前回、Gmailで「チャットルーム」からリニューアルした「スペース」の基本について説明しましたが、今回は前回に続いてスペースの各種機能について説明していきたいと思います。→過去の回はこちらを参照。

【関連記事】
≪刷新したGmail、「チャットルーム」が「スペース」になって追加された機能≫
≪Google WorkspaceでMicrosoft Officeのファイルを直接編集する≫

スペースでファイルを利用する

スペースには大きく3つのタブが存在しており、1つは前回まで説明してきた、チャットによるコミュニケーションができる「Chat」ですが、残りの2つはスペース内で仕事を円滑にこなすために必要な機能のタブとなっています。

1つは「ファイル」タブで、これは文字通りスペースに参加しているユーザー同士でファイルを共有する仕組み。チャットで共有したファイルをここから参照できるのはもちろんのこと、ここからファイルを追加してメンバー同士で共有し、編集することも可能となっています。

ファイルを追加するにはまずファイルタブから、「ファイルを追加」を選択して共有したいファイルを選択します。基本的にはGoogleドライブ内にあるファイルを選ぶ形となりますが、パソコンからアップロードすることも可能です。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する