コードレススティック掃除機が掃除の中核を担うようになり、最近は各メーカーが特徴のある製品を発売しています。昨年(2018年)に発売されたエレクトロラックスのコードレススティック掃除機「Pure F9(ピュアエフナイン)」(以下F9)も、特徴的な機能を備えています。なんとF9は、スティック掃除機で悩みどころのひとつである「重心」位置を自在に変更できるのです。

今回レビューで使用したF9は、上位モデル「Pure F9 Plus PF91-6BWF」。F9シリーズのなかで最も大容量なバッテリーを搭載するほか、UVライトを備える本格ベッドノズルなど、アクセサリーが豊富に付属するのが特徴です。

  • Pure F9

    重心を変えられるコードレススティック掃除機「Pure F9 Plus PF91-6BWF」。スティック時のサイズはW250×D216×H125~845mm。重さはスティック時で4.1kg

購入時に気になる重心の問題とは

コードレススティック掃除機を購入するとき、気にすべきポイントは色々ありますが、なかでも最初に考えておきたいのが「重心の位置」です。コードレススティック掃除機は、モーターやバッテリー、ダストボックスなど、重くてかさばるものを含めた「ユニット」を備えています。このユニットの位置が手元にあるものを「上重心」、床に近い位置にあるのを「下重心」と呼びます。

重心の位置がなぜ重要かというと、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあるからです。メリットをあげると、たとえば上重心タイプはヘッド周りに邪魔なユニットがないので、ベッドやソファの下などの隙間掃除がしやすくなります。下重心タイプはユニットの重さをヘッドが受け止めるので、床掃除中に手に負担がかかりにくく、疲れにくいのがポイント。また、重心が床に近いためバランスをとりやすく、掃除を中断するときに掃除機を自立させやすいメリットもあります。

デメリットとして、上重心タイプは手に重さがかかりやすく、自立が難しい。下重心タイプは大きなユニットがヘッド近くにあるため、狭い場所にヘッドが入りにくくなります。

F9はユニットの位置を自由に変更できる機能を搭載。ユニットを上にすることで、ソファの下など狭い場所を掃除しやすくなり、ユニットを下げると床掃除のとき手に負担がかかりにくく、手軽に掃除機を自立させられます。

  • Pure F9

    手元のスイッチで重心を「上重心」か「下重心」に変更できます

  • Pure F9

    鍵のついたアイコンのボタンを押すと、ユニットが上下に動きます

  • Pure F9

    下重心時は掃除中も手に負担がかかりにくいですが、狭い家具の下などを掃除するときに奥まで入りにくいのがデメリット。このような場合は上重心に変更することで、狭い場所でもヘッドが届くようになります

筆者がスティック型の掃除機で意外と重視しているのが、この「自立」できること。掃除中は家具を動かしたり、床の上の雑誌やコードを移動させたりと、掃除を中断することが頻繁にあります。こんな場合、自立しない掃除機だと、しゃがんで掃除機を床に寝かせ、掃除の再開時にしゃがんで掃除機を持ち上げる手間が発生するのです。掃除を中断するのが1回や2回なら問題になりませんが、掃除中にちょこちょこ発生すると体力を使うもの。

自立できる掃除機なら掃除を中断してもサッと再開できるのです。掃除はほぼ毎日するだけに、こういった余計な負担がかからないことは重要です。また、掃除機によっては「自立式」といっても、自立するバランスをとるのにコツが必要な製品もあります。F9は簡単にガッチリ自立するので気に入りました。

  • Pure F9

    ちょっと掃除を中断したいときは簡単に自立するのが便利。面倒くさがりな筆者にとって自立するかどうかは重要なポイントです。上重心のときもきっちり自立したのも好印象でした

ハンドル長も変更できるのが便利

F9が変形するのはユニットだけではありません。じつはスティック部分の長さも84cm~120cmまで無段階に伸縮できます。スティックを短くすれば、背の低い人や子供も使いやすいのは嬉しいポイントです。

  • Pure F9

    84cm~120cmまで、スティックの長さを無段階で伸縮可能です

  • Pure F9

    スティックの長さを調整するボタンはハンドル内側にあり、アクセスも簡単。掃除場所にあわせて細かく変更できます

スティックはサッと短くできるので、充電時にスティックを短くすれば少しコンパクトに見えるのもよいところ。F9は比較的スタイリッシュなデザインなので、リビングに出しっぱなしでも違和感はないのですが、背を低くするとよりリビングになじみます。

  • Pure F9

    スティックを最短にして部屋の隅に置いておけば、充電時も圧迫感を抑えられます。充電スタンドもシンプルであまり存在感がなく、部屋のイメージを壊しません

  • Pure F9

    充電スタンドの設置面積はA4サイズほどで、比較的コンパクト。スタンドに付属アクセサリーを最大2パーツまでセットしておけます

内蔵ホースが伸びるのは画期的! ただし重さはネック?

F9を使用して一番「これは便利!」と感じたのが、本体内部に蛇腹状の延長ホースが内蔵されている点です。ヘッドを取り外すと、パイプ部分の先端から延長ホースを引っ張り出せます。

高級コードレススティック掃除機の多くは、延長パイプや蛇腹状の延長ホースがアクセサリーとして付属しています。しかしこうしたアクセサリーはかさばるため、掃除中にずっと持ち歩く人は少ないでしょう。F9は蛇腹式の伸縮ホースが本体内部に内蔵されているため、掃除中にたとえばテレビ台や棚の上などの汚れが気になったら、ヘッドを外し延長パイプを使ってすぐに掃除できます。

  • Pure F9

    ヘッドを外すとホースの先端が出て、蛇腹ホースを引き出せます。手を放すと、自動でホースは内部に戻ります

ちなみにF9は、スティックを最も短くして床用ヘッドを取り外し、本体を手にもてば「ハンディクリーナー」のように利用することも可能です。ハンディ時に使えるアクセサリーとして、UVヘッドノズル、3in1ノズル、デリケートブラシノズル、マルチアングルチューブが付属します。

  • Pure F9

    付属するアクセサリー。写真左からUVヘッドノズル、デリケートブラシノズル、マルチアングルチューブ、3in1ノズルがあります

  • Pure F9

    ちょっと面白いのが3in1ノズル。ブラシ側を使うことで「ブラシノズル」、反対側を使えば「隙間ノズル」として利用可能。隙間ノズルを開くとカーテンなどの「布用ノズル」として使えます。3in1ノズルがあれば、ほとんどの場所は掃除できました

ただし、ハンディサイズにした場合も本体の高さは74.1mmあり、本体重量も3.2kgと、なかなか重たかったです。非力な筆者はハンディ時に本体を脇に抱えて掃除する必要がありました。アクセサリーの着脱も少し力が必要だったため、ハンディクリーナーとしての使い勝手はあまりよいとはいえません。

  • Pure F9

    フレキシブルホースを引っ張り出して掃除をしているところ。本体にそこそこ重さがあるので、脇に抱え込むようにして使用するのが最もラクでした。ハンディ時は本体の重さがネックになりそうです

  • Pure F9

    ハンディタイプ時でも使いやすいと感じたのが、UVヘッドノズル。除菌機能のあるUVライトと、固めのロールブラシを搭載したミニヘッドで、布製のソファで大活躍しました。ヘッドが本体の重さを吸収してくれるので、ラクに使えます

我が家ではエアコンの上や棚の上など、ハンディクリーナーを使用して掃除することはそんなにありません。ハンディ時は「ちょっと重いなあ」と思うものの、基本的な掃除は床掃除がメインで、たまにハンディとしても使えるなら嬉しいといった家庭や、重さはあまり気にならないパワフルなユーザーなら、F9を気に入るのではないでしょうか。

掃除のパワーは「メインとして十分」

F9をメインの掃除機として使用する場合、掃除性能も気になると思います。F9のWebサイトでは、「クラス最高レベルのゴミ除去率99%」とうたっており、フローリング掃除では取り残しもなく満足のいく結果でした。気になるカーペットの汚れは、長い髪の毛だと一部取り切れないこともありましたが、細かな粉汚れやほこり汚れはきちんと除去できています。メインの掃除機として、十分なパワーだと感じました。

  • Pure F9

    比較的シンプルなモーターブラシ。ブラシ毛量が少ないように見えますが、これは髪の毛が絡まっても取り外しやすい設計のため。写真は、ロングヘアの抜け毛がたくさん落ちている床を掃除したあとのモーターブラシですが、ほとんど髪の毛が巻き付いていません。ちなみに、ブラシロール部分はヘッド横のつまみをねじると簡単に取り外せます

  • Pure F9

    モーターブラシのヘッド先端には、LEDライトが配置されているので、床のゴミを目視しやすいのも魅力。ホコリセンサーなどは搭載していません

バッテリーには36Vのターボパワー・リチウムイオン電池を採用しており、最長60分、最大モードで使っても17分というバッテリー持続時間の長さも魅力。このほか、実際に掃除をしていて嬉しかったのがダストカップが大きいところです。最近のコードレススティック掃除機は軽量・コンパクトを追求するためか、ダストカップ容量が500ml以下の小さいものが多いのですが、F9は700mlとかなり大容量。このため、掃除中にゴミを捨てる回数が少なくすみました。

  • Pure F9

    ダストカップ上部のボタンを押しながら傾けるだけで、ダストカップは簡単に外れます。外したカップ下部のボタンを押せばフタが開き、手を汚すことなくゴミ捨て可能です

  • Pure F9

    長い毛などを吸い込むと、ダストカップ内部のフィルターに巻き付く傾向がありました。この場合は内部のフィルターを外して絡んだ髪の毛を外す必要があるので、ちょっと手間に感じます

見た目と違い「質実剛健」だ

エレクトロラックスはスウェーデンのブランドだけあり、F9を最初に見たときの感想は「北欧らしいスタイリッシュなデザインだな」でした。しかし、実際に使ってみると、使いやさを追求した実用重視の製品だとわかります。

ユニットやハンドルの変形機構、フレキシブルホースや大容量バッテリーの内蔵、大容量ダストカップ搭載などの「使いやすさ」を追求したかわりに、犠牲になっているのが重さ。本体重量が3.2kgというのは最近のコードレススティック掃除機としては結構な重量感。わかりやすいよう比較すると、ダイソンのコードレススティック掃除機の最新モデル「V11」で本体重量が2.72kgです。

このほか使っていて感じたのは、各パーツがしっかりと作られていること。最近のコードレススティック掃除機は「軽量化」を進めるため、華奢なパーツを使っている製品も多いのです。製品によってはぶつけたり、落としたりするとダストカップのロック部分などのパーツが破損するといったケースもよく聞きます。F9は全体的にガッチリ作られており、少し手荒に扱っても平気でした(手荒に扱うことを推奨するものではありません)。子供がいる家庭などでも安心して使えそうです。

本体重量があるため、「ハンディクリーナーとしても頻繁に使いたい」という人にはあまり向いていないと感じましたが、下重心にすれば重さのほとんどはヘッドが吸収するため、床掃除時は重いと感じません。床掃除をメインに考えているユーザー向きの掃除機だと思います。また、「ユニットを移動できる」「内蔵ホースがある」といった特徴的なギミックも使ってみるとかなり便利。ギミック好きのこだわり派にもオススメできる製品です。