ソニーの有機ガラス管を使った“グラスサウンドスピーカー”「LSPX-S2」が発売となりました。今回は、2016年に発売されたグラスサウンドスピーカーの先輩にあたる「LSPX-S1」もそろえて、筆者の自宅でふたつのモデルを体験してみました。

  • LSPX-S1、LSPX-S2

    ソニーの“グラスサウンドスピーカー”2機種を聴き比べてみました。左が2016年発売のLSPX-S1、右が新製品のLSPX-S2

グラスサウンドスピーカーは写真の通り、かなりユニークなデザインのワイヤレスオーディオ製品です。筒状の有機ガラス管を振動させて音を鳴らすという、ソニー独自の「アドバンスド バーティカル ドライブ」の技術に注目です。

その技術の成り立ちと仕組み、新製品LSPX-S2の数々の特徴については、別記事『ガラス管からイイ音でるぞ! ソニー「グラスサウンドスピーカー」』でも詳しく紹介していますが、とにかく「コイツはただのランプ付きスピーカーじゃないんだぞ」ということを改めて強調しておきたいと思います。

LSPX-S1とLSPX-S2、新旧モデルの違いは?

リスニングレポートに移る前に、先輩のLSPX-S1と比較したLSPX-S2の新機能を復習しておきましょう。

  • LSPX-S2

    スリムになったLSPX-S2の有機ガラス管

ワイヤレススピーカーとして最も大きく進化した点は、Wi-Fi接続機能が追加されたことです。LSPX-S1はBluetoothと3.5mmのアナログ音声入力にのみ対応していました。新製品のLSPX-S2はWi-Fi接続ができるので、ソニーのオリジナルアプリである「Music Center」をスマホにインストールして、ハイレゾを含む音源をWi-Fi経由でLSPX-S2に飛ばして、原音に忠実なサウンドを聴いて楽しむなんてこともできます。

スピーカー本体に内蔵するデジタルアンプは、ソニー独自のハイレゾ対応「S-Master HX」です。CD音源やBluetoothで伝送する音楽を、ハイレゾ相当の音質に変換する「DSEE HX」も完備です。

  • LSPX-S2

    亜鉛ダイキャスト製の堅牢なベースユニット内に搭載する、35mm口径のウーファーが切れ味豊かな中域を再生します

LSPX-S2では音の透明感と、全帯域の音のつながりをなめらかにするため、内部の回路やユニットの設計に大きくメスを入れています。低音再生については特に厚みと明瞭度を高めているそうですが、後ほどLSPX-S1と聴き比べながら実力のほどを確かめたいと思います。

2つのスピーカーを並べてみると、新しいLSPX-S2のサイズがだいぶ小さくなったことがよくわかります。ただLSPX-S1も、十分に省スペース設置ができるワイヤレススピーカーです。バッテリーを内蔵しているので、電源ケーブルを外して家の中の好きな場所に持ち運んで音楽をたのしむ使い方に最適です。LSPX-S2では、充電用にmicroUSBケーブルが使えるようになりました。

  • LSPX-S2

    電源はmicroUSBが使えるようになりました

ガラス管とLEDライト、そして光のデザインも、ふたつのグラスサウンドスピーカーで異なる味わいがあります。LSPX-S1はゆったりとしたサイズのガラス管の中に、フィラメントのような形のLEDライトを内蔵しています。明るさは専用アプリの設定から32段階で変えられます。部屋を真っ暗にして、LSPX-S1だけ点灯させた状態でも十分に文庫本が読める明るさです。

LSPX-S2のガラス管とLEDの組み合わせは、キャンドルスタンドのような雰囲気です。LSPX-S1と同じように、明るさをアプリから32段階で切り替えられるのですが、その強弱がふわふわっと揺らぐ「キャンドルライトモード」が新しく搭載されました。ゆらめきの強弱は2段階から変えられます。

【動画】ランプがゆらゆらと瞬くように光る「キャンドルモード」

その光は昼間の室内、明るい部屋でライトを照らしても十分に存在感を放つ強さです。そのためか、反対にまぶしくなりすぎないように、LEDライトを特殊な形のレンズリフレクターで囲って光を散らす工夫も盛り込みました。暗いところで点灯させると、ふんわりと柔らかな光がテーブルなど周囲を照らす様子がよくわかります。

  • LSPX-S2
  • LSPX-S2
  • すり鉢状のレンズリフレクターでLEDの灯りを淡く広げます

新しいLSPX-S2と従来モデルのLSPX-S1、デザインについては好みが分かれると思います。筆者は一段とコンパクトになったLSPX-S2が可愛らしくて好きですが、家人はレトロな雰囲気が漂うLSPX-S1に惹かれたそうです。実用面で考えれば、ダイニングテーブルの上などに置くならLSPX-S2のサイズ感がフィットするでしょう。欲をいえば2台とも欲しいですね。幸いLSPX-S2の発売後も、LSPX-S1の販売は継続されるそうなので。

  • LSPX-S1

    LSPX-S1のフィラメントっぽいLEDライトもいい感じです

  • LSPX-S2

    明るさは32段階から調整可能(写真はLSPX-S2)

LSPX-S2、いざセットアップ(簡単)

LSPX-S2で音楽を聴くためにセットアップをしましょう。電源を入れてから最初に行うのはWi-Fi設定。これはとても簡単でした。あらかじめ「Music Center」アプリをスマホにインストールしてから、スピーカーの電源を立ち上げるとアプリが自動的に設定方法をナビゲートしてくれます。Bluetooth接続はもっと簡単。NFC機能を搭載するAndroidスマホならワンタッチペアリングが使えます。

  • LSPX-S2

    底面にNFCのタグがあります

  • LSPX-S2

    コンパニオンアプリ「Music Center」で本体の設定、リスニングソースの選択などを行います

さて、Spotifyのアカウントはお持ちでしょうか。Spotifyのプレミアム会員のユーザーであれば、LSPX-S2による音楽ライフはとても充実します。LSPX-S2はSpotifyのストリーミングを直接受けて再生できるSpotify Connectの機能に対応しています。だからSpotifyアプリを入れたスマホがLSPX-S2のリモコン代わりになります。

スマホとLSPX-S2をBluetoothで接続してSpotifyを再生する場合は、スマホでSpotifyアプリを終了すると、音楽のストリーミングがストップします。Spotify Connectなら、例えば好きな音楽をSpotifyで聴きながら、スマホでゲームを遊ぶなんてこともできます。

  • LSPX-S2

    Spotify Connectに対応。「プッシュ&プレイ」機能が便利です

Spotify Connectが使える利点としてはもう一つ「プッシュ&プレイ」機能が挙げられます。LSPX-S2の電源を入れて、底部側面にある音符のアイコンボタンを押すと、Spotifyのお気に入りの楽曲や最後に再生した楽曲などにすばやくアクセスできます。アプリによる曲指定さえ不要です。

  • LSPX-S2

    低音をさらに豊かにするベースブースターも搭載されています

今回は試していませんが、LSPX-S2はWi-Fi接続に対応したことで、最大10台のLSPX-S2で同時に音楽を鳴らせます(それぞれ同じWi-Fiルーターに接続)。Music Centerアプリからグループを設定すると、ワイヤレスマルチルーム再生環境がセットアップできます。

とはいえ、個人でいきなり複数のLSPX-S2を買いそろえることは稀だと思いますので、もし将来的に買い増しをしたときには、この機能を思い出してください。またはカフェなどを経営していて、BGM再生用のスピーカーとしてLSPX-S2の導入を考えているなら、2台以上のまとめ買いが有効です。

LSPX-S2の音、グラスサウンドスピーカーだからこそ味わえる世界

それではLSPX-S2の音を聴いてみましょう。最初にハイレゾを聴いてみました。楽曲はアリス=紗良・オットのアルバム「ナイトフォール」から『ベルガマスク組曲:第3曲:月の光』です。

  • LSPX-S2

    部屋の灯りを消して贅沢なリスニングタイムを満喫!

しっかりと身が詰まった濃厚なサウンドです。LSPX-S1よりも音の芯が太くなったように感じます。体幹が強靱になったという表現もアリでしょうか。ピアノの定位がとても鮮明でブレません。それでいて、LSPX-S1譲りの360度方向に広がる余韻の豊かさは健在。わが家のリビングがコンサートホールに早変わりしました。

LSPX-S1に比べると、特に切れ味と弾力の両方を兼ね備えた低音の迫力がLSPX-S2に加わったと思います。比べて聴くと、LSPX-S1はクリアで広がりの豊かな中高域が大きな持ち味でした。スピーカーの近辺にボーカルと楽器の音がふわっと浮遊しているような、LSPX-S1にしか出せない音の魅力があります。

対して新しいLSPX-S2のサウンドはもっと重心が低く、地に足がついた印象。LSPX-S1のサウンドは良い意味で「変わっている」のですが、LSPX-S2はもっと各帯域のつながりが良くなって、どんな楽曲も安心して楽しめます。

LSPX-S2とLSPX-S1は、それぞれに真価を引き出すセッティングがあると感じました。LSPX-S1は、自分から2~3メートルほど離れた場所に置いて聴くと、高さ方向への豊かな広がりと粒立ちの濃厚な音が耳の奥に染み込んでくるような独特の手応えがあります。対するLSPX-S2は、ダイニングテーブルの上に置いて、1m前後の近い距離感で聴くと音のうまみがにじみ出てきます。タテ横方向に広がる音場のサイズも最適に収まるように思いました。

  • LSPX-S2

    ダイニングテーブルの上に置いて1mぐらいの距離感で聴くと、LSPX-S2の真価が最も発揮されるでしょう

LSPX-S2も、女性ボーカルのバラード系の楽曲とものすごく相性が良いスピーカーでした。声のニュアンスの変化をとてもリッチに、ていねいに再現できるし、アコースティック楽器の温かみも抜群。

Spotifyで見つかる楽曲の中では、ノラ・ジョーンズのアルバム「Come Away With Me」から『The Nearness of You』、土岐麻子のアルバム「Bittersweet」から『きみだった』、北欧のボーカリスト、Johanna Gruessnerが歌う、トーベ・ヤンソンが作詞したオリジナル・ムーミン・ソング集「Moomin Voices」などが特に絶品です。ぜひ聴いてみてください。

最初は変わったデザインのインパクトが強いグラスサウンドスピーカーですが、音を体験すればきっとこのスピーカーだからこそ味わえる世界があることに誰もがすぐに気がつくはずです。筆者もわが家でひと足早く楽しめて幸せでした。