WWDC18でお披露目となったApple Watchの新しいOS「watchOS 5」。この2年くらいはApple Watchが「パーソナルなデバイス」であることをアピールすべく、watchOSの進化もそのコンセプトに沿ったものになっていたが、今回のアップデートでは、それとは違ったカラーを打ち出すことになったようだ。果たして、新OSに込められた想いとはどんなものなのか、早速、チェックしていこう。

  • watchOS 5のアップデートの柱は二本

今回のアップデートの柱は二本。一つ目は「アクティビティ」関連の強化だ。

これまでの「アクティビティ」アプリでも、共有機能が搭載されていた。この機能では、家族や友人とアクティビティの進行状況を確認しあえた。健康に不安のある家族の「見守り」機能としても使える面があったが、それがこの秋、共有している相手と7日間の競争を挑めるようになる。

  • アクティビティを共有している友人と一対一の競争を挑める

この「競争」では、完成させたアクティビティのリングの割合をもとにポイントが加算されるという仕組みになっており、アクティビティを続けて1週間やり遂げるため、相手に勝利するためのコーチング通知を受け取れるといった機能も追加される。勝負は一対一となるが、ダイエットに励んでいる者同士で戦ってみると大いに盛り上がれるのではないだろうか。

  • 「ワークアウト」アプリに自動検出機能が登場

「アクティビティ」のリングを完成させるのに「ワークアウト」アプリの利用は欠かせない。その「ワークアウト」アプリにはワークアウトの自動検出機能が搭載される。例えば、走り始めると、Apple Watchが、あ、走り始めた、ということは「ランニング」をスタートさせたのだなと判断し、ワークアウトの開始を示すアラートを発したのち、開始時点に遡って成果を算出してくれる。筆者もたまーに、あああああああ! 20分も走ったのに、「ワークアウト」アプリ起動するの忘れたああああ!! となって、いつもより長くエクササイズを続けてしまったりするが、秋からそういうことがなくなるはずだ。

  • 屋外ランニング用のペースアラーム

  • 直近のラップタイムが確認できる「Rolling last mile」

「ランニング」の話をもう少し続けよう。普段のエクササイズがランニング中心という人には嬉しい機能がいくつも加わる。まずは、指定した目標ペースに対して、現在の走る速度が遅くなってる、あるいは速くなってるのを教えてくれる「ペースアラーム」だ。これにプラスして、直近のラップタイムが確認できるようになる(この機能、現時点では「Rolling last mile:直前のマイルのスプリットタイム」という名称となっているが、日本向けに単位が「メートル」あるいは「キロメートル」に変更されるかもしれない)。さらに1分あたりの歩数を計測する「ケイデンス」機能も採用された。これらの機能は、一定のペースを守って走るのをサポートしてくれ、運動効率を向上させる。また、そのサポートが、ランニング中の怪我を減少させるのに一役買ってくれる。走っている人なら経験あると思うが、急にピッチを上げたりすると転倒しやすくなる。そういったことがないようにApple Watchのほうが注意喚起するというわけだ。

  • ワークアウトに、新規で「ヨガ」と「ハイキング」が追加

「ワークアウト」アプリでは、これまでの12種類のワークアウトに、新規で「ヨガ」と「ハイキング」が追加される。「ヨガ」では、ホットヨガであろうと、瞑想的なものであろうと消費カロリーなどを正確に測定できるという。「ハイキング」は、Apple Watch Series 3に搭載された高度計により、リアルタイムで標高を記録可能なほか、勾配をトラッキングしながら消費カロリーを計算、表示するといったこともしてくれる。

二つ目の柱は「コミュニケーション」に関連した機能の強化だ。

  • 音声による新しいコミュニケーションのスタイルを提案する「トランシーバー」

Apple Watch Series 1以降に対応する(初代Apple Watchは非対応)「トランシーバー」機能では、音声による新しいコミュニケーションのスタイルを提案する。一覧表示される家族や友人の中から「トランシーバー」で会話したい人を選ぶと、相手を招待できる。その後、「TALK」ボタンを押せば、話ができて、指を離すと相手の話が聞ける。これはセルラー機能を持っていないApple Watchでも、Wi-Fi環境があれば利用可能だ。急いでいるのに待ち合わせの場所が分からないという場合などで重宝しそう。「メッセージ」アプリでチマチマとテキスト打つより、こっちのほうがサッと連絡とれるに決まってる。

  • 「通知」は纏まった形(スタック)で表示される

  • 「通知」上でウェブサイトのコンテンツを表示する機能も追加

その「メッセージ」アプリでも利用される「通知」の機能も変わる。今までは「通知」が届くと、メッセージの内容が画面に流れ続けるようになっていたのだが、同じアプリからものはひとまとまりになって表示されるようになる。デジタルクラウンを延々と回し続けなくても済むようになり、円滑なコミュニケーションが図れるようになるはずだ。「通知」ではほかに、ウェブサイトのコンテンツを表示する機能や、届いた通知から、そのアプリを開かずとも利用できる「インタラクティブ通知」が追加される。「インタラクティブ通知」では、例えば、「Yelp」の予約通知が届いたとして、そこから直接、予約の時刻や人数を変更するといったことが行えるようになる。

  • 「Siri文字盤」の機能も大幅に強化

コミュニケーションを円滑に、ということで言うと、「Siri」のアップデートも見逃せない。機械学習を利用した「Siri文字盤」はユーザーの習慣から、一日の行動の中で、適切な提案をしてくれる。試してみないとなんともところがあるにせよ、例えば、勤務時間が終わると必ず家族に帰宅時間を伝える、という行動が習慣化していれば、然るべきショートカットが起動するという風になると思われる。連絡するの忘れた、といった失敗で友人との関係性を悪くすることが多い筆者は、「Siri文字盤」に助けられることが多くなりそうだ。ショートカット表示は、日課、位置情報、ワークアウト後の心拍数、マップに基づく通勤時間、お気に入りのスポーツチームの試合結果などをベースに構築されるとのことだ。また、「Hey Siri」と言わなくても、手首を上げるだけで音声アシスタントしての「Siri」が利用できるようになる。

特筆すべきこととして、もう一つ。 Podcastの対応を挙げておこう。

  • 標準アプリとして「Podcast」が加わる

標準アプリとして「Podcast」が仲間入りする。音楽を中心としたストリーミングサービス「Apple Music」と同様に、外出先でApple Watchを使ってPodcastを聴けるのだ。セルラーモデルのApple Watch Series 3なら、ストリーミング再生もOK。Podcastの各エピソードは自動的にApple Watchに同期されるのだが、それらを別のデバイスで聴き終えていた場合には、アプリ側で自動的に最新のエピソードにリフレッシュする。これは、地味に便利と感じた。いちいちエピソード探してって作業から解放される。

二本の柱から伝わってくるAppleからのメッセージ

watchOS 5の柱は前述した通り、「アクティビティ」と「コミュニケーション」だが、毎年のアップデートで着実に進化してきた「アクティビティ」と比べると、ここ数年、「コミュニケーション」機能は後景化していた。watchOSの進化はどちらかというと、「パーソナルなデバイス」としてのApple Watchを強調する役割を担っていたように感じられる。

ここでApple Watchが登場した当時を思い出してみよう。機能の中軸となっていたのは「タイムキーピング」「新しいつながり方」「健康とフィットネス」「内蔵/App Storeのアプリ」だった。「健康とフィットネス」については述べるまでもないが、「タイムキーピング」「内蔵/App Storeのアプリ」に関しても、文字盤の追加やコンプリケーションのカスタマイズ性強化、標準アプリの充実に、サードパーティの参入を促すなど、さまざまな施策がとられていた。しかし、「新しいつながり方」についてはどうだったろう? サイドボタンを押して使う「友達」機能は気がついたらどこかにいってしまい、今はApple Payを呼び出す時や、Dockを表示させるのに取って代わられている。

  • 初代Apple Watchの「新しいつながり方」では、より親密なコミュニケーションのあり方を想定していた

もしかしたら、「新しいつながり方」を探る方向はなくなるのかもしれない、筆者はそう思っていた。だが、そうではなかった。今回、「トランシーバー」をはじめとして、「コミュニケーション」にフォーカスした機能がいくつも追加されることになったのである。

そもそも「新しいつながり方」という発想を捨てるなんてことはなかったのだ。大きくフィーチャーされる機会が減っただけで、「Digital Touch」なども着実な進化を遂げている。watchOS 3で採用された「緊急SOS」も「新しいつながり方」のひとつであったと言えよう。「ここ数年、後景化していた」と前述したが、それは「後景化」したかのように見えていたに過ぎなかったのである。

watchOS 5での「コミュニケーション」機能の強化は、Apple Watchの原点に立ち返るアプローチだとも言えるが、筆者は「アクティビティ」関連の機能強化とあわせて、あるメッセージを伝えようとしているのに気付いた。

それは「心身ともに健康に過ごしましょう」というものである。これはシンプルではあるが説得力を持って響く。

スマートフォンやスマートウォッチを経由したコミュニケーションは、単に情報が行き交うだけの目的合理的なものになりがちな面があるのは否めないが、Appleは何とかしてそれを相互理解による生きたコミュニケーションに転化すべく奮闘している。「新しいつながり方」を模索するのはそういう目的があるからなのだ。

watchOSとともに、今秋、iOSもアップデートされる。iOSでは、ARの共有体験をはじめとして、こちらもwatchOS同様、様々な機能強化が盛り込まれている。その中で注目したいのは、iPhoneを操作している時間を理解し、管理するのを支援する「スクリーンタイム」だ。Appleが所謂「スマホ中毒」の問題解決に乗り出したと言われているこの機能も「心」を健全に、と働きかけるものである。

watchOSの新機能がiPhoneの機能を一部、肩代わりすることで、「スマホ中毒」の処方箋となるという声もあるが、Appleが考えているのは、その場しのぎの対症療法ではない。今回のwatchOS/iOSのアップデートは「心身の健康」に真摯に向き合った結果の回答となるものなのだ。

「スマホ中毒」の一例として、SNSの入り浸りが挙げられよう。SNSは他者とつながるということにおいては有用なものであるが、生身の人間と相対している最中でも、タイムラインを延々と眺めている人がいるのは、とても残念だと感じる。また、SNSは他者とのつながりを目指すものであったのに、これまた残念ながら、今となってはある種、分断の象徴ともなった観がある。そこには本来、生きたコミュニケーションがあったはずなのだが、社会的な対立の源泉となってしまったのだ。そんな中、Appleは、敢えてiPhoneから離れることを考えてみたり、「新しいつながり方」を改めて提案して、失われたものを取り戻そうとしているのである。

Appleは人々の生活をより良いもの、実りのあるものにできればと願っているが、彼らは世界を変えようとしているのではない。一人一人が変わらなければ世界は変わらない。そのためには自分たちも発想を転換しなければならないことがある。Appleはそれを理解し、実践しているのであり、今回のwatchOS/iOSの更新はそのアイディアが顕在化したものであると言えるのだ。

watchOS 5から見えてくる次期Apple Watchの姿

話がちょっと大きくなりすぎたので、本題に戻ろう。最後にwatchOS 5から見えてくる、次期Apple Watch(名称は「Series 4」?)についても触れておきたい。勘のいい人なら、現時点での最新OS「watchOS 4」が「WWDC17」でアナウンスされた時に、「ミュージック」アプリでの自動同期など、iPhoneなしで利用できるシーンをチラ見せしていたので、次はセルラー機能が来ると予測がついたのではないだろうか。watchOS 5からもいくつか予想できそうなことがある。

「トランシーバー」について考察してみると、音声入出力の品質向上が期待できそうだ。話し声を効率よく拾えるのはもちろんだが、Apple Watch本体のスピーカーの音質が良くなったり、音量が大きくなったりするのではないかと思われる(「トランシーバー」の役割を果たすには、雑踏の中でも音声を聞き取れるくらいでないと)。

また、「Podcast」の利用は長時間に及ぶ可能性が高い。一本数分で終わる番組もあるが、それなりに尺があるもののほうが多いからだ。となると、バッテリーの容量が大きくなるか、消費効率を向上させる何らかの機構が搭載されるのではなかろうか。

そして、「通知」でウェブサイトのコンテンツが表示されるようになることから、視認性を高めるため、もしかしたら画面のサイズが大きくなるかもしれない。とはいえ、スタイリッシュさを損ないたくはないはずなので、38mmと42mmというサイズは変更されないだろう(当然、厚くするのも避けたい)。Series 3ではセルラー用のアンテナを取り付けねばならないなど、ハードウェアの改良においてサイズ変更を余儀なくされる条件がいくつもあったにも関わらず、38mmと42mmのサイズは死守している。では、どうやって画面サイズを大きくするかという話になるが、おそらくベゼルを狭くするという方向だと思われる。

筆者の貧困な発想ではこの程度だが、新機能から窺える次期Apple Watchの姿は、もっとあるはずだ。この秋、どんなことになるのか、この先ひと月くらいは、いろいろと想像を膨らませ、楽しみに待つことにしてみてはいかがだろうか。