マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

メーカーで選ぶ

マーキュロップを利用していたものの、お水をあまり使わなくなったり、逆にたくさん使うようになって飲み放題のウォーターサーバーに興味が湧いたりして、マーキュロップの解約を検討している方もいるかと思います。

しかし、実際に解約の手続きするとなると、違約金が発生しないかや、家にあるサーバーをどうしたら良いのかなど、不安な点が出てきます。

この記事では、そんなマーキュロップの解約について悩んでいる方のために、解約する際の解約金についてや、規定利用期間について紹介しています。

マーキュロップの規定利用期間と解約金

まずはマーキュロップの規定利用期間と、解約金の金額について紹介します。

今このタイミングで解約した場合に解約金が発生したとしても、数カ月後には発生しないなんてこともありますから、必ず確認してから解約の手続きを進めましょう。

マーキュロップの規定利用期間

ウォーターサーバーを解約する場合、規定利用期間内で解約するとペナルティーが発生する場合があります。

ウォーターサーバーによっては契約が自動更新されて、更新月以外の解約はペナルティーがあるというケースも存在するので、解約時には注意が必要です。

では、マーキュロップの規定利用期間はどのように設定されているのでしょうか?

マーキュロップの規定利用期間は6カ月です。6カ月以上の利用で契約期間による縛りはなくなります。

しかし、マーキュロップには最低本数という縛りがあるので、この本数以上の購入をし、半年以上の利用が終わっていればペナルティーが無いという条件になります。では、マーキュロップの最低本数は何本なのでしょうか?

マーキュロップの最低購入本数は、天然水12本です。そのため、天然水を12本以上購入するという条件と、6カ月以上利用するという条件を満たすことで、初めて規定利用の条件をクリアすることができます。

規定利用条件

  • 半年以上利用する
  • 天然水を12本以上購入する

ウォーターサーバーの規定利用期間の中には1年間や2年間など、数年単位で設定されているケースがあります。そんな中で6カ月という規定利用期間は優しいですね。

ただし、利用するエリアによっては条件が変わるケースがあるため、電話などで事前に確認しておくことをおすすめします。

マーキュロップの解約金

先ほどお話しした規定利用期間や最低購入本数をクリアしていない状態でマーキュロップを解約場合、違約金が発生してしまいます。

ウォーターサーバーの中には1万円を超えるような違約金が発生するサービスもありますが、マーキュロップの違約金はいくらなのでしょうか?

マーキュロップの違約金は5,000円です。規定利用期間と最低購入本数のどちらか一方でも満たしていないと違約金が発生してしまいます。

ただし、違約金についても利用するエリアによっては条件が変わるケースがあるので、違約金についても電話等で事前に確認しておくことをおすすめします。

マーキュロップの解約方法

続いて、マーキュロップの解約方法について紹介していきます。

解約方法の種類

マーキュロップを解約する際は、電話やwebサイトから手続きを行うことになります。受付が電話だけという場合は営業時間内に電話ができない時もあるので、サイトからの手続きができるというのはありがたいですね。

ただし、サイトから解約手続きを行う際も、折り返しの電話によって手続きを進める必要があります。

解約するその前に。利用休止という選択はある?

マーキュロップを解約する理由が、一時的に使わなくなるからという場合、解約ではなく利用を休止することで解決出来る可能性があります。

マーキュロップの利用休止には、休止手数料は必要ありません。無料で休止を受け付けてくれます。ただし、長期で休止を希望する場合は、サーバーの衛生面の理由から、休止ではなく解約を提案されることもあります。

ウォーターサーバーの中にはお水の配送を一時的に停止する場合、月額1,000円程度の休止手数料が発生するメーカーあります。休止手数料がかからないというのはマーキュロップのメリットですね。

休止と解約のどちらが良いのか判断に迷ってしまうという場合は、一度問い合わせしてみることをおすすめします。

解約時のサーバーの取り扱い方法について

ウォーターサーバーを解約する際は、解約に伴ってサーバーの返却も行う必要があります。

この項目では、マーキュロップを解約した際のサーバーはどうなるのか?という点について紹介していきます。

サーバーは業者が回収しにくるのか?

マーキュロップを解約する際、利用しているサーバーはどのように回収されるのでしょうか?ウォーターサーバーは小さなものではありませんし、自分で返送するとなると手間も送料もかかってしまいます。できれば回収業者の方が来てくれると助かるところです。

マーキュロップでは、サーバーの回収に業者の方が来てくれます。そのため、利用者自身がどこかに持っていく必要はなく、設置場所まで回収しにきてくれる業者の方にお渡しすることで返却完了となります。

返却時には水抜きなどの処理が必要なのか?

ウォーターサーバーは返却時に水抜きが必要になるケースがあります。契約しているウォーターサーバーによっては、利用者自身が返却前に水抜きを行わなければならない場合があります。

マーキュロップのサーバーを返却する際は、利用者自身で水抜きをする必要がありません。回収業者が作業してくれます。また、ウォーターサーバーの中には返却のための梱包を利用者側で行う必要があるメーカーがありますが、マーキュロップの場合は梱包の必要もありません。回収時は立ち会うだけでOKです。

解約した理由によって乗り換えるウォーターサーバーはコレ

マーキュロップを解約すると決めたものの、ウォーターサーバー自体は継続して使いたい。希望する条件のサービスがあれば乗り換えしたい…。

そこで、この項目では、マーキュロップのデメリットの部分を解消してくれるウォーターサーバーを紹介していきます。

(1)ボトルは使い捨てが良い→プレミアムウォーター

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介
初回金 初回登録事務手数料3,300円(税込)
サーバーレンタル料 0〜1,100円(税込)/月
水代 3,542円(税込)~/7 L×2本
3,974円(税込)~/12L×2本
配送料 無料~※1
休止手数料 800円(税抜)~※2
解約手数料 10,000円(不課税)~※3
※1 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※2 60日間連続で休止した場合は800円(税抜)の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も800円(税抜)、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~(税抜)、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~(税抜)がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~(税抜)がかかる。

マーキュロップのボトルはリサイクルタイプのボトルです。そのため、使用済みのボトルは返却する必要があるため回収までの期間、ボトルを保管しておかなくてはなりません。

保管ボトルが邪魔なので使用済みのボトルは廃棄できるタイプが良いという方におすすめなのがプレミアムウォーターです。

プレミアムウォーターは使い捨てのワンウェイボトルを使用しているので、常に新品のボトルでお水が届きます。

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

プレミアムウォーターのボトルが新品という安心感だけでなく、お水は4段階以上のフィルターで除菌され、毎日1時間ごとの水質調査を行うなど、お水自体の衛生管理もしっかり行われています。

そのため、綺麗なお水を新品のボトルで届けてほしいという方のニーズに応えたウォーターサーバーと言えます。

プレミアムウォーターの乗り換えキャンペーン

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

プレミアムウォーターは乗り換えキャッシュバックの額が大きいので魅力的な乗り換え候補です!他社からの乗り換えで、最大16,500円がキャッシュバック!他メーカーの解約金がほぼキャッシュバックで補えるかもしれません!

お得に乗り換えできるプレミアムウォーター、検討してみてはいかがでしょうか?

(2)月々のコストが高い→ワンウェイウォーター

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介
初回金 なし
サーバーレンタル料 無料
水代 プラスプレミアム:1,350円/12L
富士の銘水 彩(SAYA) :2,052円/12L
奥京都三岳山麓「京の湧水」:2,502円/12L
九州日田「天寿の水」:2,052円/12L
配送料 無料   ※1
休止手数料 プラスプレミアム:1台880円/月※2
解約手数料 9,900円〜※3
※1 配送地域は本州、四国、九州
※2 天然水:1ヶ月は無料、2ヶ月目からは1台880円
※3 お掃除ロボット付ウォーターサーバー:規定利用期間:2年/サーバー引取手数料:税込15,400円
上記以外のウォーターサーバー:規定利用期間:2年/サーバー引取手数料:税込9,900円

マーキュロップを解約する理由が月々のコストが高いという理由の場合、「ワンウェイウォーター」がおすすめです!

ワンウェイウォーターはお水の値段が、「RO水12Lボトル1本が1,350円」。500mlあたり56円と業界最安級の低価格で、さらにサーバーレンタル代や初期費用、メンテナンス代も一切かからないので、かなりリーズナブルにウォーターサーバーを利用することができます。

本州、四国、九州にお住まいの方限定になりますが、配送料もかからないので安くウォーターサーバーを利用したい人にはおすすめです!

ワンウェイウォーターはRO水のほかに採水地の違う天然水(富士山、京都、九州日田)の3種類あるため、好みのお水を選ぶことができるのもメリットといえます!

コスパがよいウォーターサーバーが良い!という方はぜひチェックしてみてください。

(3)使い放題が良い→ウォータースタンド

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介
初回金 なし※1
サーバーレンタル料 2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代 使用した水道代
配送料 なし
休止手数料 ※3
解約手数料 10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

マーキュロップのお水は、モンドセレクション金賞やダイヤモンド味覚賞を受賞するなど、お水の味に定評があります。しかし、12Lで1,760円という値段から毎日たくさん使うとなると金額的な負担が気になります。

毎日お水の費用を気にせずたくさんお水を使いたいという場合は、使い放題タイプのウォータースタンドを検討してみてはいかがでしょうか?

ウォータースタンドの場合、水道水を利用するウォーターサーバーなのでどれだけ使ってもOKです!もちろん、水道代は掛かりますがお水ボトルをたくさん注文することを考えると、かなり安くウォーターサーバーを利用できます。

ウォータースタンドの乗り換えキャンペーン

マーキュロップを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

ウォータースタンドは他社のサービスからの乗り換えに対して、10,000円分のポイントをプレゼントというキャンペーンがあります。

ポイントは月々のサーバーレンタル料に使用できるのでウォータースタンドを契約後、お得に利用できるというキャンペーンです。

毎日たくさんお水を使いたい、月々のお水料金を気にせず使いたい!という方はお得な乗り換えキャンペーンを活用してチェックして思う存分、ウォーターサーバーを使ってみませんか?

マーキュロップの最低利用期間や解約金 まとめ

マーキュロップを解約するには、最低でも6カ月以上利用するという条件と、天然水を12本以上購入するという条件があることがわかりました。この条件をクリアできていない状態での解約には5,000円の解約金が発生します。

ただし、マーキュロップを利用する地域によっては条件が変わることがあるので、契約前に必ず確認するようにしましょう。

マーキュロップからの乗り換えを検討している場合は、解約の理由別にご紹介した3つのウォーターサーバーを検討してみてくださいね。

・ボトルは使い捨てが良い→プレミアムウォーター

・コスパ良いのがいい→ワンウェイウォーター

・たくさんお水が使いたい→ウォータースタンド

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました