ソフトバンクから、スマートフォン夏モデルが発表されました。夏モデルにはガラケーやモバイルルーター、タブレットもありますが、ここではスマートフォンの新製品5機種を紹介します。価格は筆者の勘による予想なので、参考程度にとどめておいてください。

AQUOS R3

AQUOS R3は、すでにシャープから発表されているハイエンドスマートフォンで、ディスプレイとカメラに特徴があるモデル。InstagramやTwitterなどで動画を共有するような人、手軽にキレイな動画や写真を撮りたいといった人に向いていそうです。ハイエンド端末として、価格は8万~9万円ほどになるでしょう。発売は5月下旬以降です。

  • AQUOS R3。本体カラーは左から、エレガントグリーン、プレミアムブラック、プラチナホワイトの3色

AQUOS R3が搭載する約6.2インチのPro IGZOディスプレイは、10bit(10億6,433万色)という豊富な色再現力を発揮します。細かい色の違いを表現できるようになって、コンテンツの正確な色を表示できるとしています。

「AQUOS史上最も明るい」(前モデル「AQUOS R2」と比べて約2倍)という明るさもポイントで、直射日光下のようなシーンでも画面を見やすくなっています。ハイスピードIGZOなので、動きの激しい動画や画面スクロール時の残像も抑えます。

  • 縦長で明るいディスプレイ。上部のドロップ型ノッチや下部の指紋センサーのノッチが特徴的

上部にインカメラを内蔵したノッチを備えているのは一般的ですが、AQUOS R3は下部の指紋センサーもノッチに収めたことで、ディスプレイを額縁ギリギリまで広げているのはおもしろいところです。上部のノッチはインカメラギリギリに配置しているので、画面自体は広々としています。指紋センサーを背面にしたり、ディスプレイ内に埋め込んだりするメーカーもありますが、ちょっと荒技で画面を最大化した印象があり、それより好感を持てます。

  • 指紋センサーを避けるようにディスプレイが広がっています

メインカメラは上下にカメラが並ぶデュアル仕様です。2,010万画素の動画用センサーと1,220万画素の静止画用センサーを使うことで、動画撮影中も静止画撮影できるという独特の機能があります。

  • 背面にはデュアルカメラを装備

AIを活用することで、動画撮影時に静止画を自動で撮影する「AIライブシャッター」を用意。このほかAI機能として、「AIライブストーリー」を搭載しました。動画内の被写体や構図を分析し、笑顔や動きに変化のあるシーンなどを抽出すると、BGMやエフェクトをつけた約15秒のショートムービーを作成してくれます。

動画を撮影したあと、動画を見返さない人も多いと思いますが、15秒の動画ならすぐ確認でき、静止画のサムネイルを見るような気分で動画を視聴できます。

センサーと画像処理エンジンも、前モデルAQUOS R2から一新しているようで、動画用センサーでは4画素を1画素として扱うクアッドピクセルによって、明るく低ノイズの動画を撮れるようになりました。静止画センサーも大型ピクセルを採用し、感度を高めています。

  • 丸みを帯びたデザイン

  • 天面には3.5mmオーディオジャック端子を備えました

  • 充電用端子としてUSB Type-Cを備えるほか、無線充電規格「Qi」もサポートします

Xperia 1

Xperia 1は、ソニーモバイルコミニュケーションズ製のスマートフォン。2019年2月にグローバル発表されたモデルで、このたびソフトバンクから発売されることとなりました。価格は10万円を超えてきそうなハイエンド端末で、発売は6月中旬以降となっています。21:9という縦長の有機ELディスプレイを搭載しているのが大きな特徴で、動画視聴にこだわるユーザーにおすすめです。

  • Xperia 1。本体カラーは左から、ブラック、ホワイト、パープルの3色

ディスプレイは6.5インチで、画面解像度は3,840×1,644ドット。4KコンテンツのHDR表示に対応します。大画面ながら縦長なので、意外と持ちやすい印象です。ほかのハイエンドスマートフォンと比較して、長さは頭ひとつ抜けています。

  • 細長く大きな本体は、見た目よりも持ちやすい印象です

縦持ちにして画面上下で2つのアプリを同時に起動し、「動画を観ながらTwitterで実況する」といった使い方も可能。大画面で長細いので、こうしたマルチウィンドウの使い勝手がよくなっています。21:9は没入感の高いアスペクト比で、動画の視聴やゲームプレイに向いているとして、最近はPC用ディスプレイでも、21:9がよく採用されています。

カメラは3眼のトリプルカメラを採用しました。超広角、標準、望遠の3つですが、35mm判換算時の焦点距離はそれぞれ16mm、26mm、52mmなので、通常のデジタルカメラでいえば、超広角、広角、標準域をカバーしています。

  • 本体背面。トリプルレンズカメラを採用

人間の瞳を検出してAFを合わせる「瞳AF」を搭載したのが大きなポイントで、人にピントを合わせやすくなっています。フルサイズのレンズ交換式カメラで、被写界深度の浅い大口径レンズを使ったときにこそ、瞳AFは真価を発揮するのですが、スマートフォンでも瞳AFを使えることは素直に喜びたいところ。

またXperia 1は、ソニーの映画撮影用カメラであるCineAlta「VENICE」の開発チームが監修した動画撮影アプリ「Cinema Pro」を内蔵しています。アスペクト比21:9 / 24fps / 10bit / HEVC / HLGフォーマットで、まるで映画のような動画を撮れます。プロフェッショナルカメラのようなUIで撮影できるのもポイント。21:9のちょっと独特な雰囲気の動画を撮影できるのもおもしろいですよ。

  • 縦長で、やや薄いデザインです

  • 3.5mmオーディオジャックは省かれています

  • USB Type-Cを備えます

  • Cinema Proアプリで、映画のような動画を撮影できます

arrows U

富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「arrows U」は、エントリー向けのスマートフォンです。大型のアイコンや文字、アプリを厳選したホーム画面「シンプルホーム」を採用し、使いやすさを追求した製品となっています。

  • arrows U。本体カラーは左からホワイト、ブラック、ブルーの3色

ソフトバンクとしては、2013年12月の「arrows A 301F」以来、実に5年ぶりという富士通コネクテッドテクノロジーズ製の端末です。

ソフトバンクは、ガラケーからスマートフォンに移行したユーザー向けに「スマホデビュープラン」を新設しており、こうしたプランの利用に適したスマートフォンでしょう。価格は3万円台になりそうです。発売は6月下旬以降の予定。

  • ソフトバンクでは久しぶりのarrows

  • 本体背面。柔らかい質感があります

arrows Uのディスプレイは5.8インチ(2,280×1,080ドット)で、縦横比は19:9。デュアルカメラ、IP68相当の防塵防水、おサイフケータイ対応など、エントリー向けながら充実したスペックとなっています。CPUはSnapdragon 450で、メモリ容量は3GB、ストレージ容量は32GB。お手ごろなスマートフォンといえます。

スマートフォンをはじめて使うユーザーのため、側面にはアシスタントキーを搭載。押すだけで「Google Assistant」を起動できます。アシスタントキーは、ライトを点灯する、カメラを起動する、おサイフケータイアプリを起動する、といったカスタマイズにも対応しています。

  • 側面にアシスタントキーを装備。ストラップホールも備えるのは嬉しいところ

  • 本体はやや厚みがあります

  • 本体天面には、3.5mmオーディオジャックもあります

  • 充電端子はUSB Type-C

LG K50

LGエレクトロニクス製の「LG K50」は、エントリークラスのスマートフォン。発売は7月上旬以降で、3万円台となりそう。スマホデビュープランによるはじめてのスマートフォンにも向いています。

  • LG K50。本体カラーはスペースブルー、プラチナシルバーの2色

3,500mAhの大容量バッテリーによって、4日以上使える電池持ちをウリにしており、動画の音声だけ聴きたいときに電力消費を抑える「エコプレイ」機能も備えています。

縦横比が19:9で6.26インチの縦長ディスプレイ(1,520×720ドット)を備え、写真や動画の視聴、Webサイトの閲覧、SNSの利用といった基本的な用途では十分なスペックでしょう。アウトカメラは、1,300万画素のメインカメラと、200万画素の測距用カメラを備え、ポートレート撮影時に背景をぼかした写真を撮影できます。

  • 6.26インチのディスプレイを搭載

  • 本体背面。カメラはデュアル構成です

  • 本体側面のデザイン

  • 本体天面のデザイン

  • 充電端子はUSB microBで、3.5mmオーディオジャックも備えます

Pixel 3a/3a XL

ソフトバンクは、Google純正のスマートフォン「Pixel」シリーズの最新モデル「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」もラインナップします。上位モデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の半額ながら、ほぼ同等のカメラ性能を備えたモデルです。

  • 色は2機種とも、Just Black、Clearly White、Purple-ishの3種類

価格に関しては、Pixel 3aが57,120円(税込)、Pixel 3a XLが67,680円(税込)となっており、Googleから直接購入した場合のそれぞれ48,600円(税込)、60,000円(税込)という価格より高くなっています。

1年おトク割(毎月の料金から1,000円を割引く)や、48回の分割払いで25カ月目に機種変更して機種代金を半額にする「半額サポート」を利用すれば出費を抑えられますし、ソフトバンク店舗でのサポートを受けられるといったメリットもありますので、自分の用途や契約によって購入を検討するといいでしょう。

  • Google Pixel 3a。5.6インチの有機ELディスプレイを搭載します。ちなみにGoogle Pixel 3a XLのディスプレイは6.0インチ

  • Google Pixel 3a、Clearly Whiteの背面

  • 写真左がGoogle Pixel 3aのClearly White、右がGoogle Pixel 3a XLのJust Black

Pixel 3/3 XLでは、当時の最新SoCを搭載し、防塵防水、ワイヤレス充電、カメラ用の専用画像処理チップ、インカメラのデュアル構成といったハイスペックを実現していましたが、Pixel 3a/3a XLでは、SoCをミドルクラスのSnapdragon 670に変更し、上記の機能を省くことで低価格化しています。

それでも、AIを活用したカメラ機能はモジュールを含め同等で、画質に関しても同レベルを実現したとしています。特にPixel 3で定評のあった夜景モードやポートレートモード、AIを生かしたカメラ機能はそのまま搭載されていて、価格を抑えつつ高性能なカメラを使いたいユーザーに最適です。

  • Google Pixel 3a、Clearly Whiteの側面。黄色いデザインの電源ボタンがワンポイントになっています

  • 充電端子はUSB Type-C

  • 本体天面に3.5mmオーディオジャックを備えます