DELLは2019年に入って「XPS 13」の“2019年版(9380)”や「Inspiron 13 7000 2-in-1」「Inspiron 13 7000 2-in-1」、そして、CPUとGPUをモジュール式の基板に乗せて換装可能にしたゲーミングノートPC「ALIENWARE AREA-51m」など、新モデルを積極的に投入しています。

  • New XPS 13(9380)

    New XPS 13(9380)

そのDELL米国本社でALIENWARE、デル ゲーミング&XPS担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるフランク・エイゾール氏が来日しました。個人向けPCを広く扱うエイゾール氏ですが、今回は、特にXPSのブランディングとNew XPS 13“2019年モデル”に取り入れた「新技術」について語っていただきました。

  • Dell Inc.ALIENWARE、デル ゲーミング & XPS 担当 バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのフランク・エイゾール氏。もともとはALIENWAREの共同創業者で、現在はゲーミングだけでなく、XPSの統括もしています


XPSはメインストームの3年先を行く

──XPSは立ち上げ当初、他のシリーズからデザインと性能が飛びぬけたハイエンドPCとして登場しました。しかし、CES 2019で登場した2-in-1のInspironなど、メインストームの製品にもXPSに通じるデザインや実装する機能が盛り込まれている印象を受けます。2019年のいまにおいて、XPSブランドの存在意義についてどのように考えていますか。

エイゾール氏:XPSブランドの位置付けは、登場した当初の15年前と比べると大きく変わっています。最近の5年間において、XPSブランドは、PCが進化するだろう将来の姿を体現することをコンセプトとしています。XPSが搭載する技術は市場における競合製品と比べて、常に3年先であることを目指しているのです。

2019年のいまは、InspironやLatitudeがボディにアルミを採用するなど、3年先を進んでいたXPSに追いついてきたという状況かもしれません。XPSが先行し、InspironやLatitudeがその後から追いかけるという関係といえます。

これまでにない技術を製品に組み入れるまでに、開発だけでも期間がかかりますが、供給体制を整えて運用する時間も必要です。量産段階においても、開始当初は生産数が少ないため、歩留まりが低い状況が続きます。改良を施して、歩留まりが改善できると、生産数が増えてコストが抑えられ主流な技術となっていきます。

そのため、新しい技術が登場したときは、まずXPSにしか採用できません。改善が進んだ段階でInspiron、Latitudeとほかのラインナップにも広がっていきます。

開発に2年半を費やした新カメラモジュール

──2019年に登場するNew XPS 13において、3年先を見越した新しい技術として採用したのは何でしょうか?

エイゾール氏:XPSが登場するとき、DELLはXPSにその時点で最高の技術や性能、品質を与えるのが使命と考えています。そのためには開発に長い時間、場合によっては3年も5年もかかるケースもあります。2019年に登場するNew XPS 13では、カメラモジュールを大きく改善しましたが、その開発には2年半かかっています。

今回のカメラモジュールは、DELLがこれまで開発した中でも最小のサイズです。従来は7mmサイズだったのが2.5mmサイズまで小型化しました。この小型化によってボディサイズを変えることなく、これまでのディスプレイの下に配置していたWebカメラをディスプレイの上に変更できたのです。

  • 従来のカメラモジュール

  • 最近のXPSノートPCでは、狭額縁の「InfinityEdge」ディスプレイを採用するため、カメラは画面の下側に配置されていました

  • 新しいカメラモジュール。上側の部分がレンズです

  • カメラの小型化によってディスプレイの上側にカメラを配置することが可能となりました。ちなみにディスプレイ自体は少しだけ下に移動しています

XPSのユーザーはカメラが小型になったからといって画質が劣化することは許容しません。そのため、小型化にあたっても画質は劣化しないように努めました。

カメラモジュールが小型化すると、レンズを通る光の量が少なくなり、画質が劣化しますが、4枚のレンズを用いた新しいレンズを開発するとともに、ソフトウェアによる画像補正技術も新たに導入することで、XPSに求められる画質を実現しています。

──新しいカメラモジュールはDELLだけで開発したのでしょうか。

エイゾール氏:カメラモジュールの開発では、外部の企業との連携で開発しています。特にレンズの技術を持っているパートナー、高速なデータ転送が可能なフレキシブルコネクタの技術を持っているパートナーとの連携は重要でした。

開発においては、DELLから要求仕様を提案し、その要求を実現できるソリューションをパートナーから提示してもらう形で作業を進めました。DELLの要求仕様に対してレンズ開発パートナーから最初に提示されたのは4mmサイズのカメラモジュールでしたが、このサイズではまだ大きすぎたため、DELLからは2.5mmもしくはそれ未満のサイズを求め、2.25mmのモジュールを提示してもらうことができました。

しかし、今度は小さなレンズでありがちな「周辺部のゆがみ」など画質が従来のXPS 13より劣化することが分かり、さらなる改善を求めたところ、レンズの改良やソフトウェアによる画質補正などによって最終的にはDELLが求める以上の画質を実現できたのです。

このように、新しい技術を高いレベルで実現したいとき、優れたパートナーとの協力関係が重要です。多くのPCメーカーでは、優れたパートナーを自分たちの組織に取り込んでしまうケースも少なくありません。

ただし、DELLは常に最新の技術を取り込む柔軟性を持つために、そのときで高い技術を持つパートナーと連携するようにしています。例えば技術を持つ会社を買収するといった方法もありますが、自分たちの組織にしてしまうと、その技術に長い期間縛られてしまう可能性があります。

技術の進化スピードが速い状況において、これはいい方法とはいえません。そのときに最新の技術を有しているパートナーを見つけて連携するのが最もいい方法とDELLは考えています。

──カメラモジュールの開発で連携したレンズメーカーは公開していますか?

エイゾール氏:非公開です。

──スマートフォンなどでは、レンズメーカーを公開してそのブランドも訴求するケースも多いですが。

エイゾール氏:New XPS 13にとって新しいカメラモジュールは重要な要素ですが、ノートPCとしてはほかにも訴求するポイントがあります。ユーザーに対するスマートフォンとノートPCの訴求方法は異なりますから、DELLとしてはレンズメーカーを公開して、それを訴求することはしないと判断しました。

ハードウェア先行ではく、ユーザーニーズから機能を実装

──カメラモジュール以外で2019年のXPS 13の変更点はどこでしょう?

エイゾール氏:CPUに最新モデルを採用し、ボディのカラーバリエーションにホワイト系のフロストを加えました。また、ディスプレイを片手で開くことができるようにヒンジのテンションを改良しています。天板に光沢のある金属的な質感ではなく、非光沢のフロストを採用したのは、指紋などで汚れが目立つのを避けるためです。

  • 新色のフロスト。従来の金属的な質感とは違う上品さがあります。指紋などの汚れを抑えるといいます

  • 内装はアークティックホワイトのグラスファイバー素材を採用します

動画視聴向け機能の「DELL CINEMA」では、映画やスポーツ、アニメなど視聴するコンテンツの種類に合わせて画面の色調を変更する機能を用意しました。サウンドでもホームシアターに近い音場補正を可能にしていますし、ネットワークでもバッファリングによる遅延が発生しにくいコントロールソフトウェアを導入しています。

DELLはノートPCの開発においてハードウェアベースだけなく、ユーザーがどのように利用するのかを想定した上で、問題解決の方法を提供することを目的として製品を企画するようにしています。その使い方において、発生する問題を解決するための機能をNew XPS 13では提供しているのです。

多くのユーザーは、ストリーミングコンテンツの視聴にノートPCを利用していることが分かっているので、動画向けの機能を強化しています。

また、PCとスマートフォンを一緒に使うユーザーも増えています。そのため、例えば、スマートフォンの着信やメールなどをPC側で対応できるようにする「DELL Mobile Connect」を用意しています。

  • DELL Mobile Connectでは、スマートフォンとBluetoothで接続し、スマートフォンに来た着信や通知をPC側で受けられます

  • 画面のミラーリングも可能です

AppleもMicrosoftも同様のソフトウェアを提供していますが、DELL Mobile Connectでは、発信や連絡先の検索、メッセージの返信、スマートフォンデータのミラーリングなども可能です。

──New XPS 13の2018年モデルを使用したとき、キーボードとパームレストが熱くなる体験をしたのですが、その対策は何かされていますか?

エイゾール氏:2019年モデルでは冷却機構も変更しました。従来のクーラーユニットではファンが1基だけでしたが、新しいクーラーユニットではファンを2基組み込んで、冷却効率を高めています。キーボードとパームレストの温度は2018年モデルと比べて改善できています。

  • 新しい冷却機構ではファンの数が2基に増えるなど強化されています

さらに3年先のPCはどうなるの?

──XPSはこれから3年先のPCを具現化したものと話されていましたが、では、いま開発を進めているXPSで目指す3年先のPCはどのような姿をしているのでしょうか。

エイゾール氏:もちろん、いろいろ考えていますが、また公表できる段階ではありません。まだまだ改善できる余地はあります。競合メーカーもXPSに追いつこうとしていますから、引き離すための開発も必要です。

そのような開発には多大な開発費用と時間を用意しなければなりません。こうした取り組みを続けることで、競合メーカーにはできない、そして、誰にも思いつかないような新しい機能を次のXPSに導入しなければならないのです。

DELLと連携したいと考える技術系企業から得た情報や、DELL自身が収集できる膨大な情報から、3年先におけるPCの未来を予測するのは、それほど難しくなくクリアに見通すことが可能です。ただ、5年先となると難しくなり、10年先となると不可能でしょうね(笑)。


2019 CESで登場した2-in-1のInspiron 7000シリーズを見て「XPSとInspiron、ほぼ同じじゃないの」という声が少なくありませんでした。しかし、XPSシリーズの存在意義は「見た目のプラチナ感」「奇抜なギミック」にあるのではなく、3年先の未来を見据えたPCの具現化にある、という言葉が印象的でした。

そして、デルだから3年先の姿を高い精度で予測できる、というパートナーとの強い連携や十分な投資に裏打ちされた自信は、私たちにXPSの将来を期待させるのでありました。