ソニーから、Wi-FiとBluetoothに対応する“ガラス管で音を鳴らす”ワイヤレススピーカーの新製品「LSPX-S2」が、3月16日に発売されます。価格はオープンですが、推定市場価格は45,000円前後(税別)を見込んでいます。

LSPX-S2は、2019年初にラスベガスで開催されたCES 2019にて、ソニーが2019年にグローバル展開する新製品として発表されました。今回、日本で発売される製品について、詳細が明らかになりました。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)

    ソニーの有機ガラス管を使った“グラスサウンドスピーカー”がまた一段と音が良く・小さくなりました

ソニーは、リビングなどユーザーが生活しているそのままの空間に、新たな体験価値を生み出す「Life Space UX」というコンセプト商品を2015年に発表しました。2016年に発売された有機ガラス管を振動させて音を鳴らすワイヤレススピーカー「LSPX-S1」は、Life Space UXを代表するモデルです。

新モデルのLSPX-S2はLife Space UXの一員としてでなく、新たに「グラスサウンドスピーカー」というシリーズを冠して登場しました。LSPX-S2の発売後も、既存のLSPX-S1は販売を継続します。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2、LSPX-S1)

    左が新製品のLSPX-S2、右が発売中のLSPX-S1です。同じ有機ガラス管で音を鳴らす「バーティカルドライブ」の技術を搭載しています

ちなみに、ソニーが最初に開発した有機ガラス管を搭載するスピーカーは、2008年に発売した「Sountina(NSA-PF1)」です。当時の製品は背丈が180cm近くあって、価格も100万円と高価でした。

  • グラスサウンドスピーカー(Sountina)

    元祖・グラスサウンドスピーカーの“Sountina(サウンティーナ)”。当時は100万円で発売された高価なあこがれのスピーカーでした。写真はマイナビニュース・デジタルの林編集長、身長は165cmくらいです

今回のLSPX-S2は、Sountinaとはコンセプトそのものが異なる製品ですが、あれから10年が過ぎ、有機ガラス管を使ったスピーカー技術が高さ30cm以下のコンパクトな本体でも実現できる日がついに来ました。Sountinaが誇る、360度に広がるクリアなサウンドの魅力も健在です。LSPX-S2の価格は5万円を切っています。これなら、Sountinaに憧れながら指をくわえていた筆者も買えそうです。

ただのLEDランプ付スピーカーではありません

LSPX-S2を一見すると、ただのLEDランプを載せたオシャレなワイヤレススピーカーだと思うかもしれません。実は、本体からタテに伸びているガラス管そのものが振動して音を鳴らす、スピーカーユニットになっています。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2、LSPX-S1)

    一見するとランプ風のワイヤレススピーカーのようにみえるかもしれませんが、実はガラス管が音を鳴らしています

スピーカーとしての再生周波数帯域は、LSPX-S1と同じ60Hzから40kHzまで広くカバーしています。LSPX-S1はBluetooth接続のみ対応でしたが、新しいLSPX-S2はWi-Fi接続も可能になりました。つまり、スマホに保存したハイレゾ音源を「Music Center」アプリで再生しながら、LSPX-S2へWi-Fi経由で飛ばすことでハイレゾ再生も可能になりました。

ユニット構成は、高域を担当する有機ガラス管スピーカーと、亜鉛ダイキャスト製の堅牢なベースユニット内に搭載する35mm口径のウーファーによって、切れ味豊かなミドルレンジを再生。そして、LSPX-S1よりもさらに明瞭度が上がっているという低域は、本体のボトム側に配置したパッシブラジエーターが奏でます。

音楽再生中には、ガラス管に内蔵したLEDランプがムードたっぷりに光を放ちながら、リッチな音楽と光を一緒にリスニングルームに満たしてくれます。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2、LSPX-S1)
  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)
  • 写真左の左側に写っているのがLSPX-S2のシンプルなパッケージ。ハコを空けるとS2がこんな感じでパッケージングされているというイメージです

どうやって有機ガラス管から音を鳴らすのか?

有機ガラス管から音が鳴る仕組みは、ソニーが独自に開発した「バーティカルドライブ」という音響技術によるものです。ガラス管の付け根にあたるベースユニットとの接続部分には、「加振器」と呼ばれる微細な振動を生成する小さなパーツが複数、埋め込まれています。この加振器が伸び縮みすることによって、振動板の役割を果たすガラス製のシリンダー全体が震えて、周囲360度へ均等にサウンドを放射します。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)

    ミドルレンジの音はベースユニットの中にある35mm口径のユニットが鳴らして、スリットから抜けて360度へ均等に広がります

2016年発売のLSPX-S1にも、同じバーティカルドライブテクノロジーが採用されています。LSPX-S2は小型・計量化を図り、最新の加振器と音響サスペンションを搭載しました。歪みのないクリアな高域再生が特長です。スピーカー本体の小型化にも寄与しています。

そしてオーディオ回路技術の進歩によって、LSPX-S1ではアンプと加振器の間に配置していた保護抵抗が、LSPX-S2では不要になりました。つまり、アンプから加振器へ信号を伝えるときのノイズ源がなくなったため、音の伸びやかさが増したというわけです。

保護抵抗そのものが消費していた電力を省けることから、本体の消費電力も下がっています。LSPX-S2は内蔵バッテリーでも動く「電源ケーブルもワイヤレス」なスピーカーなので、その恩恵は見逃せません。内蔵バッテリーによる最長音楽再生時間は約8時間です。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)

    S2に採用された極小サイズの加振器。こちらが3つ内蔵されています

中低域もグンとスケールアップしています

音質アップの成果は、有機ガラス管が受け持つ高域に止まりません。中域を担当するウーファーユニットは、LSPX-S1の50mm口径から小型化されて35mm口径になっていますが、音の透明感やパワーはまったく引けを取りません。

ユニットから放射された音は、亜鉛ダイキャスト製のベースユニット内部に配置されている、笠を逆さにしたような「ディフューザー(拡散器)」にぶつかって、音の出口となるベースユニットのスリットを抜けて360度に広がる仕組み。

有機ガラス管のシリンダーから放射される高域の音と、スリットから抜け出る中域の音を「同一方向」「同一タイミング」で位相をそろえながら放射する技術に、ソニー独自の研究成果が生きています。音のつながりがとてもよく、自然で滑らかな音の秘密がここにあります。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)
  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)
  • S2のスピーカーユニットと音響サスペンション。S1のパーツ(P12)から小型化を図り、高音質再生のために改良も加えました

LSPX-S1と比べて、低音の明瞭度もいっそう豊かになっています。ベースユニットの内部に、下向きに配置された低域専用のユニット(パッシブラジエーター)を改良した成果によるものです。

LSPX-S2に搭載された最新のパッシブラジエーターは、振動板の側面フレームとの間にあるエッジの形状を変えています。ポイントは細かなスリットを入れたこと。振幅動作の安定感としなやかさが増し、入力された音楽信号に対して鋭く正確なレスポンスを実現します。中高域との一体感も強く意識しているようです。

また、LSPX-S2の本体内部にある何千カ所にもおよぶ部品の接続に、ソニーの独自開発による音質を意識した無鉛はんだを使っています。全帯域にわたってきめ細やかな音を引き出す“味の決め手”です。

温かみあふれる音と光に包まれて…

グラスサウンドスピーカーは設置した場所を中心に、360度へ均等に温かみのあふれる音を広げてくれるスピーカーです。筆者は現行機種のLSPX-S1を自宅で試したこともありますが、部屋を少し暗くして、柔らかい光に包まれながら聴く音楽はまさに夢心地。あまりにリラックスし過ぎて、やがて寝落ちするという気持ち良い音楽リスニングを体験した記憶が鮮明によみがえってきました。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)
  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)
  • ガラスシリンダーの中、ボトムの位置にLEDランプが搭載されています。すり鉢形状のディフューザーで光をあわく拡散。温かみのある効果を演出します

LSPX-S1も十分にコンパクトなスピーカーでしたが、新しいLSPX-S2はさらに本体の高さとボリューム感を抑えているので、ダイニングやリビングのテーブルの真ん中に置いてもハマりそう。内蔵バッテリーがあるので、置き場所を自由に決めてゆったりと音楽再生に浸れます。

ベースユニットの素材はLSPX-S1がアルミ押し出し材を使っていましたが、LSPX-S2のボディはより密度の高い亜鉛ダイキャスト製になりました。手に取ると思ったよりもずっしりとした手応えがありますが、もちろん片手で持ち運べる範囲内の重さ。むしろテーブルやラックの上に置いたときの安定感がアップするので、そそっかしい筆者にとっては大歓迎です。

有機ガラス管の根元に搭載するLEDランプは、明るさを「Music Center」アプリから32段階に調光できます。そしてLSPX-S2から新たにランプがゆらゆらと瞬くように光る「キャンドルモード」というエフェクトが追加されました。本体の電源ボタンを長押しすると強・弱の2パターンで明滅を変更できます。ふわふわっと瞬く様子は動画でご覧ください。わが家のありふれたダイニングテーブルがちょっとヨーロピアンな雰囲気になりますよ。

LEDライトの周囲には、すり鉢形状のレンズリフレクターを配置しています。光を柔らかく拡散させて、まぶしさを低減する効果があります。

【動画】ランプがゆらゆらと瞬くように光る「キャンドルモード」

いろんな音楽ソースに対応しています

LSPX-S2には、Wi-FiとBluetoothによるワイヤレス接続機能が搭載されています。さらにステレオミニジャックもあるので、例えばCDなどディスクプレーヤーをケーブルでつないで様々な音楽ソースが聴けます。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)

    本体の底面にも各種操作ボタンやNFCペアリングのための接点があります

Wi-Fi接続時は、スマホに入れた「Music Center」アプリのプレーヤー機能を使ってハイレゾ再生が楽しめます。CD音質のソース、またはBluetooth接続の音源をハイレゾ相当の高音質にアップコンバートするDSEE HXも便利。内蔵するデジタルアンプもハイレゾ対応の「S-Master HX」です。Bluetoothのオーディオコーデックはハイレゾ相当の音質に迫るLDACのほかに、AACとSBCに対応しています。

合わせて、Wi-Fi接続時は最大10台のLSPX-S2を同時につないで、グループ音楽再生も楽しめます。2台のスピーカーによるステレオ再生にも対応しているので、より立体感のある音楽再生環境を構築してみるのも良いかもしれません。

スマホアプリを使わず、ダイレクトにSpotifyのサービスに接続できる「Spotify Connect」にも対応しています。「Push&Play」機能を使うと、本体の底面にある音符アイコンのボタンを押すだけで、Spotifyで最後に聴いた楽曲や指定したプレイリストを一発で呼び出して手軽に再生できます。

  • グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)

    ステレオミニ音声入力も搭載。音符のアイコンボタンを押すとSpotify Connect機能が使えます

筆者は一足早くグラスサウンドスピーカーの新製品を体験する機会を得ました。そのサウンドは音の透明感だけでなくパワーもかなりあるので、ある程度広めのリビングルームも十分に明瞭な音で満たしてくれるだろうと思います。家族が集うディナータイム、またはパーティー用のスピーカーとしても最適です。住空間に自然と溶け込むデザイン、片手で持ち運べる手軽さはとても好印象。カフェなど商業施設に導入されていても特別に目を引きそうです。

最近のワイヤレススピーカーにはAIアシスタントを搭載する機種も増えていますが、中にはネットワーク設定などが面倒なため、すぐに使いはじめられない製品もあります。グラスサウンドスピーカーの新製品は箱から取り出して、スマホとBluetoothでペアリングすれば即座に音楽再生がはじまるシンプルなハンドリングも魅力的です。手軽に楽しめて、デザインもスタイリッシュなワイヤレススピーカーを探していたという方にイチオシといえる製品です。