部分がせり上がる構造でしたが、構造が変わり露出する面積が減ったことで、カメラの飛び出しが目立ちにくくなっています。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    新たな構造を採用したフロントカメラは扇状に開いて飛び出す仕組み。露出する面積がより小さく、目立ちにくくなっている

顔認証のためフロントカメラを使ってみたところ。カメラがポップアップするまでにかかる時間は1秒未満で、音も静かだ(動画)

物理的にカメラが動くとなると、そのスピードやモーター音などが気になるところですが、実際に使ってみた限り、カメラが現れるまでの速度は0.8秒と速く、モーター音も小さいためあまり気になることはありませんでした。落下時などの耐久性に関しては、OPPO側の発表によるとジャイロセンサーで落下を検出し、カメラを自動的に収納するとのこと。20万回以上の耐久テストを実施し、毎日100回の使用で5年間使える耐久性を実現するとされています。

ちなみにフロントカメラは1,600万画素と、非常に高い画素数を備えているという点は、従来のOPPOのフラッグシップモデルと共通しています。OPPOが得意とする「A.I.ビューティー」もしっかり搭載されているので、自分撮りにこだわる人も安心です。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    OPPOが力を入れている「A.I.ビューティー」はもちろん健在。自動で美顔効果を適用できるだけでなく、細かなカスタマイズも可能だ

一方で、Find Xから構造が変化し、露出する面積が減った影響からか赤外線センサーなどは搭載されておらず、3Dによる顔認証には対応していません。それゆえ顔認証は、指紋認証と比べセキュリティの面では落ちるということは覚えておくべきでしょう。

厚みのあるボディがゲームプレイにマッチ

性能面に目を移すと、チップセットにはクアルコムのハイエンド向けの最新チップセット「Snapdragon 855」を搭載するほか、RAMは8GB、ストレージは256GBと、こちらもハイエンドモデルに相応しい内容となっています。ちなみにmicroSDスロットも備わっていますが、こちらは2つのSIMスロットのうち1つと排他使用となっています。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    SIMスロットはトレイの前後に2枚のSIMを挿入するスタイル。うち一方はmicroSDとの排他使用になる

性能面で注目すべきは、ゲームの動作を快適にするための仕組みを多く備えていることです。新たに水冷式の冷却システムを備えて放熱を強化し、ゲームプレイ中に本体が熱くなるのを防ぐほか、ゲームの動作を快適にする「ゲームスペース」もアップデート。GPUのパフォーマンスを向上させる「フレームブースト」と、ディスプレイのタッチ性能を高速化する「タッチブースト」を備え、シビアな操作が要求される対戦ゲームなどでも的確な操作ができるようになっています。

  • OPPO Reno 10x Zoom

    新しくなった「ゲームスペース」。GPUのパフォーマンス向上やディスプレイのタッチ性能向上などを実現し、シビアな操作を要求する対戦ゲームも快適にプレイしやすくなる

実際にゲームスペースを用いて、負荷の高い3Dによる対戦ゲームをいくつかプレイしてみましたが、動作がカクつくことがないのはもちろんのこと、操作もスムーズで、本体がストレスを感じるほど熱くなることもありませんでした。本体に厚みがある分ホールド感も良く、ゲームを楽しむ上ではよいパフォーマンスを発揮してくれそうです。

カメラに強くこだわる人に魅力的な1台

そしてもう1つ、OPPOといえば忘れてはいけないのが、独自の急速充電システム「VOOC 」です。Reno 10x Zoomは4,065mAhという大容量のバッテリーを搭載していますが、専用のACアダプターを用いた「VOOC 3.0」で、30分で約50%、80分でフル充電ができるという驚異的な急速充電を実現するとのこと。実際に使ってみてもバッテリーがなかなか減らず長時間ハードに利用しても安心感がありますし、充電スピードの速さにも驚きがあります。

ただ一方で、急速充電重視のためかワイヤレス充電に対応していないのは残念なところ。最近はワイヤレス充電に対応する機種が増え、対応する充電器も増えているだけに、急速充電だけでなく充電手段の幅の広さにも力を入れて欲しいところです。

Reno 10x Zoomは非常に高いパフォーマンスを備えており、特にカメラに強いこだわりを持つ人には魅力的な端末だといえます。7月3日から予約を開始し、7月12日に発売。価格は税別99,880円となっています。

日常使いのスマートフォンとしては厚さと重さがやや気になるところですが、逆にゲームを楽しみたい人にとっては、それがバランスのよい仕上がりになっているとも感じました。カメラやゲームなどに高いパフォーマンスを求める人なら、ぜひ手にしたいスマートフォンだといえるでしょう。